個人年金保険ALL

個人年金保険の必要性

個人年金保険の選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ

現在の日本では、老後についての不安は多くの方が持っているでしょう。30代では若い世代ですが、そろそろ、将来のことは考え始めておきたいものです。個人年金保険は30代から始めると、支払いも楽になりますし、メリットは豊富。個人年金保険の魅力を確かめておきましょう。

30代から考えたい個人年金保険による資産運用と備え

30代では老後のことなんかまだまだ、考えるの早いと思うかもしれません。しかし、現在は公的年金の支払いは対象年齢が高くなっており、定年退職と公的年金受給の間に、空白の期間が長く生じる恐れもあります。このタイミングを上手く解消するためにも、個人年金保険が役立ってくれるわけです。

退職金だけでは老後は不安

退職金が出ると、ある程度の期間は、それでなんとかやり過ごす事もできますが、なんだかんだで、意外と短期間でなくなってしまうケースも少なくありません。この点、個人年金保険を30代の間から積み立てておけば、ちょうど退職のタイミングでまとまった生活費を手に入れる事が可能になります。

普通預金よりも個人年金保険のほうがおすすめ

30代のうちから貯蓄することはとても大切なことです。しかし、貯蓄している場所が銀行の普通預金ではほとんど利息がつかず、また気軽にお金を引き出せてしまい、つい使ってしまうことがあります。

一方で、個人年金保険では、普通預金よりも利率が良く、途中でお金を引き出すと元本割れをするリスクがあるので気軽にお金を引き出すことができず、ほぼ強制的に貯蓄することができます。

老後の生活や年金に不安を感じたらプロに相談

「老後の生活が不安」


「将来の生活にいくらお金がかかるのか知りたい」


そんな方には、お金に関するプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



個人年金保険なら、30代のうちに始めておけば資産運用に繋がる

個人年金保険では、ほとんど0に近い金利の貯金に比べ、110%から130%の返戻率が期待できます。30代では更にアップが見込めるので、このため、資産運用という形では好ましい形と考えられます。単に貯金として貯めておくよりも、こちらの方に回しておいたほうが、その分、大きなリターンを考えられるでしょう。

掛け金や支払総額はニーズに応じて

個人年金保険は、生命保険会社を中心に多くのラインナップがあり、月々の掛け金や払込総額にかなりのバリエーションがあります。このため、個人年金保険にウェイトを傾けることも出来ますし、リーズナブルな掛け金で補助的に利用することも可能。30代で利用できる個人年金保険は豊富なので、ここが考えどきかもしれません。

死亡保険代わりにもなる

個人年金保険は、死亡保険の代わりとしても利用していくことが可能となってきます。死亡時には、死亡給付金が受け取れるタイプを選んでおくことで、万が一の際に備えることが出来ます。平均年齢を考えますと、30代では死亡リスクは低いので、その分、個人年金保険に重点を置くのも選択肢でしょう。

個人年金保険を30代で始めて60歳で受け取る場合の金額

具体的に、30代で個人年金保険を始め、60歳で受け取るという場合、どの程度の年金が受け取れるか見てみましょう。返戻率にもよりますが、振込総額1000万円の場合は、1200万円から1300万円程度が見込まれます。30代では長めに運用できるので、より大きなリターンが期待できるでしょう。


今後の生活


より大きくリターンを得るなら外貨も

近年は外貨建ての個人年金保険は多く登場しており、運用利率に加えて為替相場での利益が期待できるので、リターンを大きくしたい時には選択肢です。ドル建てなどで運用していきますので利率も高く、上手く行けば大きなリターンを考えられます。ただ、為替相場に依存することになるので、この点は注意です。30代では、まだまだこれから大きく稼げますから、外貨建ても併用して行くのも有りかも知れません。

安全に運用ならば円建て

出来るだけリスクの低い運用ならば、やはり、円で運用していく個人年金保険が安定感があります。利率の問題で、外貨建てよりは大きなリターンは考えにくいですが、逆に元本割れリスクなどは低減可能です。為替相場も直接影響はありませんので、地道にコツコツと運用したい時は、円建ての個人年金保険でしょう。30代からでしたら長期運用で利息を受け取りやすいので、円建てでも有利です。

年金の受け取り方は色々選べる点も魅力

年金の受け取り方も色々選べ、タイプに応じて特徴があります。短時間でまとめて受け取ったり、受取期間を長くしてその分、受取額を増やすことも可能です。また、終身タイプでは、存命中は受け取っていくことが出来るので、老後の生活を考える上では、このタイプも悪くないでしょう。

個人年金保険は早めの30代での加入が鍵

個人年金保険で多くのリターンを得るには、長く運用することが大切に成りますので、40代、50代から始めるとなると、どうしても返戻率は見劣りしてきます。このため、同じ掛け金でも30代から始めておくとリターンが大きいですから、この点でも、個人年金保険の加入にはいいタイミングとなります。

30代で入れる、おすすめの個人年金保険は

30代で加入可能な個人年金保険は多く、逆に、この30代で入れない場合は少ないと思います。この為、自身にあった掛け金や保証が用意されている個人年金保険を探しやすくなっています。自身にぴったりの個人年金保険を探すには、まず、各社のラインナップを確かめ、資料請求したりして、内容を確かめていくといいでしょう。

まとめ

個人年金保険が受け取れるのは老後の話にはなりますが、運用利率を考えると、出来るだけ早めの30代のうちには決断しておくのがおすすめです。30代では返戻率も高めですから、50代から始めるよりも少ない掛け金で目標の額を得ることも可能です。そろそろ、将来について考えてみようという場合は、30代のうちに、個人年金保険についてしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

ランキング

  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 個人年金保険の世帯加入率は23%ほど!年齢別、収入別に解説します!
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は老後の備えのために必要?ずばり解説します!