海外旅行保険は世界一周旅行に必要!万全な補償で安心な旅を!

世界一周旅行が決まって海外旅行保険を検討する際「どのような補償を付ければいいのか分からない」という方は少なくありません。ここでは、世界一周旅行に必要な海外旅行保険の補償内容や、クレジットカードの海外旅行保険を利用する際の補償や注意点などについて説明します。

少しでも安い保険に入りたい、でも補償はしっかりしていて欲しいそんな世界一周旅行者のための海外旅行保険の情報まとめ

「世界一周旅行をしてみたい!」という夢を抱いている方は多いと思います。  

その夢を叶えるべく、これから世界一周旅行をするという方はまだ見ぬ世界に大きな期待と不安を抱いていることでしょう。 


期待に胸躍る反面、「病気になったらどうしよう」「スリや詐欺などの被害にあったらどうしよう」「高価なものを破損してしまったどうしよう」と不安な気持ちが拭いきれません。 


そういった不安を払しょくするためにも「海外旅行保険」に加入することをおすすめします。


医療費や損害賠償など全て実費でまかなえればいいですが、海外では日本では想像もできない程の高い金額を請求されることが多くあります。 


そのためにも、海外旅行保険に加入して「安心」を手に入れた上で世界一周旅行に出かけてみてはいかがでしょうか? 

世界一周に海外旅行保険は必須

「世界一周旅行に海外旅行保険は必要か?」と迷う方もいらっしゃいますが、すでに触れましたように海外では日本での想像を超える金額を請求されるケースが多くみられます。  


例えば、海外では健康保険証が使えませんので、もし医療費の高い国で入院・手術をすることになると数百万円請求されるケースがあります。 


また、高価なものを破損してしまった場合の損害賠償も日本での常識は通用しないことがあります。 


さらに、治安の悪い国や地域では、スリや詐欺が横行しているところもあり、被害にあう可能性は決して低くはありません。 


それらのリスクに備えるためにも、世界一周旅行には海外旅行保険への加入が必須といえます。  

世界一周バックパッカーが加入すべき海外旅行保険の補償内容

世界一周旅行に行く方が加入すべき海外旅行保険には、どのような補償項目があり、具体的にどのような補償内容となっているのかについて確認していきましょう。

世界一周旅行者に必要な海外旅行保険の主な補償項目

世界一周旅行者が加入すべき海外旅行保険は、海外でのリスクに備えた内容に特化した損害保険です。  

各保険会社から様々な海外旅行保険が出されていますが、主な補償項目は次のものです。


  • 携行品損害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 傷害死亡
  • 後遺傷害
  • 疾病死亡
  • 賠償責任
  • 入院一時金
  • 緊急一時帰国費用
  • 救援者費用 
  • 航空機遅延費用
  • 航空機寄託手荷物遅延費用 

以上が主な海外旅行保険の保障項目になります。 


世界一周旅行では様々な国に立ち寄ることになるため、予期せぬ事態に遭遇することもあります。 


必要最低限の補償は付けておくべきといえます。

世界一周旅行者に必要な海外旅行保険の補償内容

では具体的に世界一周旅行者に必要な海外旅行保険の補償内容についてみていきましょう。 
補償項目補償内容
携行品損害所持品が盗まれたり壊したときの損害額の補償
傷害治療費用ケガで医療機関を受診したときの治療費の補償
疾病治療費用病気で医療機関を受診したときの治療費の補償
傷害死亡・後遺傷害ケガが原因となり死亡・後遺症が残った場合の補償
疾病死亡病気が原因となり死亡した場合の補償
賠償責任誤って物品を壊したり、他人にケガをさせた場合の賠償金の補償
入院一時金病気・ケガで入院したときに必要な経費を補償
緊急一時帰国費用予期せぬ事態による緊急帰国の費用補償
救援者費用家族が日本から現地までに要する交通費や滞在費の補償
航空機遅延費用飛行機や航空会社のトラブルにより遅延した際の宿泊費などの補償
航空機寄託手荷物遅延費用飛行機が遅れて荷物を受け取れずに必要な生活用品を購入した際の補償

