三大疾病の一時金は500万だと安心?シミュレーションで確認しよう!

三大疾病に対して一時金を検討する方も多いですが、給付金額はいくらの設定が良いのでしょうか。一時金の場合は、500万円にしておけば安心だと思いますよね。ここでは、三大疾病の一時金が500万円が適切なのかを解説します。かかるお金を把握し、十分な補償を付けましょう。

三大疾病の一時金は500万円も必要なのか解説!



三大疾病とは、ガン急性心筋梗塞脳卒中の3つの疾病のことで、どれも命に緊急を要する、大きな病気です。


死亡・または高度な障害を持つことが多いので三大疾病には、診断給付金診断一時金といった保険金が受け取れる特約が存在します。


もしものために一時金を貰いたいから、三大疾病特約をつけたほうがいいのかな?

けど500万円も必要なの?保険料が高くなるんじゃないの?


いろいろ気になることはあると思います。


この記事を読んでいただくと、


  • 三大疾病の保険金(一時金)が500万円も必要か。
  • 500万円の保険金(一時金)を受け取るための費用をかけるには、なぜ慎重になるべきか。

の参考になるでしょう。


ぜひ、最後までお付き合いください。

500万円あれば安心できる!同時に注意も必要に

三大疾病で、日本の半分の人口は亡くなるとのことです。


だからこそ500万円の保険金は必要だと考えます。


もし働いている被保険者が治療中になっても、500万円は給料の貰えないときに治療費以外にも生活費に充てることができます。


しかし、三大疾病特約の保険料は安くないから掛けない人も少なくないです。


自分の家計にあった、500万の一時金を貰える三大疾病特約をつけることで、保険料が家計を圧迫しないようにすることができます。


そもそも三大疾病保険とは

三大疾病保険とは、三大疾病である、「がん」、「心筋梗塞」、「脳卒中」になり、保険会社が定める状態になった場合に保険金がおりる保険です。


一般的な保険よりも、三大疾病への保障が一層手厚くなっている保険で、一時金の金額が、100万円、500万円、1000万円など、高額になっています。


また、一時金として大きな保険料を支払うのではなく、毎月10万円など、収入保障タイプの保険を販売してる保険会社もあります。

一時金が高くなるほど保険料も高くなるので確認を

三大疾病特約の一時金は、日数が無制限で受け取れる商品が多いです。


ただし、保険金を高くするということは、保険料も高くなります。


特約をつけると安心ですが、家計の負担を考えると500万もの一時金の貰える三大疾病特約は、少し厳しい場合もあるかもしれません。


保険を選ぶ際は、様々な保険商品を比較してから自分に最適な保険を選ぶ必要があります。


なぜなら、よく調べずに保険に加入してしまうと、「自分の場合は他の保険に加入しておいた方がお得だった」、「保険に加入したはいいが、この保険では自分には損が大きいということが分かった」など、加入後に後悔してしまうこともあるからです。


そこでほけんROOMでは、皆様の保険の悩みを解決するために、三大疾病保険など、あらゆる保険商品に精通している保険のプロが、無料で保険相談を受け付けています。


保険のプロに相談することで、保険に関する悩みが全て解決できます


以下のボタンから1分程度無料相談への申し込みが完了しますので、「ぜひ利用してみてください。

三大疾病特約の一時金の支払い基準

三大疾病特約には、所定の条件になってから診断給付金や診断一時金が貰えるのですが、所定の条件というのが厳しいです。


  •  がん(悪性新生物) 診断がおりたとき。ただし上皮内新生物に関しては、含まれているのとそうでないのがあります。
  •  急性心筋梗塞 発病し、初診日から60日以上、「労働に制限」が出てしまったときに限ります。商品によって急性でなくとも保障するものもあります。
  •  脳卒中 発病し、初診日から60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などといった「他覚的な神経学的後遺症」が残ってしまったときに適用されます。


500万円が貰えるだけでなく、万が一のことがあったら、今後の生活についても相談できる保険の担当者と出会えるとよいでしょう。きっと参考になる話が聞けます。

一時金は何回まで受け取れるのか

三大疾病保険では、一時金を受け取れる回数が無制限の商品と、1回限りなど、回数に制限がある商品があります。


無制限の場合でも、1年に1回、もしくは2年に一回など、期間によって制限が設けられています。


生命保険の場合の一時金給付回数は1回限りで、三大疾病一時金、または死亡保険金のどちらかを受け取り、契約が終了します。

高額療養費制度でカバーできる範囲を確認

高額療養費制度とは、公的医療保険で、一定額を一月(月の初日から末日まで)で超えてしまった分を返額してもらうことのできる制度です。


高額療養費制度を上手く利用すれば、入院時のベッド代や診察費用、治療薬代なども所得に合わせて高額になってしまった場合、返金されます。


ただし、差額ベッド代や入院時の食費、居住費などは、高額療養費制度には充てられないのもあるので、病院との話し合いもしておきましょう。


注意するべき点は、高額療養費制度では、先進医療は受けられません。

三大疾病の疾患でも保険料の支払いが厳しい場合について

保険料が無料の「リビング・ニーズ特約」というものがあります。


リビング・ニーズ特約とは、医師に余命6ヵ月以内と診断された場合、どんな原因にも関わらず、一時金が受け取れます。


一時金は、「死亡保険金の範囲内」、かつ「保険会社所定の金額の範囲内」で一時金の前払い請求ができます。


リビング・ニーズ特約は、保険料が無料です。


リビング・ニーズ特約は、後からでもつけることが可能です


三大疾病への補償は医療保険以外にもある

三大疾病特約で、500万円の一時金を受け取るということは、病気に対してだけでなく、仕事ができなくなった時、またはしづらくなったときや、生活にも大きな保障になります。


ただ、500万円もの一時金を受け取るために支払う保険料は、相応に高い金額になるでしょう。


そこで、三大疾病特約以外にも、がんに特化した、「がん保険」や、住宅ローンに付加していることのある三大疾病保障も取り上げようと思います。


がん保険で診断給付金として一時金を受け取る

がんには3つの給付金が存在します。


  • がん診断給付金(一時金) がんと診断されると一時金がおります。
  • がん入院給付金 がんで入院すると一日ごとに計算され、受け取れます。
  • がん手術給付金 がんで手術をすると、何度でも受け取れます。

がん入院給付金とがん手術給付金は、医療が進歩し、入院・手術が必要なくなっている場合も多くなり、受けられないことが増えました。

がん診断給付金(一時金)なら、医師から診断されればおりるので、かけてはおきたい保険です。

しかも、がんだけでなく三大疾病に対しても保証がある保険商品もあります。

ただ、がんは近年では500万円もの一時金を必要としないとみなされているのか、なかなか500万円の一時金の受け取れるがん保険は少ないです。

その分保険料がリーズナブルなものが多いです。

とはいえ、三大疾病に対する補償を手厚くすることを重視したいのか、なるべく保険料を安く済ませたいのか、それてもその中間程度の保険を選びたいのか、一人一人状況は様々だと思います。

しかし、日本には保険商品の種類が数多く存在し、一般の方が自分に最適な保険を選ぶのは難しくなってしまっています。

そこでほけんROOMでは、保険のプロであるファイナンシャルプランナーが、皆さんの保険の悩みを解決するために、無料保険相談を受け付けています。

保険のプロに相談することで、保険選びでもう悩まなくなります。

下のボタンから1分程度無料相談への申し込みが完了しますので、ぜひ申し込んでみてください。

住宅ローンに付加している三大疾病保障について

住宅ローンに付加している三大疾病保障というのは、三大疾病にかかると一時金がおりる代わりに、住宅ローンを相殺してくれるという、ユニークな仕組みの保障です。


住宅ローンを組むときに、「団体信用生命保険」という保険に入ることが大抵あります。


団体信用生命保険というのは、住宅ローンを支払っている最中に、被保険者が死亡・または重度の障害を負ったときに効果を発揮します。


ローンと同じ金額の一時金が支払われ、ローンが相殺される仕組みです。

まとめ:三大疾病の一時金を500万円に設定するときは慎重に

ここまで、「三大疾病の保険金が500万円あるとどう安心なのか」ということと、「三大疾病の保険金を500万円に設定するうえで、何に慎重になるべきか」を解説しました。


いかがでしたでしょうか?


この記事のポイントは、


  • 三大疾病の一時金が500万円あると、治療にだけでなく、生活にも保障が充てられます。
  • 三大疾病に500万円の一時金をあてるということは、保険料も高くなります。
  • 三大疾病に備えるには、年齢や保障、条件についても考えること。
の3点です。

500万円の一時金は、もしもの時のために、安心感も与えますが、家計と併せて考えないと、生活が圧迫されます。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング