90日の待機期間なしですぐ入れるがん保険が登場しています。

がん治療は転移や再発で長期間になる事が多くあります。長期間がんと闘う事になった時に必要になるのが、がん保険です。一般的にどの保険会社のがん保険も告知だけですぐ入れるのですが、契約後90日間の免責期間があります。すぐ入れるけれど保障はすぐに開始されません。

すぐ入れるがん保険は存在するのか

がん保険には待機期間・免責期間があります。

すぐ入れるわけではありません。


生命保険や医療保険は印鑑を押して保険料を払い込めば翌月1日など、各保険会社の決められた責任開始日から保障は開始されますが、一般的ながん保険に関しては保障を受けるまでに3ヶ月もしくは90日間の期間があるからです。

免責期間と責任開始日

免責期間と責任開始日


告知だけですぐ入れるが、すぐに開始されないのが、がん保険の特徴です。

なおこの保障を受けられない待機期間も保険料の払い込みは必要になります。


つまり、すぐ入れる保険でしたら待機期間の保険料も無駄もない事になります。 

すぐに保障を受けれない理由

待機期間・免責期間がある理由

すぐ入れるわけでなく90日間の免責期間を設けているのは、発症を知りながらがん保険に加入する人や、悪意はなく本人に自覚症状がなくがんと知らずにがん保険に加入する人がいる為です。

すぐ入れるが90日の待機期間で様子をみて、保険を適切に運用する為に大切な契約の公平性を保っているのです。


すぐ入れるがん保険は保険会社にとって運用が難しいのです。 

待機期間なし!すぐ入れるがん保険

アクサ生命「アクサの治療保障のがん保険」

しかし、すぐ入れるがん保険がないわけではありません。

最近では契約後90日の免責期間がないすぐ入れるがん保険が登場しています。


加入後にすぐ入れるがん保険はほとんどありませんので、これは大変珍しいタイプのがん保険といえます。 

すぐ入れるアクサ生命のがん保険の注意点

診断給付金がない

このこのすぐ入れるがん保険の注意点としては、がん保険の特徴のまとまった一時金である「診断給付金」がない事です。

診断給付金がメインではなく、手術・放射線・抗がん剤というがんの3大治療に対して給付金がでるタイプの商品となっています。

入院を保険金の支払い前提としないで、該当する治療を受ける時に給付金がでるというスタイルです。


こうする事で、短期入院であとは長期通院治療や、入院しないで通院してがん治療を行う人の場合にも、それそれの治療に給付金を支払う事ができるようになります。 

通院保障がない

最近のがん治療は通院治療が主体となってきています。

長期入院させず通院で治療する流れはこれからも増加すると考えられています。


最近では入院を伴わないがん通院も支払い対象にする事や、通院も日数無制限に近い条件を付帯させる保険会社が増えてきています。 

がん保険では入退を繰り返す事を想定して入院の日数を無制限としているものが殆どで、今までは、通院は日数無制限ではなく、入院をしなければ通院もでない設計になっていました。


しかし、すぐ入れるがん保険『アクサ生命「アクサの治療保障のがん保険」』には通院保障特約がありません。

かわりに手術・放射線・抗がん剤の3大治療、それに加え緩和療法を受けたときに契約時に設定した給付一時金を受け取る形になっています。通院日額を毎回支払ってもらうのではなく、3大治療を受けたり緩和ケアをうける時に、まとまった給付金を受け取る形です。


通院を毎回サポートしてもらうか、それぞれの治療に対して給付金を受け取るかの違いです。これはその人のがん治療方法や期間によって変わってきますので、どちらが良いかは一概に言えません。 


上皮内新生物は特約内容

すぐ入れるがん保険・アクサ生命「アクサの治療保障のがん保険」の場合、上皮内新生物治療給付特約はあらかじめ主契約に付加されています。

上皮内がんにより手術や放射線治療を行う事になった時に給付金がでる様になっています。


こちらも入院しなくても給付金がでますが、上皮内がんの場合は保険を解決策にしなくても充分に対応できますので、この自動付帯されてしまう上皮内新生物特約分の保険料が余分で邪魔だと感じる人もいるかもしれません。 

まとめ 

もともとがん保険は告知だけですぐ入れるのですが、待機期間がなくすぐ入れるがん保険はあまりありません。 

がんが心配ですぐにでも保障を開始したい方にはこのすぐ入れるタイプは嬉しい商品です。


90日の待機期間中も保険料負担は発生していますので、すぐ入れるがん保険は90日間のある意味無駄な保険料がない点でも有益といえます。


今までのがん保険は入院保障が主体でした。

しかし、現在のがん治療は入院させないで抗がん剤治療なども当たり前になってきています。

手術・放射線治療・抗がん剤の3大治療を入院しないでも保障するのは、すぐ入れるメリットとあわせて、時代の流れに沿ったがん保険商品といえます。


診断給付金の特約がない為、従来の様にがんと診断された時にまとまった診断給付金を受け取る事が出来ませんが、その分保険料は安くなっています。

手頃な保険料で治療費用を効率よく保障してもらうと考える人にとっても、すぐ入れるがん保険は適した商品です。 


更に、すぐ入れるがん保険『アクサ生命「アクサの治療保障のがん保険」』にはメディカルサービスも付いていますので、24時間健康相談サービス等が利用出来ます。

このメディカルサービスもがん保険と同じですぐ入れるもので、契約してすぐに利用できます。セカンドオピニオンや専門医の紹介などは、いざという時に心強い付帯サービスです。

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気記事一覧