30代男性・女性におすすめのがん保険ランキング!選び方や必要性を解説

30代男性・女性におすすめのがん保険ランキング!選び方や必要性を解説-サムネイル画像

日本人の死因第一位である「がん」に備えられる「がん保険」は多くの種類がありますが、30代という比較的若い年齢だからこそ選択できるがん保険もあります。この記事ではおすすめのがん保険に加え、加入することで具体的にどのような保障を得られるか、という点も説明します。



▼この記事を読んでわかること

  • 30代からでも加入できるおすすめのがん保険
  • 30代でがん保険に加入するときおさえておきたいポイント

▼30代におすすめのがん保険ランキングTOP5

  • アクサダイレクト生命「がん終身」
  • ライフネット生命「ダブルエール」
  • チューリッヒ生命「終身ガン治療ほけん プレミアムZ」
  • アクサダイレクト生命「がん定期」
  • SBI損保保険「がん保険 自由診療タイプ」
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  • 30代のがん保険は長期加入が前提なら「終身型」がおすすめ
  • 30代はがんのリスクは低いものの将来に備えるなら若い方が良い
  • 「定期型」や「実損補填型」のがん保険は必要に応じて選べる
  • 女性は女性特有のがんに備えられるタイプのがん保険がおすすめ
  • がん保険の選び方についてプロに相談したいなら、マネーキャリアの利用がおすすめ!自分だけの最適なプランを無料オンライン相談で提案してくれます!

30代男性・女性におすすめのがん保険ランキングTOP5


30歳になったことをきっかけに、将来的にリスクの高いがんに備えるため「がん保険」への加入を考えている方は多いでしょう。


30代から「がん」に備えることは多くのメリットがありますが、最も迷うのが「がん保険の選び方」です。


まずは、結論としていったいどのがん保険が30代におすすめできるのか、具体例として

  1. アクサダイレクト生命「がん終身」
  2. ライフネット生命「ダブルエール」
  3. チューリッヒ生命「終身ガン治療ほけん プレミアムZ」
  4. アクサダイレクト生命「がん定期」
  5. SBI損保保険「がん保険 自由診療タイプ」
これらのがん保険について紹介していきます。

▼ほけんROOM編集部が独自調査でまとめたおすすめのがん保険はこちら!

①アクサダイレクト生命「がん終身」

最初におすすめするのはアクサダイレクト生命の「がん保険終身型です。


この保険では無駄をなくし「がん」にピンポイントで備えることで、充実した保障と保険料の安さを両立させています。


主な保障内容としては、

  • がん初回診断:50万円~(1回あたり)
  • がん入院給付金:5,000円~(1日あたり)
このようになっており、非常にシンプルで分かりやすいです。

このメインの保障では物足りないと感じる場合は、
  • 抗がん剤治療特約
  • がん手術給付特約(終身型)
  • がん先進医療特約
  • がん退院療養特約(終身型)
  • がん無事故給付特約
  • 女性がん入院特約
上記の特約に加入することで、保障の範囲を拡充できます。

特約を付帯しないケースがこのがん保険の最安であり、最安のプランでは
  • 30代男性:855円
  • 30代女性:720円
このようにかなりの低料金で保障を受けられます。

他のがん保険を見積もってみたは良いけれど「高い」と感じていたり、がんには備えたいけれど毎月多くの保険料を支払いたくないなど、コストパフォーマンスを優先する方におすすめできます。

②ライフネット生命「ダブルエール」

次におすすめするのが、ライフネット生命の「ダブルエール」です。


このがん保険は必要に応じてがんによる入院保障の幅を変えることができ、保障を最低限にして保険料をおさえるか、保険料は高くなるが保障を手厚くするかを好きに選ぶことができます。


プランは3つに分かれており、

  1. シンプル:診断一時金のみの保障で最安の保険料
  2. ベーシック:保険料の安さと保障を両立
  3. プレミアム:入院費用だけでなく治療期間中の収入も保障
それぞれ個人のニーズに合わせて選択できます。

主な保障内容としては、
  1. がん診断一時金:100万~300万円
  2. 上皮内新生物診断一時金:がん診断一時金(100~300万円)の50%
  3. 治療サポート給付金(入院・通院保障):1カ月あたり10万円
  4. がん収入サポート給付金:がん診断一時金(100~300万円)の50%
このようになっており、最安の「シンプル」プランは①の保障のみ、最も手厚い「プレミアム」プランのみ④の保障が付帯されます。

30代「シンプル」プランでで見積もりした場合、月々の保険料は「1,250円」となっていますが、「就業不能保険」という、がんによって失職した際に一時金や見舞金を受け取ることができる保険を付帯しても、月々の保険料は「1,682円」と安く抑えられています。

がんによる入院で仕事を失うリスクも考慮してがん保険に加入したい方におすすめできます。

③チューリッヒ生命「終身ガン治療ほけん プレミアムZ」

次に紹介するのはチューリッヒ生命の「終身がん治療保険プレミアムZです。


このがん保険は保障内容に融通を利かせられるタイプの保険であり、必要に合わせて様々な特約を選択することで保障内容を自由にカスタマイズできます。


まず、メインの保障内容は

  • 抗がん剤治療給付金:10万~30万円(基準給付月額・上皮内新生物も含む)
  • 自由診療抗がん剤治療給付金:基準給付月額の2倍または4倍
上記となっており、保険が効く治療と保険が効かない治療の両方に対応しています。

このがん保険は上記のメイン保障を基盤として、自由に保障内容を組み合わせて設計するようになっており、
  • がん診断特約:50万~100万円
  • がん入院特約:5,000~3万円
  • がん通院特約:5,000~3万円
  • がん手術特約:10万~60万円
  • がん先進医療特約:技術料の同額
  • がん診断後ストレス性疾病特約:5万~20万円
上記の特約を自由に組み合わせることでカスタマイズします。

たとえば30代男性で見積もりを行った場合に月々の保険料がどうなるかというと、
  • メインの保障内容のみ:620円
  • 入院・通院・手術特約を付帯:1,520円
  • 全部入り(保障額は最低額):3,550円
このようになり、最安保険料は「620円」となります。

ただし、がん保険へ加入を考えている方で入院や手術保障を付帯しないという選択をする方はあまりないため、基準としては「1,520円」が一定のラインとなるでしょう。

④アクサダイレクト生命「がん定期」

4つ目に紹介するのはアクサダイレクト生命の「がん定期」です。


このがん保険は最初に挙げたアクサダイレクト生命の「終身型」の対となる「定期型」のがん保険です。


定期型のメリットは保障期間の10年経過して満期を迎えると、保障を見直すことができるという点です。


メインの保障内容は

  • がん診断給付金:100万円~(1回のみ)
  • がん入院給付金:10,000円~(1日あたり)
この2つが基本保障となっており、特約として
  • がん手術給付特約:10万円(1回あたり)
  • がん先進医療特約:500万円
  • がん退院療養特約:10万円(1回あたり)
これらの保障を付帯することができます。

最安プランでの保険料がどのくらいになるのかというと、
  • 30歳男性:650円
  • 30歳女性:650円
このように非常に安価であり、最安保険料のみを比較すればすでに充分低料金である同社の「終身型」タイプよりも安くなっています。

⑤SBI損保保険「がん保険 自由診療タイプ」

最後に紹介するのはSBI損保保険の「がん保険自由診療タイプです。


自由診療とはいわゆる「保険適用外」となる診療のことであり、この保険では自由診療および先進診療といった治療費が高額となる治療への保障が充実しています。


主な保障内容は

  • がん入院保険金:無制限
  • がん通院保険金:最大1,000万円
  • ※がん診断保険金:100万・200万・300万円のうちいずれか
となっており、多くのがんほけんで標準保障となっている「がんと診断された場合」の保証は、追加で付帯するかしないかを選択できます。

がん保険はいわゆる「日額保障」といって入院1日あたりいくら、というように上限を設けている場合が多いですが、このがん保険は「実額保障(実損補填型)」となっており、実際にかかった治療費をそのまま保障してくれます。

また、保険の種類によってはどれだけ治療費が高額になっても、一度自分で立て替える必要があるタイプの保険がありますが、このがん保険の場合は保険会社が治療費を直接医療機関に支払ってくれるため、立て替える必要がありません

自由診療に関しては、たとえば
  • 子宮頸がんの治療薬:390万円以上
  • 腎細胞がんの治療薬:730万円以上
  • 尿路上皮がんの治療薬:5,150万円以上
あくまで一例ですが、これほど高額な治療費がすべて自己負担となる可能性がありますが、このがん保険に加入しておけばすべて負担してくれます。

自由診療になったときの高額治療費リスクに備えたい、と考えている方には特におすすめできるがん保険です。

30代男性・女性のがん保険が必要な理由を統計データから解説


がんという病気は「自分がかかるとは限らない」ことを理由に、コストをかけてまで保険で備える必要はない、と考えている方もおられるでしょう。


また、30代という比較的若い年代はリスクが低いので備える必要はない、と考えるかもしれません。


では、がんという病気に実際どれだけのリスクがあるのか、

  • 30代のがん罹患率
  • 30代のがん発症部位
  • 30代のがん治療費と入院日数
これらの点について説明していきます。

さらに詳しく知りたい方は以下のがん保険の必要性に関する記事をご覧ください!

がん保険は必要ない?不要な人、入るべき人を解説

①30代男性・女性のがん罹患率

まずは、30代男性・女性のがん罹患率を見てみましょう。


国立がん研究センターの「がん統計」によると、30代の性別ごとの罹患率は次のようになっています。



男性(%)女性(%)
10年後0.61.6
20年後2.25.6
30年後7.4
11.8
40年後21.720.7
50年後43.732.5


実は30代、40代でのがん罹患率は2%以下とかなり低い確率となっていますが、問題はその後であり、60代女性では10%を超え、70代では男女ともに20%超えと、5人に1人の確率でがんに罹患している計算となります。


では「50代になってから加入すれば良いのでは?」と考える方もおられるかもしれませんが、がん保険は年齢に比例して保険料が高くなりますし、そもそもがんに罹患してから加入することはできません


ですから、たとえリスクが低くても30代という比較的若い年齢からがんに備えることで、終身型のがん保険であれば生涯安いままの保険料で保障を受け続けることができます。

②30代男性・女性のがん発症部位TOP5

次に、30代男性・女性のがんにおいてどの部位が発症しやすいのかを、同様に「がん統計」から見ていきましょう。



男性(%)
30~34歳
女性(%)
30~34歳
1位大腸(上皮内)がん
6.451%
子宮(上皮内)がん
155.144%
2位大腸がん
5.038%
子宮頸(上皮内)がん
149.712%
3位白血病
4.505%
乳房(上皮内)がん
27.791%
4位結腸(上皮内)がん
4.079%
子宮がん
26.831%
5位悪性リンパ腫
4.052%
乳房がん
24.554%

※確率は人口10万人に対する数字


この統計を見ると30代男性は大腸がん、そして30代女性は子宮(体)がんおよび子宮頸がんの発症率が高くなっており、とりわけ女性の罹患率が男性よりもかなり高くなっています。


ちなみに「上皮内がん」は「悪性新生物(がん)」と異なりリスクが低いですが、がんが発生している部位を切除するなどの手術が必要となります。


60代や70代と比較すると雲泥の差ではありますが、少なからず30代でもがんのリスクは存在しています。

③30代男性・女性のがんの平均治療費と平均入院日数

最後は、がん平均治療費と平均入院日数を見てみましょう。


まずはがんの平均治療費ですが、どの種類のがんも入院日数は15~20日となっていますが、これは病状によって大きく異なり、長期化することも


次は入院日数ですが、データは厚生労働省「患者調査」に基づいています。



平均入院日数(日)
胃がん13.0
結腸・直腸がん11.7
肝臓がん13.0
肺がん13.3
乳房がん8.4


高齢になるととりわけリスクが高まるのは「肺がん」であり、国立がん研究センターの調査によると男性のがん患者のうち男性30%、女性5%が喫煙を原因とするようです。


喫煙率自体は年々低下傾向にありますが、30代では男性の33%、女性の11%が喫煙しているという統計があります。


喫煙をすることでただちに肺がんになるわけではありませんが、将来的な肺がんのリスクを高めていることは確実です。


実はがん保険においてもこの「リスク」は無視できない要素であり、喫煙者の方が非喫煙者よりも保険料が高くなる(割引が適用されない)ことがあります。

30代男性・女性が検討するべきがん保険の種類


がん保険と一口にいってもその種類はさまざまですが、選ぶ人のニーズに合わせた保険がたくさんあり、もちろん30代からおすすめできるがん保険の種類もあります。


そこで次からは、30代男性・女性におすすめできるがん保険について、

  1. 定期がん保険
  2. 入院給付金型がん保険
  3. 収入保障型がん保険
  4. 実損補填型がん保険
  5. 女性保険

これらの種類のがんほけんが、30代にどのようにメリットがあるのかを説明していきます。

①定期がん保険

定期がん保険は満期があるタイプのがん保険であり、定期的に保障内容を最新のものに見直したい方におすすめできる保険なので、あくまで短期で備えたい30代の方であれば終身型より定期型の方がメリットがあるでしょう。


多くの30代が定期型よりも終身型を選ぶ理由としては、定期型が将来的に「保険料が高くなる」のに比べて、終身型は「同じ保険料で保障が一生涯続く」という点がやはり一番の理由として挙げられます。


しかし、

  • 一時的にでも保険料が安い方が良い
  • 保障内容は最新のものに更新していきたい
  • 今選んだ保障内容が将来的に最善ではないことがある
このような考えを持つ30代の方には、終身型ではなく定期型のがん保険を選択できるかもしれません。

②入院給付金型がん保険

多くのがん保険は、がんと診断された場合の「診断給付金」およびがんで入院した場合の「入院給付金」が支給されるタイプの保険となっており、基本的に終身型のがん保険を選択したい30代の方はこのタイプを選択することになるでしょう。


入院給付金が支給されるタイプのがん保険は「日額型」ともいい、たとえば「入院一日あたり10,000円」というように支給額が決められています。


このタイプのメリットは、たとえ短期でも決められた金額が支給されるため、治療費よりも受けとる金額が高くなる場合がある、という点です。


また、保険によっては日額を変更することで、保険料を安くできることもあります。


くわえて、のちほど紹介する「実損補填型」では「終身型」を契約できないため、終身型がん保険を契約したい方は必然的に「日額型」を選ぶことになります。

③収入保障型がん保険

がん保険のなかには入院や通院に伴って会社を休まなければならなくなったときに、その間途絶える収入を保障してくれるがん保険(収入保障型)があり、入院や手術の費用だけでなく収入のサポートもして欲しいと考えている30代の方に向いています。


たとえばある「収入保障」が付帯できるタイプのがん保険では、

  • がん診断給付金(50万~100万円)が合計5回まで受け取れる
  • 入院・通院によりがん治療を行った月ごとに無制限で10万円を給付
これらの「治療+収入」保障により、たとえ無給状態でも治療に専念することができる、というメリットがあります。

④実損補填型がん保険

2番目に紹介した「入院給付金型」がん保険と対になっているのが「実損補填型」のがん保険であり、高額になる自由診療や先進医療に確実に備えたいと考える30代の方に向いています。


このタイプは満期が設定されている「定期型」のみであり、1日あたりの保障額を超えたら自己負担となる定期型とは異なり、かかった費用をそっくりそのまま保障してくれるという、明解で分かりやすいがん保険です。


がん治療に効果が期待できる「自由診療」は保険が適用されず非常に高額であり、費用が数百万単位になることもあります。


今後がんに罹患してそのような治療法が必要となったときに自費で支払うのは多くの方にとって非常に困難であるため、実費が保障される「実損補填型」がん保険にメリットを感じる方には特におすすめです。

⑤女性保険

数ある保険商品の中でも明確なターゲットがあるのが、文字通り「女性保険」として女性をターゲットとしたがん保険であり、女性特有疾病である「乳がん」や「子宮頸がん」の治療が必要となった際に手厚い保障を受けたい、という方におすすめです。


女性向けがん保険には、

  • 最初から女性特有のがん治療にも対応しているがん保険
  • 特約を付帯することで女性特有のがん入院時などに保障が手厚くなるがん保険
  • がんだけでなくその他女性特有疾病も保障してくれる、完全に女性向けの保険
このようなタイプがあります。

たとえばある「女性専用」の医療保険では、
  • 通常の病気やケガで入院:1日あたり5,000円
  • 女性特有のがんで入院:1日あたり5,000円+上乗せ分5,000円=合計1万円支給
上記のように、がんを含む女性特有疾病によって入院した際に、基本の保障額から上乗せされた保険金が支払われます。

▼おすすめの女性保険を知りたい方はこちら!

がん保険の選び方のポイント


ここまでは、30代におすすめできるがん保険について紹介してきましたが、実際にがん保険を選ぶ際に、どのようなポイントに気をつけたら良いのでしょうか。


最後に選び方のポイントについて、

  1. 診断給付金
  2. 月額保険料
  3. 女性特有のがん
これらの点を紹介していきます。

さらに詳しく知りたい方は以下のがん保険の選び方に関する記事をご覧ください!

がん保険の選び方|後悔しないための5つのポイントを保険のプロが解説

①診断給付金

多くのがん保険では、がんと診断された場合に「診断給付金」という一時金を受け取ることができますが、診断給付金の金額は保険によって異なっているため、受け取れる条件も含めて複数のがん保険を比較考慮する必要があります。


保険によっては、いわゆる「悪性新生物」の場合は100%受け取ることができますが、リスクが低い「上皮内新生物」の場合は診断給付金が半分になる、などの条件があります。


診断給付金の金額の大小は当然ながら保険料に影響するので真っ先に気になるかもしれませんが、金額よりも重要なのは「何回支給されるか」という点です。


「1年に1回まで」などの制限はあるものの複数回受け取れることが多いですが、1回しか診断給付金を受け取れない保険もあります。


あくまで「がんでの入院」に備えるだけなら診断給付金は1回だけでも良いかもしれませんが、再発するリスクも考えて終身型のがん保険にするなら、複数回受け取れる方が安心です。

②月額保険料

どれだけ保障が充実しているがん保険でも、それにより保険料が高くなり家計が苦しくなっては元も子もないので、保障と保険料のバランスを考えるべきです。

がん保険においてメインとなっているのはあくまで診断給付金や入院給付金といった基本保障であり、特約はあくまで付帯事項です。

ですから、まず家計から保険料にどれくらいのコストを掛けられるかを試算し、さらに自分が「必ず備えたいリスク」をリスト化しましょう。

必須でない保障のために保障は特約に加入したりして余計に保険料が高くならないように注意します。

ただし、非常に費用が高額になる「先進医療」に関しては、特約を付帯しても数百円で備えられるため、特約として加入しておくことをおすすめします。

③女性特有のがんや上皮内新生物も保障範囲かどうか

すでに紹介したように、がん保険には女性特有の「乳がん」や「子宮頸がん」と診断された場合に保険金が上乗せされるような「女性向け」の保障を受けられるタイプがあるので、必要に応じて選択できます。


特約として付帯できるタイプや、がんも含めたほかの女性疾病特約にも備えられる「女性向け保険」も用意されています。


また、いわゆる「がん」は

  • 悪性新生物:高リスク
  • 上皮内新生物:低リスク
この2つに分けられますが、たとえ命にかかわる危険性が低い「上皮内新生物」であっても治療が必要であることには変わらないため、可能な限り「上皮内新生物」も保障の対象に含まれているタイプのがん保険を選びましょう。

まとめ:30代はがん保険に備えはじめるべきタイミング


今回は30代で加入できるがん保険について取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。


医療が発達した現代においても、いまだに日本人の死亡率1位である「がん」に備えることは、30代という比較的若い年齢からでも決して早くありません。


保険によって異なる保障内容や保険料とのバランスを考えて、自分にベストながん保険を選択するために、マネーキャリアのような「プロに保険のことを相談できるサービス」などもうまく活用していきましょう。


ほけんROOMではこの記事以外にも役に立つ記事を多数掲載していますので、ぜひそちらもご覧ください。

ランキング