生命保険はシングルマザーにはいらないの?必要性が低い人の特徴も解説

生命保険はシングルマザーにはいらないの?必要性が低い人の特徴も解説-サムネイル画像

シングルマザーに生命保険はいらないのでしょうか。シングルマザーは、受けれる公的支援や制度を把握したうえで、貯蓄が難しいと感じた方は検討する必要があると言えます。学資保険や死亡保険などのシングルマザーにおすすめの保険や、安心して気軽に相談できる窓口も紹介します。今まで、生命保険はいらないと感じていた方もぜひ参考にしてみてください。

▼この記事を読んでほしい人
  • 生命保険はいらないと思っているけど本当にいらないのか知りたい人
  • シングルマザーにとっての生命保険のメリットとデメリットを知りたい人
  • シングルマザーが受けられる公的制度や支援を知りたい人
  • シングルマザーが検討するべき保険を知りたい人
  • シングルマザーにおすすめの保険の相談窓口を知りたい人

内容をまとめると

  • シングルマザーに保険はいらないと思っていても家庭状況や受けられる制度を把握して検討する必要がある
  • シングルマザーが受けられる公的支援は児童手当と児童扶養手当
  • シングルマザーが受けられる公的制度はひとり親医療費助成制度と高額医療制度
  • シングルマザーは子どもの教育資金や生活費を用意するべき
  • シングルマザーは学資保険・死亡保険・収入保障保険の3つがおすすめ
  • マネーキャリアなら手軽に保険のプロであるFPへ相談が可能 
  • マネーキャリアでの相談は満足度93%で、LINE経由で簡単に予約でき、オンライン相談も可能

生命保険はシングルマザーにいらない?【結論:人それぞれ】

シングルマザーに生命保険はいらないのでしょうか。


生命保険はいらないと感じているシングルマザーの方でも、国の制度や自身の家計状況などを考慮したうえで、生命保険を検討する必要がある場合があります


シングルマザーの方は公的制度公的支援も用意されているため、それらを上手に活用しつつ、無理のない範囲で民間保険に加入し、万が一に備える事が大切です。


また、子供の養育費や生活資金など、子育てをする上で必ず発生するお金もあります。


本記事では、本当に生命保険はいらないのか、シングルマザーが受けられる公的制度・支援に加え、加入しておくべき保険とそのメリット・デメリットを紹介します。また、生命保険が必要だと感じた際に相談できるおすすめの窓口も紹介しています。


生命保険はいらないと感じていた方も、本記事を参考にしたうえで、ぜひ検討してみてください。

生命保険の必要性が高いシングルマザーの特徴


シングルマザーで生命保険が必要な人は、下記のような人です。生命保険はいらないと感じていた人も、自身が当てはまっていないかチェックしておきましょう。

  • 公的制度を知って不十分と感じた人
  •  万が一のためのお金を貯められない人

まず1つ目の条件は、公的制度を知って不十分だと感じた人です。公的制度は、各世帯の状況によって対象や受給できる金額が異なるため、自分や、自分の子供が受けられる公的制度を正しく把握することが必要です。


2つ目は万が一のためのお金を貯められない人です。毎月家計が苦しく、貯金ができない人や、万が一の際に十分なお金を用意できる見込みがない方は、生命保険を検討することをおすすめします。


シングルマザーが保険を検討するうえで、受けられる公的制度や支援、必要なお金を把握することが重要となります。生命保険はいらないと感じていた人も、それらを加味した上で総合的に判断するようにしましょう。

生命保険はいらない?シングルマザーが活用できる公的制度2つ!



本段落では、シングルマザーが活用すべき公的制度を2つ紹介します。シングルマザーが活用すべき公的制度は下記の2つです。

  • ひとり親医療費助成制度
  • 高額医療費制度
「ひとり親医療費助成制度」では、ひとり親、またはその子供が医療機関を受診した際に健康保険の自己負担分の一部を助成金として受け取ることができます。また、「高額医療費制度」では、同一月に医療費が高額になった場合、一定額を超えた額が払い戻しされます。

どちらもシングルマザーであれば対象になることが多く、活用すると自己負担金を大きく削減できるため、うまく活用することをおすすめします。下記でそれぞれについて、詳しく解説します。

これらを活用したうえで、生命保険が本当にいらないのか、総合的に判断するようにしましょう。

シングルマザー向け公的制度①ひとり親医療費助成制度

シングルマザーが活用すべき公的制度の1つ目は「ひとり親医療費助成制度」です。ひとり親医療費助成制度とは、ひとり親、またはその子供が病院等の医療機関で診察を受けた際に、健康保険の自己負担分の一部をお住まいの自治体が助成するという制度です。


この制度には、各自治体ごと所得制限限度額が設けられているため、お住まいの自治体によって条件は異なりますが、各自治体が定めた所得制限の金額内に所得金額から各種の控除を差し引いた金額が収まっていれば、助成金を受け取ることができます。


基本的に保険の対象となる医療行為であれば助成の対象となりますが、入院時の差額ベッド代や、予防接種、健康診断などは助成の対象外となるため注意が必要です。

シングルマザー向け公的制度②高額医療費制度

シングルマザーが活用すべき公的制度の2つ目は「高額医療費制度」です。高額医療費制度とは、病院などの医療機関や薬局等で同一月に支払った金額がある一定の金額(自己負担限度額)を超えた際に、超えた分の金額が払い戻しされる制度です。しかし、入院時の食費負担や差額ベッド代等は含まれません。


自己負担限度額は、世帯や年収によって設定されており、年齢70歳未満の場合は下記の表の通りに計算されます。

所得区分
自己負担限度額
多数該当した場合
標準報酬月額83万円以上の方
報酬月額81万円以上の方
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%140,100円
標準報酬月額53万〜79万円の方
報酬月額51万5千円以上〜81万円未満の方
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%93,000円
標準報酬月額28万〜50万円の方
報酬月額27万円以上〜51万5千円未満の方
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%44,400円
標準報酬月額26万円以下の方
報酬月額27万円未満の方
57,600円44,400円
低所得者
※被保険者が市区町村民税の非課税者等
35,400円24,600円

さらに、自己負担金額は世帯で合算が可能です。1人で複数の医療機関の受診や、同世帯の方が医療機関を受診した際も、1ヶ月単位で合算が可能です。(ここでいう同世帯は同じ医療保険に加入している場合に限ります。)

生命保険以外でシングルマザーが受けられる公的支援2つ



次に、シングルマザーが受けられる公的支援を2つ紹介します。シングルマザーが受けられる公的支援は下記の2つです。

  • 児童手当
  • 児童扶養手当
「児童手当」は児童のいる世帯が受けられる給付金で、「児童扶養手当」はひとり親世帯が受けることができる給付金です。

これらの手当は申請をするだけでもらえる手当です。
それぞれ受給できる条件や受給額などの詳細が異なるため、下記で詳しく解説していきます。

これらの手当を活用し、十分に貯蓄ができるのであれば、生命保険はいらない可能性があります。

シングルマザーが受けれる公的支援①児童手当

シングルマザーが受けられる公的支援の1つ目は「児童手当」です。


児童手当は0歳から中学校卒業までの(国内在住の)児童がいる家庭に給付されます。児童手当は子供がいる世帯であれば、申請することで受けることができるので、忘れずに申請するようにしましょう。


児童手当で受給できる金額は下記の通りになります。

  • 0歳〜3歳未満:1万5,000円/月
  • 3歳〜小学校修了前:1万円/月(※第3子以降の場合、1万5,000円/月)
  • 中学生:1万円/月
しかし、児童手当には所得制限が設けられており、一定の所得を超えた場合、児童手当に代わる給付金として、1人あたり1ヶ月5,000円が支給されます。

この児童手当を受けるためには「認定請求」という書類で申請を行い、その後は「現況届」という書類を毎年提出する必要があります。

シングルマザーが受けれる公的支援②児童扶養手当

シングルマザーが受けられる公的支援の2つ目は「児童扶養手当」です。
児童扶養手当とは、母子家庭や父子家庭などのひとり親世帯が受給できる給付金です。

児童扶養手当の支給条件は下記、いずれかに当てはまる世帯になります。
  • 18歳に達する日以後最初の3月31日までの児童を監護する世帯
  • 20歳未満、かつ政令で定める程度の障害がある児童を監護している世帯
ただし、児童が児童福祉施設(母子生活支援施設等を除く)入所していたり、里親に委託されている場合や、申請者や扶養義務者の所得が一定以上である場合には児童扶養手当の支給の対象外となります。

また、児童扶養手当の月額支給金額は下記になります。
区分
全部支給一部支給
児童1人42,910円10,120〜42,900円
児童2人目以降の加算額10,140円5,070〜10,130円
児童3人目以降の加算額6,080円3,040〜6,070円
全部支給は、所得が受給者本人の所得制限限度額における全部支給の範囲内である場合に受給することができ、一部支給は所得が受給者本人の所得制限限度額における全部支給の範囲を超えており、一部支給の範囲内に収まっている場合に受けることができます。

【シングルマザー必見】用意すべき子どもの教育資金や生活費


シングルマザーには用意すべきさまざまなお金がありますうが、その中でも特に意識しておきたいのは下記の2つです。

  • 教育資金
  • 生活費
教育資金も生活費も生活や子育てをするうえで、把握すべき大きな項目です。これらについて、金額の目安や、どのように備えたらよいかを解説します。

生命保険がいらないと感じている方も、これらの資金がいくら必要なのかを把握したうえで、本当にいらないのか検討する必要があります。

①シングルマザーに必要な教育資金

教育資金は必要となる時期が明確で、準備期間も長くとれるため、計画的に準備しやすいという特徴があります。


しかし、住んでいる地域で保育料が違ったり、学費も私立か公立かで大きな差が生まれますが、目安としてはそれぞれ下記の通りです。

公立私立
幼稚園
223,647円527916円
小学校1,927,686円9,592,146円
中学校1,465,191円4,219,299円
高等学校1,372,140円2,909,733円
大学5,727,200円7,714,400円

参照:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」/ 独立行政法人 日本学生支援機構「令和2年度学生生活調査結果 大学昼間部(速報値)」


また、住んでいる自治体によっては、シングルマザーは学用品や給食費の免除が受けられる場合があります。これらの支援を利用しつつ、保険や積立定期預金などで備えていくのがおすすめです。

②シングルマザーに必要な生活費

シングルマザーにとっても生活費は確保すべき資金の1つです。


平成28年度の「全国ひとり親世帯等調査結果報告」によると、シングルマザーの平均収入は243万円です。シングルマザー(母子家庭)の子供1人の時の生活費の平均は年間で約225万円、子供2人以上(子供3人を含む)の時の生活費の平均は年間で234万円となっています。


このデータより、子ども2人以上のひとり親世帯は、ほとんど貯蓄できていない世帯が多いことがわかります。本来、生活資金を確保したうえで、教育資金や将来の備えを貯蓄しておくのが理想であると言えます。

シングルマザーが検討すべき生命保険の種類3つ



シングルマザーが検討すべき生命保険は下記の3つです。生命保険はいらないと感じている方もそれぞれの保険の概要やメリットを知っておくことで、選択肢が広がります

  • 学資保険
  • 死亡保険
  • 収入保障保険
これら3つの保険はいずれも、シングルマザーの方にとっては好条件の保険であると言えます。

前述した公的支援や制度を活用し、貯蓄が十分にできる人でも、保険に加入することで、さまざまなメリットを享受できるため、生命保険はいらないと感じている方でも検討してみることをおすすめします。

①学資保険

学資保険とは、簡潔に言うと教育資金を貯めるための貯蓄型の保険で、シングルマザーにとってもうまく活用することで、さまざまなメリットが見込める保険の1つです。


毎月決まった金額の保険料を払うことで、満期になると満期保険金を受け取れるだけでなく、入学時や進学時など、教育資金が必要になるタイミングで祝い金を受け取ることができます。


保険料は所得控除の対象となるため所得税や住民税の負担を軽減することができます。また、契約者が死亡した時や障害になって働くことが難しくなった場合に保険料は免除となるため、万が一のときでも安心です。


祝い金を受け取るタイミングや金額は選択することができるため、子どもの年齢や人数など、各家庭のライフスタイルに合わせて活用することができる点も大きな特徴です。

②死亡保険

死亡保険とは、加入者が何らかの理由で死亡した際に、遺された家族に対して保険金が支払われる保険です。支払われた保険金は、葬式やお墓にかかる費用や、子どもの生活費や教育資金に充てることができます。


死亡保険には「定期型」「終身型」があり、定期型は加入時に設定された一定期間だけを保障し、定期型にも10年や20年ごとに更新できる「更新型」と保障される年齢が決まっている「全期型」の2種類があります。


一方で終身型は、死亡するまで、一生涯保障が続きます。定期型と比べると保険料は高くなりますが、途中解約をした場合に、解約返戻金を受け取ることができるため、貯蓄としても活用できます。


自身が死亡した際、遺された子どもにお金を用意できるため、シングルマザーにとって心強い保険であると言えるでしょう。

③収入保障保険

収入保障保険とは被保険者が死亡した際や、高度障害状態になった際に毎月一定額の死亡保険金を受け取れる保険です。


収入保障保険の特徴として、遺された家族が保険金を受け取れる最低の期間を設定できることです。保険期間満了の前に、被保険者が死亡した際でも、最低支払保証期間の間は保険金を受け取ることができます。


また、収入保障保険では、保険金を一括で受け取ることもできるうえに、一部を一括で受け取り、残りを一定期間の間で受け取ることもできます。


遺された家族の選択肢が広がる保険であるため、子どもの心配をするシングルマザーにおすすめの保険です。

シングルマザーの生命保険相談に強い保険相談窓口3選


本段落では、シングルマザーにおすすめな生命保険の相談窓口を3つ紹介します。


シングルマザーにおすすめな生命保険の相談窓口は下記の3つです。

  • マネーキャリア
  • 保険のぜんぶ
  • 保険見直しラボ
これらの生命保険の相談窓口3つは、どれも実績豊富な相談窓口となっています。本当に生命保険はいらないのか、必要な場合はどの保険がいいのかなど、気軽に相談することができます。

それぞれの保険の相談窓口ついて特徴やメリットを紹介していきます。

1位:マネーキャリア

マネーキャリアは、提携FP(ファイナンシャルプランナー)が3,000人、相談満足度93%を誇る、国内最大級の保険相談サービスです。みんなのお金ドットコムでも堂々の1位に輝いており、申込件数は累計で12,000件にものぼります。


オンラインで自宅から気軽に相談することができ、納得がいくまで何度でも相談が無料です。申し込みフォームより約30秒で申し込みができ、ヒアリングや面談の日程調整はすべてLINEで行うことができます。


また、対面でじっくりと相談したい方は、出張相談も無料で可能で、対応エリアは47都道府県。一部の離島を除き、全国どこでも出張相談を受けることが可能です。


時間や場所を選ばず、手軽に相談ができるため、忙しくてなかなか時間が取れないシングルマザーにぴったりのサービスです。

2位:ほけんのぜんぶ

保険のぜんぶは、子育て世帯から選ばれている保険の相談窓口です。30社以上の保険を取り扱っており、提携しているFPも300人以上のため安心して相談することができます。


また、保険のぜんぶは「信頼度」「安心して相談できると思う」「子育て世帯のパパ・ママにおすすめしたい」の3つのランキングでNo.1を獲得しており、累計申込件数は約19万件、子育て世帯の相談件数は15,000組と、多くの実績があるのが特徴です。


こちらも24時間365日、Webや電話で相談することができ、保険はもちろん、教育資金や家計の見直しなどについても相談することが可能なため、シングルマザーにおすすめのサービスとなっています。

3位:保険見直しラボ

保険見直しラボは、数々の保険相談サイトランキングでNo.1に選ばれており、36の保険会社よりオーダーメイドで選ぶことができる、訪問型保険相談サービスです。


保険見直しラボでは、対応してくれるコンサルタントの質が高いことが特徴となっています。保険の見直しラボと提携しているコンサルタントは、業界経験年数が長く、平均で12.1年となっています。そのコンサルタントが36の会社の多くの商品から各世帯に合った組み合わせを提案してくれます。


何度でも無料で相談が可能で、全国約70拠点より希望の場所に訪問をしてくれるため、来店する必要がなく、時間が捻出しづらいシングルマザーにとっては嬉しいサービスとなっています。お客様満足度も97.3%と非常に高く、安心できるサービスです。

まとめ:シングルマザーの生命保険の必要性にお悩みならマネーキャリアで無料相談がおすすめ!

以上、本記事ではシングルマザーに本当に生命保険はいらないのか、生命保険の必要性や知っておくべき公的制度、おすすめの保険や相談窓口について解説しました。


シングルマザーの方で生命保険をいらないと感じていた方でも、公的制度を知って不十分だと感じた人や、万が一のために貯金ができない人は生命保険に加入しておくことをおすすめします。

  • シングルマザーに保険はいらないと思っていても家庭状況や受けられる制度を把握して検討する必要がある
  • シングルマザーが受けられる公的支援は児童手当と児童扶養手当
  • シングルマザーが受けられる公的制度はひとり親医療費助成制度と高額医療制度 
  • シングルマザーは学資保険・死亡保険・収入保障保険の3つがおすすめ
  • 保険の窓口に相談することで最適なプランを知ることができる

以上、いかがでしたでしょうか。


シングルマザーが生命保険を選ぶ上で、どんなプランを選ぶか、どの窓口に相談するかなど、悩みのタネも多いことかと思います。保険のプロに相談することで、本当に生命保険はいらないのか、自分に合う保険やプランはあるのかなど、さまざまな悩みを解決できます。


マネーキャリアならお金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)にオンラインで無料相談が可能です。スマホひとつでLINE予約から面談までできるため、時間や場所を問わず利用できます。 


相談満足度は93%と、高い評価をいただいており、相談内容も家計や保険まで多岐にわたります。相談は納得がいくまで何度でも無料です。生命保険はいらないと感じていた方もオンラインで無料で相談ができるので、下記よりお気軽にお申し込みください。

ランキング