学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

学資保険では教育資金が足りないと考える人にとっての対策法を紹介

学資保険は教育資金を貯金することに特化した保険ですが、最近のマイナス金利政策により以前ほど学資保険では足りないと考える人もいると思います。学資保険だけでは足りないと考える人に、財形貯蓄や低解約返戻金型終身保険など他の教育資金の貯蓄方法を紹介します。

学資保険では足りないとき、教育資金はどうしたらいい?

将来、お子さんにどれくらいの教育資金がかかるか気になりますよね。


学資保険に加入するかどうかという事を考える前に、かかる教育費について考えてみると良いでしょう。

それにより教育資金をどのように備えていくかが考えやすくなります。 


特に教育資金が足りないということになる時期はいつなのか、どれぐらい足りないのかという事を知っておくことで、いつ給付金があるとよいのかということも検討しやすくなります。 


今回、ここでは学資保険では足りないとお考えの方へ教育資金の貯蓄方法や対策についてご紹介します。


それでは、最後までぜひご覧ください。


学資保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「学資保険について1から知りたい!」「学資保険って実際は必要なの?」


子供の教育費のための貯蓄型の保険である学資保険。子供の入学時や進学時に満期金などを受け取ることができます。


しかし、学資保険の返戻率などの不安があるという人が多いのではありませんか?


また、子供の入院特約や払込免除などについての疑問がある人もいるかもしれません。


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです!電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



学資保険を利用して充分な教育費を貯蓄する方法 

学資保険加入者の平均保険金額は約200万円といわれています。


一番資金のかかる時期がやはり大学4年間です。


学資保険はお子さんが学校に上がるタイミングや大学入学時の初年度、大学4年間に分けるなど、学資保険金の支給タイミングはそれぞれあります。


学資保険金を利用するための計画は、生命保険などと比べると当然しやすいように思えますが、それでも貯蓄が苦手な方や不安な方のためにオススメの貯蓄方法をご紹介します。


では、具体的にご紹介していきたいと思います。


学資保険を利用して充分な教育費用を貯蓄するために、学資保険の他にいくつかの方法を挙げてみました。


  1. 強制貯蓄の財形貯蓄
  2. 低解約型終身保険の解約返戻金
  3. 自動積立(定期預金)

次の見出しでは、以上の貯蓄方法についてそれぞれ詳しくご紹介します。

強制貯蓄の財形貯蓄

まず、財形貯蓄についてご紹介します。


正確には”勤労者財産形成貯蓄制度”といいます。


これは、労働者の勤務先が銀行など金融機関と連携して、毎月の給与から一定額を天引きして貯蓄していくシステムになります。


ただし、これは福利厚生の一環であり、条件として企業が認めているということ、それから自営業者や会社役員は対象外となっていることです。


この財形貯蓄は主に3種類あります。


  1. 住宅購入を目的とした”財形住宅貯蓄”
  2. 教育準備金を目的とした”財形一般貯蓄
  3. 老後の年金を目的とした”財形年金貯蓄”

財形貯蓄のメリットとして、一般的の預貯金と違い550万円まで非課税扱いだということですが、今回のテーマである教育資金については、使用用途が”一般扱い”のため課税対象となることが難点です。


給与から自動的に天引きされるので、貯蓄が苦手で、条件を満たしている方であればぜひ検討してみてください。

低解約型終身保険の解約返戻金

次に低解約返戻金型終身保険のご紹介です。

この低解約返戻金型終身保険ですが、特徴として通常の終身保険と違い、解約返戻金額を一定期間低くしています。


そして、その一定期間とは保険料の払込期間のことであり、払込期間の終了後に解約返戻金は急に増加していきます。


さらに、通常の終身保険より保険料が割安になっています。

これも長期契約していれば、確実に貯蓄ができますし、死亡保障を終身で備えておきながら、貯蓄で教育資金を準備できます。


ただし、ご存知とは思いますが、この低解約返戻金型終身保険を途中解約してしまうと台無しとなってしまう可能性が非常に高いです。


それから、保険の見直しがしにくくなることが難点です。

自動積立定期預金

最後に、”自動積立定期預金”についてご紹介します。

この自動積立定期預金ですが、これも毎月の給与から天引きして貯蓄に回すことができます。


扱っているのはやはり銀行など金融機関となります。


普通預金に残高がなければ積立ができませんから、給与やボーナスが振り込まれた日を設定しておくと良いでしょう。


もちろん、金利の高い銀行で積立てることをオススメします。


銀行によっては一回の引き落としに1000円から可能であり、自動積立定期預金は積立する”期間が決まっているもの”と”積立する期間が無期限”の2つタイプがあります。


期間を決めて、結婚や旅行など予定に合わせた積立がしやすいかと思います。


また、積立期間が無期限の場合は満期がないため、いつまでも貯めることが可能ですし、いつでも引き出すことが可能なこともメリットの一つです。


毎月の給与とは別にボーナスなど臨時収入が入るときは任意で積立を増額できます。


この自動積立定期預金を検討したいと思う方は、収入が入る銀行で始めてみましょう。

その他の学資保険以外の足りない教育資金の貯蓄と対策

他のオススメする教育資金の貯蓄方法と対策をご紹介します。

他のオススメする貯蓄方法と、教育資金が足りない対策をご紹介します。


  1. 第一種奨学金
  2. ジュニアNISA

では、以上のことをご紹介していきます。


第一種奨学金

まず、第一種奨学金ですが、これは入学前と入学後のどちらのタイミングでも利用できます。

第一種奨学金の成績基準は


高校の成績3.5以上


在籍する学部学科の上位1/3以内


などと基準となる成績がありますが、メリットは返済時に無利子であるということです。


ただし、奨学金にはもちろん家庭の収入基準があり、第一種奨学金の成績基準とが条件範囲内だとしても、必ずしも採用されるとは限りません。


その肝心の世帯収入や成績の基準についてですが、独立行政法人日本学生支援機構が公表する対象となる収入や所得の目安をご覧ください。


奨学金には無利子と有利子がありますが、受けるなら無利子であるこの第一種奨学金のほうがもちろん良いのですが、審査がありますし、ご興味のある方は上記の公式リンクから調べてみることをオススメします。

ジュニアNISA

次にジュニアNISAについてご紹介します。

ジュニアNISAとは、0〜19歳の未成年が対象となる少額投資非課税制度です。


お子さんの教育資金を用意するには、お子さんの口座にご両親や保護者が投資の指示をします。


ジュニアNISAは年間80万円までの最大5年間は投資信託や株式による、配当金や売却益が非課税となります。


投資ですから資産全体に対するリスクはありますし、18歳まで途中の引き出しができませんが、大学の教育資金が取り崩れないことはメリットだと思います。


前述の通り、資産を運用していくのはご両親や祖父母など保護者なので、リスクが大きく運用次第で資金は個人差が出るかと思います。


なので、学資保険を7割、ジュニアNISAで3割と併用する考え方も方法の一つだと思います。


投資信託や株式にご興味のある方はぜひ検討してみてください。

学資保険で足りない状況をつくらないためには

そもそも、学資保険を利用していながら教育資金が足りない状況になってしまわないようにはどうすれば良いのでしょうか。

お子さんの教育資金づくりに改めて向き合うきっかけに次のことを検討してみましょう。


  1. 保険の見直し
  2. 家庭の支出固定額の見直し
  3. 大学の入学費用の捻出方法を用意する

では、以上のことをご紹介していきます。


保険の見直し

学資保険だけでは足りない方はまず保険自体の見直しをしてみましょう。

見直しをオススメするポイントをリストにしました。


  • お子さんが増えるタイミング
  • 学資保険の加入時の返戻率
  • 満期の受け取り時期の確認
  • 学資保険の満期保険金の受け取り時期

以上のタイミングやポイントで学資保険は見直すべきだと考えます。


加入時に返戻率を充分に検討していなかったり、保障タイプを貯蓄型にしていないと、充分な教育資金には期待できないでしょう。


他にも、学資保険に医療特約がついていると返戻率が良くない傾向にあります。


また、満期保険金額の受け取り時期はいつなのかを必ず再確認しておきましょう。

家庭の支出固定額や変動の見直し

次に、家庭の固定支出額の見直しについてです。

これは保険を含め、毎月一定額を家計が負担していることの見直しです。


家賃や住宅ローン、保険料、通信費、交際費、など見直しするべきことはたくさんあるかと思います。


これを機に見直しされることをオススメします。

まとめ:学資保険の教育資金は計画的に

いかがでしたでしょうか。

今回は学資保険以外の貯蓄方法をいくつかご紹介しました。


学資保険や保険を利用した教育資金の貯蓄は、早めに計画しておくべきことが再確認できますが、それでも貯蓄方法に自信がない方は、上記でご紹介しました貯蓄方法をぜひ検討してみてください。


ご覧いただきまして、ありがとうございました。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう