生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

掛け金が安い終身保険の特徴とは?どのような活用方法があるの?

死亡保障に備えるとともに、解約返戻金による貯蓄機能も備わっている終身保険への加入を検討している人も多いでしょう。そこで今回は、掛け金が安い終身保険の特徴や、掛け金が安い終身保険の活用方法について、わかりやすく解説していきます。

掛け金の安い終身保険をご紹介!

一生涯の死亡保障を、一生涯変わらない保険料で受けることができる終身保険への加入を検討されている方も多いでしょう。


また、終身保険は、解約返戻金による貯蓄機能も備わっている貯蓄型の生命保険です。

残された家族のために、まとまった保険金を遺したいという方や、老後の資金形成にも役立つ終身保険は、加入しておくと安心です。


終身保険に加入するにあたって、気になるのが保険料の額なのではないでしょうか。


保険料の払込期間が長いことから、保険料の払込総額が高額になってしまうことも考えられます。


そこで今回は、掛け金が安い終身保険についてご紹介していきます。

それなら低解約返戻金型終身保険がおすすめ

掛け金をなるべく安く抑えたいという方におすすめしたいのが、低解約返戻金型終身保険です。


低解約返戻金型終身保険とは、どのような特徴がある終身保険なのでしょうか。


なぜ、通常の終身保険と比較して掛け金が安いのでしょうか。


低解約返戻金型終身保険の魅力について、わかりやすく解説していきます。

保険料の払込期間中は返戻率が下がるが、払込満了後に返戻率は急上昇する

低解約返戻金型終身保険の大きな特徴は、以下の3つです。

  • 保険料の払込期間中の解約返戻金の返戻率が低い
  • 保険料払い込み満了後に、解約返戻金の返戻率が急上昇する
  • 保険料が安い

終身保険には、解約時に解約返戻金を受け取ることができるという貯蓄機能が備わっています。


終身保険への加入目的は人により異なりますが、この解約返戻金による貯蓄機能を目的として加入する人も存在します。


低解約返戻金型終身保険では、保険料の払込期間中に保険契約を解約した場合、支払った保険料の総額よりも低い額の解約返戻金しか受け取ることができません。


その代わり、保険料の払込期間を終えてからの解約返戻金の返戻率が高く設定されています。


保険料が通常の終身保険と比較すると割安

低解約返戻金型終身保険では、保険料の払込期間内に解約した場合、解約返戻金の返戻率が低く設定されています。


そのため、通常の終身保険と比較すると、保険料が割安となっているのです。


早期解約の予定がない場合で、保険料を安く抑えたい場合には、低解約返戻金型終身保険がおすすめです。


保険料が割安であることから、人気が高まっている低解約返戻金型終身保険は、現在では終身保険の主流となりつつあります。

ただし通常の終身保険と比較して、早期解約したときのデメリットが大きい

低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間内の解約返戻金の返戻率が低く設定されている代わりに、保険料を割安に抑えることができる終身保険です。


保険料が安いことから、人気が高いのですが、加入する際に注意するべき点もあります。


それが、早期解約したときのデメリットが大きいことです。


保険料払込期間内に早期解約した場合、受け取ることができる解約返戻金の額は、低解約返戻金型終身保険の場合、通常の終身保険と比較して低くなってしまいます。


低解約返戻金型終身保険では、早期解約による元本割れのリスクが高いことに注意が必要です。

他にも掛け金が安い”変額終身保険”もある

掛け金が安い終身保険として、低解約返戻金型終身保険をご紹介しましたが、他にも掛け金が安い終身保険があります。


それが、変額終身保険です。


続いては、変額終身保険の特徴をご紹介していきましょう。

保険会社の”運用成績で保険金額が増減する”投資商品

変額終身保険の特徴は、保険会社による運用成績次第で、保険金額が増減する終身保険のことです。

運用成績次第で保険金額が増減することから、保険料が安い場合が多いのです。


変額終身保険は、終身保険でありながら、投資商品でもあるのです。

ただし死亡保険金は最低保証されている

保険会社の運用成績次第で、保険金額が増減することが変額終身保険の特徴です。

そのため、運用成績が悪い場合には、死亡保険金をしっかり受け取ることができるのか不安に感じる人もいるでしょう。


しかし、変額終身保険であっても、死亡保険金の最低額は保証されています。


運用成績が悪い場合でも、最低額の死亡保険金を受け取ることはできるので、安心して下さい。


ただし、解約返戻金については、最低額が保証されていないので注意が必要です。

掛け金の安い終身保険をさらに活用する方法


掛け金の安い終身保険には、低解約返戻金型終身保険や変額終身保険があることをご紹介しました。

保険料が安い終身保険を、さらに有効に活用する方法はないのでしょうか。


続いては、保険料が安い終身保険の活用方法をご紹介します。

一時払い終身保険なら、終身払いと比較して”総支払い額が安い”

保険料が安い終身保険の、総支払い額をさらに抑えたければ、一時払い終身保険がおすすめです。

終身保険の保険料には、払込期間が短ければ短いほど、総支払い額が安いという特徴があります。


10年払いや15年払い、60歳払い済みなどの、短期払いで契約した方が、終身払いでの契約よりも、保険料が安いのです。


さらに、一時払い終身保険なら、短期払いで契約する終身保険よりもさらに保険料の総支払い額が安いという特徴があります。


まとまった資金を用意できるのであれば、総支払い額が安い一時払い終身保険を検討してみてはいかがでしょうか。

参考:一時払い終身保険は相続税対策として利用されることが多い

一払い終身保険は、相続税対策としても利用されることがあります。

死亡保険金には、契約者と被保険者、保険金受取人の関係により3種類の税金が課税されます。


以下の例をご覧ください。


  • 契約者:夫 被保険者:夫 保険金受取人:妻 の場合相続税
  • 契約者:夫 被保険者:妻 保険金受取人:夫 の場合所得税
  • 契約者:夫 被保険者:妻 保険金受取人:子供 の場合贈与税

このように、課税される税金が異なります。


3種類の税金のうち、最も非課税枠が大きいのが、相続税です。


死亡保険金に課税される税金を安く抑えたい場合には、相続税がかかる形態で終身保険を契約しておくとよいでしょう。


相続税では、生命保険控除として「500万円×法定相続人数」の非課税枠があります。


また、預貯金にしておくと、この生命保険控除を受けることができません。


一時払い終身保険は相続税対策としても活用することができるのです。


まとめ

今回は、掛け金が安い終身保険についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。


  1. 掛け金を安く抑えたいなら、低解約返戻金型終身保険がおすすめ
  2. 低解約返戻金型終身保険は、保険料の払込期間中は返戻率は低いが、払込満了後に返戻率が高くなる
  3. 低解約返戻金型終身保険は、保険料が通常の終身保険と比較すると割安
  4. 低解約返戻金型終身保険は、早期解約したときのデメリットが大きいので注意
  5. 運用成績で保険金額が増減する変額終身保険も掛け金が安い
  6. 変額終身保険でも死亡保険金は最低保証がついている
  7. 一時払い終身保険なら、保険料の総支払い額が安くなる
  8. 一時払い終身保険は、相続税対策にも活用できる

終身保険に加入する目的は、死亡保障への備えから、老後の資金形成まで人それぞれです。


しかし、どのような加入目的であっても、掛け金を安く抑えたいという人が多いでしょう。


掛け金が安い終身保険には、さまざまなタイプがあります。


掛け金を安く抑えながら、十分な補償を備えられる終身保険への加入を検討してみてください。


ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説