女性のがん保険は掛け捨てがおすすめ!貯蓄型との違いも解説!

がん保険は、がんの治療など経済的な負担をカバーする保険で、女性のがんに特化した保障内容が備わっているものがあります。女性のがん保険にも掛け捨て型と貯蓄型があり、掛け捨ては支払った保険料が戻ってくることはありませんが安い保険料で加入できます。

女性のがん保険は掛け捨てがお得!

20代や30代の女性でもがんになったという話がありますよね。


どうやら女性の場合は若い方でもがんになる確率が高いようです。


そうなると若いうちから「がん保険」に入っておくべきではないかと思いますよね。


ところでがん保険には「掛け捨て型」と「貯蓄型」の2種類があることをご存知でしょうか。


そして、一見お得感のない「掛け捨て型」の方が実はコスパが良いということもご存知でしょうか。


そこでこの記事では、女性のがん保険は掛け捨て型がお得なことについて


  • がん保険の「掛け捨て型」と「貯蓄型」について
  • がん保険の「定期タイプ」と「終身タイプ」について
  • 女性ががんになる確率について
  • 「貯蓄型」はあまりお得ではない理由について
  • がん保険は若いうちからがお得なことについて
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、女性ががん保険に加入することメリットと掛け捨て型のコスパの良さが理解できると思います。

是非最後までご覧ください。




がん保険には掛け捨て型と貯蓄型がある

保険には一般的に掛け捨て型と貯蓄型があります。

掛け捨て型とがん保険の貯蓄型の大きな違いは保険料ということになります。 


掛け捨て型は保険料は安くて済むという特徴があります。


貯蓄型は保険料が高い一方で、積立分のお金が含まれておりある程度貯蓄することができるというメリットがあります。


この仕組みは女性のがん保険でも同じようになっています。


この章では、女性のがん保険における「掛け捨て型」と「貯蓄型」の違いについて解説します。


掛け捨て型と貯蓄型の違い

まず掛け捨て型は支払った保険料が戻ってきませんが保険料が安いことがメリットです。


貯蓄型は掛け捨て型にくらべて保険料が高く、貯蓄の機能があり中途解約で解約金が受け取ることができます。


また、その貯蓄を利用して保険料の支払免除や資金の貸付を受けることができます。


一生涯保障という点では掛け捨て型、貯蓄型ともに変わりません。


それぞれ支払う保険料の違いと、それに見合った資金繰りのサービスの違いです。


さらに掛け捨て型には契約期間に応じて2つのタイプに分けることができます。


掛け捨て型の中に定期型と終身型がある

女性のがん保険の掛け捨て型には定期タイプと終身タイプがあります。


定期タイプは保障期間は限定され一定期間保険料を支払うことになります。


若いころは保険料が安く更新するごとに保険料があがります。 


終身タイプは保障期間が一生涯ということになり、支払う保険料はずっと変わりません。


また、死亡時の保険金は相続税の課税対象にならないというメリットがあります。


若い時は収入も少なく、保険料を抑えたいと考える人は定期タイプをされても良さそうです。


一方で、保険料が苦にならないのであれば終身タイプで加入すれば、一生涯安心できます。


掛け捨て型と貯蓄型のがん保険保険料比較

女性のがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の保険料を比較すると、掛け捨て型は若いうちに入ると保険料が安くなります。

貯蓄型は積み立て分のお金が含まれていることもあり、掛け捨て型より高くなります。 


掛け捨て型の場合解約しても解約金はほとんどありません。


貯蓄型は解約すると解約金を受け取れますが、それ以降がんの保障を受け取ることはできません。


保険も貯蓄も丸ごとお任せしたいという人には貯蓄型がお勧めできます。


一方で保険とは別に貯蓄を行うことができる人は掛け捨て型でも問題なさそうです。




男女性別のがん罹患率

次にどれくらいの人ががんになっているのか見てみましょう。

男性、女性によってがん罹患のリスクは変わってきます。

国立がん研究センターのデータを元に、男女別のがん罹患者数をまとめてみると、以下のようなグラフとなります。

がん罹患者数推移

がん罹患者数推移

男性、女性ともやはりがんになるというリスクは常にあります。


女性の場合は20代後半〜30代前半で、男性よりがんになる確率が高くなります。


男性と女性ではがんになる確率は年齢によって違いがあるのです。


女性は年齢が高くなると男性よりがんになる割合いは少なくなります。 


女性特有のがんは若くしても罹りやすい

次に、女性特有のがんに関して見てみましょう。


国立がん研究センターの資料を元に作成したところ、以下のようになっています。

女性のがん罹患者数推移

女性のがん罹患者数推移


女性のがんは、20代の半ばから子宮がんが乳がんを中心に大きく罹患者数が増えています。

総数は40代後半〜60代半ばが最も多くなっています。

女性のがんは年齢が高くなってもリスクはあるようです。


したがって女性はがん保険の加入を一生涯で考えておく必要があります。 




若いうちから掛け捨て型に入っておくべき

このように女性のがん保険は「一生涯加入しておくほうがよい」ということが言えます。

では、先ほど紹介した「掛け捨て型」と「貯蓄型」のどちらを選ぶべきなのでしょうか。

貯蓄型は解約の返戻金や満期時の給付金というメリットがあります。


貯蓄分を借金の担保にすることもできます。


しかし保険料が高くなることは、若くて収入の少ない時期や子育てにお金のかかる時期には重荷になってしまうかもしれません。 


当然ですが貯蓄型と言っても、払い込んだ保険料以上のお金がもらえることはありません。

したがってがん保険は保険料が安い若いうちから掛け捨て型に入っておくほうが良いということになります。


貯蓄型はあまり得じゃない

貯蓄型のがん保険は支払った保険料が全て返ってくるわけではありません。

支払った保険料の一部を保険会社が貯蓄しているので、その分だけ返ってくるのです。

利回りも一般的な預金とそれほど差はないと思われます。

さらに預金ほど自由にお金の出し入れができません。

したがって貯蓄型をするなら別の方法で貯蓄をしておくほうが効率的といえそうです。 


貯蓄型は独身で仕事が多忙などの理由で、家計の管理をする時間が無い人以外は加入する価値は低そうです。




まとめ:女性はがん保険の掛け捨て型に若いうちから入るべき

女性のがん保険は掛け捨て型の方がお得なことについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは


  • 掛け捨て型でも貯蓄型でも保障内容は変わらないこと
  • 貯蓄型は保険会社に貯蓄をしてもらう分割高になること
  • さらに終身タイプであれば一生涯保険料が変わらないこと
  • 男女ともに高齢になるとがんのリスクが高まること
  • 女性の場合は若い世代でも一定の確率でがんになること
  • 女性は若いうちから掛け捨て型の加入がコストパフォーマンスが良いこと
です。

現在、日本の女性は90歳近くまで生きる人が多くなっています。

その中で結婚や出産、育児や家事をしながら働き続けることが多くなります。

そんな多忙な生活の中でがんになるリスクとその対策は十分に考えておく必要があるでしょう。

この記事を読まれた皆さんは、是非がん保険の加入を検討されることを願っています。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が