4歳からの学資保険は遅いのか?4歳からにもおすすめの保険を紹介

4歳からでも学資保険に加入したい方は多いですが、四歳からの加入は遅いと考える方も多いです。ただし、学資保険は4歳からでも5歳からでもおすすめできる保険商品(ソニー生命など)はあります。この記事では4歳から学資保険を検討する方へ教育資金の貯め方を解説します。

4歳からの学資保険を検討するのは遅くないの?

学資保険は子どもの教育資金を確実に貯められる保険として知られています。

子どもの将来のためにしっかりとお金を貯めておきたいですよね。

ですが、この記事を見ている方は「学資保険は4歳からでも加入できるのかな…」「学資保険は4歳から加入しても元本割れしないのか」などと悩みをかかえている方が多いのではないのでしょうか。

結論からいうと、4歳からでも学資保険の加入はまだまだ間に合います!

そのような方に向けてこの記事では
  • 4歳からでも学資保険加入はまだ間にあう
  • 4歳でも学資保険に加入する必要はあるのか
  • 学資保険は何歳まで加入が可能?
  • 学資保険以外の選択肢は?
の順で解説していきます。

学資保険は教育資金を確実に貯められる保険として知られています。

主に大学進学を考えて子どもの教育資金の確保を目的として加入する方が多いです。


貯蓄性はリスクが低いゆえにあまり高くはありませんが、加入しておけば強制的に貯金ができる点で評価されています。


何歳で学資保険に加入するのかは悩む所ですが、ここでは子どもが4歳の時の学資保険加入について考えていきましょう。

4歳からでも学資保険に加入する事はできる


3歳まで育児に追われ、4歳になり幼稚園や保育園などで保護者達との話をしながら改めて子どもの将来のために学資保険を検討し始めたという方も多いようです。


4歳で加入できる学資保険は多く存在します。


ただし、4歳で学資保険に加入するのはあまり得策ではない可能性があると、保険のプロは考えます。


その理由を探るために、まずは、学資保険の必要性を考えてみましょう。

4歳で学資保険に加入する必要性はあるのか?

学資保険は主に教育資金の確保を目的として加入する方が多いです。


貯金なら銀行でもと思う方がいると思いますが、銀行に預けるよりも学資保険の方が戻ってくるお金が多くなります。


また、契約者の親に万が一のことがあった場合も、学資保険が大きな助けとなります。


以下で

  • 払込免除特約
  • 学資保険の返戻率

について解説します。

親に万が一の事があった時に払込免除になる

学資保険には払込免除特約が付帯していることがほとんどです。

払込免除特約とは、契約者に万が一の事(死亡もしくは保険会社が定めた高度障害)があった場合、それ以降の保険料は免除となる特約です。


払込が免除となった後も学資保険の内容は契約通り続いていきますので、祝い金や満期返戻金も受け取ることができます。


契約者が父親・母親どちらかの収入が多いほうとなる場合が多いですが、収入が多い方が亡くなると、収入は減ってしまいます。


そこで、学資保険が契約通り進み、子どもが進学する時にまとまったお金が受け取れることは、とても心強い事です。

コツコツ子どもの教育資金を貯める事ができる

学資保険の良い所の一つ、強制的に貯蓄ができます。


毎月、同じ日に口座から引き落とされるため、確実に貯蓄ができます。


中には、銀行に自分の意志で貯蓄ができるという人もいるでしょうが、銀行ならば自分の意志で口座から引き落とすことができます。


ちょっとした誘惑や、迷いがあって銀行からお金を引き出してしまうかもしれません。


しかし、学資保険は手続きをしないと解約もできませんし、途中で解約してしまうと損をしてしまいますので、せっかく4歳からはじめた学資保険を解約を躊躇することになります。


貯蓄が苦手な方にも強制的に貯蓄をさせてくれるのでとてもお勧めです。

4歳から学資保険に加入するのは遅すぎるのか

学資保険に入ろうと思ったときには既に子どもは4歳になっており、「入るタイミングをなくしてしまった」と悩んでいた方は多くいらっしゃいますよね。


実は4歳からでも学資保険の加入はできますし、遅くはありません。


確かに0歳の時に加入した方と比べて貯蓄率は下がりますが、まだまだ加入を考えても良い時期です。


以下に具体的な学資保険のシミュレーションプランの説明をしております。


ぜひ参考にしてください。

学資保険に加入するのに4歳は決して遅くない

学資保険に加入するのに4歳は決して遅くはありません。

4歳から学資保険に加入しても返戻率も100%を超える学資保険もあります。

実際にある学資保険を例に見ていくと

  • 被保険者:4歳
  • 被保険者が17歳で払込終了
  • 契約者:男性35歳
  • 満期受取総額:205万円

以上に設定し、検索をかけてみると、


  • 月々の保険料:13,068円
  • 保険料支払い総額:2,038,608円
  • 返戻率:100.5%

となりました。


もちろん0歳から加入した方が4歳から加入した方よりも、月々の保険料は上がってしまいますが、元本割れをせず、受取金額と支払金額を差し引くと、11,392円も得をしていることになります。


子どもが4歳の今、家計の中から毎月13,068円を貯蓄できるならば学資保険を検討しても良いということになります。


学資保険を検討してもいいといわれても「本当に学資保険に入って失敗しないだろうか」と不安な方も多いと思います。


そのような方には保険の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)との無料相談をおすすめしています。何度でも無料で相談が可能でFPの質も非常に高いため好評をいただいております。 


ご興味のある方は下の赤いボタンから相談申し込みができます。ご自宅やお近くのカフェなどで相談可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

4歳から学資保険に加入するのでは返戻率が悪い

先ほどの例では、返戻率が100.5%になるということですが、実際のところどこの保険会社の学資保険でもこの程度の返戻率になります。

月13,068円を毎月払い続け、18年間の運用で11,392円増えるものの、資産の運用という観点からすると部が悪い運用になっています。


なので、ご自身に不幸があるリスクと自分ではどうしても貯蓄できないというこの2つのメリットがとても嬉しいという方以外はあまりお勧めではないと言えます。

4歳から学資保険に加入したい方向けのトピック

学資保険は保険会社によっては10歳程度まで加入する事ができます。


なぜ、子どもの年齢制限を設けている学資保険が多いかというと、学資保険の加入年数の少なさが大きな理由です。


加入年数が短いため、学資保険の特徴である返戻率が上がらず、元本割れをすることが多くなってしまいます。


他の個人向け国債であったり、満期が短い貯蓄型の保険などの方が本当におすすめの運用方法となり、販売する価値がないと保険会社も認識しているからです。


また、加入年齢が少ないために、月々の保険料も上がってしまいます。

しかし、4歳から考える学資保険は貯蓄の次に大事なところもあります。


4歳からの強みは保険料払込免除特約

返戻率は低く、元本割れをしてしまう可能性は高いのですが、契約者に万が一のことが起こった場合、保険料が免除になり、保障は契約通りに進んでいくところは大きな魅力であります。


また、保険以外でしっかりとした貯蓄をしているかたは、その貯蓄を使って学資保険に加入する方もいらっしゃいます。


4歳からの学資保険もこのような選択肢があります。

学資保険の加入は早ければ早い方が良い

学資保険の加入は、早ければ早い方が良いと聞きますが、では子どもが何歳から加入できるかというと、生まれる前から学資保険に加入できるのです。


生まれる140日前から加入できます

生まれる前から学資保険に加入できますが、それには条件があります。


まずは、妊娠の経過が順調であることです。


これに関してはどの保険でも言えることですが、保険に加入する時に健康でなければ保険の公平性に欠けてしまい、保険に加入できません。


そしてもう一つは、出産予定日から140日前から加入できるというところです。


出産140日前は、妊娠6ヶ月となります。妊娠6ヶ月と言えば安定期に入り、妊婦は、精神的にも肉体的にも安定し安心するころです。


この様に早い場合は子どもが生まれる前から学資保険を検討することができます。

ただし、4歳からでも加入できない事はない

上記にも述べたように4歳からの学資保険が加入できないわけではありません。


4歳から学資保険に加入しても元本割れをしない学資保険もあります。

実際にある学資保険を例に見ていきたいと思います

保険期間払込期間受取総額払込総額
返戻率
22歳11歳200万円1,914,108円104.4%
以上の条件で、月々保険料22,787円


保険期間払込期間 受取総額払込総額返戻率
22歳14歳200万円1,941,360円103.0%
以上の条件で、月々保険料16,178円


保険期間払込期間受取総額払込総額返戻率
22歳17歳200万円1,979,484円101.0%
以上の条件で、月々保険料12,689円


この様に4歳で学資保険に加入しても元本割れしない商品は沢山あります。

4歳からの学資保険が遅いということはありません。

4歳から学資保険に加入する以外の選択肢

以上の内容でも4歳からの学資保険でも条件が合わず、学資保険に加入したくない場合は他の選択肢を模索しなければなりません。

学資保険は優秀な貯蓄の手段です。しかし、手段の一つにすぎません。

貯蓄の方法は学資保険だけではありません。「学資保険は自分に合わないかも…」と思った方は他の貯蓄手段を考えることも非常に大切です。


4歳からの学資保険の代わりとなるような保険があるのかを調べてみました。

低解約返戻金型終身保険に加入する

低解約返戻金型終身保険とは、保険料を払込む期間に解約した場合、解約返戻金を低く設定しています。


しかし、解約返戻金を低く設定する代わりに、月々の保険料を安く設定しています。


低解約返戻金型終身保険は終身型・定期型とありますが、ここでは終身型に加入する前提で、低解約返戻金型終身保険で教育資金を準備すする場合の学資保険との違いを見ていきましょう。


低解約返戻金型終身保険

  • 子ども:4歳
  • 契約者:父親
  • 被保険者:父親

学資保険

  • 子ども:4歳
  • 契約者:父親
  • 被保険者:子ども
  • 保険期間:子ども22歳

払済年齢保険料受取保険料払込保険料総額
低解約返戻金型
終身保険
19歳13,188円200万円2,373,840円
学資保険17歳12,689円2,406,360 円1,979,484円

返戻率を比べてみると

  • 低解約返戻金型終身保険:101.3%
  • 学資保険:101.0%

とわずかに低解約返戻金型終身保険が勝っていますが、実は15年後の払い済みを設定した場合、返戻率はあまり変わらないということがわかります。


これを見るように4歳からでも両方の保険の加入は遅くないです。


また、この記事では紹介していませんが、ドル建て保険も学資保険の代替商品として有名です。以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

契約者の万が一の場合のその後が違う

学資保険と大きく違うのは、低解約返戻金型終身保険に加入する場合は父親本人になります。

低解約払戻金型終身保険は契約者が死亡すると、そこで契約していたまとまった保険金を受け取ることができます。


契約者の父親が亡くなってしまったので子どもの将来に解約払戻金を受け取ることはできませんが、一家の大黒柱を亡くした時にまとまったお金が受け取ることができるのは、心強いでしょう。


学資保険の場合、その後祝い金を設定した年になると契約通り祝い金を受け取ることができます。契約者の万が一の場合、その後の保険の状況が変わってきます。 

払込が終了した時の満期金・解約払戻金のその後が違う

学資保険の場合、払込が終了しても、お金は増えません。

低解約払戻金型終身保険は払込が終了してもそのままにしておけば、お金は増え続けていきます。


仮に、子どもの教育資金で必要なかった場合はそのままにしておき、子どもの結婚資金の為に預け続け、お金を少しでも増やすことができます。


この様に、学資保険の満期払戻金、低解約払戻金型終身保険の解約払戻金のその後が違います。


学資保険の他にも低解約返戻金型終身保険という保険が貯蓄性に優れていますね。それぞれ少しずつ違った特徴を持っています。


ここでは紹介しきれていませんが、定期預金やドル建て保険など、貯蓄をするための手段はほかにもあります。


自分で考えるには難しすぎるという方は保険の専門家に相談してみるものよいと思います。


保険とは一生涯付き合っていくものです。


子どもが大きくなった時に安心して子どもに好きなことをやらせてあげられるように今のうちから保険について真剣に考えてみましょう。


下の赤いボタンから保険の専門家(FP)に相談申し込みすることができます。無料かつ質の高い相談として知られており好評をいただいております。ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ:4歳からでも学資保険加入は遅くない

いかがでしたか?

4歳からの学資保険についてまとめてみました。


この記事の重要なポイントは

  • 4歳からでも学資保険の加入は遅くない
  • 4歳からでも遅くはないが、加入する時期は早ければ早いほうがいい
  • 貯蓄の手段は学資保険だけではない

でした。


4歳からの学資保険は決して遅くないこともわかりましたし、他の選択肢である低解約払戻金型終身保険もわかったと思います。


子どもの将来のためを考えると教育資金は確実に貯めておきたいですよね。


学資保険は確実に貯蓄ができるとても優れた商品です。


子どもが4歳からでなくとも、教育資金を早くから貯めることに越したことはありませんね。


教育資金を貯めるために学資保険を検討するのであれば早めをお勧めします。


ほけんROOMではほかにも役に立つ記事を多数公開しています。


ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 学資保険に入るなら妊娠中がベスト?メリットとデメリットを解説!
  • 小学生でも学資保険に加入!教育資金準備には終身保険という選択も
  • 学資保険に加入を考える場合、赤ちゃんのうちから加入しておこう
  • みんな知ってた?出産前から学資保険に加入することができること
  • 子供のいない夫婦でも妊娠出産前なら学資保険には加入できます!
  • 学資保険の払込期間、いつまでに保険料を払いきるのがお得なのか
  • 必見!学資保険はいつから加入するべき?そもそも加入するべき?
  • 学資保険には年齢制限があるため、加入する場合はお早めに!
  • 「子どもが3歳になりました」が、今更学資保険への加入は遅いのか?
  • 学資保険に加入する時期、子供が0歳と1歳での違いを比較した結果
  • 子どもに恵まれました。学資保険の加入する年齢のベストはいくつ?
  • 学資保険は何歳まで加入できる?学資保険の賢い加入時期を解説!
  • 10歳からの学資保険を調査!メリット・デメリットも調査しました。
  • 学資保険は子どもが0歳になる前から加入することができる!?