がん保険は診断給付金のみで加入できる?がん診断一時金についても解説

がん診断給付金のみのがん保険のメリットは割安な保険料だけではありません。がん診断給付金を受け取ることで、経済的なことばかりではなく精神的な余裕にも繋がります。がん保険は、がん診断給付金のみの加入でも人によっては十分な保障であると言えるでしょう。

がん保険は診断給付金(一時金)のみで加入できる

がん保険の給付金の中で、診断給付金というものをご存知でしょうか。


診断給付金とは、がんと診断されたときに一時金としてまとまったお金を受け取ることができる、がん保険における保険金のことです。


その金額は、50万円や100万円といった金額が一般的です。


がん保険は他にも手術や入院をしたときにお金を受け取ることのできる入院保障や、がんの治療のために通院したときに支払われる通院保障などがあります。


しかし、がんと診断されたときは会社を休まざるを得なかったり、治療のために準備や多額の費用が必要になります。


そんなとき、治療のための入院保障や通院保障ではすぐに必要なお金が手に入りません。


それに比べて、診断給付金であればすぐにまとまったお金を受け取ることができ、安心して治療に備えることができるのです。


がん保険は、現在は入院保障もしくは通院保障をメインに診断給付金も支払うという内容が一般的ですが、診断給付金のみを受け取るという内容でも加入することができます。



また、がん保険に診断給付金のみで加入できるのか知りたいがん診断給付金のみで加入しても大丈夫か不安という方は、保険のプロに無料相談することをおすすめします。 


マネーキャリア相談ならLINEで気軽に相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください。

がん保険の保障ががん診断給付金のみでも大丈夫?

がんの治療には多額のお金がかかるとよく言われるため、がん保険の保障については、診断給付金のみで大丈夫かという不安がありますよね。


しかし、がんと言えどもその治療は一般的な病気と変わることはありません。


通常の治療は健康保険が適用されるため、患者の負担は3割で済みますし、高額療養費も適用されます。


つまり、入院や手術を保障する保険よりも、むしろ診断給付金を受け取ることのできる保険のほうが合理的ながん保険と言えるのです。

がん保険の診断給付金は複数回支給できる

がん保険の診断給付金は、一度もらってしまったらもうそれ以降はもらえないと思っている方もいると思いますが、複数回もらえるプランに加入していれば、一度きりではなくがんと診断されるたびに給付金をもらうことができます。 

がんは再発する可能性がありますので、がんと診断されるたびに給付金がもらえるのは安心ですよね。 

しかも、支給されるたびに給付金額が減額されるようなことはなく、契約時の金額通り毎回同額の給付金がもらえます。 

近年は、がん治療による入院日数が縮小されている傾向にあり、がん治療のための入院患者数は減少しつつあります。 

このような状況では、入院保障を手厚くしても、期待通りの入院給付金が受け取れない可能性があります。 

また、医療技術の進歩に伴い、がん治療を手術を行わずに進める治療法が確立されてきており、手術給付金のメリットが薄くなっているという状況もあります。 

せっかく、がん治療での入院給付金や手術給付金がもらえるような内容のがん保険に加入していても、あまり意味がないと感じてしまうのも無理はありません。 

そのような中で、保障ががん診断給付金のみのがん保険に加入しても基本的に問題はないと考えられます。

がん保険の診断給付金が複数回支給できることについて詳しく解説しています!

通院や入院が長くなると困ることも

しかし、一方でがんの治療は時間がかかり、長期間にわたる傾向があります。


一般的に、入院・手術によるがんの治療期間はおおむね1か月程度と言われます。


しかし、がんの種類によっては重症化することもあったり、またがんは再発しやすい病気ということでも知られています。


治療期間が数カ月に及んだり、数年後に再発したりするとその分治療にかかる期間も長くなります。


いくら健康保険や高額療養費の制度があるとはいえ、通院や入院の期間が長引けば長引くほど治療費も嵩んでしまいます。


そのようなケースでは、やはりがん保険の保障として診断給付金のみでは心もとないため、従来の入院保障や通院保障もあるとより安心でしょう。

がん保険の保障を診断給付金のみにするのがおすすめな人

それでは、がん保険の保障を診断給付金のみにするのは、どのような人におすすめなのでしょうか。


がんはなってみないとどのくらいの費用がかかるのか想定もできず、がん保険の保障内容を決めるのは難しいものです。


そこで、いざ今がんになってしまったとすると何が困るのか、どのように保険で保障して欲しいのかということを考えて加入してみましょう。


以下に、診断給付金のみの加入はどのような人が向いているのかを解説していきます。

保険料をなるべく安く抑えたい人

まず、がん保険の保障として診断給付金のみにするメリットとして、保険料が安く抑えられることが挙げられます。


通常のがん保険にも診断給付金は付いており、さらに通常のがん保険は入院や通院も保障される内容となっています。


そのため、当然ながら診断給付金のみの保障のがん保険は、保険料が安く抑えられるのです。


あまりがん保険にお金をかけたくはないけれども、最低限の保障が欲しいという人には、診断給付金のみのがん保険はピッタリの選択肢です。

がんと診断されてから早い段階でまとまった給付金が欲しい人

また、診断給付金はがんと診断されたらすぐに受け取ることのできる保障です。

そのため、万が一がんと診断されたときに、早い段階でまとまったお金が欲しいという人も、診断給付金を付けておくと良いでしょう。
特に、年金などで収入は継続的に入ってくることが分かっているけれども、今手持ちの貯金があまりないという人にとっては、診断給付金の保障を付けておくべきでしょう。



自分は本当にがん診断給付金のみのがん保険に加入すべきなのか」と悩んでいる方は、保険のプロに無料相談するのがおすすめです。


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

診断給付金のみで加入できるがん保険を5つ紹介


ここからはがん診断給付金のみで加入できるおすすめのがん保険を5つご紹介します。
紹介する商品は、
  1. ライフネット生命「ダブルエール」
  2. ネオファースト生命「からだプラス」
  3. 東京海上日動あんしん生命「がん診断保険R」
  4. 朝日生命「スマイルセブンSuper」
  5. アクサダイレクト生命「がん終身」
です。それぞれの保障内容や保険料を詳しく見ていきましょう。

診断給付金のみで入れるがん保険①ライフネット生命「ダブルエール」

まずは、ネット保険でおなじみのライフネット生命保険の「ダブルエール」という商品です。


この中の「シンプルプラン」について詳しく解説します。

保障内容診断給付金のみ
受け取れる回数1回のみ
診断給付金の金額100万円
上皮内新生物の場合50万円
保険料1,209円

この保険料は、30歳男性が加入すると仮定したときのものです。


ダブルエールは、2019年にプロが入りたいがん保険No.1として注目を浴びたがん保険です。


がん収入サポートなど、他ではなかなか無い保障を選ぶことができるのが強みですが、ニーズに合わせて保障内容を選ぶこともできます。


この保険は診断給付金のみの保障を選ぶこともでき、その保険料はなんと月1,209円と破格の安さです。  


その分かなり保障内容もシンプルになっていますが、とりあえずがん保険に加入しておきたいという人にはお手軽に加入することができ、おすすめの保険です。

診断給付金のみで入れるがん保険②ネオファースト生命「からだプラス」

次のおすすめは、ネオファースト生命の「からだプラス」です。

保障内容診断給付金(入院一時給付金)
受け取れる回数10回
診断給付金の金額100万円
上皮内新生物の場合100万円
保険料1,532円

この保険料は、30歳男性が加入すると仮定したときのものです。


ネオファースト生命は、大手保険会社である第一生命グループの生命保険会社であり、保険会社として選ぶにも安心感があります。


また、このからだプラスは他の保険にはない特長があります。


それは、保険会社が定める「健康年齢」によって保険料が変動することです。


からだプラスは3年に一度更新があり、そのたびに体格や血圧などの項目によって健康年齢が診断され、実年齢よりも健康年齢のほうが若い場合、保険料がかなり安くなります。


また、この保険はがんだけに限らず、以下の七大疾病といわれる病気すべてが保障されるのも嬉しいところです。


  • がん(上皮内がんを含む)
  • 心・血管疾患
  • 脳血管疾患
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 肝疾患
  • 腎疾患

診断給付金のみで入れるがん保険③東京海上日動あんしん生命「がん診断保険R」

続いてのがん保険のおすすめは、東京海上日動あんしん生命の「がん診断保険R」です。

保障内容診断給付金
受け取れる回数2年に1回
診断給付金の金額100万円
上皮内新生物の場合100万円
保険料3,074円

この保険料は、30歳男性が加入すると仮定したときのものです。


この保険の特長は、なんといっても保険を使わなかったときに保険料が戻ってくるという、魅力的な特典です。


70歳まで生きていれば、そのときになんと1,475,520円の健康還付給付金を受け取ることができるのです。


ただし、加入中に万が一がんになってしまったときは、その治療費を保険から支払い、残額があれば戻ってくるということになります。


いわゆる貯蓄型の保険であり、保険に加入しながらお金を積み立てることができるため、貯蓄が苦手な人にもぴったりの保険です。

診断給付金のみで入れるがん保険④朝日生命「スマイルセブンSuper」

次のおすすめのがん保険は、朝日生命の「スマイルセブンSuper」です。

保障内容診断給付金のみ
受け取れる回数1年に1回
診断給付金の金額50万円
上皮内新生物の場合50万円
保険料1,286円

この保険料は、30歳男性が加入すると仮定したときのものです。


こちらも国内大手の生命保険会社である朝日生命のがん保険です。


保険料の安さもさることながら、注目は保険金の受け取り回数です。


がんは再発しやすいと言われる病気ですが、それに対してたいていのがん保険の診断給付金は2年に1回が受け取れる回数の上限となっています。


そんな中、このスマイルセブンSuperは、1年に1回診断給付金が受け取れることになっています。


がんは再発しやすいと言われる病気のため、何度も診断給付金を受け取ることができるのは、大きな安心感につながるでしょう。


またこの保険料は最も安いプランでの見積もりですが、追加の保険料の上乗せで当然保障内容を充実させることも可能です。

診断給付金のみで入れるがん保険⑤アクサダイレクト生命「がん終身」

最後におすすめするのが、アクサダイレクトの「がん終身」保険です。

保障内容診断給付金、入院給付金
受け取れる回数1回のみ
診断給付金の金額50万円
上皮内新生物の場合50万円
保険料855円

この保険料は、30歳男性が加入すると仮定したときのものです。


アクサダイレクトは、診断給付金の他に入院給付金も付帯しており、これを外して診断給付金のみのプランとすることはできません。


しかしながら、入院給付金自体も最も安いプランで一日5,000円と必要十分であり、なおかつこの保険料の安さは魅力的でしょう。


もちろん保険料は上がりますが、診断給付金や入院給付金の必要保障額も変えることができますので、自分好みのプランを組み立てることができます。


診断給付金が50万円と少し少ないと感じる人は、100万円に上げても良いでしょう。


ここでは、がん診断給付金のみで加入できるがん保険を5つ紹介しました。


自分はどのがん保険に入るべきか迷っているという方は、保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか?


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

診断給付金のみで加入しようとしている方への注意点


診断給付金のみでがん保険にに加入しようと検討している方には、注意していただきたい点があります。 

今回は、以下の3点を解説してきます。
  1. がん保険の免責期間
  2. 悪性新生物か上皮内新生物か
  3. 2回目以降の診断が一定期間経過している必要性

がん保険には、90日間の免責期間がある

がん保険には、90日間の免責期間が設けられていますので、がん保険の保障が受けられるのは、保険開始日から90日経過後の翌日からということになります。 


よって、がん保険に加入してから90日以内にがんと診断された場合は、診断給付金が支給されません。 

悪性新生物か上皮内新生物かで診断給付金が異なることがある

医者にがんと診断された際、それが「悪性新生物」なのか「上皮内新生物」なのかで診断給付金額が異なることがあります。 


医者から、悪性新生物と診断された場合は診断給付金は問題なくもらえますが、上皮内新生物と診断された場合は、症状が軽いとみなされ給付金がもらなかったり、もらえても減額された金額になることがあります。 


よって、上皮内新生物と診断された場合の給付金についてしっかり確認しておく必要があります。

2回目以降の診断が一定期間経過している必要がある

がんと診断されれば複数回診断給付金をもらうことができますが、給付金の支給は2年に1回とされていることが多いため、2回目以降の診断まで一定期間経過している必要があります。 


しかし、がんが再発するのは3ヶ月以内のことが多いため、2回目の診断給付金をもらうのはあまり現実的とはいえません。 


保険によって、再発時の支給条件や金額が異なるので、確認の上加入することが大切です。  

まとめ:診断給付金のみで加入できるがん保険について

診断給付金のみのがん保険について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のこの記事のポイントは、
  • がん治療に対して短期間の保障が欲しい人は診断給付金のみの保険という選択肢がある
  • 診断給付金のみのがん保険は保険料が安い
  • 診断給付金は受け取ることのできる回数が保険によって異なる
です。

がん保険はたくさんの商品が出ていますが、保険料と保障内容のバランス、さらに自分がどのような保障が欲しいのかをしっかりと考え、吟味する必要があります。

その中には診断給付金のみという選択肢も十分にあり得ますので、がん保険選びの参考にしてみてください。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。


また、診断給付金のみのがん保険への検討を考えている方保険のプロに無料相談することをおすすめします。

下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

がん保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング