海外旅行保険ALL

海外旅行保険!やっぱり入った方がいい理由ってなんですか?

海外旅行に行く際に入った方がいいとされる海外旅行保険。入った方がいい理由はどんなことのあるのでしょうか?病気や事故の他にも盗難やトラブルにも対応!あなたの海外旅行保険、加入する場所でちょっと損してるかも?クレジットカードの海外旅行保険だけで大丈夫?

海外旅行保険には入った方がいいの?

インターネットの普及に伴い、飛行機のチケットや現地の鉄道の切符も自宅で気軽に取れる様になり、これまであまり行くことのできなたった地方の都市なども容易に行くことができる時代です。

また、現地の治安状況もなども外務省のホームページやSNSを通じてわかる様になり、何度か行った場所であれば、海外旅行保険に入った方がいいかについて迷うこともあるかもしれません。


海外旅行する方が入った方がいいとされる海外旅行保険ですが、入った方がいい理由について見て行きましょう。



海外旅行保険の入った方がいいと言われる”必要性が高い”理由

海外旅行保険の必要性としては、主には海外での高額な治療費や救援費用とトラブルや事故のサポートなどが挙げられます。


また、盗難被害や飛行機の遅延による渡航トラブル時、ホテルや食事代といった補償もあります。


これらについてもう少し詳しく解説して行きます。


通常の健康保険は使えないため、医療費が”高額でも補償される”

まず、入った方がいい理由として海外の高額な医療費があります。


当然ですが、外国で日本の健康保険は使えませんので、海外の病院で治療を受けた場合、医療費を実費で支払う必要があります。


そもそも海外の医療費は日本に比べ高額なので、その負担も高額になってしまいます。

このようなリスに対し、海外旅行保険に加入していれば、高額な医療費の補償が可能になります。


多くの保険会社が対応しているサービスでキャッシュレスサービスがあり、その場で治療費の支払いをすることなく病院での治療が受けることが可能です。


また、ケガなどで動くことがままならない状況であれば、ご家族の方が救援に来ていただく状況にも対応できます。

怪我や病気の他にも、旅行に関するトラブルに日本語に対応可能

次に入った方がいい理由としトラブル時の日本語対応にあります。


現地では病気やケガと言ったリスクの他にも、様々なトラブルが想定されます。

何らかのトラブルに巻き込まれた際に日本語で対応してもらえます。


パスポートやクレジットカードを無くしたなど、すぐに対応する必要があるなどのとき、現地でどのようにしてらいいのかわからない場合など、日本語で対応してもらえるサービスがあるのは助かりますよね。

盗難被害や破損品の購入にも対応するサービスもある

そのほか、入った方がいい理由として盗難被害や破損品の購入の補償もあります。


旅行中の盗難被害や物品を購入して破損してしまった、壊れていたなどの損害を補償するサービスがあります。


旅行中にカメラなどの身の回りのものを落として、壊してしまったなど時に役立ちます。ただし限度額があるので、補償内容を確認しておいてください。


また、保険の対象にならないものとしては、現金や小切手、有価証券、クレジットカードと言ったものや、危険と判断されるスポーツの用具などがあります。


海外でサーフィンを楽しむ場合などは、サーフボードは保険の対象になりませんので、初めての方などは気をつけてください。その他、登山時に使用する用具なども同様です。


請求の際には、どこのブランドか、いつ購入したか、購入金額と言った内容が必要になり、領収書などの実際に購入したことがわかる証明が必要になりますので、何か購入した際には、領収書は大切に保管しおいてください。

飛行機の遅延による渡航トラブルも宿泊費や食事代の補償がある

海外旅行の際、気になるのが飛行機の運航についてですよね。飛行機が遅延したり、欠航となった場合、その後の予定に影響が出てしまいます。


そう言ったリスクの為に、航空機遅延費用特約があります。


例えば、出発時に搭乗する飛行機が6時間以上の遅延を起こしたり、欠航などにより搭乗できない、乗り継ぎの空港までの到着時から6時間以内に代替となる航空機の利用ができないなどが補償の対象になります。


航空機遅延費用特約は、主には宿泊施設の客室料、食事代。国際電話などの通信費、旅行サービスのキャンセル料や違約金、宿泊地への移動にかかる、タクシー、電車といった交通費などが補償されます。


保険金額は2万円程度になりますので、高額なホテルなどを利用したといって、その全額が補償されるわけではありませんので注意してください。

海外旅行保険に入った方がいいケースは

海外旅行保険は基本的には海外旅行される方の全てが入った方がいいのですが、特に入った方がいいケースとして渡航先の情勢が不安定な国や地域、また国によっては訴訟がとても多い地域に行かれる方は積極的に入った方がいいでしょう。


日本のように治安がいい国では想像しずらいですが、政治が不安定で情勢がめまぐるしい国もあります。そうした中では、昼まであっても危険な地域がありますので、万が一を考えると、海外旅行保険を強くお勧めします。


また、国によっては訴訟がとても多い地域があるので、弁護士費用補償特約のある海外旅行保険をお進めします。


外務省のホームページなどで掲載されている危険度の高い国に旅行される場合は、これらのリスクがありますので、ぜひ海外旅行保険に入った方がいいでしょう。

政治情勢の不安定な国地域に行くとき

まず、政情不安な国に渡航するには控えた方がいいのですが、もしそのような地域に渡航するのであればリスクなど知った上で、海外旅行保険に入った方がいいことをお伝えします。


海外の危険情報については、外務省の海外安全ホームページから各国の情報が確認できます。


政情不安な国では、犯罪やテロといったものに巻くこまれる危険性がありますので、万が一を考えると海外旅行保険も補償の手厚いものに入った方がいいでしょう。


また、海外旅行保険でも戦争、革命といった内容に対しては免責になります。テロ行為に対しは免責条項に当たるかの確認が必要です。


政治情勢の不安定な国地域に行くとき

  • 海外旅行保険の補償の手厚いものを選びましょう

訴訟がよく起きる国

国によっては訴訟が多い地域もあります。渡航先でなんらかの事故にあって、被害を受けた場合、示談交渉などをする必要があります。


示談交渉をご自分で行うとなると、その国の言語や事情に詳しくないと交渉が不利になってしまいます。そういった時、弁護士費用等補償特約があると安心です。


弁護士費用等補償特約は旅行中になんらかの事故にあってしまい損害を受けてしまい、賠償請求を行った時や、被害について弁護士に相談をした場合に利用できるもになります。


こちらの弁護士費用等補償特約は被保険者の故意または重大な過失による被害事故については保険の利用できません。


訴訟がよく起きる国

  • 弁護士費用等補償特約でトラブルに備えましょう

海外旅行保険は入った方がいいのは加入のしやすさもある

海外旅行保険の加入方法は昨今、多様化しています。旅行代理店はもちろんですが、インターネットやクレジットカードに付帯しているものもあります。また、出発直前の空港でも申し込むことが可能です。


このように加入方法が多様で、出発直前でも勘弁に申し込みが可能であることも入った方がいい理由の一つです。

インターネットで補償プランを検討し、申し込める

インターネットで申し込む場合、ご自分で事前にじっくり検討、比較した上で申し込みができることが特徴です。

比較サイトなどで、複数の保険の保証内容を検討したり、口コミなどを参考にしながら、その場で加入できるので便利です。


価格に関しては空港での申し込みと比べると、比較的リーズナブルな価格で加入できます。


また加入する際、クレジットで支払いをするとポイントが貯められるのも嬉しいですね。

出発直前の”空港でも”加入することができる

時間がなくて、旅行保険の加入手続きができなかった方も、空港で加入することが可能です。


空港では、窓口と自販機があり出発前の時間を利用して申し込むことができます。海外旅行保険の内容がわからなければ、窓口で説明を聞いてから加入できます。


海外旅行保険の内容がわかっていれば自販機で、さっと加入することも可能です。


空港での加入ですが、大体、セットプランになっているため、場合によっては不要な補償も含まれているため、必要な内容を検討できるインターネットの販売と比べると少し保険料が高くなる可能性があります。


とは言え、旅行中の安心ができるのであれば出発直前で少し高めでも入った方がいいですよね。

海外旅行保険に加入について知っておくべき注意点

全ての方が入った方がいい海外旅行保険ですが、知っておきたい注意点として、加入する場所とクレジットカードに付帯されている海外旅行保険に注意してみてください。


海外旅行保険の保証は自宅を出発してから旅行を終えて帰宅するまでになりますので、加入する場所によっては、ある区間は保証されないことになります。


また、カードのによっては、海外旅行保険が付帯しているカードがあり、わざわざ加入する必要もなくお得なのですが、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は保険金額が低く設定されていることがあり、保証が不十分な場合があります。


これらのことについて詳しく見て行きたいと思います。

海外旅行保険に加入した場所によって、”自宅〜空港は補償対象外”になる

海外旅行保険の補償は自宅を出発しから自宅に戻るまでになることは先ほどお伝えしましたとおりですが、空港で保険に加入した場合、自宅から空港の区間は補償されていないことになります。


もし、空港に向かう途中で事故にあってしまった場合、国内であっても保証の対象になります。


ちょっとのことですが、自宅を出発したときから補償されるのであれば、事前に入った方がいいですよね。



クレジットカード付帯の海外旅行保険は保証が不十分な場合も

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードでは、わざわざ保険に加入する必要もなく、補償もついていてお得なのですが、補償が不十分な場合があります。


このようなとき、クレジットカードの補償を補強する形で保険会社の海外旅行保険に入った方がいいでしょう。


一般的なクレジットカードは補償額が低く設定されているため、クレジットカードのみの補償では不十分な場合が多、特に病気やケガ、救援費用といった渡航先で一番重要になる補償は低く設定されています。


クレジットカードの保険と保険会社の海外旅行保険と組み合わせることで、傷害死亡・後遺傷害といった内容は合算されませんが、傷害治療費用、疾病治療費用、救援費用といった内容の補償は補償額が合算できますので、うまくクレジットカードの補償と組み合わせて、節約して行きたいですね。

まとめ:海外ではトラブルはつきもの、海外旅行保険の検討を

当然のことですが、海外では言語、文化、情勢など国内とは違うので気を引き締める必要があります。

よく知らない土地ではトラブルはつきものと思って行動することが大切です。


  • 渡航先の危険情報などは、外務省のホームページで出発前に確認しましょう。 
  • さまざまなトラブルに備えるためにも、海外旅行保険に入った方がいいでしょう。
  • クレジットカードに海外旅行保険が付帯されている場合は、内容を確認して不足しているものを保険会社の海外旅行保険で補いましょう。 
  • 事前に海外旅行保険に加入すると、自宅から空港の間も補償の対象になります。

渡航先のトラブルに海外旅行保険で備えて、海外旅行を楽しんできてください。

ランキング