生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

生命保険料控除と、ふるさと納税の関係について解説します!

会社員の方であれば年末調整で生命保険料控除を受けると思います。さらに最近はテレビなどでもふるさと納税が大きく取りだたされ、実際に寄付をされた方も多いと思います。今回は、生命保険料控除とふるさと納税の関係性について、解説します。

生命保険料控除とふるさと納税の関係について解説

サラリーマンの方であれば、毎年年末ごろにかけて年末調整を行い、所得控除を行うかと思います。


生命保険に加入されている方は、毎年10月下旬ごろに加入している生命保険会社から「生命保険料控除証明書」が送付されてきて、それに記載されている年間の保険料と受取人を確認して、年末調整や確定申告を行います。


一方で、最近話題の「ふるさと納税」。


これはもういうまでもないと思いますが、自分で寄付をしたい自治体を選択し、その寄付金に応じた自治体の特産品などが送られてくる制度になります。


これも、年末調整や確定申告で税金の控除を受けることができます。


いずれの制度についても、これから詳細を解説していきます。

生命保険料控除とは?

まず、生命保険料控除についてご説明します。


生命保険料控除とは、生命保険や医療保険、がん保険、個人年金保険などの保険料を支払っている場合に、一定額の所得控除を受けることができ、結果所得税と住民税が安くなる制度です。


正確には、新契約(平成24年1月1日以後に締結した保険)と旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険)で分けられており、それぞれ控除の上限額や控除の種類などが異なります。


会社員の方であれば年末調整、自営業やフリーランスの方は確定申告することで控除を受けられます。


詳しくはこの記事のなかで説明します。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、納税という言い方ですが、地方自治体に寄付することで、地域創生に参加できる制度です。


自分の生まれ故郷だけでなく、自分の好きな地方や好きな地方自治体に寄付ができ、さらにそのお礼として、その地方の特産品(牛肉や果物、家電など)をお礼品として受け取ることができます。


お礼品の豪華さが競争となってしまっている問題を受け、寄付金に対して3割に相当するものしかお礼品として出せなくなったということもありますが、いずれにせよ本来税金として取られる金額を支払うことで、3割相当のお礼品を受け取れ、さらにはそのお金は税金と違って、しっかりと地域活性など具体的なところにお金が使われるので人気を集めています。


ふるさと納税の流れは以下のようになります。


  1. 寄付を地方自治体に行う
  2. ふるさと納税先団体からお礼品が届く
  3. しばらくすると、寄付を証明する「寄附金受領証明書」が送付されてくる

そして、ふるさと納税を行なった後に、確定申告の手続きを行います。


所得税の還付や住民税の控除を受けることができ、自己負担額を実質2000円にすることができます。


また会社員の方は確定申告ではなく年末調整でも控除を受けることができるワンストップ特例制度もはじまっています。


ワンストップ特例制度の内容については、のちほどご説明いたします。

生命保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「生命保険について1から知りたい!」「生命保険って実際は必要なの?」


自分にもしものことがあった場合に、残された家族のために備える生命保険。


しかし、「自分に合った生命保険を選びたいけど、選ぶときのポイントが分からない」


「営業マンの言う通り保険に加入したけれど、保険料の負担が大変で、どこを見直せばいいのか分からない」という人が多いのではありませんか?


そんな方には生命保険に詳しい保険のプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



生命保険料控除とふるさと納税による節税効果

さて、生命保険料控除とふるさと納税による節税効果について、お話しをしていきたいと思います。

平成24年以降と平成24年以前の保険契約の生命保険料控除の計算方法

さきほど、生命保険料控除は新契約(平成24年1月1日以後に締結した保険)と旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険)で分けられており、期間によっては控除の対象とならないものもある、とお伝えしました。


旧制度の生命保険料控除は、一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除から成り立ち、それぞれ控除の上限額は所得税が最大5万円、住民税が最大3万5千円でした。


新制度の生命保険料控除は、旧制度の一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除に加え、介護医療保険料控除が加わり、それぞれの控除の上限額は所得税が最大4万円、住民税が最大2万8千円でした。

新制度と旧制度を合わせて申請することもできる

新制度が適用されるのは平成24年1月1日以降なので、新制度を適用する保険と旧制度を利用する保険のいずれにも加入しているケースも少なくないでしょう。


また、平成24年1月1日以降に契約を更新したものは、それ以降の支払った保険料については新制度の適用となります。


また新制度と旧制度のいずれの保険契約もある場合は、新旧併用することが可能で、お得なほうの計算方法を組み合わせることができます。


詳しくはこちらをご覧ください。


では次に、ふるさと納税の計算方法も含めて説明していきます。

生命保険料控除によるふるさと納税への影響とは?併用はできる?

よく、生命保険料控除とふるさと納税の控除は併用できるのか、という質問をよく耳にしますが、結論から申し上げますとどちらも同じ所得控除になりますので、併用することは可能です。

自己負担額を2000円に抑えたときの、ふるさと納税の限度額の計算方法

まず、控除された税金が全額還付されるわけではないことを知っておきましょう。


所得税と住民税の控除額は計算方法が異なります。


なお、確定申告の場合はどちらも控除されますが、ワンストップ特例制度を申請した場合は住民税の控除だけとなることに注意しましょう。


では、自己負担額を2000円に抑えたときの所得税、住民税の控除額の計算方法を紹介します。


  • 所得税:(ふるさと納税-2000円)×所得税率(所得金額によって0~45%) 
  • 住民税(基本分):(ふるさと納税-2000円)×10%
  • 住民税(特例分):(ふるさと納税-2,000円)×(100%-10%-所得税率) 

所得税率は、所得金額によって変わります。


例えば、所得金額が300万円のときは、所得税率は10%です。


またそのときにふるさと納税として1万円寄付としたとすると、


所得税の還付金は、800円、住民税の控除額は、基本分が800円、特例分が6400円の、所得税と住民税の控除額の合計8000円が控除されるということになります。


なお、当然ですが、納めている税金以上の控除はできませんので、注意しましょう。

生命保険料控除を申請すると、ふるさと納税の納税限度額は減る

生命保険料控除も寄付金控除も、所得税の計算においては全て所得控除です。


生命保険料控除によって税金が控除されますが、その控除された分の税金は、ふるさと納税としては利用できません。


生命保険料控除の最大控除額は、12万円で、ふるさと納税は、寄付金控除として2000円引いたものを所得から控除します。


確定申告で課税所得から控除して、所得税を計算しなおして源泉徴収税額との差額が還付されます。


住民税も同様に、生命保険料控除で控除されたものと重複してふるさと納税のほうで控除されることはありません。

生命保険料控除とふるさと納税は確定申告が必要?

生命保険料控除とふるさと納税は確定申告は必要なのでしょうか?

生命保険料控除は会社員なら年末調整時に、自営業やパートの方は確定申告時に申請

生命保険料控除は、サラリーマンの方であれば冒頭で申し上げたとおり、年末調整時に所得控除を行います。

自営業の方やパートの方は、組織に属しているわけではありませんので、確定申告時に所得控除の申請を行います。


ふるさと納税は、確定申告を行うか、次に説明するワンストップ特例制度を活用すれば、確定申告は不要です。

ふるさと納税はワンストップ特例制度が導入され、条件を満たせば確定申告が不要になった

ワンストップ特例制度を利用すれば、確定申告が不要となるのですが、そのためには3つの条件を満たす必要があります。


  1. もともと確定申告をする必要のない給与所得者であること 
  2. 1年間の寄附先が5自治体以内であること(1つの自治体に複数回寄付しても1カウント)
  3. 申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送していること 

ワンストップ特例制度を行うには、必要書類を期日までに送付しなければなりません。


参考までに、2017年度の寄付では2018年1月10日が締め切りでした。


間に合わなかった場合は、確定申告をする必要があります。 

まとめ

生命保険料控除とふるさと納税の仕組みについて、ご理解いただけましたでしょうか。


制度をうまく活用し、きちんと税金の還付を受けるようにしましょう。


ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説