海外旅行保険は様々な商品が出されていますので、内容をよく比較しながらご自分の世界一周旅行にふさわしい補償のついたものを選ぶことが大切です。  

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険で世界一周できるのか

海外旅行保険は世界一周旅行に必要なものですが、保険料が高額になるというデメリットがあります。 

加入期間や条件にもよりますが1年間世界旅行に行く場合ですと平均15万円位かかるとみられます。 


そこでぜひ利用していただきたいのがクレジットカードに付帯されている海外旅行保険です。


世界一周旅行に行く方は支払いのためにクレジットカードを持っていかれると思いますが、このクレジットカードに海外旅行保険を付帯させると保険料を節約することができます。 


クレジットカードの海外旅行保険は2つのタイプがあり、クレジットカードを持っているだけで自動的に海外旅行保険に加入するタイプと、「利用付帯」といって旅行代金をそのクレジットカードで支払うと海外旅行保険が適用になるタイプがあります。




 

クレジットカードの海外旅行保険の補償内容は世界一周する上では、補償期間が3ヶ月と短い

クレジットカードの海外旅行保険を利用すれば保険料の節約になることは分かっても、世界一周旅行に必要な補償をカバーしきれるかどうか不安に思う方もいらっしゃることでしょう。 


実は、クレジットカードの海外旅行保険の補償内容は、海外旅行保険で絶対に必要とされる「携行品損害」「障害治療費用」「疾病治療費用」をはじめ「死亡・後遺傷害」「救援者費用」「賠償責任」などもカバーしています。 


保険会社から出ている海外旅行保険に比べると補償項目や最高限度額は少なくなりますが、それでも十分に必要な補償をカバーしているといえます。 


また、違う会社のクレジットカードを複数枚持つことで、より補償範囲を広くしたり保障額を上げることができます。 


ただしクレジットカードの補償期間は3ヶ月程度という問題があります。


世界一周旅行は3ヶ月以上の長い旅行になる場合が多いと思われるため、その後の補償について考える必要が出てきます。  

もし、世界一周の期間が1年を超えてしまったときの対処方法

世界一周旅行の期間を1年と予定して海外旅行保険を1年で加入したケースで、1年を超えてしまった場合の対処方法についてご紹介します。

一時帰国してクレジットカード付帯の海外旅行保険を復活させる

世界一周旅行が1年を超えてしまう場合、旅先から一時帰国してクレジットカードの海外旅行保険を復活させる方法があります。 


旅行出発時から利用したクレジットカードは基本的に3ヶ月程で期限が切れてしまいます。 


期限が切れる前に別のクレジットカードでタクシーなどの交通手段での利用をすると、その日から3ヶ月間新しいクレジットカードでの保険が適用されることになります。 


このように複数枚のクレジットカードの利用付帯で保険をつなげていくことは理論上可能ですが、あまり多くのクレジットカードを持ちたくないという方は多いです。 


そのため、一時帰国して再びクレジットカード付帯の海外旅行保険を復活させる方が安心ともいえます。 

海外渡航中でも加入できる海外の保険会社の海外旅行保険に加入する

もう1つ、世界一周旅行中に海外で加入できる海外旅行保険に加入する方法があります。  


日本では法律や規制により、海外旅行保険は出発前に加入していなければならないという縛りがあり、海外で途中から加入できる商品が販売されていません。 


しかし、海外では現地で途中から加入できる海外旅行保険があるため、一時帰国が難しい場合は検討してみるのもいいでしょう。 

まとめ

楽しく安全な世界一周の旅には海外旅行保険は欠かせません。  


保険会社から出ている手厚い保障の保険は補償内容が充実しているためおすすめですが、保険料が高いのが難点です。 


保険会社の海外旅行保険やクレジットカード付帯の海外旅行保険を上手に組み合わせて、ご自身が安心できる補償内容を確保することが大切です。 

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング