妊婦検診の頻度はどのくらい?いつから始まる?スケジュールを解説

妊婦が出産までの間、定期的に通う妊婦健診ですがどういったスケジュールなのでしょうか。いつから妊婦健診に行き始め、どのくらいの頻度で通えば良いのでしょうか。この記事では標準的な妊婦健診のスケジュールを説明し、Q&Aにも答えていきます。

妊婦健診はどういうスケジュールで行われる?

お腹の中にいる赤ちゃんが元気に育っているか、異常は無いかなどをチェックするために必要な妊婦健診のスケジュールが気になるママも多いのではないでしょうか。


妊婦健診がいつから始まるのか、必要な持ち物や費用など、妊娠がわかってからバタバタするのは嫌ですよね。


妊婦健診は週数によって健診に行く頻度が変わり、とくに出産間近になると、間隔も短くなっていきます。


そこで、今回は妊婦健診のスケジュールについて、

  • 妊娠が分かってから初回の妊婦健診までのスケジュール
  • 初週〜23週までの妊婦健診のスケジュール
  • 24週〜35週までの妊婦健診のスケジュール
  • 36週〜出産までの妊婦健診のスケジュール
  • 妊婦健診のスケジュールに関するQ&A
以上のことを解説します。

この記事を読めば、妊娠してから出産までのスケジュールがわかりますので計画を立てるのに役立つでしょう。ぜひ、最後までご覧ください。

妊娠が分かってから初回の妊婦健診までの流れ

妊娠検査薬を使って陽性が出ると、赤ちゃんができたことがうれしくて早く産婦人科に行かなくてはいけないと思う人も多いのではないでしょうか。


ここでは、妊娠が分かってから初回の妊婦健診までの、

  • 初診までの流れと用意するもの
  • 妊娠週数の計算方法
について解説します。

初診までの流れと用意するもの

妊婦健診の初診のスケジュールは、

  • 問診票の記入
  • 内診
  • 超音波検査
  • 各種検査の実施(体重測定・尿検査・血圧測定など)
  • 健康保険証
以上の検査を行います。

体重測定と尿検査、血圧測定は毎回行います。医療機関によっては初診で血液検査を行うこともあります。

問診票は、服用している薬最終月経日など記入欄が細かくありますので、あらかじめメモを用意しておくと良いでしょう。

先生に聞いておきたいことなども一緒にまとめておくと、質問しやすくなりますのでおすすめです。

また、内診中に出血することもあるため、生理用ナプキンを用意しておくと安心です。

妊婦健診は病気ではないため、一般的に健康保険証は使えませんが、妊娠以外の病気などが見つかった場合に備えて用意しておくと良いでしょう。

妊娠週数の計算方法

妊娠週数の数え方は、

  • 最終月経の開始日がスタート(0週0日)となる
  • 1ヶ月は28日間と定義されている
  • 出産予定日は40週0日と決められている
以上の3つが決まっており、0週0日から280日後の40週0日が出産予定日だと決められています。

しかし、これはあくまでも28日の生理周期で14日後に排卵することが前提となっているため、人によっては当てはまらないこともあるでしょう。

産婦人科では、必ず妊婦健診の超音波検査で赤ちゃんの頭殿長を測ります。それにより、より正確な出産予定日を算出しているのです。

人によっては妊娠週数が、最終月経日と合わないという人もいるかもしれませんが、特別に珍しいことではないことを知っておきましょう。

初週〜23週までは4週間に1回の健診が目安、妊婦健診の内容は?

初週~23週までのスケジュールは、4週間に1回が目安となります。


産婦人科では、

  • 問診・診察
  • 検査計測
  • 保健指導
  • 血液検査(初期に1回目があり、HTLV-1抗体検査は30週までに1回)
  • 子宮頸がん検査(初期に1回)
  • 超音波検査(期間内に2回)
  • 性器クラミジア検査(妊娠30週までに1回)

以上の検査を行います。

1,2回目以降の妊娠初期は心音を確認するまで流産する可能性が高かったり、つわりが酷い人はどうやって対処しようかなど色々とバタバタすることが多いかもしれません。

ですが、出産する病院を決めたり、今後の仕事や健診のスケジュールを考える大切な時期となりますので、しっかりとイメージしていきましょう。

母子手帳や助成券がもらえるのは10週目頃

母子手帳や助成券は、各自治体に妊娠の届け出を提出するともらうことができます。


届け出を提出するタイミングは、産婦人科で赤ちゃんの心拍が確認できてからが一般的です。医師から用意するようにと言われたら手続きをしましょう。


母子手帳は区市町村役場の窓口や、各保健センターで受け付けている自治体もあります。


交付に必要なものは、

  • 妊娠届出書
  • 本人確認書類
  • マイナンバー確認書類
  • 医療機関からの証明書(あれば)
以上になります。

妊婦による委任状やマイナンバーが確認できる書類があれば、代理人でも受け取ることができます。

切迫流産やつわりが酷いなどの理由で本人が手続きできない場合は、代理人にお願いしましょう。

24週〜35週は2週間に1回の頻度が目安、妊婦健診の内容は?

24週~35週までのスケジュールは、2週間に1回が目安となります。


 産婦人科では、 

  • 問診・診察
  • 検査計測
  • 保健指導
  • 血液検査(期間内に1回・HTLV-1抗体検査は30週までに1回)
  • B群溶血性レンサ球菌(期間内に1回)
  • 超音波検査(期間内に1回)
  • 性器クラミジア検査(妊娠30週までに1回)

以上の検査を行います。

安定期に入りますと、食欲が増して体重増加する人が多くいます。上手に乗り切るコツをつかんでおくと安心です。

また、妊娠後期に入ると何時陣痛が起こるかわからないため、今のうちにベビー用品を揃えたり、母親学級に行ったりして出産準備を進めておきましょう。

里帰り出産を考えている人は、具体的に帰省する日付を決めてスケジュールの調整が必要となってきます。もらっている助成券が転院先で使えない可能性もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

日常生活では胎動を感じるようになり、また超音波検査では、赤ちゃんの性別がわかるなど、妊娠初期よりも確実に赤ちゃんがお腹の中にいるという実感がわいてくるでしょう。

36週〜出産までは1週間に1回の健診が目安

36週~出産までのスケジュールは、1週間に1回が目安となります。 


 産婦人科では、

  • 問診・診察
  • 検査計測
  • 保健指導
  • 血液検査(期間内に1回)
  • 超音波検査(期間内に1回)

以上の検査を行いますが、ママや赤ちゃんの経過によっては、追加で別の検査を行うこともあるようです。

出産予定日よりもお産が早まることもあれば、遅くなる場合もありますので、何時何が起こっても大丈夫なように入院の準備をしておきましょう。

お腹が張る、おりものが増える・破水など人によってお産が始まる兆候は異なります。

陣痛の感じ方には個人差があり、神経質になる必要はありませんが、出産の流れや連絡のタイミングを今一度確認しておくと慌てないですむでしょう。

出産が近づくと赤ちゃんが子宮のほうに下がってくるため、胃がすっきりして食欲が増す人もいるようです。

ママが食べすぎてしまうと、赤ちゃんが大きくなり出産が困難になる恐れもありますので、くれぐれも暴飲暴食には気を付けてください。

妊婦健診のスケジュールに関するQ&A

妊婦健診は妊娠週数によって病院に行く頻度がある程度決まっています。


ですが、無事に出産できるのかと不安を感じるママも多くいると思います。


ここでは、妊婦健診のスケジュールに関する、

  • 心配なので医者のいってる頻度よりももっと早く行っても良い?
  • 妊婦健診中に病院を変えることはできる?
  • アメリカでも妊娠健診のスケジュールは同じ?
以上の疑問について解説します。

Q1:心配なので医者のいってる頻度よりももっと早く行っても良い?

妊婦健診は妊娠週数に応じて何週間を目安に受診するのか決まっています。ですが、特にトラブルもなく安定していれば、医師の指示に従いましょう。


病院の方針によっては、パンフレットでは2週間に1度の健診でも、3週間や4週間後に来てくださいと言われるかもしれません。


ただし、何かしらのトラブルが起こったり、どうしても気になることがあった場合には、次回の健診を待たずにすぐに受診してください。


その場合は、病院に行く前に必ず電話をして症状を伝えてから行くようにしましょう。


大学病院などの大きな病院は、予約外の受診は診察まで時間が掛かる恐れもあります。十分に気を付けていくようにしてください。

Q2:妊婦健診中に病院を変えることはできる?

里帰り出産をする場合などは、妊婦健診の途中で病院を変えることはよくあります。


お腹が大きくなってくると病院に行くのも一苦労ですので、ギリギリまで近くの産婦人科で健診を受けたいと思いますよね。


ただし、医療機関によっては出産をする場合、何週までに病院を変えなくてはいけないと指示されることもあります。


反対に、出産を予定していないのであれば、何週以降は妊婦健診を受けられない医療機関もあるようです。


人気のある医療機関などは、分娩予約を早めにしないと病床が埋まることもあるため、病院を変える予定がある人は早めに情報を集めておいたほうが良いでしょう。

Q3:アメリカでも妊娠健診のスケジュールは同じ?

アメリカで妊娠・出産をする場合の妊婦健診のスケジュールは、

  • ~28週までは4週間に1回の健診
  • 29~36週までは2週間に1回の健診
  • 36週以降は1週間に1回の健診
このように、日本と同じように妊娠後期に入ると頻繁に行われます。

妊娠初期にはエコーや血液検査を行い出産予定日が決められ、任意でダウン症などの可能性を特定するための検査も受けられます。妊娠中期はエコーで胎児の性別がわかったり、妊娠糖尿病検査などがあります。

日本とアメリカの妊婦健診の大きな違いはエコーにあります。

日本では毎回健診を受けるたびにエコーを受けますが、アメリカの健診ではエコーは定期検診NT検査の時など決められているようです。

これは、アメリカではエコーをするだけで数百ドルも掛かるため、コストを最小限に抑えているのが理由だと言われています。

費用を考えてくれるのはありがたいですが、エコー画像を赤ちゃんの成長記録として残しておきたいママは少し残念かもしれません。

妊婦健診のスケジュールのまとめ

妊婦健診のスケジュールについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 妊婦健診の初診は、問診票に細かく記載する必要があるためメモを用意しておくと良い
  • 超音波検査で赤ちゃんの頭殿長を測ることで、より正確な出産予定日を算出している
  • 初週~23週までのスケジュールは、4週間に1回が目安となる
  • 母子手帳は医師に指示されてから取りにいけば良い
  • 24週~35週までのスケジュールは、2週間に1回が目安となる
  • 36週~出産までのスケジュールは、1週間に1回が目安となる
  • 妊婦健診は特にトラブルもなく安定していれば、医師の指示に従う
  • 妊婦健診の途中で病院を変えても良いが、事前に情報は集めておくべき
  • 日本とアメリカの妊婦健診の大きな違いはエコーの回数が挙げられる
以上になります。

妊娠中は無事に出産をするまで、ちょっとしたことでも不安になりやすいため、できる限り多く妊婦健診を受けたいと思うママもいるかもしれません。

ですが、トラブルもなく安定しているのであれば、医師の指示に従って妊婦健診を受けましょう。

また、里帰り出産を希望しているなど、途中で妊婦健診を受ける病院を変える場合は、事前に情報を集めて何時までに転院しなくてはいけないのかを調べておきましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい妊娠に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング