【定期保険特約付終身保険】の解約返戻金の仕組みをわかりやすく解説

定期保険特約付終身保険は、終身保険に定期保険を特約として付加した生命保険です。この定期保険特約付終身保険は、保障の高さのわりに解約返戻金が少ないのはご存知でしょうか?ここでは、定期保険特約付終身保険の解約返戻金の仕組みについて、わかりやすく解説をします。

定期保険特約付終身保険は、解約返戻金に注意しよう!

終身保険というのは、解約返戻金が貯まる貯蓄性のある生命保険です。しかし、定期保険特約付終身保険の解約返戻金の返戻率は、単体の終身保険と比べると、返戻率がかなり低くなります。


どうして解約返戻金の返戻率が低くなるのでしょうか?


まずは、定期保険特約付終身保険について、その特徴を確認していきましょう。


定期保険特約付終身保険とは?

定期保険特約付終身保険とは、主契約である終身保険を土台として、特約といわれるオプションである定期保険を上乗せした保険です。特約には、定期保険だけでなく、医療保険を上乗せすることも多くあります。

定期保険特約付終身保険は、定期特約付終身保険、定期付終身保険、定期特約付保険などとも言われています。

定期保険特約付終身保険の他に、定期保険特約付養老保険もあり、これは主契約である養老保険に特約として定期保険を上乗せした保険です。

定期保険特約付終身保険は、終身保険と定期保険を組み合わせた保険であり、一生涯の保障を確保しながら、一定期間の大きな保障を持つことができるという特徴があります。


一般的には、終身保険部分を少なくして、定期保険特約を大きくする形で加入される方が多いので、印象としては終身保険付定期保険といった感じですね。


定期付終身保険には2つの種類があります。

定期特約付保険の種類1:全期型

定期特約付保険の種類2:更新型

定期保険特約のメリット・デメリットや中途付加するときの注意点をまとめた記事があるのでチェックしてみてください!

定期保険特約付終身保険の特徴

特徴1:保障金額は大きくても、解約返戻金は少ない

定期保険特約付終身保険は、たとえば3,000万円の死亡保障であれば、一例として終身保険部分を300万円、定期保険特約部分を2,700万円というように、終身保険の保障がかなり少なく、ほとんどが定期保険特約の保障になっています。

定期特約部分の保障金額はほとんど掛け捨てとも言えます。

主契約は終身保険であり、保険証券などにも「終身保険」と記載されていることが多いので、3,000万円の保障が一生涯続くと誤解している方もいますが、あくまでも終身保障は先の例であれば300万円であり、定期保険の2,700万円は一定期間の保障しかありません。


そのため、保障が3,000万円あったとしても、解約返戻金は思ったよりも少ないのです。では、なぜ解約返戻金が少なくなるのでしょうか。


終身保険自体は、貯蓄性のある保険ですので、解約返戻金が貯まります。しかし、定期保険特約付終身保険の場合には、その多くが定期保険となっていますね。

この定期保険特約部分は、ほとんどが掛け捨てとなっているのです。そのため、いくら保障額が大きくても、解約返戻金が貯まらないのです。


つまり、わずかな終身保険の解約返戻金が貯まるのみとなるため、保障額が大きくても解約返戻金は少なくなってしまうのです。

特徴2:保険料総額と解約返戻金は変動する

では、定期保険特約付終身保険の払込保険料の総額と、解約返戻金の変動を確認してみましょう。

例として、30歳で定期保険特約付終身保険(終身:300万円、定期保険特約4,700万円)に加入し、60歳払込満了、定期保険特約を10年更新した場合で、保険料の総額と解約返戻金の総額を表にしてみます。


年齢払込保険料総額解約返戻金返戻率
31歳約194,000円0円0%
40歳約1,943,000円約520,000円27%
50歳約4,735,000円
約1,140,000円24%
60歳約9,742,000円約1,850,000円
19%

あくまでも一例ですが、60歳で解約した場合には、約80%が掛け捨てということになることが分かりますね。


このように、定期保険特約付終身保険の解約返戻金は、保障額の高さを比べると、かなり低いのです。その原因として、保障の大部分を占める定期保険特約が掛け捨てであるということがあるのです。


定期保険特約付終身保険の途中解約は、このことをよく理解しておく必要がありますね。


特約だけ解約したい・減額したいと思っている方への注意点

保険料の負担を軽くしたいという時には、特約の解約をすることで可能になります。

特約を解約するということは、その部分の保険料がなくなるということになりますので、全体の保険料としては、保険料は安くなります。


ただし、定期保険はほとんどが掛け捨てとなっているため、もともとの保険料が安くなっています。そのため、大きく保険料が安くなるということはありません。


しかし、少しでも保険料負担を軽くしたいのであれば、特約の保障額を減らす部分解約(減額)を行うのは良い手段でしょう。



特約だけ解約した場合、解約返戻金は受け取れる場合は少ない

定期保険特約付終身保険の特約部分だけを解約することで、解約返戻金は受け取れるのかという点では、解約返戻金が全く無いというわけではありません。

定期保険は、加入したときと期間満了時には解約返戻金(満期保険金)は0円です。


しかし、期間中の解約返戻金は、山なりのようになっており、多少の解約返戻金が発生します。


ただし、定期保険の保証期間中に解約をしても、ほとんどが掛け捨てとなっているため、受け取れる解約返戻金はとても少なくなっています。


まとめ:定期保険特約付終身保険の解約返戻金の仕組み

定期保険特約付終身保険の解約返戻金の仕組みについては、理解できたでしょうか?

定期保険特約付終身保険は、保障の大きさに比べると、思った以上に解約返戻金が少なくなっていますので、解約返戻金を大きく期待することのないよう、十分に理解して契約を検討することをおすすめします。


この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説