ブラックリストに載っても大丈夫!生命保険には加入できる!

ブラックリストは借入金の未払いや滞納によって信用情報機関に登録されます。しかし、この情報は生命保険加入に関しては問題にはなりません。生命保険とブラックリストでは重視する部分が異なるためです。それはなぜなのか。その点についてまとめてみました。

ブラックリストに載っている状態とは?

世の中にはブラックリストという言葉が広まっており、一般の方は忌避する存在として認識されています。


その中でも多くの方が金融機関にはそういった類の人が登記されているリストが現物として保存されていると勘違いされているでしょう。


しかし、そのようなリストはこの世に存在しません。


生命保険会社には過去の情報を記録として所有しているためそのようなリストが独自に作成されていることはあり得ますが、一般的な認識としてブラックリストとは個人信用情報に金融事故の情報が登録されている人のことを総称した呼び方です。


この情報は住宅ローンなどでよく利用されています。そしてこの情報は主に3つの機関が管理しています。


  • KSC(全国銀行個人信用情報センター) 
  • CIC(シー・アイ・シー) 
  • JICC(日本信用情報機構)

これらの機関に事故情報が記載されている場合はブラックリスト掲載者として扱われることになります。

その状態で初めてローン審査が厳しいものとなるわけです。


では、どうしたらブラックリスト掲載者となってしまうのでしょうか。


借金の未納や清算をすると、ブラックリストに載る

ブラックリストに載る場合は大きく分けて2種類あります。

一つが借金や借入金など債務に対する未納です。

もう一つは債務の清算によって掲載される場合です


債務に対する未納が61日以上経過したり、3か月連続で債務への支払が延滞状態になると機関は金融の自己記録情報として掲載されてしまいます。


また、自己破産などで債務への支払い能力がないと認められた場合は債務は清算されますが支払能力なしというレッテルを事故情報として保管されてしまうことになります。


しかし、過払い金請求などをしてすでに借金が0、つまり残債がない状態であれば事後申告でもブラックリストから削除されることになります。


つまり、ブラックリストに載るとローンなど自分の持っている現金以上の購入はできなくなるため債務つまり借りているお金の未納や延滞は避けましょう。


また、もしかしたら過払い状態かもしれませんので一度法律事務所などに相談するとよいでしょう。

保険料を滞納してもブラックリストには載らない

ここで少し気になることとして生命保険とブラックリストとの関係です。

生命保険は毎月の保険料を支払うことで保障をしてもらえるものであり、また生命保険は積立型の場合では満期金として保険料を変換する契約でもあります。

この生命保険の保険料というものもブラックリストに関係しているのでしょうか。


つまり生命保険の保険料も一種の債務として考えられ、未納や延滞をすることでブラックリストに掲載されるのでしょうか


もし、生命保険がそのような関係を持つとすれば毎月支払う保険料に対してもっと警戒しなければならなくなります。


何せ生命保険の支払ができないからクレジットも使えませんということになってしまったら、それだけで家計への負荷がかなり重くのしかかることになるためです。

保険料を滞納しても保険が失効するだけ

結論から言うと、保険料の延滞や未納によって先ほど挙げたような機関によって事故情報として登録されることはありません

保険料は生命保険の保障を受ける権利のために支払うもののため債務のような強制力をもって支払者および契約を拘束することはできません。

ただし、保険料の滞納や未払いは生命保険の契約者としての権利を失うことを意味します。そのため、生命保険の未払いや滞納はその生命保険の契約を打ち切られても文句が言えない状態となります。


つまり、保険料を延滞もしくは未納しても生命保険の契約が失効するだけです

だからと言っても生命保険の契約が切れるというのは好ましいことではありません。


ブラックリストに載ることはないとはいえ、それまで積立ていたものはすべてなかったことになるので満期金を老後の生活の中に組み込んでいる場合は一気に負担が増えるためです。

ブラックリストに載っていても生命保険には加入できる

次の生命保険とブラックリストの問題として加入の問題が残ります。

ブラックリストに掲載されることで生命保険の加入審査に不利になることはあるのでしょうか


もし、ブラックリストに載ることで生命保険への加入審査が不利になるということは生命保険会社は加入審査の際に個人信用情報を取り寄せその人の支払い能力を審査することになります。


これは加入者の身体の健康状態と支払い能力を見極めて加入の如何を決めるということになりいかにも正しい状態のように思えます。


しかし、これが通用するということは生命保険というものは相手が健常者で健康的な人間でも金銭的理由のみで加入を断ることもあるということになります。


これではいざと言う時の保険金を支払う危険性が少なく、運用できる資金を安定的に供給してくれる顧客を見逃す不自然な仕組みになってしまうでしょう。

生命保険会社側が個人信用情報を照会することはない

借金を抱えることで生命保険の加入審査が不利になることはありません。生命保険では事前に調べておく項目に問題が無ければ加入審査には問題がありません


保険を申し込む際には氏名や住所などの個人情報や職業についての情報、また現在の健康状態や既往症についての項目が書かれた用紙に記入して申告します。


対してキャッシングなどの利用については限度額の設定や借入の有無または借入総額についての記載があり、この情報は自己申告と信用情報機関への確認により審査が進められます。


さらに借入の総量規制(年収の1/3までしかキャッシングできない)があるため金融審査は過敏な状態にあります。


保険はブラックリストに載ることもなく、借入情報の記載を求められるわけでもありません。


加えて信用情報機関への問い合わせもせず、単純にその人の健康状態についてを審査します。


保険会社は支払えないとわかれば契約破棄ができるので借入情報には何ら価値がないのです。そのため、ブラックリストに載っていようとも生命保険には加入できることになります

過去に保険の契約違反があった場合は断られる可能性も

ただし、生命保険を契約違反として解除されたことがある場合は加入を断られる場合もあります

これは金銭的な問題での加入拒否ではなく預かる保険料の運用ができず保険会社の経営上負債を抱えるリスクが著しく高いためです。

ブラックリストに載っていても生命保険会社から借金できる

生命保険会社には契約者貸付制度というものを推奨しているところが多くあります。これはいわば生命保険会社から借金をすることができる制度です。


実はこの契約者貸付制度というものはブラックリストに載っていても利用することができます。これはいったいどういうことなのでしょうか。なぜ、借金をしている人が新たに借り入れができるようにしているのでしょうか。

契約者貸付制度とは?

契約者貸付制度とは契約者本人が所定の手続きをすることで借入時点で積み立てられている解約返戻金の70~90%の金額を借りられる制度です。

つまり、すでに積み立てているお金を先にお支払いしますよという制度のため仮に借金が返せなくともすでに保険会社は損をすることがありません。


そのため、契約者貸付制度はブラックリストに載っていても利用することが可能なのです。

まとめ

生命保険とブラックリストはあまり関係がありません。

しかし、保険料や借入金は期間内に返済しなければ、後に制約がきつくなり首が回らない状態を作り上げてしまうので早々に返済が終わるようにしましょう。


ただし過払い金は出てくる可能性があるため支払いを終える前に残債の確認もお忘れなく

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 生命保険、加入していますか?生命保険の加入率が気になる方必見!
  • 自己破産後に生命保険に加入できるか?契約者貸付制度についても解説
  • 終身保険への加入年齢は若いほど良い?お得な活用方法をご紹介!
  • 何個も契約して大丈夫?生命保険を複数加入するメリット・デメリット
  • 保険が効かない!?生命保険保険料の滞納で起こる問題とその解決法!
  • パーキンソン病の場合加入できる生命保険はあるのか?保険金も解説
  • 生命保険は無駄?加入する前に確認したい公的医療保険と共済を解説
  • 保険会社が破綻しても大丈夫!生命保険契約者保護機構を徹底解説!
  • 「生命保険をやめたい」面倒な手続きにならないためのポイント紹介!
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説