学資保険の返戻率、実は全期前納払いが高いことはご存じでしょうか?

学資保険の返戻率は、高いにこしたことはありません。平準払で払い込むよりも、全期前納ないし、一括で払い込んだ方が、返戻率が高く、将来の学費に大きく備えることが出来ます。まとまった資金のある方は、ぜひ、学資保険を全期前納払に!

学資保険に入るとき、重視すべきは返戻率

学資保険で最も重要視したいところは、返戻率です。


昔は、円建の学資保険が人気であり、円で積み立てていき、将来受け取る学資保険の金額が、銀行で普通預金や定期預金で預けるよりもはるかに増え、貯蓄率、つまり返戻率が高く、誰もが入っていました。


現在は、円建の学資保険は、昔ほど、金利の魅力がないため、学資保険の代わりとして、外貨建の終身保険に加入し、将来の学費の備えをされる方も増えてきているのが現状です。


外貨建の終身保険は、為替のリスクはありますが、金利は固定のものも多く、はるかに円建の学資保険よりも返戻率が高いのです。


しかし、探せばあるある!


昔ほどではないですが、現在の預貯金の利回りよりもはるかに良い円建の学資保険はあります!


是非、返戻率の高い円建の学資保険を探しましょう。

返戻率の算出方法

返戻率の算出方法は以下の計算式となります。

(満期保険金 + 祝い金)÷支払い保険料の総額


です。


実際に、保険会社から、提案時や契約時にもらう設計書にて確認するのが一番正確であり、簡単に分かりますが、もし自身で計算する場合は、上記の計算式に当てはめて返戻率を算出し、どの保険が得なのか、しっかりと確認するようにしましょう。

返戻率の高い学資保険の例

例えば、日本の円で確実に学資の備えをとお考えの方は、ソニー生命の円建の学資保険が返戻率が高く人気です。

11月に料率の改定がありましたが、他の保険会社の学資保険、郵便局や農協の学資保険と比べると、依然として返戻率が高く、人気です。

外貨のリスクを減らして確実にという希望の方は、ソニー生命の学資保険を一度検討してみて下さい。

保険料を全期前納にすると返戻率は上がる?

学資保険の払込方法として、月払、半年払、年払といった平準払の払込方法と、全期前納、一時払といった、一括で支払う方法があります。


この中でも全期前納払は返戻率が平準払と比べると高いです。


学資保険の保険料を全期前納にすることで、保険会社は運用に回すことの原資が増える訳ですので、契約者に対する保険金の返戻率は高く設定され、上がるのです。

よって、まとまった資金を用意することが可能な方は、ぜひ全期前納払をお勧めします。

学資保険を全期前納にするメリット

学資保険を全期前納にするメリットは、返戻率が高くなる点や、保険料控除が使える点、払込免除督促が使える点、もし解約してもお金が戻ってくる点等、いくつかメリットがあります。

以下でその説明を細かくしていきます。


それ以外のメリットとしては、一括で払ってしまうことにより、目に見えないお金となり、子供の教育費がかかる満期まで、まったく充てにすることなく生活していくことが出来ることです。


平準払だと、毎月、ないし、半年に一度、年に一度、支払が生じるため、その度に払込の負担を感じ、それがストレスになったりします。


しかし、全期前納だと、一度に払ってしまうため、そういったストレスとは縁のない契約となるのです。

また、合計で支払う保険料についても、実は全期前納にした方が少なくて済みます。


このように、全期前納には多くのメリットがあるのです。

返戻率が高くなる

全期前納払で保険料を支払うことの最大のメリットは、保険料を平準払で納めるよりも、返戻率が高くなることです。

保険会社にとっては、保険料の全額を預かることで未払いなどのリスクが下がり、その分高い返戻率で運用します。 


銀行に預けるよりも、高い利率で運用することが可能です。

生命保険控除を受けることができる

全期前納払いの回数によりますが、3回、つまり3年の全期前納払いであれば、3年間、生命保険料控除を受けることが出来ます。

仮に5回、つまり5年の全期前納払いであれば、5年間、生命保険料控除を受けることができるという仕組みです。


保険料控除は節税対策になるため、ぜひ活用すべきです。

払い込み免除特則が適用になる

払い込み免除特則とは、もし仮に、契約者に万が一のことがあった場合(死亡や高度障害状態になった場合)、保険料を満期まで支払わなくても、学資保険金を満額受け取ることが出来る仕組みで、学資保険は、この特則が適用になるため、安心して保険に入ることが出来ます。

一括払では、これが適用になりませんが、全期前納払であれば適用となります。

もし解約してもお金が戻ってくる

学資保険を解約する場合でも、全期前納は、それまで払い込んだ保険料から解約返戻金が支払われます。

そして、それ以降支払われる予定だった保険料も全額返ってきます。  


もちろん、一時払いも同じように解約返戻金がありますが、時期によっては元本割れを起こす可能性があります。

学資保険に全期前納で入るときに注意したいこと

学資保険を全期前納で入るときに注意したいのは、まとまったお金が必要なため、ある程度、生活資金や、それ以外の必要経費を余裕をもって横にどけておく必要があります。

保険に全期前納で入ったは、その後生活難で、途中解約したはでは、意味がありません。


よって、しっかりと家族で話し合って、加入するようにしましょう。

一時払いと全期前納の違い

一時払いと全期前納払では、保険料、解約返戻率、払い込み免除特則、生命保険料控除の点で、細かく違ってきます。

そう、一見同じように見えるのですが、実は違うのです。


メリット、デメリットをしっかり理解した上で、加入の検討をしましょう。



生命保険控除の回数に注意

生命保険控除は、一時払いだと、支払った年のみの控除となりますが、全期前納だと、保険料払込期間中、控除を受けることができ、回数が異なってきます。

クレジットカードのポイントは貯まらない

保険会社の商品によって、クレジットカード払が可能かどうか、異なってきます。

加えて、それは平準払の話であり、一括払、全期前納払では対象外であるため、ポイント付与は期待してはなりません。

まとめ

各家庭、どんな方法で、どこの学資保険に、いつ入ったらいいか、悩むでしょう。

それぞれメリットデメリットがあることを認識し、その家庭にあった保険と出会い、学資の備えができることを祈ります。


また、今回は学資保険の全期前納のメリットについて説明しましたが、こちらの記事「学資保険のメリット・デメリットとは?」にて、学資保険のメリットの全まとめが載っているので、ぜひご覧になってください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう