終身保険のおすすめ人気ランキングを比較!【2021年最新版】

終身保険のおすすめ人気ランキングを比較!【2021年最新版】-サムネイル画像

終身保険のおすすめ人気ランキングを紹介します。また終身保険とは何か、解約返戻金とはなどの基礎知識から保険の選び方まで幅広く解説していきます。終身保険は一生涯の保障に加え貯蓄性もあるため、死亡時の補填だけでなく教育費や老後の資金貯蓄にも活用できます。



▼この記事を読んで欲しい人
  • おすすめの終身保険を知りたい人
  • 保険の見直しを検討している人
  • 終身保険を検討している人
  • 終身保険の活用法を知りたい人

内容をまとめると

  • 終身保険を選ぶ際には「加入目的」「保険料」「保険会社」「保険金」「振込期間」に注目して自分にあったもの検討する
  • メリットは貯蓄性と節税効果
  • デメリットは中途解約をすると元本割れする
  • 終身保険に向いていない人は一定の期間の保障を求めている人
  • 終身保険の選択に迷ったらマネーキャリアの保険のプロに無料相談するのがおすすめ!

人気なおすすめの終身保険5選


終身保険は名の通り一生涯続く保障をしてくれるものです。


万が一のために備えて検討している方もいるでしょう。しかし商品がたくさんあることからどのような保険が良いのか迷うかもしれません。


この項目ではおすすめの終身保険(死亡保障)を紹介します

  1. オリックス生命「終身保険RISE」
  2. 楽天生命「スーパー終身保険」
  3. アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身保険」
  4. アフラック「アクラックの終身保険どなたでも」
  5. オリックス生命「終身保険RISE Support Plus」

※こちらの保険は価格.comのランキングを参照しています。

それぞれ充実した保障内容になっていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

また、定期保険についても詳しく知りたいという方は以下の記事も併せてご覧ください!

①オリックス生命「終身保険RISE」

終身保険RISEの特徴は解約返戻率の高さにあります。


男性30歳契約・60歳払い済み・保険金額設定500万円でシミュレーションした場合返礼率は109.9%と1割近く上昇します。毎月の保険料は「10,870円」です。


貯蓄性を特に重視する方にはおすすめの終身保険です。


商品情報

加入年齢15歳~75歳
保険料払込方法口座振替・クレジットカード払い
保険料払込回数月払・半年払・年払
保険料払込期間終身払い・短期払い(年齢によって異なる)
保険金額200万円~5000万円
申込方法対面・オンライン・郵送

②楽天生命「スーパー終身保険」

スーパー終身保険の特徴は死亡保険金額が100万円から設定ができることです。


例えば独身の方であれば、死亡保障はお葬式代など死亡した際の手続き費用を用意するために活用するのが主な理由になるでしょう。


そうした場合、100万円に設定しておくことで本当に必要な分を無駄なく準備できるのです。


商品情報

加入年齢30歳~75歳
保険料振込方法口座振替・クレジットカード払い
保険料振込回数月払
保険料払込期間終身
保険金額100万円~5000万円
申込方法オンライン

30歳男性・保険金額500万円設定の場合月々「6,400円」です。


終身払い限定のため早めに振込を終えることができないのは気になる点ですが、楽天ポイントが毎月たまるため、楽天ユーザーにはおすすめです。


ただし解約返戻金を低く設定することで月々の保険料を安くしていますので貯蓄機能はあまりありません。

③アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身保険」

アクサダイレクトの終身保険シンプルで分かりやすい契約内容が魅力です。


払込方法は終身と決まっているため、考えるべきことは死亡時の保険金額のみで済みます。


24時間健康相談やセカンドオピニオンサービスがあるため、自分の健康管理に役立つサービスが一生涯受けられます。保険料を比較的安く抑えたいけど充実したサポートも欲しいという方にはおすすめです。


商品情報

加入年齢満20歳~満69歳
保険料振込方法 口座振替・クレジットカード払い
保険料払込回数 月払
保険料払込期間 終身
保険金額200万円~4000万円
申込方法オンライン

30歳男性・保険金額500万円の場合月々は「7,310円」です。


楽天生命同様解約返戻金は最高でも70%程度なので貯蓄には向かないでしょう。

④アフラック「アクラックの終身保険どなたでも」

アフラックの終身保険どなたでも健康状態に関わらず加入できる「無選択型が特徴です。


必要ないと思っていたけどライフスタイルの変化によって「最近病気がちで保険の加入が難しいけどやっぱり少しは万が一のために用意しておきたい」と感じることがあるかもしれません。


そんな時に加入できるのがこちらの保険です。


商品内容

加入年齢男性満40歳~満79歳・女性満40歳~満80歳
保険料払込方法口座振替
保険料払込回数 月払・半年払・年払
保険料払込期間 終身
保険金額30万円~300万円
申込方法対面

保険金額は月々の保険料から決まります。例をあげると40歳男性が契約し月払いを6000円にした場合の死亡保険金額は「1,672,200円」です。


保険金額の設定額が少ないうえに保険料が割高のため、死亡保険がどうしても欲しいけど病歴が多く選択肢がない場合に検討する形になるでしょう。

⑤オリックス生命「終身保険RISE Support Plus」

終身保険RISE Support Plus契約年齢が85歳までと高齢になってからでも加入できるのが特徴です。


引受基準緩和型のため告知事項は3つで

  • 直近3カ月以内に医師から入院・手術・検査をすすめられていないか
  • 過去2年以内に病気やケガでの入院をまたは手術をしていないか
  • 過去5年以内に、がんまたは上皮内新生物・肝硬変・統合失調症・認知症・アルコール依存症で医師から治療をすすめられていないか
に当てはまらなければ契約可能です。

商品情報

加入年齢20歳~85歳
保険料払込方法口座振替・クレジットカード払い
保険料払込回数月払・半年払・年払
保険料払込期間終身払/10年払済/50歳・55歳・60歳・65歳・70歳払済 
保険金額100万円~1500万円
申込方法オンライン・対面・郵送

30歳男性・保険金額500万円での月額保険料は「11,700円」です。


加入条件が緩くなっている分保険料は高く設定されています。

そのほかのおすすめの終身保険


上記以外でのおすすめの終身保険としては

  • マニュライフ生命「こだわり終身保険v2(低解約返戻金型)」 
  • ネオファースト生命「ネオdeトリオ」 
  • アフラック「かしこく備える終身保険」 
  • FWD富士生命 「告知が少ないE-終身」

  • 東京海上日動あんしん生命「終身保険」 
などがあります。

簡単にそれぞれの特徴を紹介します。

マニュライフ生命「こだわり終身保険v2(低解約返戻金型)」

85歳まで加入できる保険です。

過去1年以内の喫煙歴によって保険料が分かれているため喫煙をしていない人にはおすすめです。

特定疾病保険料払込免除特則もあるため、特定疾患になった際は保険料が免除になるところも魅力です。

ネオファースト生命「ネオdeトリオ」

死亡だけではなく三大疾患になった場合にも備えることができる保険です。ただし支払い条件は細かく設定されていますので事前に確認しましょう。

保険金額設定は幅広く50万円~3000万円から選択できます。

アフラック「かしこく備える終身保険」

こちらの項目の保険の中では比較的保険料が低めに設定されています。

リビング・ニーズ特約(余命が6カ月以内と診断された場合保険料を先に受け取ることができる特約)が無料でついているので、もしもの時に保険金を治療費用としてあてることができます。

FWD富士生命「告知が少ないE-終身」

名の通り告知が少ない終身保険です。糖尿病や高血圧の方でも一定の条件を満たせば加入できます。

FWD富士生命は健康サービスが充実しているのでその点も魅力です。ただ告知がゆるく設定されているため保険料は高めになっています。

東京海上日動あんしん生命「終身保険」

保険金額が1,000万円以上の場合、高額割引制度が適用されるため保険料が安くなります。高額の死亡保険を設定したい方にはおすすめです。

また保険料払込期間が1年きざみで設定できるのでニーズに合わせやすくなっています。

【基礎知識】終身保険とは?

終身保険(終身死亡保険)とは保障対象の人が亡くなった時に残された遺族へ経済的補填を行うためのものです。

  • 一生涯の保障が続く
  • 契約解除時に解約返戻金がある
  • 振込期間が終身払いと短期払いがある
という特徴をもっています。

生涯に渡り保障が続くため、契約終了は「被保険者が亡くなる」「自ら解約する」のどちらかです。

貯蓄性がある分保険料は高めに設定されています。

終身保険の保険期間と払込期間について

終身保険の保険期間は名の通り一生涯です。


契約を解約しない限りは万が一の保障がずっと続きます。


払込期間については主に

  • 終身払い
  • 短期払い
の2種類があります。

終身払い

支払期間が長期に渡るため毎月の保険料が低いのが特徴です。毎月の保険料が多くないため見直しに踏み切りやすく、状況にあわせた保障内容にもっていきやすいというメリットもあります。

ただし「長生きリスク」がある点は要注意です。

公益財団法人生命保険文化センターによると令和元年の平均寿命は男性が81.41歳、女性が87.45歳で男女とも過去最高を更新しています。

平成元年の時は男性75.92歳、女性81.90歳なので5歳以上も寿命が延びているのです。医療の進化が背景にありますが、今後ものびていき100年時代に差しかかるでしょう。

寿命が延びると支払保険料の総額も増えるため最終的にみると短期払いより保険料が高いという状況になるかもしれません。

短期払い

期間を決めて払込を終える方法です。

定年定職までなど収入がある時に払い込みを終えることができるので老後の心配がないことが魅力です。

払い込みを終えれば解約時の返礼率もあがるため貯蓄性があるのもメリットの1つです。

一方短期間で終身分の保険料を払うため毎月の保険料額は高めという弱みがあります。支払保険料が多いため見直しに踏み切りにくい点にも注意が必要です。

終身保険の種類

終身保険の種類は主に

  • 低解約返戻金型終身保険 
  • 積立利率変動型終身保険 
  • 変額保険(終身型) 
  • 外貨建て商品
の4つに分類されます。

低解約返戻金型終身保険

契約期間中の解約返戻金の額を抑えることで、毎月の支払保険料を安く設定できます。

契約期間中に解約すると支払保険料を大きく下回るというデメリットはありますが、振込が完了した後は全額もしくはそれ以上の返礼率で戻ってきます

短期払いができるものは貯蓄性が高く、解約しない限りは銀行での定期や積立よりも利率が良いので死亡保障とともに貯蓄の安定性を求める方におすすめです。

積立利率変動型終身保険

支払保険料を保険会社が市場金利を元に運営します。積立した資金での運用がうまくいくと解約返戻金が増える仕組みです。

死亡保険金や解約返戻金に最低保証があるのが特徴ですが、リスクの少ない商品で運用すること、保障がある代わりに返礼率は低めで保険料は高めです。

変額保険(終身型)

支払保険料を保険会社や株や債券によって運用します。リスクがある投資先のため運用が良ければ解約返礼率が高くなる可能性がありますが、悪ければ解約返戻率も低くなります。

最低保証はないため多少のリスクはありますが、多少のリスクがあっても貯蓄性を重視したい方にはおすすめです

外貨建て保険

保険料を外貨建てで運用します。為替によって大きく変動し、リスクとリターンの幅は紹介した終身保険の中でも一番大きいです。

受取は外貨か円のどちらかを選ぶことができます。為替のレートが悪くても外貨で受け取り良くなったタイミングで円転ということもできますが、契約者の受取人も外貨についての理解が不可欠です。

終身保険のおすすめの選び方


終身保険を選ぶにあたり参考になる情報を紹介します。

  1. 加入目的の整理(バランス型と保障型の終身保険の比較)
  2. 保険料
  3. 保険会社
  4. 保険金
  5. 振込期間
の5つについて解説しますので、頭に入れておくと検討の際に役立つでしょう。

ただすべてを自ら吟味することは難しいため、知識を持ったうえでプロに相談することをおすすめします。

①加入目的の整理 |バランス型と保障型の終身保険の比較

加入目的によって重視する点はかわります。


「死亡保障は欲しいけど、子供の教育費としても備えたい」「老後の貯蓄の一環として加入したい」といった保障と貯蓄をバランスよくしたい場合は解約返礼率を重視しましょう。


例えば、子どもの教育費で最もお金がかかるのが大学です。


自宅から通う場合国立大学、公立大学は4年間で約450万円、私立だと700万円以上かかります。準備する際には500万円を基準に設定しておくことをおすすめします。


貯蓄性よりも保障に重点を置きたい方は、保険料が安いものを選びましょう。


保険は高齢になればなるほど契約時の保険料が高くなってくるため生涯保障をつけるためにはできるだけ保険料を安く抑えることが大切です。


30歳男性・死亡保険金300万円(例外は記載あり)を例としてバランス型と保障型の比較をしてみます。


バランス型

商品名月額保険料返礼率
E-終身 6,744円約110%
RISE6,192円約108%
こだわり終身保険v2(保険設定額500万円)10,405円約105%

バランス型は返礼率を重視するため60歳振込完了の設定にしています。


保障型

商品名月額保険料
アクサダイレクトの終身保険4,386円
スーパー終身保険3,990円
かしこく備える終身保険4,989円

保障型は保険料の安さに重点をおくため終身払いで設定しています。返礼率はどの保険一定期間経過した場合でも70%にとどまります。


保険料の差は2000円程度の差があります。自分のライフスタイルに合わせて検討しましょう。

②保険料

厚生労働省の令和元年度生活保障に関する調査をもとに保険料の平均を年代別にみてみると

年代男性女性
20代14.7万円11.4万円
30代23.5万円15.1万円
40代23.2万円15.6万円
50代29.3万円20.6万円
60代
21万円17.4万円

となっています。


20代は「死亡リスクが少ない」「収入がまだまだ安定していないので保険料を抑えている」という理由から保険料は少なめです。


30代からは保険料が大きく上昇し、40代も同等の水準です。結婚や出産、マイホーム購入などライフスタイルが変化することが多く手厚い保障への切り替えが必要になります。自分に万が一が起きた時に子供への保障を特に重視しているようです。


出費が多い中で手厚い保障と安い保険料を両立するため死亡保障は定期保険で補填している方が多いのもこの年代の特徴です。


保険料がもっとも高いのは50代です。家族への保障はもちろんのこと50代は老後資金の貯蓄という面で、貯蓄性のある終身保険が検討されます。


貯蓄性があるということで掛け捨ての定期保険とは違い保険料は少し高くなります。


60代になると子供も独立しているケースが多いため自分の保障が中心となり保険料は低くなります。


自分のライフステージに適した保険料を設定することが大切です。

③保険会社

生命保険会社には内資系と外資系があります。


内資系

国内の保険会社で

  • 日本生命
  • 第一生命
  • 明治安田生命
などがあります。だれもが知っている生命保険会社ですよね。

特徴として商品内容がパッケージ化されていることが多く主要な契約の他にさまざまな特約がついています。

保険会社が選んだ特約がついているため、手厚い保障が期待できますが自分には必要ない特約もついている可能性があります。

保険料は外資系に比べて高めですが、説明やアフターフォローが丁寧です。ご高齢の方はネームバリューの安心感やサポートの丁寧さで内資系を選択することが多いようです。

外資系

外国企業が運営している保険会社です。
  • アフラック
  • アクサ生命
  • マスミューチュアル生命
CMでおなじみのものから、ちょっと聞きなれない保険会社までさまざまです。

シンプルな主契約に自分で必要な保障をつけたしていくのがベーシックです。自分に必要な保険知識を身につけておかなければ保障が足りないということにもつながるため注意してください。

保険料が国内のものに比べて安いものが多く、貯蓄性が重視されています。

ただし保険料を抑えるためアフターフォローは内資系に劣る可能性があります。

内資系と外資系について昔は大きく差異がありましたが、今では差がほとんどなくなってきました。自分が本当に必要な保障を選ぶのが1番です。

④保険金


死亡保険金額の設定額の平均は

男性女性
20代1,330万円735万円
30代2,331万円1,031万円
40代2,205万円818万円
50代1,992万円824万円
60代1,192万円655万円

となっています。やはり男性が収入の中心になっていることが多いことから女性に比べて男性の方が金額は大きく設定されています。


年代別にみると責任が重くなる30代と40代の保障額が圧倒的に高い数値です。60代になると死亡保険の必要性は薄まるため減少しています。


保険を検討する際の基準として考えてみてください。


なお死亡保険金の希望額平均としては

男性女性
20代2,751万円
1,494万円
30代4,010万円2,013万円
40代3,527万円1,618万円
50代3,248万円1,264万円
60代1,988万円1,064万円

となっており実際の保険金額と比べると希望額に満たないことが分かります。


金銭的に余裕がある人は希望死亡保障額を基準に保険を選ぶとより納得ができる保障になるでしょう。

⑤払込期間

払込期間は主に

  • 終身型
  • 契約から60歳や70歳までといった年齢満了型
  • 契約から10・15年など払込期間を決める有期払込型
  • 一時払い型
の4つにわかれます。

払込期間と保険料の関係は「払込期間が長い=保険料が安い」「振込期間が短い=保険料が高いとなっていることが前提です。

終身型は上記で説明した通り「長生きリスク」に注意しましょう。

年齢満了型の場合は定年退職を基準とすることが多く60歳や65歳満了を選ぶ確率が高めです。

収入があるうちに払い終える方が後々安心ですよね。

有期払込型はキャリアアップなどで収入が増加した際に払い込んでしまえるのが特徴です。振込期間は細かく設定できるものもありますが、切りよく10年や15年を選ぶ人が多いようです。

一時払い型は退職金で加入する方に多い方法です。返戻率は1番高くなるため資金の余裕がある人にはおすすめです。

迷ったことがあれば保険代理店を活用しまくる!

保険検討の参考にいくつかの解説を行ってきましたが、やはり実際1つに絞るとなると1人で最善の保険をみつけるのはなかなか難しいですよね。


迷った場合には保険代理店を最大限に活用することをおすすめします。


保険代理店はさまざまな保険会社と提携しているため一括で保険の比較が可能です。また相談員は実績をつんだFPもおり比較した中でぴったりの保険を提案してくれるでしょう。


ちなみに保険代理店は無料と有料のものがあります。


おすすめは無料相談ですが「無料は魅力的だけど質が低いのでは?」「ただより高い物はないというし…」と思っている方もいるかもしれません。


そんな方はファイナンシャルプランナーの無料相談は危険!?実態と注意点を解説の記事に目を通していただけたらと思います。


数ある保険代理店の中でも「マネーキャリア」は特に優秀です。


全国対応で何度でも相談は無料、スマホ一つで簡単に相談できます。


契約件数は10,000件以上にのぼり、顧客満足度は驚きの93%を誇っている信頼できる保険サービスです。 


自分が納得できるまでしっかり相談をしましょう。

終身保険に加入するメリット


終身保険に加入した場合の良い点について紹介します。


主なポイントは

  1. 所得税と住民税が減額できる
  2. 保険料がずっと変わらない
  3. 相続税の非課税枠を利用できる
  4. 貯蓄型だから解約返戻金がある
です。

万が一の保障や貯蓄目的だけでなく、保険料は確定申告の際の控除対象ですし相続税の対策にもなります

さまざまな視点からのメリットをきちんと把握しておきましょう。

①所得税と住民税が減額できる

終身保険に加入することで生命保険控除が受けられるため所得税と住民税の減額が可能です。


控除額については以下の通りです。


所得税

年間払込保険料額控除額
20,000円以下払込保険料全額
20,000円超~40,000円以下(払込保険料×1/2)+10,000円
40,000円超~80,000円以下(払込保険料×1/4)+20,000円
80,000円超一律40,000円


住民税

年間払込保険料額控除額
12,000円以下払込保険料全額
12,000円超~32,000円以下(払込保険料×1/2)+6,000円
32,000円超~56,000円以下(払込保険料×1/4)+14,000円
56,000円超一律28,000円

一時払いで支払った場合は、一度しか生命保険控除を受けることができないため注意が必要です。


返礼率は高いですが、税金の優遇は少ないのが一時払いの特徴でもあります。


自分が加入した場合どちらの方が得になるのか悩ましい場合はプロに相談してみることをおすすめします。

②保険料がずっと変わらない

終身保険は保険料が一生涯変わりません


若いうちに加入すれば保険料が安いため、定年退職後にも保険料があまり負担にならないのでおすすめです。


期間が決まっている定期保険は満期がくると更新時には保険料が高くなります。そのため金額の見通しがつきにくくライフプランをたてるのが少し難しくなることがあります。


しかし一生涯保険料がかわらない終身保険は保険料が確定しているため今後のライフプランをたてるのに最適です。

③相続税の非課税枠を利用できる

生命保険は相続する際に非課税枠として利用できます


相続の際基本的な控除額は


3000万円+(600万円×法定相続人)

で算出されます。


その基礎控除に加えて生命保険にて


500万円×法定相続人の数=非課税限度額


の非課税枠を確保できます。


相続額が基礎控除以上になる場合は、生命保険を活用し非課税枠を増やした方が税金を納める額が少なくて済みます。


財務省の相続税の改正に関する資料によると平成27年より基礎控除枠が下がったために相続税を支払う人の割合が増えたことが報告されています。


中には「そんなにお金がないからうちは関係ない」と思っている方もいるかもしれませんが、相続税は資産だけでなく土地や不動産の価格も含まれます。


相続をした時に、自分が知らない土地が思いのほか多かった、メインバンク以外に資産があったなどの理由で相続税がかかったという人も実際にいます。


資産管理は適切に行い生命保険を活用することで無駄な納税を防ぎましょう。

④貯蓄型だから解約返戻金がある

終身保険は貯蓄性のため解約返戻金があります


保険料を支払うと言ったら掛け捨てのイメージが強いかもしれません。実際定期保険と呼ばれる保障期間が決まっているものはおおむね掛け捨てです。


「可能性の低い万が一に備えるために支払う保険料が掛け捨てだともったいない」と感じたことはありませんか?


その点終身保険は支払った保険料は払込が終わり一定期間たった後の解約では返礼金が100%超えて戻ってきます。死亡保障がある上に貯蓄できるのは嬉しいですよね。


まさに保障性と貯蓄性、一石二鳥の保険と言えるでしょう。

終身保険に加入するデメリット


終身保険に加入するデメリットに関してもきちんと理解しておきましょう。


ポイントは

  1. 定期保険より手数料が高い
  2. 途中解約すると解約返戻金が元本割れする
  3. インフレリスクがある
の3点です。

納得した保険を選ぶのに弱みを知ることは強みを知るよりも大事かもしれません。

契約した後にこんなはずではなかったということをなくすためチェックしていきましょう。

①定期保険より手数料が高い

終身保険は定期保険に比べて手数料が高いということはデメリットです。


定期保険は掛け捨てのものが多く、期間も限定なので保険会社が介入することが少なく手数料はそこまでかかりません。


一方終身保険は一生涯の管理が必要なため、そのための費用が発生します。


また貯蓄性があるため解約返戻金の準備が必要です。


特に積立型や変額型の保険については運用を行わなければならないため運用手数料が不可欠です。


「管理費」と「運用費」この2つの手数料が保険料に上乗せされる形になります。定期保険より終身保険の方が保険料が高めに設定されている理由の1つです。

②途中解約すると解約返戻金が元本割れする

終身保険は以下のケースでは元本割れをしてしまうため注意が必要です。

  • 支払期間終了前に解約
  • 短期間での解約

終身払いにしている場合は払い済みという概念がないため、解約をすると返戻金が支払保険料を下回ることは覚えておきましょう。


仮に一時払いをして払いこみが終わったとしても10年以内で解約してしまう場合も「短期間」該当するため元本割れのリスクがあります。


また、短期間では初期にかかる保険の手数料を回復することも困難であり、期間だけでなく運用に回す資金も確保されていないためお金を働かせて増やすことも難しいのです。


返戻金が支払保険料を上回るのは保険料が支払い済みであることが条件であり、期間が10年以上(保険商品によって異なることもある)たっていることも必要です。


途中で解約して損をしないように生活を圧迫しない程度の保険料はいくらなのかキャッシュフロー計画をしっかり組みましょう。

③インフレリスク

終身保険は積立利率固定型と積立利率変動型があります。


インフレリスクに注意すべきは積立利率固定型の方です。


積立利率固定型はあらかじめ積み立ての利率が決まっているため、将来の金額が確定していることが特徴です。実際にどのぐらいの返礼率になるのか分かっているためリスクが少なく安心できるのはメリットです。


しかし固定されているからこそ物価上昇には弱いのです。


物価が2%上がった場合でも、保険金は固定されているため実質お金の価値が2%下がってしまうことになります。


ニッセイ基礎研究所によると過去10年間は平均の0.2%であるのに対し、今後10年間は平均で1.3%になると予想されています


インフレリスクはこれからも加速するため特に注意しましょう。

終身保険加入の際は解約返戻金に関する注意点を理解しよう!


上記の項目でも少し触れましたが、終身保険加入の際は解約返戻金についてしっかり知識を身に着けておきましょう。


解約返戻金について

  1. 仕組み
  2. 税金
  3. タイミングによる変化
の3項目に分けて解説します。

受取方法や解約のタイミングによって税金の種類や返戻金の違いがありますので加入する際には注意が必要です。

解約返戻金の仕組み

保険の契約を終了した際に支払われるものが解約返戻金です。 

保険は相互扶助で成り立っています。契約者からの支払保険料の一部を運用にまわしたり、適応された人への支払いや満期金の支払いのため蓄えているのです。

途中で解約をした場合には、その中の蓄えから解約返戻金が支払われます。 

ただし注意していただきたいのは解約返戻金がない保険もあるということです。

終身保険にはありますが、定期保険には基本的にありません

保険の期間が長くなればなるほど解約返戻金の金額が上昇していきます。ただし、振込期間によっては支払保険料を上回るものと下回るものがありますので検討の際には事前に確認しておきましょう。

解約返戻金にかかる税金

解約返戻金にかかる税金は2種類あり、ざっくり紹介すると

  • 契約者(保険料負担者)=返戻金受取人→所得税 
  • 契約者(保険料負担者)≠返戻金受取人→贈与税
となります。

所得税

契約者と受取人が同一で解約返戻金が特別控除額である50万円を超えたときに対象になります。

さらに一時金で受け取った場合は「一時所得」として扱われ

一時所得=(解約返戻金-保険料の総額-50万円)× 1/2

の式で算出できます。

年金として受け取った場合は「雑所得」となり

雑所得=その年に受け取った年金の額-その年の年金の額に対応する保険料の掛け金

にて求めます。

贈与税

契約者と受取人が異なり、1年間の贈与額が110万円を超えた場合に課税されます。

求める際は

贈与税=(解約返戻金-110万円)×税率-控除額

の式を使用します。

税率や控除額は国税庁の贈与税の計算と税率(暦年課税)を参考にしてください。具体的な計算例も記載されていますよ。

解約のタイミングによる変化

終身保険は

  • 従来型
  • 低解約返戻型
があり、解約したタイミングにより返戻金は異なります

ともに振込期間中に解約をすると元本を下回ってしまいますが、低解約返戻型は期間中の解約返戻金を抑えることで保険料を安くしているため特に低い返礼率となっています。

まとめると以下の通りです。
  • 払込期間中解約:従来型>低解約返戻型
  • 振込完了後に解約:従来型<低解約返礼型
どちらにしても長期間契約することが前提の保険です。契約の際は無理のない範囲の保険料にしましょう。

ちなみに外貨建ての終身保険や変額終身保険に加入している場合は為替や世界や日本の経済状況によって解約時の返礼率は大きく変化します。

また手数料が高いため手数料分を取り戻すまでにも時間を要することを覚えておいてください。

事前にどのような状況になれば解約返戻金が増加するのか(為替が絡む場合は円安に大きく振れた時など)、どのようなリスクで減少するのか担当者や保険窓口にしっかり問い合わせましょう。

終身保険の活用事例を2パターン紹介!


終身保険の活用事例として

  1. 一生涯保障の場合は葬儀費用と相続税対策に活用
  2. 貯蓄性が高い場合は進学資金と老後資金に活用
のパターンを紹介します。

上記でも触れましたが加入目的によって入るべき保険内容は異なります

実際の活用事例を参考に自分にあった活用法はどのようなものかを考えましょう。

①一生涯保障の場合は葬儀費用と相続税対策に活用

一生涯保障の場合は葬儀費用準備と相続税対策を行うにはぴったりです。


定期保険は期間が決まっているため、死亡時に必要な費用や税金対策は終身保険で行います。


令和元年の葬儀代平均額は約90万円となっていますので100万円は準備しておくことをおすすめします。


参考までに例をあげると死亡保険金額を100万円と設定すると40歳女性終身払いの場合は月額保険料が約2000円と手軽に準備ができますよ。


ちなみに相続税対策としてのメリット

  • 非課税枠がある
  • 受取人を指定できる
  • 相続税の納税費用がすぐに受け取れる
があります。

非課税枠は上記の項目で記載した通り法定相続人×500万円がありますので、3人相続人がいるのであれば死亡保険金設定が1500万円まで非課税です。

相続税が気になる方はいっぱいいっぱい使いましょう。

また受取人を指定することは相続争いの対策には効果的です。

相続税がかかった場合は期間内に納税しなければなりませんが、死亡直後は本人口座は凍結されてしまいます。保険に加入しておくことで2~3日で資金を受け取ることが可能です。

遺族が相続の手続きをスムーズにするためにも終身保険は活用できます。

②貯蓄性が高い場合は進学資金と老後資金に活用

貯蓄性が高い終身保険は進学資金と老後資金の準備に活用できます。


払込済みで一定期間たったものは解約返戻金が支払保険料を上回るものもあります。


10年以降の子供の教育資金を見越して活用することで貯蓄だけではなく死亡リスクに備えることができます。


支払済みの終身保険は解約しない限り返礼率は上がっていきます。老後資金のために備えておき、必要なタイミングまで継続しておくことで資産を安全に増やせるでしょう。


ある商品で例をあげると、30歳の男性が保険金500万円の設定で定年定職までこつこつ貯蓄する場合は

  • 月々の保険料:10405円
  • 総支払額:3,780,000円
  • 解約返戻金:4,158,000円

となり378,000円の上乗せになります。


仮に金融機関の普通預金の利率は0.001%程度になっていますから30年置いていても3,780,000円に対し1,110円程度の利息しかつきません。


それに比べると終身保険で準備する意味は大きいのです。

終身保険が向いていない人


終身保険に向いていない人

  1. 一定の期間だけ手厚い保障が必要な人
  2. 途中で解約しなければならない可能性がある人
です。

終身保険を契約することで逆に損をする点が増えてしまいます。

そのため、定期保険などその他の方法を検討した方が良いと言えます!

①一定の期間だけ手厚い保障が必要な人

一定の期間だけ手厚い保障が必要な人にはむいていません


具体的に言うと、

  • 子供が独立するまでの間だけ保障が必要
  • 自営業になったばかりで収入が不安定だから安定するまで保障を手厚くしたい
などの理由です。

子どもが独立するまでは万が一が起きた時に保障を手厚くしたいものです。独立後は死亡保障を下げようと思っている人は定期保険で一定期間を備えた方が保険料がお得です。

また自営上になり収入が安定しないまま亡くなってしまうと、残された家族の生活が苦しくなってしまいます。安定するまで保障を手厚くしたい方は終身保険だと途中で必要がなくなる可能性がでてくるので不向きです。

②途中で解約しなければならない可能性がある人

途中で解約しなければならない可能性がある人にも終身保険は向いていません


特に払込期間中解約すると解約返戻金が支払保険料を下回るからです。


確かに老後の資金や教育資金の準備にも活用できますが、10年間は解約しないことを前提で契約しましょう。

定期保険と終身保険は何が違う?具体的な違いをしっかり理解しよう!

定期保険と終身保険の違を表でまとめます。

定期保険終身保険
期間有期一生涯
保険料低め高め
解約返戻金なしあり
メリット保険料が比較的安い
・高額の死亡保険料を用意しやすい
・必要な期間に手厚い保障が準備できる
・一生涯保障
保険料が変わらない
・貯蓄性がある
・相続税の対策ができる
デメリット・保障切れのリスク
更新時には保険料があがる
更新に年齢上限がある
・保険料が高め
中途解約時は元本割れの可能性がある
・インフレリスク
・終身払いにすると長生きリスク
活用におすすめの人・子どもの独立までなど一定の期間を安い保険料で手厚く保障したい人
・高額の死亡保障を準備したい人
・生涯の保障がほしいひと
・貯蓄性も重視している人

それぞれ強みと弱みがあります。自分のライフステージに必要な保険を選択しましょう。

まとめ:迷ったらまずは保険相談をいますぐ利用するべき!


終身保険は一生涯続く保険と貯蓄性がある点が魅力ですが、反面保険料が少し高め、インフレリスクや長生きリスクもあります

検討する際は利点と欠点を踏まえたうえで慎重に吟味しましょう。

ただ昨今終身保険は種類や積立型、解約返戻金などさらに細かく分類され複雑になってきました。

迷った時にはすぐに保険代理店に相談をしましょう。マネーキャリアは何度利用しても無料です!

どんどん活用することで自分にぴったりの保険に出会うことができますよ。

ほけんROOMでは、保険に関する記事が数多くありますので興味のある方は合わせてご覧ください。 

ランキング