学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

学資保険はドル建ての生命保険で代用できる?特徴と注意点を解説!

子どもの教育資金を貯める手段として、学資保険を検討することが多いのですが、ドル建ての生命保険を学資保険代わりに利用するといった方法もあることはご存知でしょうか?ここでは、学資保険とドル建ての生命保険の違いや特徴・注意点について解説をしていきます。

学資保険の代用としてドル建て生命保険に加入することについて

子どもの教育資金を貯める手段として、一般的には学資保険への加入を検討することが多いですね。しかし、今ドル建ての生命保険を、学資保険の代用として利用する人もいるようです。

その理由として、学資保険の返戻率が下がっているということにあります。マイナス金利の導入によって、貯蓄性のある商品は運用が厳しくなり、その影響でドル建ての生命保険に注目が集まっているのです。


しかし、ドル建ての生命保険が本当に学資保険の代用になるのか、といった疑問がありますね。また、ドル建ての生命保険がどのようなものなのか分からないといった方も多いでしょう。


まずは、ドル建ての生命保険について見ていきましょう。



米ドル建て生命保険とはどんな生命保険なのか

米ドル建て生命保険とは、簡単に言えば、生命保険の保険金や解約返戻金、また保険料についても米ドル(外貨)の価格で受け取ったり支払ったりする保険のことです。

もちろん、生命保険会社でも運用を米ドル(外貨)で行います。


生命保険としての機能を持ちながら、ドル建てでの投資の意味合いもある生命保険ですので、学資保険の代わりに利用する場合には、一般的な学資保険よりも大きく増やせる可能性があります。

ドル建て生命保険の特徴

ではここからは、もっと詳しくドル建ての生命保険について確認していきましょう。

ドル建ての生命保険としては、次のような特徴があります。

  • 日本円ではなく米ドルで運用をする
  • 支払保険料が変動する
  • 生命保険としての機能は備わっている

日本円ではなく米ドルを運用する生命保険

ドル建ての生命保険は、その名前の通りドルで運用をする生命保険です。金利が高いドルで運用をするため、日本円の低金利で運用するよりも多くの金額を受け取ることができる可能性があります。


学資保険の代用として選ぶのであれば、ドル建ての生命保険の終身保険をすすめられることが多いでしょう。


金利が高いドル建てであれば、低金利の日本円よりも多くの積立をすることができる可能性もありますが、逆に為替相場が下がった時の損失に対するリスクもあるため、最終的に受け取れる金額が安定しているというわけではありません。


学資保険で確実に決まった金額を受け取りたいという場合には、受け取る金額が減る可能性もあるということになります。ドル建ての生命保険には、こうしたリスクが伴うという特徴があります。


支払う保険料が毎回変動する

また、ドル建ての生命保険を利用する場合には、支払保険料についても同じではありません。

毎月支払う保険料についても、為替によって変動をすることになるため、毎回支払う保険料は異なってきます。ドルで支払うということですので、円に換算すると金額が変動するということなのです。


たとえば、米ドルで100ドルの保険料だとしたら、1ドル=120円の場合には日本円で12,000円、1ドル90円の場合には日本円で9,000円となるわけですね。


保障内容に関しては円建ての生命保険と大きな差はない

ドル建ての生命保険であっても、保障内容に関しては大きな違いがあるわけではありません。円建ての生命保険と同じように、死亡保障や医療保障もつけることができます。


もちろんドル建ての生命保険ですので、受け取る保険金や給付金については確定した金額ではなくなります。


たとえば、加入当初に日本円で1,000万円の保障だったとしても、受け取るときの為替相場によって、増額したり減額したりすることになります。




学資保険の代わりとしてドル建て生命保険を活用するメリット

では、学資保険の代わりとして、ドル建ての生命保険を活用するメリットについてみていきましょう。

主なメリットについては、次のようなことがあります。


  • ドル建て生命保険の方が金利が高くなっている
  • 予定利率が高いため、毎月の支払保険料を抑えることができる
  • 円安になっていた場合には受け取るお金が増える
  • ドルでお金を受け取ることができる
ひとつずつ詳しく確認していきましょう。

ドル建て生命保険の方が金利が高い

まず、日本円建ての学資保険と比べると、ドル建ての生命保険の方が金利が高いというメリットがあります。


金利が高いということは、予定利率が高なるということになりますので、支払った保険料の総額よりも、受け取るお金の方が多くなるということになります。


予定利率とは、保険会社が契約者に約束をする利回りのことを言います。そして、金融庁が予定利率の目安として出している利率のことを標準利率と言います。


実際に、2016年の標準利率については、約1%となっていますが、ドル建ての生命保険(終身保険)の予定利率については、約3%のものものあるのです。


そのため、利回りが良くなり、支払った保険料の総額と比べると、受け取る保険料の総額が大きくなることになるわけです。


このように、より金利が高いドルで運用するために、利回りがよくなりますので、日本円建てでの学資保険と比べると、より有利となってくるでしょう。


予定利率が高く、毎月支払う保険料を抑えられる

上記のように、予定利率が高いと利回りがよく、支払う保険料の総額に対して受け取るお金が多くなります。

たとえば、同じ金額のお金を受け取ろうと思った場合には、予定利率が高ければ、毎月支払う保険料は割安になります。


そのため、保険料の負担が少なくて済みますね。これも、ドル建て生命保険(終身保険)のメリットと言えるでしょう。


ただし、保険料は為替の動きによって毎月変動しますので、必ず安い保険料で加入し続けられるというわけではないことも理解しておきましょう。


解約時が契約時より円安になっていた場合、受け取る保険金が増える

ドル建ての終身保険を学資保険代わりに利用していた場合、途中で解約をして解約返戻金を受け取ることで、まとまったお金を受け取ることができます。

また、契約時と比べて円安になっていた場合には、受け取るお金が増えることになります。これは、為替差益がプラスされるためです。


為替差益とは、米ドルの為替相場の変動によって生まれる利益のことです。つまり、円が安くなっていればドルの価値が上がっているため、その分お金が多くなるということですね。


円安が進んでいなくても、解約する時期をずらして様子を見ることも可能となりますので、タイミングを見計らって解約をして解約返戻金+為替差益を得られるようにもできます。


米ドルで保険金を受け取ることもできる

万一の時に受け取る保険金や、中途解約による解約返戻金は、必ず日本円で受け取る必要はありません。


米ドルで保険金を受け取ることもできます。ドルで受け取り、そのまま資産運用をしていくことも可能となりますね。

外貨投資を時期を分散させて行うことができる

ニュースなどを見ていると、世界ではさまざまなことが起きていますね。経済の動きもめまぐるしいものとなっています。

このような状況であるため、日本円だけで運用をしていても、マイナス金利政策などによって日本円では資産が増えないといったこともあります。


そのため、ドル建ての生命保険を運用と考えて利用することで、外貨で分散させて行うことができます。値動きが異なる外貨での運用をしていれば、日本円だけに頼ることなく資産を増やすことも可能となります。


ドル建て生命保険のデメリットおよび注意点

では、ドル建て生命保険を利用することでの、デメリットや注意点についてみていきましょう。

主に、次のようなことが挙げられます。

  • 円高に弱く、為替リスクがある
  • 為替手数料が発生する
順番に確認していきましょう。

円高に弱く、為替リスクが常にある

まずひとつ目のデメリットとしては、円高に弱く、為替リスクが常にあるという点です。

ドル建ての生命保険の場合、保険金を受け取るときに為替が円高になっていた場合には、ドル安となっているため受け取る保険金が減ってしまうということになります。


たとえば、死亡保険金額が8万ドルのドル建て終身保険に、1ドル=120円で加入し、保険料を一括で42,018.4ドル(5,042,208円)支払ったとすると、20年後の解約返戻金は、51,580ドルとなり、ドルは大きく増えることになります。


しかし、解約時の為替がどうなっているかによって、日本円では大きく異なってきます。


  • 円安:1ドル=120円の場合→6,189,600円
  • 円高:1ドル=90円の場合→4,642,200円
分かりますでしょうか?

加入時に、日本円で5,042,208円支払っているため、加入時と同じ1ドル=120円だった場合には、100万円ものおかねがふえるということになりますが、1ドル=90円だった場合には、40万円ものお金が減ることになるのです。


とうぜん、円安がもっと進んでいればお金はさらに大きく増えることにはなります。しかし、解約時の為替相場によって、これほど受け取れる金額に大きな差が出てきてしまいます。


このように、円高に弱く、為替相場によって大きなリスクがあるということが、やはりドル建て生命保険の大きなデメリットとなるのです。



為替手数料が発生する

ドル建ての生命保険では、万一の時の保険金や解約した場合の解約返戻金などをドルで受け取ることになります。これを日本円に変えるときには「為替手数料」というものが発生します。

為替手数料とは、ドルなどの外貨を日本円に換えるときに、金融機関へ支払う手数料のことで、1ドルにつきいくらといった具合に、金融機関ごとや通貨の種類ごとに決められています。


円建ての生命保険では、受け取るときに手数料は必要ないのですが、ドル建ての生命保険ではこうした為替手数料が発生するということも、ひとつのデメリットになってきます。


受け取る金額が大きくなればなるほど、為替手数料も大きくなりますので、決して安いコストではありませんね。為替手数料についてもきちんと考えた上で、利用することが必要になってくるでしょう。


ドル建て生命保険と学資保険の目的の違い

ここまで、ドル建ての生命保険についてみてきましたが、メリットだけでなく、デメリットもありましたね。こうしたことをよく理解しておくことが、まず重要なポイントになってきます。

ドル建ての生命保険を学資保険代わりに利用するということは、ひとつの方法にはなりますが、その目的の違いもしっかりと理解しておく必要があるでしょう。


では、どのような目的でドル建て生命保険と学資保険を使い分けるのが良いのでしょうか?確認していきましょう。


学資保険は「貯蓄」、ドル建て生命保険は「投機」

考え方として大切なことは、日本円で積み立てる学資保険は貯金であり、ドル建て生命保険はあくまでも投資ということです。

学資保険は積立の貯金ですので、中途解約をせず、返戻金が100%以上のものに加入していれば、必ず支払った保険料よりも、受け取るお祝い金や満期保険金は増えて戻ってきます。


それに対して、ドル建て生命保険は投資です。投資ということは、受け取るお金を大きく増やすことも可能となりますが、減ってしまうというリスクもあることになります。


確定した保険料、返戻金、満期金を望む場合は学資保険を

学資保険は、契約時に定められた保険料が確定していますので、毎月の支払いについて増減することもなく、生活費に負担がかかることもありませんし、計画的な貯蓄ができますね。

また、返戻金や満期金についても、契約時に定めた予定利率によって保険会社が運用をしますので、確定しているという点で安心して預けることができます。


確かに、学資保険にもリスクがないわけでありません。


学資保険のリスクとしては、まずインフレに弱いということがあります。インフレとは、物価が上昇することで、お金そのものの価値が低くなることです。


たとえば、300万円が受け取れる学資保険に加入していても、物価が高くなり実際には330万円が必要になるといったことが起こる可能性があるのです。


加入した当時は、300万円で十分だった学資資金が足らなくなるということになりかねないのです。学資保険には、インフレによるリスクもあるということを理解しておきましょう。


もう一つは、途中解約をした場合の多くが、払い込んだ保険料よりも受け取る解約返戻金が少なくなるというリスクです。途中で解約すると損をしてしまう可能性があるのです。


しかし、こうしたリスクを考えても、堅実に積み立てをしていくのは安全性が高く、契約時に約束したお金は確実に受け取ることができるので、確定した保険料の支払いや、満期保険金を受け取りたいという場合には、学資保険を選択するのが良いでしょう。


リスクを多少負ってもおおきな見返りを望む場合はドル建て生命保険を

ドル建ての生命保険には、為替相場によって大きく受け取る金額が異なるといったリスクがあります。つまり、契約時にいくら受け取れるかといった金額が確定されていません。

為替相場によっては増える可能性もありますが、減る可能性もあります。


しかし、学資保険と比べると、支払った保険料よりも多くのお金を受け取れる可能性もあるため、多少のリスクを負っても、大きな見返りを望むのであれば、ドル建ての生命保険を検討するのもひとつの方法でしょう。


ドル建ての生命保険を学資保険代わりに利用するのに向いている人は、次に当てはまる人です。

  • 分散投資を考えている
  • 余剰資金の運用を考えている
学資保険のように、確定したお金を受け取れるわけでありませんので、投資をするといった考えで、分散投資をしようと考えている人や、余剰資金があるため、その余剰資金の運用を考えている人であれば、ドル建て生命保険を利用するのには向いていると言えるでしょう。


ただし、こうしたリスクを負いたくない、確実にお金を受け取りたいという場合には、ドル建て生命保険はオススメできません。


ドル建て生命保険を学資保険に利用する場合には、すべてのお金をドル建ての生命保険にするのではなく、あくまでも余剰金を使って運用をするという考えで利用するのが大切です。


まとめ

ドル建ての生命保険を学資保険代わりに利用するためには、外貨によるメリットやデメリット、注意点をしっかりと確認した上で、そのリスクを理解して利用するのが良いでしょう。

しかし、外貨投資や為替などについて、よくわからないという状態で利用するのは危険です。また、安定志向の方や、必ず決まった金額の満期金を受け取りたいという方は、ドル建ての生命保険ではなく、学資保険を利用しましょう。


逆に、学資保険だけでは不安だという方や、為替などについての知識がしっかりとあるのであれば、ドル建ての生命保険を投資として利用することも考えてみましょう。大きく増える可能性があることを考えると、円建ての学資保険だけで準備をすることのデメリットをカバーすることができますね。


単純に進められたからと言って、簡単に契約をしてしまわないよう、しっかりと理解して検討をすることが何より大切になりますね。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • JA共済(農協)の学資保険3種類を徹底比較、注意点を大解説します。
  • 学資保険の代わりに低解約返戻金保険がオススメ!5つの理由を解説!
  • 学資保険と生命保険の比較を通して両者の違い・選び方・注意点を解説
  • 米ドル建て保険VS学資保険!将来の資産を効率よく残すのはどっちだ?
  • 学資保険と終身保険では子どもの教育資金の準備にはどちらが良いか?
  • 学資保険と生命保険を比較して加入するものを選んでいきましょう
  • 学資保険と低解約返戻金型終身保険のどちらを選ぶべき?特徴を解説!