クレジットカードの海外旅行保険で利用付帯を適用させる条件とは?

クレジットカードの海外旅行保険には条件を満たした場合に適用される「利用付帯」というものがあります。ここでは、クレジットカードの利用付帯の海外旅行保険がどのような条件のもとで適用されるのか、また利用付帯にはどのような特徴があるのかについてご説明していきます。

クレジットカード付帯海外旅行保険の利用付帯の条件とは?

クレジットカードに付帯している海外旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」の2つのタイプがあります。  


自動付帯は、保険を適用させるために特別な手続きをする必要はなく、自動的に補償が付いてくるタイプのもので、クレジットカードの有効期限切れや保険請求をしなかった場合などを除き、必ず補償されます。 


一方、利用付帯は自動的に補償が付いてくるわけではなく、公共の交通機関を利用するなどの条件を満たす必要があります。 


ここでいう「交通費など」とは、旅行ツアー代金や飛行機・電車などの公共交通機関を利用した代金が該当します。 


ただし、レンタカーやマイカーの利用は対象外となりますので注意しましょう。 


仮にどんなに高額な補償が付帯しているとしても、それが利用付帯なのであれば、条件を満たさない限り保険金は1円も支払われないという悲しい結果となってしまいます。


利用付帯の海外旅行保険を適用させるためには、その名の通り「利用」すれば「付帯」できることになるため、条件をしっかりと押さえておくことが大切です。  

クレジットカード付帯海外旅行保険の利用付帯の適用条件は旅行パターンに大きく関係する

利用付帯の海外旅行保険を適用させるための条件は、ツアー旅行に参加する、または個人旅行をするなどといった旅行パターンに大きく関係してきます。  


どのような状況でどのように利用すればいいのか、利用付帯の特徴やとっておきの裏技について確認していきましょう。  

利用付帯のクレジットカードは持っているだけでは海外旅行保険の適用にならない

海外旅行保険を適用するにはクレジットカードをただ海外に持っていけばいいとうわけではなく、海外旅行に関する交通費などを旅行前に支払うことが条件になります。 


例えば、航空券を購入する際や、空港に向かう電車やバス、タクシーなどの交通機関を利用する際の代金をクレジットカードで支払えば条件を満たすことになります。 


ここを充分に理解していないとせっかくの補償が受けられなくなってしまうので注意が必要です。  

利用付帯の海外旅行保険の方が、補償額が高い傾向にある

海外旅行保険の自動付帯と利用付帯の補償額を比べてみると、利用付帯の方が高額な補償額が付帯されている傾向があります。  


やはり無条件で付いてくる補償よりも、支払いに利用した場合に付いてくる補償の方がより優遇されるといえます。 


自動付帯の補償では物足りなさを感じる場合は、利用付帯で海外旅行保険の上乗せ補償をしてより手厚い補償を得ることができます。 


お手持ちのクレジットカードに利用付帯のものがあれば、このように有効に利用できますので、適用条件を満たして賢く利用しましょう。 

旅行会社を利用して宿泊を伴う旅行の場合、利用付帯のクレジットカード適用条件が満たされる

「旅行会社を利用した宿泊を伴う旅行」とはつまりツアー旅行をさします。


航空機や宿泊先まであらかじめ決められているため、手軽に便利に楽しむことができます。 


特に海外が初めて、または不慣れな方はツアー旅行に申し込む方が多いと思います。 


旅行会社からはたくさんの海外旅行ツアー商品が販売されていますが、このツアー代金をクレジットカードを使って支払うと、海外旅行保険の適用条件を満たすことができます。  

自分で計画を立てた旅行で公共交通乗用具の支払いをクレジットカードで済ませた場合

ツアー旅行ではなく自分で旅行の計画を立てるという方もいらっしゃいます。 


海外に慣れている方、何度も海外へ旅行している方は自分の好みやスタイルに合わせて計画を立てることができます。 


その場合は飛行機代や電車・バスなどの公共交通機関の利用代金を利用付帯のクレジットカードを利用して支払えば、海外旅行保険の適用条件を満たすことができます。 


利用例としては次のものが挙げられます。 


  • 海外への航空券のチケット代金を支払う
  • 自宅から空港までの電車代などを支払う
  • 渡航先の地下鉄代などの交通費を支払う 

このように、利用の仕方は様々です。 


ツアーに参加する場合でも自分好みにカスタマイズした個人旅行でも、条件を満たせば色々な旅行パターンに合わせて海外旅行保険を利用できます。   

利用付帯の海外旅行傷害保険を適用させる裏技が存在する!

利用付帯を有効活用する方法として、「旅行中に海外旅行保険を延長する」という裏技があります。  


クレジットカードの海外旅行保険の補償期間はほとんどが90日間(3ヶ月程)とされているため、3ヶ月以上の海外旅行の場合は途中で補償が切れてしまいます。 


そこで、補償が切れる前にまだその旅行では利用していないクレジットカードを現地で利用して交通機関の支払いをすると、そこからまた3ヶ月間の補償を得ることができます。 


もしこの裏技が使えないと、補償が切れるたびに一時帰国をしてリセットし、また再出国するということを繰り返さなければならなくなるため、ぜひ知っておいていただきたい方法です。 

クレジットカード付帯海外旅行保険の利用付帯カードには2種類ある



クレジットカードの海外旅行保険が利用付帯であるものには、条件を満たすタイミングによって次の2つがあります。


  • 出国前に条件達成が必要なカード
  • 出国前後に関係なく条件を満たせばいいカード

では、それぞれについて確認していきましょう。  

 

①出国前に条件達成が必要なカード

海外に行く前に、クレジットカードで交通機関などの支払いをすることが条件となっているものです。 


出国前に条件を満たしていれば、補償は出発時から適用されることになります。  

②出国前後に関係なく条件を満たせばいいカード

条件を満たすタイミングが出国前でも後でも関係なく補償が適用されるものです。  


主にこれは先ほどご説明した、現地で補償期間を延長させるために利用されることが多く、補償が適用されるのは条件を満たしたその時からということになります。 

まとめ

よく「海外旅行に携行するのは自動付帯のものがおすすめ」と言われますが、利用付帯も効果的な利用方法があります。 

例えば、3ヶ月を超える海外旅行でも途中で補償を新たに得ることができますし、自動付帯に比べて利用付帯の方が高い補償が付いている傾向が多く見られます。 


しかし、利用付帯の保険を適用させるためには、「交通機関での支払い」という条件がありますので、その条件を満たしながら賢く利用していきたいですね。 


利用付帯の特徴や裏技などをよく理解して、よりお得にそして安全で楽しい海外旅行にしていただければと思います。 

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング