三大疾病の一時金の相場はいくら?がん保険との比較もしよう!

三大疾病には一時金で備えたいと思っている人も多いですよね。一時金ならまとまったお金を受け取れますし診断時におりる安心感もありますが、一時金はいくらが相場なのでしょう。今回は三大疾病の一時金はいくらが良いのかがん保険の診断一時金も含めて相場を紹介します。

三大疾病の一時金はいくらおりる?相場から必要性を考える

三大疾病とは「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」のことを指します。これらの病気は高額な医療費がかかると言われていて、そのため保険や公的な医療制度で費用の負担を軽くすることができます。


もし家族が倒れてしまったときに「がん」と急に診断されたとき一時金の金額が足りなくてお金を支払うことができないなんてことは避けたいですよね。


三大疾病の一時金はいくらぐらいの補償を受ければ足りるの?

高額療養費制度やがん保険だけでは足りないの?といった疑問を持っている人のために


今回の記事では


  • 通院・入院費用の相場
  • 一時金が給付される時の条件
  • 高額療養費制度やがん保険の一時金との違い
以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、三大疾病の一時金の相場はいくらなのかを知り、実際にいくら必要なのかという疑問を解決するための参考にしていただけます。


ぜひ最後までご覧ください。

三大疾病の一時金はいくらが適切なのか相場から考える

診断給付金(診断一時金)は保険会社によって差はありますが、だいたい50万円から200万円ほどの金額まで設定することができます。


三大疾病の一時金の金額はどのように決めたらいいのか、通院・入院費用の相場や入院日数からいくら必要なのか考えてみましょう。


さらに三大疾病を保障する特約の一時金はいくら必要なのか金額を選ぶポイントなども説明していきます。



三大疾病の通院・入院費用から見る一時金の相場

三大疾病に罹って通院・入院した人のかかった費用は悪性新生物だと相場は以下の通りです。


がんの種類医療費自己負担額
胃がん¥643,765¥193,129
肺がん¥703,280¥210,984
乳がん¥605,588¥181,676
直腸がん¥787,923 ¥236,377

出典:厚生労働省「医療給付実態調査(平成27年度)」統計表 第3表  疾病分類別、診療種類別、制度別数、日数(回数)、点数(金額)


高額療養費制度」という保険適用の医療費が限度額を超えた場合に、超過分を免除してくれる制度もあるので自己負担額は20万円〜30万円ほどとなりますが、表の金額にさらに通院のための交通費や食費、日用品代などの費用も入ってきます。


医療費の相場+交通費や食費・日用品費でいくらかかるのか考えなければいけません。


自己負担額と入院することによってかかってくる費用を補うために、一時金の金額の相場は50万円・100万円・200万円が多くなっています。

三大疾病の入院日数は?

三大疾病にかかったときの入院日数は以下のとおりです。


  • がん(悪性新生物)・・・20日
  • 急性心筋梗塞・・・21日
  • 脳卒中・・・89.5日
入院日数は医療技術の進歩によって年々短くなってきているものの、まだ長期間入院しなければいけないのが現状です。


入院日数でいくら必要なのか見極めることもできます。

三大疾病の一時金特約を選ぶ際に慎重になるべきこと

三大疾病を保障する診断一時金(診断給付金)を選ぶときに気を付けなければいけないのが


  1. がん・急性心筋梗塞・脳卒中の3種類の病気を保障するタイプ
  2. がんのみ保障するタイプ
があるという点です。


相場からかかってくる費用がいくらなのか調べて、いくら特約で備えても保障の対象とならなければ意味がありません。

三大疾病の一時金が給付される条件は厳しいので注意

 三大疾病の一時金特約は保険会社によりますが一般的に支払い条件が厳しいと言われています。


代表的な診断給付金は医師から三大疾病であると診断確定されなければ受け取ることはできません。


特約には


  • 初回に診断された場合のみ
  • 複数回受け取ることができる
  • 上皮内がんも対象となる


といった条件があります。相場以外にもしっかりと三大疾病特約などの診断給付金が受け取れる支払い条件について確認しておいてください。 

がん保険の診断一時金を利用する方法も検討しよう

必要な一時金はいくらなのか相場から金額を決めること以外にも、保障の範囲について考える必要があります。


「医療保険」は病気はもちろん、けがに対しても一時金を受け取ることができます。「がん保険」は上皮内新生物を含むがん(悪性新生物)のみ対象となっています。


がん保険は治療が幅広いので診断一時金がメインとなります。医療保険のがん特約で保障を上乗せすることもできますが、がん保険の方ががんに関しての保障が特化しています。 


がんに備えたい人であれば三大疾病特約よりもがん保険のがん専用特約の方が手厚い保障となっているので慎重に特約を選びましょう。また、支払い条件がそれぞれ異なるのでしっかりとそれぞれいくらか比較することが大切です。

がん保険の一時金特約から支払われる一時金の相場はいくら?




三大疾病の中でも日本人がかかりやすいのが「がん」です。20代・30代の女性の場合は男性の2倍がんにかかりやすいと言われています。


上皮内新生物の場合は早期発見のため、かかる費用も比較的安いです。そのため上皮内新生物の場合は半分の金額や10%の金額が支払われるという保険会社もあります。


がんと診断されてから家族が病院まで来るまでの「交通費」や「治療費」「通院費」も支払う必要があるので、相場で100万円〜500万円かかると推測されます。いくらかかるのか治療に関すること以外もあらかじめ調べておくと良いでしょう。


実際にがん保険の保険料の相場はいくらなのかというと、診断給付金100万円であれば1,700円〜3,000円ほどの保険料となり、診断給付金200万円であればだいたい2,400円〜5,000円ほどとなります。

保険料から見る三大疾病特約とがん保険の比較

では三大疾病特約がついた医療保険はいったいいくらなのかというと、200万円の三大疾病保障プランのついた保険料は20代・30代で3,700円〜5,000円くらいが相場です。



男性女性
アフラック5,124円4,586円
オリックス生命4,733円4,252円
ライフネット生命3,935円3,886円

アフラックの三大疾病特約は200万円の場合の保険料、オリックス生命の三大疾病特約は100万円の場合の保険料、ライフネット生命の三大疾病特約は50万円での保険料の相場となります。

まとめ:三大疾病にかかる費用を把握し必要な保険をつけよう

三大疾病の一時金の相場はいくらかということについて解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは、


  • 三大疾病の一時金は50万円〜200万円が相場
  • 実際にかかる費用はいくらなのか確認しておく必要がある
  • 基本的に支払い条件が厳しい

でした。


ただし、病気の進行度によって医療費は異なってくるので一概にいくらとは言えません。相場を確認してどのくらい用意しておくと良いのか検討してみましょう。


特約によって支払う条件が異なり、上皮内新生物が対象となるものや一回きりの支払いというものもあります。いろんな保険会社の保険商品を比較して自分に合ったものを見つけてみましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 三大疾病の一時金は500万だと安心?シミュレーションで確認しよう!
  • 三大疾病の費用は一時金で備えられる?保険でいくらもらえるか紹介!
  • 医療保険の三大疾病特約は必要?メリットからいくら必要かまで解説!
  • 医療保険の一時金は必要なの?一時金の必要性と注意点を説明します!
  • 入院したらかかる差額ベッド代の相場・平均はいくら?個室と4人部屋の相場は?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の3種類の一時金の特徴と税金の注意点
  • 企業型・個人型の確定拠出年金の『脱退一時金』を受け取るには
  • 収入保障保険の三大疾病特約は不要?三大疾病対応収入保障保険を紹介
  • がん保険は診断給付金のみで加入できる?がん診断一時金についても解説
  • 住宅ローンの疾病保障の必要性は低い?その理由を徹底解説!