生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

80歳以上の高齢者でも保険に加入できる?加入できる保険を紹介します

80歳以上の高齢者は保険に加入できないと思っていませんか?実は高齢者でも保険に加入できるんです。高齢者が保険に加入するときには様々な留意点もありますが死亡保険や医療保険などに高齢者からでも加入できます。今回は高齢者でも加入できる保険について解説します!

80歳以上の高齢者でも保険に加入できる?

若いうちは病気にかかる機会も少なく保険に加入しようと考える方は少ないのではないでしょうか?

しかし、いざ高齢になって、病院に行く機会が増えたときに加入できる保険がないと困りますよね?

意外と知らない人が多いのですが、実は80歳以上の高齢者になっても加入できる保険があるのです。

80歳だからと保険に加入することをあきらめずにすむために、この記事では「80歳でも加入できる保険」について、
  • 高齢者で加入できる保険の一覧(死亡保険・医療保険・引受緩和型医療保険)
  • 高齢者の対応については、生命保険業界でガイドラインが作成されている?
  • 高齢者が加入するさいの留意点とは?
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、高齢者の方はもちろん、将来のことを考えるうえでも、保険検討の参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

ほけんROOMでは、完全無料の保険相談を行なっております。


相談からアフターフォローまで、何度でも無料、納得できるまで相談することできます。


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?

高齢者でも加入できる保険はいろいろある

高齢者で加入できる保険があるとお伝えしましたが、それも一種だけではありません。

死亡保険や医療保険はもちろん、持病がある方でも申込みができる引受緩和型医療保険も販売されています。

それぞれ、どの保険会社で販売されているのか一覧にまとめましたので確認してみましょう。

高齢者でもお申込みできる死亡保険一覧

80歳以上の高齢者が申込みできる死亡保険は下記の通りです。
 
保険会社SBIいきいき少額短期保険 
商品名引受基準緩和型定期保険「あんしん世代【緩和型】」
契約年齢20歳~84歳
保険期間1年(90歳まで継続可能)
引受基準緩和型なので持病がある方でも申込みすることができ、全部で3コースが用意されています。


保険会社SBIいきいき少額短期保険
商品名定期保険「SBIいきいき少短の死亡保険」
契約年齢20歳~84歳
保険期間1年(90歳まで継続可能)
保険金額は100~600万円と少なめですが、手ごろな保険料で亡くなったときに備えることができます。


保険会社セント・プラス少額短期保険
商品名引受基準緩和型定期保険「介護死亡保険「介護のあとも」
契約年齢60歳~85歳
保険期間1年間(100歳まで継続可能)
持病がある方や要介護2以下の方も申込みができ、100歳まで継続できます。

保険料もリーズナブルな設定になっています。


保険会社FWD富士生命
商品名引受基準緩和型終身保険「持病があっても!終身保険」
契約年齢40歳~80歳
保険期間終身
健康に不安のある方でも申込みできる一生涯保障の死亡保険です。

保険料は一生上がらないので長期間保障を持ち続けることができます。


保険会社オリックス生命保険
商品名引受基準緩和型終身保険終身保険「新ライズ・サポート」
契約年齢20歳~85歳
保険期間終身
告知項目は4つのみで該当しなければ加入することができます。

保険期間は一生涯となっています。


保険会社メモリード・ライフ
商品名定期保険「無配当1年定期保険(保険金建)」
契約年齢20歳~89歳
保険期間1年間(99歳まで継続可能)
1年ごとの更新タイプで、最長99歳まで継続が可能です。

保険金は最高で300万円まで設計できます。

高齢者でもお申込みできる医療保険一覧

80歳以上の高齢者でも申込みができる医療保険は下記の通りです。

保険会社ネオファースト生命
商品名終身医療保険「ネオdeいりょう」
契約年齢0歳~85歳
保険期間終身
入院だけでなく、がんや通院の保障もある保険です。

また、基準を満たすと、健康保険料率が適用されて、通常よりも保険料が安くなります。


保険会社ネオファースト生命
商品名終身医療保険「ネオdeいちじきん」
契約年齢0歳~85歳
保険期間終身
入院したときに一時金が受け取れる保険です。

オプションで八大生活習慣病、がん・女性疾病などを重点保障することも可能です。


保険会社FWD富士生命
商品名終身医療保険「さいふにやさしい医療保険」
契約年齢20歳~80歳
保険期間終身
シンプルな保障内容で保険料もリーズナブルとなっています。

オプションで無事故給付金を付けることができます。


保険会社オリックス生命保険
商品名終身医療保険「死亡保障付医療保険リリーフ・ダブル」
契約年齢15歳~80歳
保険期間終身
入院・手術・先進医療の保障に加えて、一生涯の死亡保障もついている総合保障タイプの保険です。


保険会社オリックス生命保険
商品名終身医療保険「医療保険 新キュア」
契約年齢0歳~80歳
保険期間終身 
保険期間が終身の医療保険ですが、同じタイプの医療保険の中では非常に人気が高い保険です。

持病のある高齢者でもお申込みできる引受緩和型医療保険一覧

持病のある高齢者でも申込みができる引受緩和型医療保険は下記の通りです。

保険会社SBIいきいき少額短期保険
商品名引受基準緩和型医療保険「新いきいき世代【緩和型】」
契約年齢20歳~84歳
保険期間1年(100歳まで継続可能)
入院・手術・先進医療を保障するシンプルな保険です。

1年ごとの更新タイプで最長100歳まで継続することができます。


保険会社損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
商品名引受基準緩和型医療保険 「新・健康のお守り ハート」
契約年齢20歳~80歳
保険期間終身
告知項目は3項目のみで1つも該当しなければ申し込みが可能です。

三大疾病に関する保障をつける場合には告知項目が1つ追加されます。


保険会社FWD富士生命
商品名引受基準緩和型医療保険「ゴールドメディ・ワイド」
契約年齢40歳~80歳
保険期間1年
持病があっても3つの質問がすべて「いいえ」なら申込み可能な一生涯保障の医療保険です。

月々240円をプラスすれば、健康ボーナスがあるプランに申込みできます。


保険会社エイ・ワン少額短期保険
商品名加入条件個別設定型医療保険「エブリワン」
契約年齢10歳~84歳
保険期間1年(満89歳まで継続可能)
指定疾病不担保制度を導入しているため、特定の病気に関しては保障されませんが、その分持病がある方でも割安な保険料で申込みが可能です。


保険会社オリックス生命保険
商品名引受基準緩和型医療保険「医療保険 新キュア・サポート 」
契約年齢20歳~85歳
保険期間終身
4つの告知項目に該当しなければ、申し込みができる終身タイプの医療保険です。

インターネットからの申込も可能です。

高齢者向けの生命保険サービスに関するガイドライン

生命保険協会は「高齢者向けの生命保険サービスに関するガイドライン」というものを策定しています。

このガイドラインは、会員の保険会社各社が高齢者の顧客に対して、保険加入時、契約継続時、手続発生時・手続時、それぞれの段階において適切な対応を行うための参考になることを目的としています。

実際にどのようなことが定められているのか見てみましょう。

加入時の対応

高齢者の加入時の対応としては、加齢に伴う認知能力の低下に配慮し、適切かつ十分な説明を行うことが重要とされています。

そのため、加入時に担当者と面談する際には、下記のような方法で面談することが求められています。

  • 親族の同席を伴った募集
  • 複数の募集人による募集
  • 複数回の面談による募集

対面以外の申込み方法の場合は、上記の方法は不可能なため、電話での意向確認を必須とするなど、各社対面販売に準じる方法で、高齢者の対応をしています。

契約継続時の対応

生命保険や医療保険は契約期間が長期になる場合が多く、契約者も年齢を重ねてくうえで、認知機能が衰え、保険に加入している事実を失念してしまう可能性があります。

また、視力の低下によって通知物の文字が読めなくなり、内容を的確に把握できなくなることが懸念されます。

そのため、保険会社には下記のような対応が求められています。

  • 定期的に通知するお知らせ・お届け冊子等にて、保険に加入している事実や契約内容・支払手続内容等を確認する機会を設ける。
  • 契約内容等をご理解いただくため、契約内容をご案内する書類等について文字は大きく、見やすく、わかりやすく簡単な文章で記載する。

手続発生時・手続時の対応

高齢者は身体面で様々な問題が発生するので、請求書類への記入が困難になったり、必要書類を取り寄せることが難しくなります。

また、認知症などにより、手続きや請求のための意思能力の低下が懸念されます。

そのため、保険会社には下記のような対応が求められています。

  • 通知物の不達状況や電話の通話状況などから、契約者等との連絡先や生存状況を確認する。
  • 請求に必要な書類については、わかりやすい説明を行い、受取人からの照会に適切に対応できるようにする。
  • 手続きに必要な書類を少なくしたり、簡単に手続きをできるようにする。
  • 受取人と連絡がつかない場合に、可能な範囲で受取人の連絡先が特定できるようなにしておく。
  • 受取人の請求意思は確認できるが、受取人が請求書類へ自署することが困難な場合に、代筆で手続きができるようにする。
  • 受取人が請求を行うことができない場合、法定後見制度の活用に加え、指定代理請求人など受取人に代わる代理人が請求・受取ができるようにする。

保険契約における高齢者募集の留意点

生命保険協会が定めている「高齢者向けの生命保険サービスに関するガイドライン」はあくまで参考とするために策定していますが、保険会社はガイドラインに則った対応をしています。

その中でも特に重要である高齢者募集時に保険会社がどのようなことに注意しているのかを詳しく見ていきましょう。

保険募集時に親族等の同席を求める方法

保険の申込みをする際には契約者と被保険者と面談する必要がありますが、契被が同一の場合は、将来的に説明した・していないといったトラブルが発生する可能性があります。


そこで、親族に同席してもらえれば、親族も保険商品の内容を理解してくれるので、後々のトラブルが防げます。


また、同席する親族が死亡保険金受取人・指定代理請求人などの場合には、保険金・給付金の請求時にもスムーズな手続きができ、高齢者募集時の方法としては一番効果的とされています。


保険募集時に複数の保険募集人による保険募集を行う方法

保険の募集人はどうしても契約してほしいという気持ちがありますので、1対1で面談していると、相手の理解度反応の確認が十分でないまま手続きを進めてしまう可能性があります。


そこで、2名以上の募集人が立ち会い、説明者でない募集人が高齢者の言動や態度をしっかりと確認することによって、本当に理解しているのかを客観的に判断することができます。


また、書記に徹することで、面談記録などの作成をして、高齢者と共有することも効果的です。

複数回の保険募集機会を設ける方法

高齢者は保障内容を理解していなくても、その場の雰囲気で申込みを決断してしてしまったり、認知機能が低下していて、説明したことをすぐに忘れてしまう可能性があります。


そこで、複数回の募集機会を設けることにより、申込の検討に必要な時間的余裕が確保できますし、認知機能に問題がないかも確認することができます。

高齢者の意向に沿った商品内容等であることを確認する方法

高齢者の場合は加入した直後でも思っていた商品と違っていたと申し出をすることも少なくありません。


そこで、申込書を受け付けた後に、別の担当者から電話などで連絡をして、本当に意向に沿った商品なのか、手続きを進めて問題がないかを確認しています。


もし、意向と異なっていた場合には、保険の申込みを無効とすることができます。

まとめ:高齢者でも保険に加入できるか

高齢者でも加入できる保険と高齢者を募集するときに保険会社が注意していることについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 80歳以上の高齢者でも死亡保険、医療保険、引受緩和型医療保険に加入できる。
  • 高齢者の対応には生命保険業界全体として取り組みをしている。
  • 高齢者の募集時には保険会社は様々な対策を施している。

です。


人生100年時代と言われている現代では、以前に比べて高齢者が保険に加入するケースが増えてきています。


そのため、保険会社は80歳以上でも加入できる商品を用意したり、高齢者に対して後々トラブルにならないように丁寧な対応をしています。


高齢者だからといってあきらめずに、新しく保険の加入を検討してみても良いかもしれません。


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説