生命保険を解約しても再契約できる?その方法や注意点を知っておこう

万が一の際の保障として生命保険に加入している人は多いですが、何らかの事情で解約したもののやっぱり生命保険が必要だったと気付いて再契約を希望することもあります。解約した保険を再契約することは可能なのか、どんな注意点があるのかを理解しておきましょう。

目次を使って気になるところから読みましょう!

生命保険は一度解約した保険を再契約できるのか

一度解約してしまった生命保険を再契約できるのか疑問に感じる人も多いでしょうが、結論から言えば元通りの契約に戻すことはできません。

保険料の支払いを滞納して生命保険が失効していた場合は、滞納分を支払えば契約を復活させることもできますが、自分で解約した契約をそのまま再契約することはできません。 

生命保険を再契約するにはリスクを伴う

解約した生命保険を元に戻したいと考えても、基本的には戻すことは不可能です。


このため、新たに同じような保障内容の生命保険に加入する形で再契約することになるのですが、これには大きなリスクが伴うので注意が必要です。


どんなリスクやデメリットが存在するのか事前に分かっていれば、安易に解約したり再契約を希望して悩むこともありません。


さらに生命保険の契約内容によっては解約しなくても問題を解決できる可能性もあるので、解約や再契約についての知識を持っておきましょう。 

保険料が割高になる

生命保険の再契約を目指す場合、解約してしまった契約の保険料がそのまま引き継げるわけではありません。

新しく生命保険に加入するため、その時点での健康状態や年齢を元に保険料は新たに算出されます。


このため以前の生命保険より当然保険料は割高になりますし、前回の契約から再契約までの期間に病気にかかっていたりすれば、さらに保険料負担が大きくなります。 

健康状態によっては契約できない

再契約というと元通りの契約に戻すというイメージがありますが、生命保険を解約した場合は再契約することはできません。

再契約とは言っても新たに契約し直すことになるため、その時点で健康状態に問題がある場合は契約を断られる可能性もあります。


仮に再契約することができても、健康上不安が残る部位については生命保険の保障範囲に含んでもらえないこともあるので注意が必要です。


健康状態に不安がある部位は特に保障しておきたいものなので、それをカバーしてもらえないというのは大きなリスクだと言えます。 

解約しなければ再契約をする必要はない

一度生命保険を解約してしまえば再契約は不可能だと述べましたが、そもそも解約しなければ生命保険の再契約を考える必要もありません。

解約返戻金が必要だったり保険料の支払いが難しいなど解約したい事情は色々とあるでしょうが、再契約のリスクを考えて安易に解約するのは避けましょう。 

解約せずに生命保険の負担を減らす方法

生命保険の解約を考える場合、保険料の負担が辛かったり一時的に現金が必要になるなど様々な理由が考えられます。

実はそういった問題を解決するための方法はいくつもあり、生命保険を解約せずに負担を少なくすることも可能なのです。


再契約するよりも遥かに簡単で便利なので、この方法をまず試してみた方が賢明です。 

保険料を減額する

もし生命保険の保険料支払いが難しいという理由で解約を希望する場合、無理なく支払える範囲まで保険料を引き下げることもできます。

保険金額を引き下げるなど契約内容を見直せば、その分保険料を削減することができます。


再契約しても保険料が高くなって結局負担が大きくなってしまうだけなので、現行の生命保険を見直すことから始めましょう。 


生命保険解約の理由についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

特約だけを解約する

生命保険は主契約である死亡保険金などとは別に、入院給付金などの特約を付加するケースもあります。

実は特約の方が保険料が高いことが多いので、死亡保険金の保障はキープしたまま保険料を減らしたいのであれば特約だけを解約すると効果的です。


再契約すれば特約はおろか主契約にも加入できない可能性もあるので、万一の際の保障を維持したい場合や保険料を大きく減らしたい場合はこの方法が最適です。 

解約返戻金の契約者貸付

生命保険は、契約によっては解約することで解約返戻金という一時金を受け取れるものもあります。

何らかの事情でまとまった現金が必要になった場合、もったいないとは分かりつつも生命保険を解約せざるを得ないこともあります。


このような場合は、解約ではなく契約者貸付というサービスを利用するのが効果的です。

契約内容や契約年数などによって金額は異なりますが、解約返戻金の範囲内でキャッシングのように貸し付けを受けることができる制度です。


解約返戻金の範囲内ならいくらでも借りることができ、利息は発生しますがきちんと返済すれば生命保険を残しつつ必要な現金を得ることができます。


いつまでも借りて良いわけではなく、所定の期日に返済する必要があるので、利用する際にはしっかり内容を確認しておくことが大切です。 

まとめ

このように、生命保険を安易に解約してしまうと基本的に再契約することはできません。

どうしても再契約したい場合は新しく契約し直すことになりますが、その際にはデメリットが大きくなるので注意しておきましょう。


再契約するくらいなら最初から解約しない方が良いのは明らかなので、保障内容の見直しや契約者貸付制度などを利用して、解約せずに問題を解決できないか検討してみましょう。 


生命保険解約のタイミングについてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング