学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

返戻率が高い学資保険を利用して効率的に子どもの教育資金を貯める

学資保険は返戻率が高いため効率的に教育資金を貯めることができます。終身保険も教育資金を貯めることができ、それ以外の目的でも利用可能です。純粋に教育資金だけを効率的に貯めたい場合には、返戻率が高い学資保険を選択することになります。

学資保険は返戻率が高いので子どもの教育資金を貯めやすい

学資保険は子どもが0歳から18歳まで保険料を支払い大学入学時点で教育資金を受け取ることができます。支払った保険料に対する戻ってくる保険金の割合のことを返戻率と呼びます。学資保険の返戻率は110%から112%と高いので子どもの教育資金を効率的に貯めることができます。

高い返戻率が学資保険の魅力

学資保険の他に終身保険でも教育資金を貯めることができます。終身保険は教育資金以外の目的でも利用できる点が魅力です。子どもの大学入学時点での返戻率は108%から109%とされます。純粋に教育資金を貯めることだけを考えるならば、返戻率が高い学資保険の方が有利です。

終身保険を利用する場合とは

終身保険は教育資金以外の目的でも利用でき、いつでも解約できる点に魅力があります。また解約せずに契約を維持すると返戻率を高めることができます。最終的な返戻率は130%を超えます。教育資金を貯めることだけを考えるならば返戻率が高い学資保険を利用する方が有利ですが、人生をトータルで考えるならば終身保険の方が有利です。

返戻率が高い学資保険ならば効率的に教育資金を貯められる

学資保険は返戻率が高いため子どもの教育資金を効率的に貯めることができます。現在の収入や貯金の状況から、将来の教育資金に不安がある場合には学資保険を選択すると安心です。一方将来の教育資金にそれほど不安がない場合には終身保険を選択します。子どもの大学入学時点で解約しなければ、より高い返戻率で保険金を受け取ることができます。

学資保険と終身保険を比較する

学資保険と終身保険のいずれを選択するのが合理的かは、保険加入者の状況によって異なります。学資保険の場合には大学入学時点と途中解約した場合の返戻率の両方が終身保険より高いので、収入が少ない場合でも無理をせずに教育資金を貯めることができます。一方終身保険は教育資金以外にも結婚やマイホームの購入など様々な目的に利用できる魅力があります。

終身保険ならば様々な目的に利用できる

人生には様々な場面で多額の資金が必要となる場合があります。終身保険は教育資金の他にも結婚資金、マイホームやマイカーの購入資金、老後の生活資金などに利用できます。また怪我や病気などで入院が必要となった場合にも利用できるので安心です。学資保険の方が教育資金を目的とする返戻率は高いという特徴があります。一方終身保険は解約せずにさらに返戻率を高められるというメリットが存在します。

途中解約した場合でも学資保険は返戻率が高いので生活に負担をかけない

保険に加入しても何らかの事情で解約する場合もあります。途中解約をする場合にも返戻率が高い学資保険の方が有利です。学資保険を途中解約した場合の返戻率は9割から10割でとされています。一方終身保険を途中解約した場合の返戻率は7割ほどです。学資保険の方が生活への負担が少なくて済みます。

収入などの状況に応じて保険を選ぶ

現在の収入や貯金に余裕があり、将来に中途解約する可能性が少ないのであれば終身保険を選択しても問題はありません。一方で現在の収入や貯金に余裕がなく、中途解約する可能性がある場合には返戻率が高い学資保険の方が適しています。終身保険を中途解約した場合の返戻率は7割ほどなので、ほぼ全てが返ってくる学資保険とは大きな開きがあります。

余裕がある場合には終身保険が有利

現在の収入や貯金に余裕があり、人生をトータルでサポートする保険を求めるのならば終身保険を選択します。利用目的を問わず返戻率をさらに高めることができるので、総合的に考えると学資保険より有利になります。保険契約者が死亡した場合にもすぐに保険金を受け取ることができます。

教育資金を優先的に貯めるなら返戻率が高い学資保険

子どもの大学入学時点における学資保険の返戻率は110%から112%と高いため、教育資金を優先的に貯めたい場合に最適です。途中解約が必要な場合でも9割から10割の保険料が返ってくるため生活への負担も少なくなります。保険契約者が死亡した場合には本来のタイミングで教育資金が支払われます。

少ない負担で教育資金が貯まる

若い夫婦が子どもの教育資金を貯める場合には、収入などに余裕がない場合もあります。学資保険は子どもの大学入学時点だけでなく途中解約した場合の返戻率も高いのが特徴です。確かに終身保険は解約せずにより高い返戻率にすることができます。しかし大学入学時点での教育資金を少ない負担で効率的に貯めるのならば学資保険の方が優れています。

返戻率が高い学資保険を選択する

効率的に教育資金を貯めるのならば、返戻率が高い学資保険を選択することになります。生活に余裕があり、教育資金以外にも利用したい場合には終身保険を選択するのが合理的です。解約しないで契約を継続すればより高い返戻率にすることができます。しかし学資保険は途中解約した場合の返戻率も高いので安心して加入できる点にも魅力があります。

まとめ

学資保険は子どもの大学入学時点と途中解約した場合の返戻率が高いというメリットがあります。一方終身保険は教育資金を貯めることもできますが、それ以外の目的でも利用できます。また解約せずに契約を継続すればより高い返戻率にできるというメリットがあります。それぞれにメリットがあるので現在の収入や貯金の状況、将来の見通しなどを考慮して最適な方を選択するのが合理的です。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 郵便局(かんぽ生命)の学資保険は元本割れでも加入すべきか!?
  • JA共済(農協)の学資保険3種類を徹底比較、注意点を大解説します。
  • 学資保険の利率とは何かを返戻率と比較・計算して明らかにします!!
  • 教育資金には学資保険、終身保険?返戻率だけでは選べないその理由。
  • マイナス金利導入で返戻率が低くなった学資保険を有利に加入する方法
  • 学資保険の一括払いは返戻率が高くお得な方法だが、デメリットも!
  • 学資保険の全期前納は、本当にお得なの⁉一時払いとの違いを徹底比較
  • 学資保険の返戻率の推移が下降傾向にある理由・原因を解説!
  • 学資保険の返戻率が下がる?原因と、これから加入したい人の対策とは
  • マイナス金利の影響を受け、学資保険の魅力が薄くなっている理由
  • 学資保険の返戻率がなぜ100%を超えるのか、なぜ下降傾向にあるのかを解説
  • 学資保険は返戻率の高い商品を選ぶべき!返戻率の全知識まとめ