なぜFPへの相談が無料でできるの?おすすめの無料相談サービス紹介!

保険の新規加入や見直し時、そしてライフプラン設計の際にFPに相談してみたいという方も多いことでしょう。そこで、よく耳にする「FPへの無料相談」とは、一体どういう仕組みとなっているのか?そこで、気になるFPへの無料相談について解説します。

FPへの相談がどうして無料でできるのか?

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、保険、教育資金、老後の生活資金のために総合的な資金計画を立て、安心した人生設計の実現を目的に提案を行う有資格者のことです。


ご自分の人生プランに合った提案をしてくれるFPは頼りになる専門家ですが、その相談料が無料というのは非常にお得ですよね。


では、どうしてFPへの相談を無料でできるのか知っていますか?FP側はどのようなメリットがあるのでしょうか。何か裏があるのでは?と思っている方もいるのではないでしょうか。


そこで、この記事では「FPへの相談がどうして無料なのか」について、

  • FPへの相談が無料である理由
  • FPへ無料相談する際の注意点
  • FP無料相談とFP有料相談の違い
以上のことを中心に解説していきます。 

結論をいうと、FPの無料相談は大変有意義でありお得な安心できるサービスであり、

相談の質からみても、相談料のかかる有料相談よりはるかにおすすめなのです。 


ぜひ最後までご覧ください。


FPへの相談が無料である理由とは

専門家であるFPが無料でいろいろな相談に応じてくれるならば、こんなにお得なことはありません。


ではなぜ、FPへの相談を無料にすることができるのでしょうか?当然のことながらFPはボランティアではありません。


こちらでは、その理由について説明します。

保険会社などから手数料を受け取っているから

FPが相談者に無料で対応できるのは、まず保険会社等の事業者から手数料を受け取っていることが理由です。


保険会社側からすれば、こうすることによって、専門家が相談者へ保険商品を頑張ってアピールしてもらい、契約につなげることもできるからです。


ただし、この手数料の話だけを聞いて、怪しいと思っている方がいたら、少し考えてみてください。


「契約したら手数料をもらう」というのは、一見怪しいように見えますが、これは保険に限らず、色々な業界で見られるものです。


例えば借りる家を探すときにアパマンショップやエイブルなどで相談しますよね?

これらの会社は同様に、顧客が契約したら手数料をもらう形で収益をあげています。


「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくと途端に怪しいと思ってしまう方もいるかもしれませんが、無料で相談して別の会社から手数料を受け取る形は良くあるケースで、決して怪しいものではないのです。

相談者がまずFPのもとに話に来やすいよう初回だけ無料にしている場合もある

FP自身が集客力をあげるために、初回の相談を無料にすることが考えられます。特に資産の長期運用を目的とする場合には、それなりにお客はFPと長期の付き合いとなります。


そのため、何度も相談すればその分、受け取る相談料も増えることでしょう。つまり、初回を無料にしても十分報酬を得る機会はあるのです。また、長期でまとまった金額の資産運用で信頼されれば、例えば、年間数万円~数十万のコンサルティング契約をお客と結ぶことも可能になるでしょう。


ただし、この話だけを聞いて、2回目以降からお金をとるなんて騙してるのでは?、と思っている方がいたら、また少し考えてみてください。


1度目が無料で、2度目以降が有料、というのも、保険に限らず、色々な業界で見られます。


例えば、マッサージやジムなどで「無料体験」というのがありますよね。他にも、お子さんの塾で、「無料体験授業」など。ネットやアプリでいうと、「ここまでは無料で、これ以上の情報を見るには月額300円」というのがありますよね。


「無料」というワードを使って、1度目のハードルを下げるという手法は、よくあることです。これは私たちにとって嬉しいものですよね。無料体験会だけ通ってみて、「よかったら2回目も」、「だめだったらやめておく」、という判断ができるのは大変ありがたいです。保険の無料相談もそのような形で気軽に利用してみてもいいかと思います。


でも、それでも、2回目の相談を無理やり行わされるのでは?と不安になっている方もいるのではないでしょうか。


確かに相談員の方は営業マンですので、コミュニケーション能力に長けているのは間違いありません。そして2回目の相談をうまいこと提案してくる相談員の方がいるのは容易に想像できます。


しかし、この記事で紹介している無料保険相談サービスは全て1回目だけでなくそれ以降何回相談しても無料となっていますので、お金がかかる心配はございません。


もちろん、上記で説明したように、相談員は契約したときに保険会社から手数料をもらう形となっておりますが、押し売りするような相談員の方にはイエローカードを出すような形をとっております。また、1回相談した後に、別の相談員を変更することも無料で行なっていますので、その点はご安心ください。


2回目以降も無料のFP相談の予約は下のボタンから1分ほどで完了します。

FPへ無料相談する際に気をつけておきたいこと

FPへ無料相談する際に注意すべき点は、FPはボランティアで相談業務を行っているわけではないということです。


こちらでは、無料相談を受ける際に注意すべき点を解説します。

なぜ無料で相談ができるのかを理解しておく

無料で相談ができるのは、FP側もそれに応じるメリットがあるからです。それは先ほども説明したように、保険会社から手数料を得たり、2回目以降を有料にして稼いだりといった形です。(注:前述したように、この記事で紹介している無料保険相談サービスは、全て2回目以降何度相談しても無料です。


しかし、無料相談のFPは決して利己的な思惑のみから相談者を勧誘するわけではなく、無料で相談できるうえに保険料が安く抑えられる商品を紹介してくれたり、相談者に合った手厚い保障を選んでくれたりと、相談者にとって魅力的なアドバイスが得られることは事実です。

特定の保険会社しかおすすめされない場合は注意しておく

無料の相談窓口でFPに相談する場合、例えばことさら特定の保険会社の商品しか勧められないときは注意が必要です。


保険相談窓口は通常、複数の保険会社の保険商品について相談でき、取り扱い可能な保険会社・商品が多いほど比較検討でき、自分に合った保険商品が選びやすくなります。


FPが特定の保険会社から手数料をもらっているのか、それとも取り扱う保険会社・商品が少ないのか、いずれにしても、多数の商品を比較検討できないと、ご自分に合った保険商品が選び難くなります。


ただ、手数料の高い保険会社の商品をおすすめされるのは心配...と思っている方に、朗報です。


確かに、以前は手数料の高い保険商品がおすすめされるケースが多く見受けられましたが、実は近年ここに金融庁が介入し、そういった偏った営業を徹底的に弾圧するようになりました。実際、保険業法の内容も2017年に改正されました。


相談員もそういった営業をしていると発覚すると、会社から辞職を迫られることがわかっておりますので、現在はそういう被害は少ないでしょう。

住宅ローンの相談では事業者側にとって有益な回答をされる可能性もあるので注意

住宅ローンの場合にも無料の相談があるので気軽といえますが、手数料ビジネスである以上、ご自分に合ったアドバイスというよりは、事業者側にとって有益な回答をされるケースも想定されるのも事実です。(保険と違って、金融庁が介入しておりませんので、よりその傾向が強い可能性があります。


しかし、FPとしても顧客のためにしっかりとしたアドバイスができていないと、自分自身の評判が悪くなってしまうのもわかっていますので、良いFPであれば、親身に相談に乗ってくれるでしょう。

無料相談と有料相談の違いとは?有料相談はおすすめできない理由を解説

無料の保険相談サービスと有料の保険相談サービスに大きな違いがあります。


それは、「相談員が、保険を売る資格をもっているかどうか」です。


保険を扱うには、「保険募集人」という資格が必要です。有料の保険相談サービスは、相談員が「保険募集人」でないケースが多いのです。


そのため、多くの場合、有料相談では、保険ではない別の解決策を提示されます。例えば、「貯金を効率的にしていきましょう」「iDeCoで積み立てましょう」などです。逆に言えば、保険は入ったほうがいい場合でも、保険をおすすめされるケースは多くないということです。


仮にも保険に加入しましょうということになっても、その後に別の保険募集人の紹介を受けることになり、またそこから相談をする必要があります。


確かに、有料相談のほうが、「自分にあまり必要が無い保険へ加入を勧められるかもしれない」という懸念を感じずにすむという点ではメリットがありますが、


ただ、無料相談だからといって、見直しや加入をしなければならないと思う必要はございません。


無料相談サービスを受けた顧客のうち、実際に見直しや加入などをする顧客は、およそ30%程度です。相談員は最終的に断られることに慣れてますし、1回目の相談だけで満足して終了する顧客も多くいます


(ちなみにですが、保険を売ることのできる相談員が有料相談を行なっているケースも、まれにあります。しかし、結局は保険会社から手数料を受け取ることに変わりはありません。)


マッサージやジムなどの無料体験と同じくらいの気軽な気持ちで、1度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。予約は下のボタンからできます(目安:1分)。

FP無料相談サービス

無料相談サービスが受けられる保険相談窓口は、全国展開をしている事業者から地域に密着した事業者までたくさんあります。


こちらでは、FPの無料相談サービスが受けられる全国規模の保険事業者を紹介します。

保険見直しラボ

保険見直しラボは本社が東京にあり、支社が日本全国にある保険相談窓口の大手です。「株式会社Jリスクマネージメント」が運営し、無料の保険相談サービスを行っています。


○おすすめポイント

  • イエローカード制度がある:保険見直しラボではお客の立場で保険相談をおこなうよう徹底した指導が行われています。過剰な営業行為や失礼な対応があった場合には、コンサルタントの変更を行うため、安心して相談ができます。
  • プレゼントがある:保険を相談し、面談後のアンケート回答で漏れなくお米やオーガニックオイルのプレゼントがあります。

保険のビュッフェ

保険のビュッフェは、本社が東京にあり、47都道府県どこでも相談ができる保険相談窓口の大手です。「株式会社FPパートナー」が運営し、無料の保険相談サービスを行っています。


○おすすめポイント

  • 相談スタイルを選べる:ご自宅やカフェ等にFPが訪問する「出張型」と、相談者が来店する「来店型」があります。相談者はどちらかお好きな方を選べます。
  • ヤマダ電気でも相談できる:千葉・埼玉・東京・神奈川・兵庫・大阪のヤマダ電気でもビュッフェカウンターが設けられている店舗があります。お手軽に保険相談ができます。

保険マンモス

保険マンモスは、本社が東京にある「保険マンモス株式会社」が運営し、相談者にfpを紹介する無料の保険相談サービスを行います。47都道府県どこでも相談ができます。


 ○おすすめポイント

  • fpが訪問して面談:保険マンモスには店舗がなく、相談者の都合のよい日時で面談場所を決めることができます。
  • 有料の家計&保険相談もある:マンモスの提携fpの中でも、特にコンサルティング能力が高いfpを厳選して紹介する有料の家計&保険相談ができます。なお、相談を実施した後、相談者に不満がある場合は全額返金を約束しています。

FPに無料で相談することについてのまとめ

FPへの相談がどうして無料なのかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、FPへの相談がどうして無料なのかについて、

  • FPへの相談が無料である理由とは、ボランティアというわけではなく、保険会社等から手数料を受け取ることや、集客力をあげるために初回を無料にしているケースもあるが、決して怪しいものではなく、どの業界でもよくある形式である。
  • 無料相談と有料相談には保険を売れるかどうかの大きな違いがあり、無料相談のほうがおすすめ。

でした。


しかし、無料相談でも有料相談でも、FPが相談者へ専門的なアドバイスを行うことに変わりはありません。

ほけんROOM相談室の紹介!ベテランFPに無料で相談が可能!

最後にほけんROOM相談室の紹介をします。


ほけんROOM相談室は保険相談をお考えの方におすすめできるサービス内容になっています。 


具体的な特徴は以下です。 

  • 平均業界経験年数12.1年のベテランFPを紹介 
  • 相談者ごとに最適なFPを紹介できる 
  • 相談はもちろんアフターフォローも何度でも無料
  • 30社以上の保険会社の商品を比較して検討できる 
  • 全国47都道府県どこでも対応可能
    好きな場所で相談ができる 
  • 強引な勧誘な一切ない 

ほけんROOM相談室が紹介するFPの平均業界経験年数は12.1年と業界でも最高水準です。
 


事前のヒアリングでお聞きする情報をもとにお客様ごとに最適なFPを紹介することができます。 


 また、相談だけでなくアフターフォローも何度でも無料です。 


相談の際には、ベテランFPが30社以上の保険会社の商品の中からお客様の希望に沿った提案をいたします。 


全国47都道府県どこでも対応いたしており、カフェや自宅などご希望の場所で保険相談をすることができます。
 


なお、お客様が希望する条件にあった保険提案をもっとも重要視していますので、特定商品の強引な勧誘は一切いたしません。 


予約は、下のボタンから1分程度で完了します。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説