生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

払い済み保険とは?

これまで加入してきた生命保険の保険料を節約できる「払い済み保険」とはどのようなものなのでしょうか?しかし保険料を節約するということは、その分保険の保障内容も気になります。保険の見直しなどで払い済み保険にした場合のメリットやデメリットも一緒に解説していきます。

保険料の支払いに負担を感じた時にオススメ、払い済み保険について解説

今まで保険料を支払ってきたけれど、家計的に支払いが厳しくなってきた場合、どうしたらいいのでしょうか?

保険の解約?それとも保険内容の見直しをして保障内容を変更する?

しかし保険を解約した場合、それ以降の保障が何もありませんよね。新しく保険に入り直すにしても、保険料がさらにかかる可能性もあります。
また、保険の見直しをして保障内容を変更したとしても、月々の保険料が負担となってしまうかもしれません。

そこで、保険料の支払いが必要なくなり、保障も継続して続けることができる「払い済み保険」というものを紹介したいと思います。
保険料を払込期間よりも前に払い込んだということにして、それ以降の保険料支払いの心配がいらない払い済み保険について詳しく解説していきましょう。

払い済み保険とは今までの分の解約返戻金で保険料を支払うことができる制度

まず、払い済み保険に変更できるためには、これまで加入してきた保険が『積立型』でなければいけません。
それは現在保険料を払っている保険に積み立てられているお金(解約返戻金)で、残りの保険料を一括で支払うということになるからです。

例えば終身保険のような長期契約の保険であっても、掛け捨てタイプでは積み立てられるお金がないので払い済み保険には変更できません。
また、ある程度の保険料払込期間がなければ、一括で残りの保険料を支払うための準備金が足りない場合もあるので、払い済み保険への変更を検討する際には、現在解約返戻金はいくらくらい貯まっていて、払い済み保険に変更できるのか相談してみましょう。

払い済み保険の仕組みについて

払い済み保険とは、ただ保険料を払い終えるというような簡単な内容ではありません。

払い済み保険とは、本来の払込期間よりも前に保険料を払い済みにしたということです。そして本来受け取れるはずの保障額を減らし、解約返戻金を一時払いにすることで、払い済みとした日からそれ以降は保険料の支払いは必要ありません。

加入している生命保険を払い済み保険に変更するには、保険会社に申し出ることによって対応してもらえます。
払い済み保険に変更となった日から保険料の支払いはなくなり、保障額は下がりますが保障期間は契約時と同じで短縮されることはありません。
そして契約が満期となれば満期金も受け取ることができます。

生命保険の払い込み期間とは

生命保険には、保険期間と払込期間というものがあります。
保険には保険期間と払込期間が同じであったり、保険期間と払込期間が異なるものがあります。
こう聞くと複雑なように思えますが、この二つの期間の違いははっきりと区別できます。

まず、保険期間とは保障期間とも言われます。この保険期間(保障期間)の間に死亡したリ高度障害状態になった場合には、保険金を受け取ることができます。保険期間を過ぎた場合にはこれらの保険金は支払われません。
つまり、保険期間とは加入している生命保険の保険金(保障)が受けられる期間ということです。

次に、払込期間とは加入している保険の契約を継続させるために保険料を支払わなければならない期間のことです。


生命保険によっては保険期間と払込期間が異なる場合もあります。例として終身保険などが挙げられます。
終身保険の特徴は、一生涯保障を受けられるというものです。保険期間は一生続きますが、保険料の支払いを先に終えることもできるのです。
方法として、払込期間を加入後10年間や20年間などと決めたり、60歳または65歳で保険料を払い終えるようにするということも可能です。
もちろん商品によっては一生涯保険料を払い続けるというものもあります。

それでは、終身保険に加入し、払込期間を設定して保険料を支払っていくのと、一生涯保険料を支払っていくのではどのようなメリット・デメリットがあるのか解説しましょう。
30歳男性がSという保険会社の終身保険に加入すると仮定して、保険期間は一生涯で保険金は300万円とします。
払込期間が60歳までの場合、月々の保険料は7,215円となります。そして払込期間も一生涯とした場合の保険料は4,458円でした。

このことから、払込期間を設定し短くすることで保険料は割高になってしまいます。しかし、60歳以降保険料の支払いは必要なく、保障は継続されたままになります。
そして払込期間が一生涯の場合、60歳以降も継続して保険料の支払いをしなければなりません。
もし年金のみの老後生活となれば、家計の負担となる可能性もあります。また、人の寿命は分からないものですが、払込期間が一生涯の場合、長生きをすればするだけ保険料を損することになります。
その理由は、払込期間が一生涯の保険料ははじめは割安となっていますが、60歳で払込の場合、60歳までに払い込んだ保険料総支払額は2,597,400円となっていて、それ以降支払保険料は増えません。
一方、一生涯払込の場合79歳の時点で保険料総支払額が2,621,304円となり、支払総額が逆転しました。
79歳以降も生きている限り保険料を払い続けなければならないので、長生きをすると損をしてしまうということになります。

ただし、この払込期間を決める際には現在の家計状況やライフスタイルを考えることが大切です。損得だけでは決められません。
もし現在家計に余裕があり、保険料を早く払い終えたいと考えるならば60歳払込にして、保険料が家計を圧迫させるようなら保険料節約のために保険料が割安な終身払いを選ぶといいでしょう。
ただし、終身払いの場合老後も保険料の支払いが必要となるので、保険料を節約する分、老後資金をきちんと貯蓄しておくことが大切です。

どちらの払込期間で保険料を支払っていくのがいいのか、自分に合ったプランを見つけるようにしましょう。

払い済み保険にすると保険料の払い込みがなくなる

加入している生命保険を払い済み保険に変更すると、保険料の払い込みが中止され、これまでに積み立ててきた解約返戻金をもとに保険料払込済の保険へと変更されるのです。
契約時に設定した保険料の払込期間よりも早く保険料の払込が終わることで、メリットとデメリットもあります。
メリット・デメリットも踏まえた上で払い済み保険にするかを検討するようにしましょう。

払い済み保険にすることのメリット

これまで支払いを続けてきた保険料をストップすることで、どんなメリットがあるのでしょうか?
3つのメリットについて解説していきます。


保険料の支払いの必要がなくなる

一番のメリットと言えるのは、払い済み保険にしたことで月々の保険料を支払う必要がなくなることです。
払い済み保険にする理由としては、失業して家計が苦しくなり、保険料を支払っていくことが難しくなった場合が多いです。そのような場合でも、払い済み保険とすることでこれまで加入していた保険の最低限の保障を残しておくことができるのです。
もしくは、これまで加入していた保険とは別の保障がある保険(がん保険など)に加入を検討した場合で、支払う必要がなくなった保険料を、新しく加入しようとする保険の保険料に充てることができるからです。

保険料の払い込みなしで保障を続行できる

家計の負担などの理由により保険料の支払いが難しくなった場合、多くの人が保険の解約ということを考えると思います。
しかし、それではこれまで保険料を払い込んできたことが無駄になってしまいます。
その点、払い済み保険にすることで、受け取れる保障額は減ることになりますが保障を残したままにすることができるのです。
保険料も以降支払う必要もないので、とてもありがたいですね。

払い済み後も同じ予定金利で運用されるため、解約返戻金が増える

払い済み保険に切り替えた後、残りの保険期間に応じて毎年少しずつ解約返戻率は上がっていきます
それは、保険会社は運用の基準となる予定利率というものを定めており、それをもとに運用し続けるので貯蓄されている解約返戻金は増えていくということです。

しかし、この貯蓄されている解約返戻金の額が少ない場合、払い済み保険に切り替えるタイミングに気を付けておく必要があります。解約返戻金額によっては、払込保険料の方が高くなってしまう場合があります。

いいことばかりではない?払い済み保険の注意点

保険料の払い込みの必要がなくなり、それでも保障は継続されるというメリットに反して、いくつかデメリットも存在します。
こんなはずでは!ということがないように、メリットだけではなく、払い済み保険に変更する際のデメリットについてもしっかりと理解しておくことが大切です。

払い済み後の保障額が小さくなる

一番のデメリットとは、保障額の減額です。
将来受け取れる保障額が想定していた額よりも大幅に減額されていた場合、予定していた出費の計画が狂ってしまうこともあるかもしれません。
ですので、払い済み保険に変更すると仮定して、保障額はどれくらい減額されるのかをまずは確認してみましょう。
その後払い済み保険に変更するかを検討するのもいいでしょう。

特約などが消滅してしまう可能性がある

払い済み保険に変更することで、主契約の保障は継続されますが、特約は消滅してしまう可能性がありますので注意が必要です。
いざ特約での保障内容が必要となった時に、すでに消滅していたということがないように、払い済み保険に変更を検討する際には必ず保険会社に確認しておきましょう。

ただし、保険会社によってはリビングニーズ特約などは継続できることもあります。
リビングニーズ特約とは、医者から何らかの病気等により余命が6カ月以内と診断を受けた場合、保険金の全額または一部を生存中に受け取ることができる特約です。

一度払い済み保険にすると、二度と元に戻せないことに注意

“今”保険料の支払いが負担になっているからと言って、安易に払い済み保険に変更するのではなく、保障額が減額したり、医療保障などが消滅しても大丈夫なのかよく考えることが大切です。
なぜなら、払い済み保険は一度変更した場合、二度と元の保険内容には戻せないからです。
払い済み保険に変更した後、これまでのような医療保障や収入保障を付加し、保障内容を充実させたいと思っても一切できません。

では、どうすればいいかと言うと、新たに生命保険などに加入しなしければなりません。
その際には、再度告知義務が発生しますので、万が一審査の結果新しい保険に入れなかった場合、大変困ることになるでしょう。

払い済み保険にすると、このようなデメリットがありますので慎重に検討するようにしてください。

元本割れの可能性?低解約返戻金型保険や変額保険の払い済みについて

まず、低解約返戻金型保険とは保険料の払込期間中は解約返戻金が通常よりも低く設定されており、その分保険料も割安となっています。
解約返戻金が低いというのはデメリットですが、払込期間が過ぎれば返戻率は大きく上昇する傾向にありますので、払込が済めばまとまった額の解約返戻金が受け取れます。

先述したとおり、払い済み保険に変更した場合、これまで積み立ててきた保険料(解約返戻金)で残りの保険料を支払い、保険会社が運用する予定利率によってそれ以降も解約返戻金の額は上昇していくというものでした。

このことから、貯蓄性の高い保険では払い済み保険にしても解約返戻金の額は低くなることはないのですが、この低解約返戻金型保険の場合、もともと積み立てている解約返戻金額が少ないので、途中で払い済み保険に変更しても解約返戻金が増えることなく損をしてしまう可能性があります。
もちろん、途中解約しても保険料の払込期間は返戻率がかなり低いので、大損してしまいます。低解約返戻金型保険に加入する際にはこれらのことに注意しなければなりません。


次に、変額保険とは保険会社の運用成績によって解約返戻金額が変動する保険です。
保険会社の運用成績がよければ返戻金額が増え、成績が悪ければ返戻金はぐっと減ってしまいます。最悪の場合元本割れする可能性もあるでしょう。

しかし、生命保険とは長期間にわたって安定した保障を受けられるために加入するものであるため、この保険会社の運用成績によって保険の利率が変動するというのは投資のようなものです。
この変額保険を払い済保険に変更しようとする場合も、できるだけ『利率のいい時=保険会社の運用成績がいい時』にするべきですよね。
しかし、その利率のいい時を見極めるのは素人では難しい話です。投資や保険の知識がある方には向いているかもしれませんが、投資には興味がない、または運用成績を気にすることなく安定した保険の加入がしたいという方は、この変額保険への加入は避けた方がいいでしょう。

生命保険を払い済み保険にするタイミング

加入してる生命保険はできるだけ契約を継続しておきたいですよね。
しかし、何らかの理由で生命保険を払い済み保険に変更することがあります。
その変更するタイミングや理由などを見てきましょう。

保険料の支払いが負担になっている時

病気や失業のために、突然経済的に苦しくなることもあります。
そうなると毎月の保険料の支払いも難しくなることでしょう。保険料の支払いが家計の負担となった時に、保険の解約ではなく、まずはこの払い済み保険への変更を検討することができます。

もともとの予定金利が高く、その生命保険を解約したくない場合

現在加入している保険の予定金利が高い場合、解約してしまうと大損してしまう可能性があります。
20年以上前の保険は「お宝保険」と呼ばれ、金利が高いことで知られています。このような保険に加入していた場合、保険料払込期間が過ぎれば、高額なまとまった保険金が受け取れます。

しかし保険料の支払いが負担となった時に、解約して損をしないために払い済み保険へ変更するという手もあります。予定していた保険金額よりかは若干少なくなるかもしれませんが、解約するよりも断然高額な保険金が受け取れます。

大きな保障が必要なくなった時

生命保険に加入する理由として、働き盛りの時に万が一のことがあって働けなくなったり死亡してしまった場合、子どもの養育費やマイホームの購入などのためにある程度の備えを蓄えておきたいということが挙げられます。
しかし子どもが成人したリ、大きな出費が必要なくなった場合など、加入する保険の保障額が少なくなってもよくなる時期が来ます。
そんな時に保険の見直しをして、払い済み保険に変更することでこれからの保険料を節約することができるのです。

生命保険ごとの払い済み保険

払い済み保険について説明してきましたが、それではどのような生命保険を払い済み保険に変更することができ、メリットやデメリットがあるのか、それぞれの保険について説明していきまし


養老保険における払い済み保険

貯蓄性の高い養老保険ですが、保険料が高いことでも有名です。
そのため、保険料の支払いに苦労して解約する方も多いです。しかし、貯蓄性の高い養老保険を途中で解約するのはもったいないです。

そこで、活用してもらいたいのが払い済み保険です。
払い済み保険に変更すると満期に受け取れる満期金と保障額が下がってしまいますが、満期の時期の変更はありません。

しかし、注意が必要なのは養老保険を払い済み保険に変更するタイミングです。
養老保険の解約返戻金は契約年数によって増加していくものなので、解約返戻金が増えたタイミングで払い済み保険にすると、満期時の受取金が多くなっているのです。
そのようなメリットがあるので、タイミングのいい時に払い済み保険に変更できればいいですね。

終身保険における払い済み保険

終身保険は一生涯保障を受け取ることができ、高い貯蓄性を持つ保険となっています。
高い貯蓄性を持つことから養老保険と同じだと思われがちですが、終身保険と養老保険の違いは満期があるかないかということです。
終身保険には満期がなく、一生涯保障が続きます。反して養老保険は満期を迎えるとその時点で保障は消滅してしまいます。その代わり、満期時には死亡時と同額のお金を受け取ることができます。
終身保険か養老保険のどちらかに加入しようとする時には、自身のライフスタイルに合わせてこの貯蓄性の高い2つの保険を比べてみてください。

終身保険も貯蓄性が高く、保障も一生涯なのでやはり途中解約はできるだけしたくありません。
こちらでも可能であれば払い済み保険への変更をおすすめします。
終身保険を払い済み保険に変更する理由としては、保険料の支払いが困難になった場合か、さらにがん保険や火災保険など別の保険への加入を考えた場合です。
別の保険への加入のためというのは、現在加入している終身保険を払い済みにし、これからも支払っていく予定だった保険料を新たな保険へと回すことができるためです。
払い済みにした終身保険の保障は変わらず継続されるので、新たに別の保障がある保険へ加入することでさらに安心感が増しますよね。

そして終身保険を払い済み保険に変更した場合のデメリットは、保障の金額が下がってしまうことです。
しかし、解約した訳ではないので解約返戻金は保険会社に預けたままの状態となっています。そして保険料は払い済みとなっているので、年月が経つにれ解約返戻金の額は増えていきます。

個人年金保険における払い済み保険

将来受け取れる年金額が下がってしまいます。
払い済み保険に変更しても年金受取開始日は変わりません。

個人年金を払い済み保険に変更する理由としては、生前贈与で個人年金に加入していた方が高額な保険料の支払いを続けることが困難になり、払い済み保険に変更することが多いようです。

生前贈与で個人年金に加入するというのは、個人年金と生前贈与を組み合わせることによって親から子への相続対策を行うということです。
簡単に説明すると、親から子どもへ一定の金額を毎年贈与し、そのお金で子どもは個人年金保険に加入し保険料を支払います。そうすることによって、子どもは老後資金を蓄えることができます。
メリットとして、相続時の親族間の争いを避けることができたり、節税対策にもなります。

しかし、個人年金保険を払い済み保険に変更する際には注意が必要です。加入している個人年金保険に「個人年金税制適格特約」が付いている場合には、保険加入後10年間は払い済み保険に変更できないという制約がある場合があります。
この税制適格特約を個人年金保険に付加している場合、保険料控除の部分で一般の生命保険料控除とは別枠の個人年金保険料控除が使えることになり節税することができます。この税制適格特約を付加できる保険の要件は、年金受取人が契約者または契約者の配偶者であること、保険料の払込期間が10年以上であることなどです。
節税ができる特約ですが、保険料払込期間が10年未満の場合には払い済み保険への変更ができないので、個人年金保険に加入する際はよく検討するようにしましょう。



学資保険における払い済み保険

学資保険とは、加入時に将来受け取る保険金や支払っていく保険料が決められます定期保険のように更新はできませんので、契約期間で保険料を払いきってしまうというものです。

しかし、子どもが小さいうちから高校や大学生になるまでの長期間払い続けなければならない保険料が、何らかの理由で支払いが困難になってしまうこともあります。
そのような場合の対処法をいくつか紹介します。

まず、保険料が払えないとなると、解約しかないと思われるかもしれません。学資保険を解約した場合、解約返戻金を受け取れますが、解約する時期によっては返戻率がかなり低くこれまでの保険料総支払額よりも少ない額の解約返戻金しか受け取れない場合があります。

このような大損をしないための方法として、保険料と保険金を減額するという方法があります。
将来受け取る予定の保険金額を減額することで、月々の保険料も減額することができます。解約することなく、保険を継続することができます。

さらに、払い済み保険への変更という方法があります。保険料を払い済みとし、それ以降の保険料は支払う必要がありません。
そこで、これまでに支払った保険料をもとに満期保険金額が割り出され、満期になった時に再度計算された満期保険金額を受け取ることができるのです。

この減額と払い済み保険への変更は、解約するよりも多くの保険金を受け取ることができるのでおすすめです。しかし、払い済み保険への変更は加入年数によっては難しいこともありますので、保険会社に確認してみてください。

払い済み以外の保険料の負担を減らす方法

保険料の支払いが難しくなった場合、保険の解約よりも払い済み保険への変更をおすすめしてきました。
しかし、保険料の負担を減らす方法は他にもあるので、いくつか紹介したいと思います。

契約を付けたい場合は「延長保険」という選択肢も

保障期間は変わらない払い済み保険とは異なり、保障期間が短くはなりますが、受け取れる保険金額に変更はない延長保険というものがあります。

延長保険というのは、保険料の支払いをストップさせて、これまでに支払ってきた保険料を利用して別の定期保険へと新たに加入するものです。
保障期間は短いですが、保障内容は現在加入している保険と同じままなので、保険金額を下げることなく保障を継続することができるというのはとてもありがたいですね。

保険料の支払いが一時的に困難な場合は「自動振替貸付」

契約者からの保険料の支払いがストップし、保険会社が設ける払込猶予期間内にも保険料の支払いがされなかった場合に、保険会社が自動的に保険料を立て替える「自動振替貸付」というもおがります。
これは、事前に申し込みがなかった場合に行われ、終身保険、養老保険などの解約返戻金のある保険に適用されます。しかし、適用対象の保険だったとしても、立て替えるための十分な解約返戻金が積み立てられていなければこの自動振替貸付は行われません。
そうなると契約は失効となってしまいます。
また、借り入れた保険料には保険会社が規定した利息がつくこともありますので、内容を確認してきちんと返済するようにしましょう。

「自動振替貸付」と同じように、一時的に保険料を立て替えてもらうことで解約することなく保険を継続することができる契約者貸付という方法もあります。これは、保険料の支払いが難しいということを保険会社に相談し、先に申し込むことで保険会社に保険料を立て替えてもらえるのです。どういうことかというと、保険料支払いが困難な数カ月から半年などの間、現在積み立てている解約返戻金の範囲内で保険会社に保険料を支払ってもらい、後ほど返済していくということです。契約者貸付を利用しても、いずれは保険会社に立て替えてもらっていた保険料を返済しなければなりません。

今後も保険料の支払いがどうしても難しいという場合には、解約・減額・払い済み保険への変更を検討することをおすすめします。

失効後3年以内ならば生命保険の「復活」もある

生命保険での失効とは、保険料が支払われなかったことにより契約の効力を失い、保障が受けられなくなったことをいいます。
しかし、生命保険が失効しても一定期間以内であれば契約を元に戻すことができます。これを生命保険の「復活」といいます。
ほとんどの保険会社では失効後3年以内であれば保険の復活ができるとしています。

生命保険を復活させる際には、再度健康状態の告知や加入のための審査が必要です。告知の際、もしも健康状態が悪化していた場合には保険の復活はできないかもしれません。
そして新たに別の生命保険に加入しようとしても、健康上の理由から断られる可能性があるので注意が必要です。
また、失効期間中に支払わなければならなかった保険料の払込が条件となっているので、まとまったお金が必要となります。


保険料を一回滞納しただけではすぐに失効するということはありません。
保険料の支払いがされなかった場合、保険会社から『事前通知』というものが送られてきます。そこには払込猶予期間が記載されており、この猶予期間に保険料を支払うことができれば保険の契約は継続されます。
しかし、猶予期間を過ぎても保険料の支払いがされなかった時には、生命保険の契約が失効した旨が記載された『失効通知』が届きます。

このように加入している生命保険が失効しないためにも、保険加入時には納得のいく保障内容でしっかりと払っていける金額の保険料である保険に加入するようにしましょう。

まとめ

いくら保障額を減額したとしても、契約者が支払う月々の保険料が収入源となる生命保険会社はこの払い済み保険への変更を渋る場合もあります。

こちらから払い済み保険への変更を相談した際、変更可能な状態であっても『今はできない』『この保険は対象外』などと言われるかもしれません。もちろん自分で保険内容をきちんと把握しておくことも大切なことですが、やはり生命保険は内容も複雑ですべてを理解するのは難しい部分もあります。
そんな時は、中立の立場で相談に乗ってもらえるファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。ファイナンシャルプランナーは保険のプロとも呼ばれているので、自分に合ったプランを的確にアドバイスしてくれることでしょう。

また、払い済み保険に変更しなくてもいいように、最初の契約の際に無理な掛け金の設定をしないという手もあります。


生命保険の保険料の節約方法として、受け取れる保障額が下がってしまいますが、「解約」「減額」するなどの他に「払い済み保険」に変更するという手があります。
この生命保険の見直しで保険料の節約効果としてメリットが大きいのはこの払い済み保険となります。
保険料の負担をなくし、保障を継続することができる手段として検討してみてください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説