高齢者の保険の上手な選び方!保険の必要性やランキングもご紹介!

高齢者の保険の上手な選び方!保険の必要性やランキングもご紹介!-サムネイル画像

高齢者の方はどんな保険を選べばいいかよくわからず不安ですよね。また中には高齢者の保険の必要性を疑問視している方もいるでしょう。この記事では高齢者の方の保険の必要性や上手な選び方、そして保険加入を考えている方向けに保険ランキングや保険種類について紹介します。

高齢者の保険の上手な選び方についてご紹介!


若いときは保険に入らなくても大丈夫と思っていても、いざ歳をとってくると保険に入っていないのが不安…そんな方も多いですよね。


また、そもそも高齢者にはどんな保険が向いているのか分からず、保険選びで迷っていることと思います。


そこで、この記事では「高齢者の上手な保険の選び方」について、

  • そもそも高齢者だからといって保険は必要なのか
  • 高齢者にとってリスクの高い事態とはどんなものなのか
  • 高齢者におすすめの保険は何か
  • 口コミやランキングで評判の高い高齢者におすすめの保険

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、高齢者の保険の選び方を詳しく知ることができ、同時におすすめの保険も知ることができて保険選びに役立てていただけます。


また、高齢者の方は、糖尿病に悩んでいる方も多いと思います。

今回、89歳まで加入できる糖尿病保険もご紹介します。


「この保険知らなかった!」と思った方は、詳細を公式HPにてご確認下さい。


是非最後までご覧ください。

そもそも高齢者に保険は必要なの?4つの必要な理由を紹介!

そもそも、高齢者にとって保険は本当に必要なものなのでしょうか。


日本は社会保障が思っている以上に充実しており、特に医療保険については必要性が低いとも言われているぐらいです。


しかし、高齢者は若者に比べて病気にかかる確率が高く、また病気になったときに長期間にわたっての治療が必要になるケースも多いものです。


病気の治療のためには予想外に医療費がかかることもあるので、高齢者は保険に入っておいて損はないでしょう。

1.三大疾病や生活習慣病に備える

まず、高齢者の病気のリスクとして最も多いのが、三大疾病生活習慣病です。


三大疾病とは以下の病気を指します。

  1. がん(悪性新生物)
  2. 心疾患(急性心筋梗塞)
  3. 脳卒中

これらの病気は、特に高齢になればなるほど発症の確率が上がり、また致死率も他の病気に比べて高い病気です。


また、運動習慣や食生活、飲酒や喫煙などの生活習慣によって上記のような病気を引き起こすことになれば、それは生活習慣病とも呼ばれます。


こういった病気は、まずは生活習慣の改善によって予防を目指すことが大切ですが、それだけで完全に防ぐこともできません。


そこで、このような病気に備えるために保険に加入しておくと安心です。

2.75歳から高まる入院のリスクに備える


また、75歳以上になると病気による入院のリスクが高まります。また、入院日数そのものも若者が病気になるよりは長くなります。


医療費は入院回数や入院日数に応じて高くなります。


入院回数が増えたり、入院日数が長引くと、それだけで医療費がかなりかかってきます。


高額療養費や後期高齢者医療保険の制度により、75歳以上の人の医療費はかなり安く抑えられてはいます。


しかし、どれだけ長期間の日数の入院リスクがあるかは誰にも分からないため、やはり保険に加入しておくと医療費の心配は減るでしょう。

3.突然の死亡リスクに備える

高齢者は、若者に比べるとやはり死亡リスクも高くなります。


特に老夫婦の場合、老衰や病気によって他界した場合、残された配偶者は今後の生活費が心配になります。


子どもに面倒を見てもらうことも考えられるでしょうが、やはりお金の問題で子どもには迷惑をかけたくないと考える人のほうが多いでしょう。


そんなとき、死亡保険に加入していればまとまったお金を配偶者に残すことができ、その後の生活費を補填することができるのです。


そのため、突然の死亡リスクに備えるための保険に加入しておくと安心して老後を過ごすことができます。

4.葬儀や相続に備える

また、葬式や葬儀は多額の費用がかかるものです。葬儀にかかる費用は全国の平均で約135万円となっています。


近年は家族葬など、規模を小さくして行う葬儀なども増えてきており、葬儀にかかる費用は年々縮小傾向にあります。


しかし、これはあくまでも平均であり人によっては葬儀費用だけで150万円を超えるような家もあります。


葬儀費用は遺族にとっては金銭的な負担もあるものですが、少ない保険金額であっても死亡保険に加入していればこの費用をまかなえるだけの保険金が遺族に遺されることになります。


また、配偶者や子どもに相続として財産を残したい場合も、死亡保険は有力な選択肢になります。


加入者自身のためではなく、遺される人のための保険と考えると、加入する価値はあるのではないでしょうか。

高齢者が抱える健康リスクについて

高齢者は、若者と比べるとやはり体力も衰えがちで、健康リスクはどうしても高くなってしまいます。


特にがんは高齢者の発症率が非常に高く、二人に一人が罹患する病気とまで言われるほどです。


他にも心疾患や脳血管疾患、介護など、高齢者はさまざまな病気にかかるリスクが高くなりますので、保険への加入がおすすめです。

1.高齢者に多い病気はがん・脳血管疾患・心疾患

高齢者にとって非常に多い病気が、がんや脳血管疾患、心疾患です。


これらは日本人の死因の多くを占める病気で、三大死因とも言われています。


がんは体のあらゆる部分に発症する可能性があり、悪性腫瘍によって機能が失われるというような病気です。


がんは軽いものから重症化しやすいものまでさまざまですが、特に肺がんや胃がんは死亡率も高く、統計上はやや男性がかかりやすくなっています。


また、脳血管疾患は脳卒中ともいわれる病気で、何らかの要因で脳の動脈に障害が生じ、脳の機能が正常に働かず体の機能が失われる病気です。


脳血管疾患は、大きく分けて脳梗塞と脳出血・くも膜下出血に分けられ、いずれも特に高齢者にとっては危険な病気です。


また、心疾患も心臓発作などの病気を総称しているもので、死亡率の高い病気でもあります。


こういったリスクが高齢者には存在します。

2.60代以上ではがんの罹患率が急激に上昇

がんは、高齢者にとっては他人事ではない病気です。


60代以上では、がんの罹患率は50代までと比べて、罹患率が急激に上昇します。


がんは40代までは1.5%以下とかなり低い確率の罹患率で、50代でも5%ほどの罹患率とかなり低い数値です。


しかし、これが60代になると15.1%、70代では29.7%と急に高くになっていきます。


がんは様々な病気の中でも特に医療費がかかりやすい病気で、医療保険とは別にわざわざ専用のがん保険が用意されているほどです。


このことからも、がん保険に加入しておく意義は高いと言えるでしょう。


国立がん研究センター:がんの罹患率

3.75歳以上は要介護認定や入院数が大きく上昇

また、75歳以上になると要介護認定入院数が、それまでの年代と比べて大きく上昇します。


高齢になると、体の様々な機能が衰え始め、運動や歩行、食事など生活に必要な行動に支障をきたすことがあります。


そうなると、自分一人の力だけでは生きていくことができず、他人の介助が必要な状態となり、これを要介護状態と表現します。


75歳以上となると運動機能も衰えてしまうため、要介護となる確率が高まってくるのです。


また、それと同時に75歳以上では入院数も大幅に上昇します。


75歳以上はさまざまな病気にかかりやすくなるため、そのたびに通院や入院が必要となります

公的医療制度では保障してくれない範囲は保険で保障が必要

日本においては社会保障が充実しており、幸い医療費がいくら高額になったとしても、そうそう医療費で家計が崩壊するということは少ないでしょう。


そもそも健康保険によって医療費の自己負担は3割以下に抑えられていますし、1か月あたりの医療費も高額療養費制度によって上限があります。


これは諸外国と比べても進んでいる部分で、日本の医療制度は先進国の中でもかなり優秀です。


しかしながら、何度も入院が続いたりさまざまな病気にかかってしまっては、医療費の負担が大きいことも事実です。


特に貯蓄の少ない世帯では、公的な保険に加えて民間の保険がかなり頼りになることでしょう。

高齢者の保険の見直しポイントを5つ紹介!

今までも保険には加入していたけれども、高齢になって保険の保障内容が自分に合っているかどうかが心配という人もいるでしょう。


また、本当は必要無いのに無駄な保障に保険料を払い続けてきたのではないか、と不安になる人もいます。


高齢者にとっては、保険を見直すポイントはいくつもありますが、ここからはそのポイントのうち5つをご紹介します。


このような状況を迎えたばかり、もしくはすでに迎えている人でも、保険の見直しの良い機会ですので参考にしてください。

1.子どもが独立しているかどうか

まず、保険を見直すうえで最も重要なことは、子どもが独立しているかどうかです。


子どもを扶養している間に病気や怪我、最悪のケースで死亡などになってしまうと、遺された家族が経済的に困窮してしまう事態に陥りかねません。


特に死亡保険は、子どもが独立していない間は必須の保険と言っても良いため、見直すべきタイミングではありません。


逆に言えば、子どもが独立した後は必要な保障額が大幅に減るため、保険の見直しのチャンスです。

2.年齢によって保障内容が変化しているかどうか

次の保険見直しのポイントは、契約している保険の内容が年齢によって変化しているかどうかです。


例えば、収入保障保険などは年々保障金額が下がっていく保険のため、はじめから見直す必要はあまり無い保険です。


他にも、特に国内大手の保険は10年ごとの契約更新の際に大幅に保険料が上昇するものが多いため、見直す必要があると言えるでしょう。


また、定期保険などは一定期間で保障が終了するため、その保険期間で本当に良いのかを再度検討する必要があります。

3.三大疾病や生活習慣病を保障してくれるかどうか

他にも、今契約している保険が三大疾病生活習慣病を保障してくれているかどうかもポイントになります。


三大疾病や生活習慣病による治療は、他の病気と比べても治療期間が長い、もしくは費用が高額になりがちなため、手厚い保障が必要です。


医療保険の中には三大疾病や生活習慣病による保険金の支払いは入院給付金の支払日数が伸びたり、保険金の金額が大きくなったりと、手厚い保障をつけている商品もあります。


それを売りにしている保険もあるため、今一度自分の保険が三大疾病や生活習慣病に対応しているか、確認してみましょう。

4.葬儀や死後の整理に十分な死亡金を残せるかどうか

人が亡くなると、葬儀死後の整理で意外と費用がかかるものです。


葬儀には平均で100万円を超える費用がかかることはすでにご説明したとおりですが、これを現金で常に用意しておける人はそう多くはないのではないでしょうか。


死亡保険に加入していれば、いつ万が一のことがあってもまとまったお金が保険から支払われますので、安心です。


もし今の死亡保険の保険金がそんなに多くないという人は、保障額も含めて見直してみましょう。

5.持病があるかどうか

保険の見直しにおいて大事なことは、今現在持病があるかどうかもポイントとなります。


既に加入している保険で持病の治療がカバーできているのであれば、無理に保険を見直す必要はないからです。


また、保険の見直しとは新たに保険に加入することと同じですので、持病があると保険の見直しがそもそもできない可能性もあるのです。

保険の上手な選び方!4つのポイントを紹介!

まだ医療保険や死亡保険に加入していないけれども、やっぱり老後のことが心配だこら保険に加入したいという人も多いです。


年齢が若ければ若いほど保険料も安くなりますが、だからといって万が一が心配なのに保険に加入しないままというのは精神的に良くありません。


今からでも間に合いますので、保険への加入を検討してみましょう。


ここからは、上手な保険の選び方について、4つのポイントに絞って解説していきます。


老後の安心を得るために、この解説を読んで保険選びの参考にしてください。

1.死後整理に十分な保険金を残せるかどうか

まず、死亡保険における保険選びで大事なことは、死後の整理のために十分な保険金を残せるかどうかがポイントとなります。


葬儀だけで平均130万円ほど、死後の整理や引っ越し代などで数十万円のかかることを考えると、最低でも死亡保険金は200万円は設定したいところです。


逆に、あまりにも高額すぎる死亡保険金をかけたとしても、十分生活ができている人にとっては無駄なお金になってしまいかねません。


のために掛ける保険料自体も無駄になります。


死後整理のための費用ではありますが、各人の財産状況を鑑みて必要十分な金額だけを保険金として設定するようにしましょう。

2.三大疾病や生活習慣病を保障してくれるかどうか

また、保険選びの際には三大疾病生活習慣病を保障してくれるかどうかもポイントです。


三大疾病や生活習慣病は医療費が高くなりがちで、通常の医療保険だけでは保障が不足することも考えられます。


医療保険の中には、三大疾病や生活習慣病になったときに保険金の金額が増えたり、入院給付日数が長くなったりと保障が手厚くなるものもあります。


このような保険を選ぶとより安心できるでしょう。


3.差額ベッド代等の自己負担部分を保障してくれるかどうか

いざ入院となったとき、普通は2人部屋や4人部屋などで治療期間を過ごします。


しかし、見知らぬ他人と何日も同じ部屋で過ごすのはストレスにもなります。


入院生活を快適に過ごすためには、個室に入るのが一番ですが、その費用(差額ベッド代と言います)は医療保険では保障されません。


しかし、入院給付金の日額を上げておけば、差額ベッド第は回収できます。


どうしても入院中は個室に入りたいという人は、入院給付金の日額を1万円以上に設定しておきましょう。

4.持病があっても加入できるかどうか

これから保険の加入を検討している人、特に医療保険や生命保険への加入を検討している人は、持病があるかどうかを確認しておきましょう。


持病があると、それだけで保険に加入することができない場合もあります。


また、加入できたとしてもその病気については保障の対象外とする保険も少なくないものです。


これは、保険の公平性を保つために、保険金が支払われる可能性が極めて高い人を保険に加入させないための、当然の処置と言えます。


どうしても保険に加入したい人は、持病があっても加入できる保険というものもありますので、検討してみる価値はあるでしょう。

高齢者の方向けの医療保険ランキングトップ3を紹介!

ここまでは、高齢者の方が保険に加入することの意義やメリットなどをお伝えしてきました。

しかし、実際に保険を選ぶとなると数十もある保険商品の中から自分にぴったりの保険を見つけ出すのはなかなか難しいものです。

そこで、ここからは実際に売れている保険商品のトップ3と、その特長などをご紹介していきます。

実際に売れている保険というのは、確かな実績もあるので保険選びのためには大いに参考になるものです。

まずは、医療保険について見ていきましょう。


なお以下の保険料については、すべて60歳の男性が加入という同じ条件で見積もりをしています。

1.新キュア(オリックス生命)

まずは、オリックス生命が販売している医療保険「新キュア」のご紹介です。

この保険は2013年の発売以降、さまざまなメディアで総合1位を取り続けてきた医療保険で、高齢者だけではなくすべての世代におすすめできる医療保険です。

まずはそのスペックをご紹介しましょう。

保険料
4,588円

入院給付金

5,000円
入院給付日数
60日
手術給付金
入院中10万円/外来2.5万円
保険料払込期間
終身
入院給付金や手術給付金はオーソドックスな金額ですが、入院給付日数が60日と長めの構成になっており、さらに3大疾病では無制限になります。

また先進医療給付なども基本保障として付加されていたり、特約になりますががんの保障も一時金の給付が1年に1回など、手厚い保障も売りのひとつです。

そして、なんといってもこれだけの保障内容がありながら保険料が安価に抑えられているのも嬉しいところです。

どの保障も過不足なく揃っており、医療保険としては大変に優れた商品です。

2.終身医療保険(チューリッヒ生命)

続いてご紹介するのは、チューリッヒ生命が販売している「終身医療保険プレミアムDX」です。

こちらも新キュア同様、基本的な保障はすべて揃っておりおすすめの医療保険です。

そのスペックは以下の通りです。
保険料
4,722円
入院給付金
5,000円
入院給付日数
30日
手術給付金
入院中5万円/外来5万円
保険料払込期間
終身
入院給付金は日帰り入院を含めて1日目から保障されたり、特約も豊富にあるのでカスタマイズ性も高い保険商品です。

さらに、契約者だけが使える無料のセカンドオピニオンサービスや、さまざまなサービスを優待価格で受けることのできるチューリッヒ・クラブオフなど、保険以外のサービスも充実しています。

保険料も安く、医療保険としてはおすすめです。

3.シュア(ソニー損保)

医療保険のトップ3のうちもうひとつは、ソニー損保が販売する「シュア」という商品です。

そのスペックは以下の通りです。
保険料
4,187円
入院給付金
5,000円
入院給付日数
60日
手術給付金
入院中5万円/外来無し
保険料払込期間
終身

こちらの保険の特長は、なんといっても保険料の安さです。


オリックスの新キュアやチューリッヒ生命の終身医療保険プレミアムDXもかなり保険料が安いことで名を馳せていますが、ソニー損保のシュアはその上をいく安さです。


その保険料の安さは、同じ入院給付金で比較した上記3社の表を見ていただければ明らかです。


これは、保障内容が入院給付金5,000円/10,000円の二択であることなど、プランの選択肢をシンプルにして極力費用を抑えていることによります。


他の医療保険では入院給付金を1,000円単位で選択できるなど、カスタマイズの幅が広いところも多いですので、こういったところで費用を抑えて保険料を安くしているのです。


ただし、デメリットとしては外来の手術給付金が出ないところです。


病気の中には、入院を必要としない日帰り手術というものもあり、この場合でも他の医療保険では給付金が出るものが多いです。


保険料の安さゆえにこういったところの保障は他よりも劣っている部分もあります。


しかし単純にもしものときの大きな出費に対する保障が欲しいのであれば、このような保険も十分に候補として挙がってくるでしょう。

保険料の安い共済もおすすめ!

医療保険というと上記のような民間の保険会社の商品ばかりに目が行きがちですが、昔からある共済の保険もおすすめです。

他の保険ですと、年齢によって保険料が変わるものがほとんどで、高齢者になればなるほど保険料も上がるものです。

しかし、共済は年齢による掛金の変動はなく、純粋に保障金額に対してのみ掛金の金額が変わります。


そのスペックは以下の通りです。

掛金(保険料)
2,300円
入院給付金
6,000円
入院給付日数
180日
手術給付金
入院中3万円/外来3万円
保険料払込期間
終身
このとおり、保障内容に対して掛金がかなり安く抑えられています。

これは、そもそも共済は民間の保険会社とは違って営利を目的とした団体ではなく、相互扶助の考えに基づいて運営されているためです。

掛金は加入者全員で分配するもののため、年度ごとに余剰金が出れば配当金として分配されるのも特長です。


ただし、共済のデメリットとしては加入年齢が80歳までと上限があるところです。


また、60歳以上の加入者は徐々に保障内容が減っていくため、本当に保障が欲しい高齢のときに保障内容が薄いということになってしまいます。


しかし、掛金は年齢によって変わらず安いため、お金のない人には特におすすめです。

高齢者の方向けの生命保険ランキングトップ3を紹介!

保険といえば医療保険と並んで思い浮かべる人が多いのが、生命保険です。


万が一の際に遺族にお金を残すことのできる生命保険ですが、高齢者の方にはどんな保険が選ばれているのでしょうか。


ここからは、高齢者の方向けの生命保険ランキングトップ3をご紹介します。

1.終身保険どなたでも(アフラック)

まず、生命保険で選ばれているのがアフラックの「終身保険どなたでも」という商品です。


以下がその保険のスペックです。

保険料
6,000円
保険金額
1,440,000円(20年後に解約の場合)
保険料払込期間
20年
この保険は他の生命保険とは少し違っていて、保険料が1,000円単位で固定されています。

そして、解約時にはそれまで積み立てた保険料を受け取ることができます。

積立預金のような感覚で利用できるので、高齢者の方にら特に評判が高いです。

2.終身保険ライズ(オリックス生命)

次に人気が高いのが、オリックス生命の「終身保険ライズ」という商品です。

この保険のスペックは以下の通りです。
保険料
16,455円
保険金額
500万円
保険料払込期間
終身
新キュアに続き、オリックス生命は終身保険も人気が高いです。

その理由は、保険料の安さとバランスにあります。

高い貯蓄性を誇り、保険期間も終身と一生涯の安心を得ることができるため、この保険が人気となっています。

3.かしこく備える終身保険(アフラック)

また、アフラックの「かしこく備える終身保険」も人気の保険商品です。


この保険のスペックは以下の通りです。

保険料
7,002円
保険金額
200万円
保険料払込期間終身
がん保険で有名なアフラックですが、終身保険もこのように安い保険料でしっかりとした保障を得ることができます。

保険金額も細かく設定することができるため、自分のニーズに合った保険を組み立てることができます。

生命保険(死亡保険)は掛け捨てがおすすめ!

加入者が亡くなったときに、遺族に保険金が振り込まれる生命保険(死亡保険)ですが、加入の形としては貯蓄型掛け捨て型の二種類があります。


貯蓄型は、毎月支払う保険料を保険会社に積み立てていくイメージの商品で、解約時には解約返戻金を受け取ることができる保険商品です。


一方、掛け捨て型は毎月の保険料を支払うことに変わりはありませんが、解約時に解約返戻金はほとんど戻ってこない商品が一般的です。


一見すると、貯蓄型のほうが無駄がないように見えますが、貯蓄型はその名の通りで定期預金などと性質は似ています。


当然、保険会社の経費分も保険料として支払っていることになるため、解約時の返戻金の戻り率はその分が差し引かれていることになります。


正直なところ、あまり返戻率は高い商品ではないため、貯蓄型はおすすめではありません。


生命保険(死亡保険)に関しては、保険料が安く、必要最低限の保障を得ることができる掛け捨て型がおすすめです。

高齢者の方向け生命保険ランキングの口コミ・評判

高齢者の方向けの生命保険商品の特徴は分かりましたが、それでは実際に加入している人の口コミや評判はどうなのでしょうか。


保険の加入にあたっては、やはり実際に加入している人の意見を聞くのが一番です。


生命保険ランキングトップ3の保険商品について、実際の口コミや評判を見てみましょう。

補足1:高齢者医療制度の種類や内容について

何度かこの記事の中でも出てきていますが、保険はなにも民間のものだけではなく、国としての保険の制度もあります。


75歳以上の高齢の方については、後期高齢者医療がそれに該当します。


この制度は、個人単位で保険料を支払う代わりに、医療費のうち自己負担が1割だけで済むという制度です。


75歳未満の人は、会社の健康保険や国民健康保険の制度に加入しており、医療費の自己負担割合は医療費の3割となっています。


また、後期高齢者医療制度では健康保険や国民健康保険と同様に一か月の医療費の上限も決まっています。


その金額は、1か月あたり57,600円で、4か月以上同じ病気の治療のために医療費を支出いした場合は44,400円となります。

補足2:糖尿病が持病の方にはエクセルエイドがおすすめ!

通常、保険金の支払事由に該当する病気が持病としてある人は、その保険に加入することは原則できません。


また、加入できたとしても該当の病気については保障されないなどの条件が付くことがほとんどで、あまり保険に加入する意味はありません


しかし、そんな中でも持病があっても加入できる保険があります。


以下でその保険について詳しく解説します。

糖尿病保険(エクセルエイド少額短期保険)がおすすめ!

持病があっても加入できる保険として、エクセルエイド少額短期保険糖尿病保険という保険があります。


これは糖尿病保険で、糖尿病に対する保障を得ることができる専用の保険です。


この保険の最大の特徴は、なんといっても糖尿病を患っている人でも加入できるという点にあります。


普通、持病があると保険には加入できないというのが一般常識ですが、この保険はそのような縛りがありません。


簡単な告知事項だけで、誰でも加入することができるのです。


以下にこの保険の詳しい保障内容や保険料をご紹介します。

詳しい保障内容と保険料

エクセルエイド少額短期保険の糖尿病保険の保障内容としては、糖尿病の治療のための入院や手術に限り、給付金が支払われるというものです。


その金額は日額5,000円で、通院保障は無く入院保障のみとなっています。


また、手術給付金に関しては1回あたり5万円(外来の場合は2万5千円)です。


この内容で60歳男性が加入する場合、保険料は月5,812円となります。


また、この保険は死亡保障で加入することもでき、保険金100万円とすると月の保険料は2,397円となります。


持病があっても加入できる保険の中では、かなり安価と言えるでしょう。

まとめ:高齢者の保険の上手な選び方!

高齢者の方の上手な保険選びについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 高齢者は健康リスクが高いため保険に加入する意義はある
  • 自分のライフステージに合わせて保障の内容を吟味することが大事
  • 持病があっても加入できる保険もある

です。


高齢者の方はさまざまなリスクがあるため、やはり保険に加入しておくと一安心です。


この記事を参考に、自分に合う保険をしっかりと検討してみてください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。


この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング