90日の待機期間なしですぐ入れるがん保険のデメリットを徹底解説!

免責期間なしのがん保険って存在するの?
免責期間なしのがん保険ってデメリットはないの?
今回はこのような疑問を解消していきます。
免責期間なしってすごくメリットだけれど、逆にデメリットはないのかしら
もちろん免責期間なしの保険にはメリットもデメリットもあります。

内容をまとめると

  1. 一般的にがん保険に加入してから90日程度は保障を受けられない    
  2. しかしアクサ生命のがん保険など、免責期間がないがん保険も存在する  
  3. 免責期間なしのがん保険は診断給付金(一時金)がない
  4. 免責期間がないがん保険に加入したいという方はプロに無料相談しましょう

免責期間のないがん保険ってデメリットはないの?

もしもがんに罹ったら、もちろん身体のことやこれからの生活についても心配ですが、がん治療にかかる費用についても心配になります。

しかし、がん保険に加入しているから安心、と思っていても、一般的ながん保険では契約後90日間の保障免責期間というものがあり、この免責期間にがんと診断されても、すぐに保障を受けることができないということを耳にしたことがあるかもしれません。

がんと診断されても待機期間の間は給付が受けられないのであれば、保険に入るのももったいないと思うかもしれませんが、現在、この「90日間」の免責期間なしで入れるがん保険があるのです。

そこで、この記事では『90日間の免責期間なしで加入できるがん保険』について、
  • がん保険ではすぐに保障が受けられない理由
  • すぐ入れるがん保険「アクサ生命のがん保険」について
  • 免責期間なしのがん保険のデメリットとは
以上を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただいたら、これからがん保険への加入を検討している方の役に立てるかと思います。

多くのがん保険ですぐに保障を受けられない理由


がん保険では、すぐ入れるわけでなく、90日間の免責期間を設けている理由は、がんの発症を知りながらがん保険に加入する人を減らすためです。

女性の場合で例えると、セルフチェックで胸にしこりがあることに気付き、診察を受ける前にがん保険の加入を済ませ、診察後がんと診断された場合、保険会社としては保険を適切に運用する為に大切な契約の公平性保てなくなります。

そのため、健康な方でも公平にがん保険に加入し保険料を支払うことができるように、保険の契約後は保険にすぐ入れるようにするのではなく、90日間の免責期間を設けておくこととなっています。

このような点から、すぐ保障が開始するがん保険となると、保険会社にとって運用が難しくなるのです。 

免責期間なしですぐに保障が開始するがん保険

しかし、すぐに保障が開始するがん保険がないわけではありません。

最近では、がん保険の契約後90日間の免責期間がないすぐ入れるがん保険が登場しています。


その保険とは、「アクサ生命の治療保障のがん保険」です。


一般的ながん保険ですと、先述したように契約後90日間は免責期間としてがんの診断を受けたとしても給付金を受け取ることはできません。


しかし、この治療保障のがん保険では、契約後すぐに「手術」や「放射線治療」、「化学療法」などの保障を受けることができます。


加入後にすぐ保障期間となるがん保険はほとんどありませんので、これは大変珍しいタイプのがん保険といえます。

すぐ入れるアクサ生命のがん保険のデメリット


90日間の免責期間なしですぐ入れるがん保険をご紹介しましたが、このがん保険のデメリットとして、

  1. 診断給付金(一時金)がない
  2. 通院保障がない
  3. 上皮内新生物は特約となる
の3つがあります。

この3つのデメリットについて、詳しく解説していきます。

免責期間なしのがん保険のデメリット①:診断給付金がない

このがん保険のデメリットとしては、がん保険の特徴の一つである、がん診断後に受け取れるまとまった一時金、「診断給付金」がないことです。

すぐ入れるがん保険とは、診断給付金がメインではなく、手術・放射線・抗がん剤というがんの3大治療に対して給付金がでるタイプの保険商品となっています。


がんでの入院を保険金の支払いでカバーするのではなく、該当するがん治療を受ける際に給付金を受け取るというスタイルです。


こうすることで、がん診断後も手術を受けての治療可能な場合や、入院せずに通院して抗がん剤などのがん治療を行う人の場合にも、それぞれの治療に対して給付金を受け取ることができます。


がん診断後にお見舞い金とも言える「診断給付金」は給付されませんが、手術などの治療費用についてはしっかりと保障が受けられますので、すぐ入れるがん保険としてはメリットの方が高いと言えます。

免責期間なしのがん保険のデメリット②:通院保障がない

最近のがん治療は、通院治療が主体となってきています。長期入院させずに通院で治療する流れは、これからも増加すると考えられています。

最近のがん保険では、入院を伴わないがん通院も支払い対象にすることや、通院も日数無制限に近い条件を付帯させる保険会社が増えてきています。 


これまでのがん保険では、入退院を繰り返すことを想定し、入院保障の日数を無制限としているものが殆どであり、通院保障は日数無制限ではなく、入院をしなければ通院しても保障を受けることができませんでした。


しかし、このように現在のがん治療は通院治療が主流で各保険会社も通院保障に力を入れていますが、すぐ入れるがん保険「アクサ生命の治療保障のがん保険」には、通院保障特約がありません。


その代わり、手術・放射線・抗がん剤の3大治療、それに加え緩和療法を受けたときには契約時に設定した給付一時金を受け取る形となっています。


通院日額を毎回支払ってもらうのではなく、3大治療を受けたり緩和ケアを受ける際にまとまった給付金を受け取るという形です。


通院を毎回サポートしてもらうか、それぞれの治療に対して給付金を受け取るかの違いですが、これはその人のがん治療方法や期間によって変わってきますので、どちらが良いとは一概に言えません。 


がん保険に加入する際には、これらの点を考慮し、加入するようにしましょう。

免責期間なしのがん保険のデメリット③:上皮内新生物は特約内容

すぐ入れる「アクサ生命の治療保障のがん保険」の場合、上皮内新生物治療給付特約は、あらかじめ主契約に付加されています

上皮内がんにより手術や放射線治療を行うことになった際には、給付金が支払われるようになっています。


こちらの上皮新生物・上皮内がんの治療についても、入院せずとも給付金が出ますが、上皮内がんの場合はがん保険を頼らずとも公的な健康保険の利用で治療費の支払いは十分に対応できる場合が多いです。


そのため、この自動付帯されてしまう上皮内新生物特約分の保険料が余分で邪魔だと感じる人もいるかもしれません。 


免責期間なしのがん保険の注意点を読んでみたけどピンとこないという方は、保険のプロに相談してみましょう!

まとめ:免責期間がないすぐ入れるがん保険はデメリットに注意


この記事では、90日間の待機期間なしにすぐ入れるがん保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


この記事のポイントは、

  • がん保険が契約後すぐに保障が受けられないのは、保険契約の公平性を保つためである。
  • 契約後すぐ入れるがん保険は、保険会社にとって運用が難しくなる。
  • アクサ生命の治療保障のがん保険は待機期間なしにすぐ入れるがん保険である。
  • アクサ生命の治療保障のがん保険のデメリットとして、「診断給付金がない」「通院保障がない」「上皮内新生物は特約内容となる」の3つ
です。

がんと診断された場合、すぐに治療が開始される場合もありますが、そんなとき、保障が受けられるようになるまで、90日間の待機期間を待たなければならないと思うと不安ですよね。

しかし、今ではすぐ入れるがん保険はとても心強いですね。がん保険への加入を検討されている方は、ぜひ「アクサ生命の治療保障のがん保険」もチェックしてみてください。

がん保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング