誘発分娩では医療保険の給付金対象となるのかならないのか?

妊娠すると医療保険に入るように言われるのは、万が一の時、医療保険を使うことが出来るからです。では誘発分娩では医療保険の給付金対象になるのでしょうか?その答えとしては、誘発分娩をしても給付金対象になるかは人によって違うということです。

誘発分娩で医療保険は適用されるのか

誘発分娩というのは経膣分娩が出来る状態で陣痛がきていない場合に人工的に陣痛を引き起こす処理のことをいいます。

出産の項目でみると健康保険、医療保険が適用されるのは帝王切開のみであるという方が多いのですが、実際には誘発分娩であっても医療保険の給付金対象になることがあります。


何を異常分娩とするかが病院によっても保険会社によっても多少の違いがあるので、誘発分娩だから医療保険は給付金対象外であると思い込まないで、とにかく担当者に確認してみましょう。 

誘発分娩にかかる費用は

一般的には誘発分娩では医療保険の対象とはなりません。

しかし誘発分娩と一言でいっても処置の方法は様々です。


かかる費用も一概には言えませんが、数万円から20万円までが自然分娩の費用に加算されることが多いようです。

膣を柔らかくする注射、陣痛誘発剤、バルーンなどフルコースで処置した場合は20万近くなるという人もいます。


最終的に医師が疾病と判断して治療行為を行えば医療保険での給付金対象となりますから、遠慮せずに保険会社に聞いてみましょう。 

誘発分娩に健康保険は適用されない

基本的には出産は病気ではなく誘発分娩も自然分娩の範囲内とされていますので、誘発分娩には健康保険は適用されません。


あくまでの妊娠出産は自然なこととして、病気の処置ではないという前提から健康保険は使用できず、自費治療扱いになります。


しかし差額ベッド代などは医療保険に入院特約などがついていれば受理される場合もありますから、医療保険を契約しているという方は自分の保険証券を必ずチェックしてみましょう。 

医療保険は異常分娩の場合適用される

医療保険というのは異常分娩の場合に適用されます。

自然分娩の流れだったけれど、最終的には医学的判断から医師の手術が入った、という場合には異常分娩と判断され、医療保険の給付金請求対象になるのです。


代表的なところは帝王切開ですが、人によっては誘発分娩も異常分娩の一種に考えられることがあり、その場合は医療保険の請求が出来ます。 

誘発分娩は正常分娩に分類されるので医療保険は適用外

基本的には誘発分娩は正常分娩に分類されます。

ですから健康保険・医療保険は対象外となるのが普通です。


それは、陣痛促進剤を計画していたけれど、膣注射をした時点で誘導分娩中に自然分娩が始まるなどのケースが多いためでもあります。 

どこからが異常分娩に分類されるのか

医療保険は異常分娩の場合に適用されるのですが、では、どこからが異常分娩になるのでしょうか。

定義では、医師が疾病と認めて診療を行った場合を異常分娩とする、そうです。


ですからこのままでは母体も子供も危ないと医者が判断し、処置した場合は異常分娩と判断されるのです。 

誘発分娩は計画分娩になる事がある

出産予定日を過ぎても陣痛が始まらない場合、医師の決定で誘発分娩を行います。

それは日にちが経つにつれ胎盤の機能が落ちてきて子供が成長しすぎ、母子共に危険になると判断されるからです。


その場合は母体の状況を確認しながら入院日を決め、予め出産する日を決める計画分娩にします。

そして体調をみながら医師の指導で誘発分娩を行うのです。 

計画分娩の注意点

誘発分娩をすることになった場合、出産を計画的にする計画分娩になりますが、その際には注意点があります。

誘発分娩で陣痛促進剤を投与した時に、陣痛だけがどんどん強く起こる過剰陣痛など、わずかではありますがリスクがあるのです。


ですから誘発分娩を行うさいにはその流れをしっかりと理解して、わずかな変化にも気をつけねばなりません。 

医療保険の適用範囲は保険会社によって異なるので確認を

自然分娩であっても吸引をしたから医療保険の給付金が出た、とか、誘発分娩をして会陰切開をしたけれど手術とは認められずに医療保険の対象とはならなかった、という方、それぞれ多くいらっしゃいます。

最終的に医療行為が入ったかどうかは医者によっても判断が違いますし、保険会社によっても違います。


自分が契約している医療保険では誘発分娩が適用されるのかは担当者に聞いて確かめてもらうのが一番です。 

まとめ

妊娠・出産は病気ではない、その大前提があるとはいえ、やはり出産は命がけで行うものなのは変わりません。ちょっとした変化で自然分娩がうまくいかず、誘発分娩になることは一般的と言えます。

一般的な行為、ということなので誘発分娩は正常分娩に分類され、その為に健康保険対象外となります。

別に医療保険に加入していても同じことで、誘発分娩が理由で医療保険の給付金を請求するのは難しいかもしれません。


ですが誘発分娩をした病院、それから保険会社によっても判断は変わってきますので、医療保険に入っているのであれば出産が済んだ後には一度問い合わせてみることをおすすめします。


なお、誘発分娩では医療保険は対象ではなくても、医療保険に入院特約などをつけている場合はそちらの給付金が出るかもしれませんので、必ずチェックするようにしましょう。 

ランキング

  • 白内障は医療保険で保障されますし、加入することもできます
  • 医療保険は骨折で下りる場合や、骨折中に加入可能な保険もあります!
  • インフルエンザでも医療保険がもらえる保険のプランがあります
  • 痔の手術は医療保険の対象?保険が適用される手術パターンを大解説
  • 詐欺罪の可能性も!?医療保険の告知義務違反が招く事態を解説します
  • 病歴があっても医療保険に入れる?告知方法や入りやすい保険を解説!
  • 自分の受けた手術が医療保険の対象かを知るにはどうしたらいい?
  • レーシック手術は、高額なのに、医療保険が適用されない!?
  • レーザー治療とは?その際、医療保険の適用は受けられるのか
  • 抜歯手術の医療保険における取り扱いは保険会社により異なる
  • 検査入院は医療保険の入院給付金の支払い対象になるのでしょうか?
  • 大腸ポリープの治療に(公的)医療保険は答えてくれるのか?
  • pet検査に医療保険は適用されるのか?意外と知らないpet検査の条件
  • 高齢者にとって医療保険は必要か不要かをいろいろな角度から考える
  • 在宅酸素療法は公的医療保険でサポートしてくれる全年齢の心配事
  • 実は適用外が多い医療保険!増え続ける在宅医療はもう他人事じゃない
  • 医療保険の訪問看護は、介護保険に該当しない方が対象になります!
  • 医療保険で訪問看護が?介護保険は必要ないの?ケアプランって?