養老保険に加入するにはシミュレーションが一番大事になる理由とは?

昔の人たちから養老保険を進められたことはありませんか?貯蓄性のある養老保険に加入するにはしっかりとしたシミュレーションをしなければ後で後悔する可能性があります。養老保険を理解し、しっかりとしたシミュレーションを重ねて養老保険を検討しましょう

養老保険に加入したときをシミュレーションしてみよう!

養老保険と聞いたことはあるが、実際どのような時に加入しなければいけないかご存知ですか。

老後の貯蓄や保障などと漠然にはわかっていても、加入のタイミング、予算や目的などわからないことも多いはず。

ここでは、実際に養老保険に加入した時のシミュレーションを見ていきましょう。

養老保険とはどんな生命保険なの?貯蓄と保障の両方を兼ね備えた、貯蓄型の生命保険


養老保険とは、貯蓄型の保険でありながら、さらに保障も兼ね備えています。

貯蓄性がある保険は経済状況に左右されやすいので、現在、日本はマイナス金利政策のため、貯蓄性の保険は、良いとはいえません。

だからこそシミュレーションが大事になってきます。

自分の保障をしながらお金を貯めることができるところや、満期が設定されているために計画的にお金を貯めること、強制的にお金を貯めるには良い保険といえます。

一昔前は、養老保険などの貯蓄性のある保険の返戻率が高く、バブル期の養老保険はお宝保険とも呼ばれています。

養老保険は貯蓄型の生命保険のため保険料が高い!

養老保険の保険料は高いのも事実です。

しかし、貯蓄性のある保険は月々の保険料が高くなりがちなのは養老保険だけの話ではありません。

養老保険の考え方は、貯蓄をしながら、ついでに保障がついているという考え方が良いでしょう。

満期を見据えてシミュレーションをして、月々いくらの保険料を納めれば目標の金額に達成するかを考えて月々の保険料を決めていきましょう。

無理なシミュレーションをすれば保険料は高く感じますし、無理のないシミュレーションをすれば、保険料を高いと感じることはありません。

あらかじめ“満期”が定められているため、保障も一定期間で終了する

養老保険のをシミュレーションする際に、デメリットな部分でもある保障の終了。

終身保険は保障が一生涯続きますが、終身保険とは違い、満期が定めてあるため、満期を迎えると保障が終了してしまいます。
満期後に新しく保険に入るのは、難しいと思われます。(年齢が若ければ別)

養老保険のデメリットな部分といえるでしょう。

契約終了時に満期が訪れた場合、満期保険金を受け取ることが可能

満期を迎えると計画通り満期保険金を受け取ることができます。

現在の養老保険ではあまり期待できない部分ではありますが、必要以上の特約を付けなければ支払った保険料総額以上の満期保険金が受け取ることができます。

計画を立て、シミュレーションを重ねて養老保険に加入した人は、契約通りお金を貯めることができていることでしょう。

貯蓄型の保険だけど満期保険金と同額の死亡保険金が受け取れる!

養老保険の被保険者に万が一の場合(死亡もしくは保険会社が定めた高度障害)の時には、保険金が受け取ることができます。

受け取ることのできる金額は、満期保険金と同額であることがほとんどです。

養老保険は仕組みによって、3つの種類がある!加入した場合をシミュレーションしてみよう

計画的にお金を貯めるならば良い保険になる養老保険ですが、大きく分けて3つの種類に分かれます。

それぞれのシミュレーションを見ていきましょう。

普通養老保険:一般的な養老保険の種類

一般的な養老保険で、加入時に決めた保険金が万が一の場合も、満期になった場合もその金額が受け取ることができます。

シミュレーションのポイントは、何の目的でお金を貯蓄するかというところと、いくらお金を貯めたいのかというところになるでしょう。

お金を貯める目的が、老後の貯金なのか、子どもの結婚資金なのか、退職金の足しになればでもよいと思います。

目的のシミュレーションができれば、貯蓄の目標も立てやすくなります。

貯蓄の目標ですが、例えば高めの貯蓄目標のシミュレーションしたとき、月々の保険料は高くなってしまいます。

養老保険だけではありませんが、貯蓄性のある保険は途中で解約することが一番損をしてしまいます。

貯蓄の目標と、月々の保険料をしっかりとシミュレーションして、無理のない月々の保険料ならば、養老保険もよい保険となるでしょう。

定期付養老保険:養老保険に定期保険特約を付属して、契約期間中の死亡保障を強化させた保険

定期付養老保険とは、養老保険に定期保険特約を付帯させた養老保険のことをいいます。


定期保険特約とは、被保険者に万が一の事があった場合の保障をもっと手厚くするものです。


保障をシミュレーションしたときに、養老保険だけの保障では不安な方に向いています。


しかし、特約を付帯させた場合、月々の保険料も上がってしまいますので、シミュレーションする際に注意しましょう。

生存給付金付養老保険:契約途中で祝い金を貰えるメリットがある保険

生前給付金とは、数年おきに生前給付金という金額を受け取ることができます。


金額は保険金の割合で決まっていることが多いです。


こちらもシミュレーションする場合は、月々の保険料を考えることに変わりはありません。

生前給付金を付帯させることも保険料の増加につながります。


途中で、お金が受け取ることができたとしても、月々の保険料に行き詰っては養老保険は損をしてしまいます。


シミュレーションをしてみて、保険料に無理がなく、途中で受け取ることのできる給付金に意味があれば、生前給付金付養老保険を考えてみてもよいでしょう。

もし加入する場合、養老保険の支払い方法などシミュレーションして考えてみよう!

養老保険を考えるとき、最終的にはシミュレーションが大事になってきます。


満期が決まっている保険ですので、満期を迎えた時のお金の使い方をしっかりと定め、その目標の金額に対し、いくらの保険料を支払わなければならないのか、しっかりとシミュレーションをし、無理のないシミュレーションが大事になってきます。

加入する前に、今一度シミュレーションしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

養老保険がどのような保険か、良くわかったのではないでしょうか。

養老保険は加入する目的がしっかりとシミュレーションされていないと、加入しても意味がない保険になりかねません。

しっかりとシミュレーションして養老保険に加入しましょう。

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング