収入保障保険のおすすめランキング!損をしないための選び方を解説

収入保障保険のおすすめランキング!損をしないための選び方を解説-サムネイル画像

収入保障保険は一家の大黒柱にもしものことがあった時に、収入が途絶えてしまう事に対して準備しておく保険です。検討中の方はおすすめランキングなどを参考に自分に合ったものを探しましょう。ここでは収入保障保険の基礎知識やおすすめランキングをご紹介します。


▼この記事を読んで欲しい人
  • 収入保障保険をランキングを参考に選びたい人
  • どのような保険なのか、特徴や仕組みを知りたい人
  • 必要性の高い人・低い人の特徴を知りたい人

▼この記事を読んで分かること
  • ランキング5位までの特徴や内容、保険料
  • 収入保障保険の知っておくべき基礎知識と選ぶ際の注目ポイント
  • どのような人におすすめか、必要性の高い人・低い人の特徴

保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  1. ランキング1位は非喫煙健康体割引で保険料の安いFWD収入保障
  2. ランキング2位は基本給付金額が5~30万円と範囲の広いアクサダイレクトの収入保障2
  3. ランキング3位は保険料も安く払込免除が主契約に入っている家計にやさしい収入保障
  4. 収入保障保険は収入がなくなってしまう事に備えておく保険
  5. 受取時期によって保険金受取総額が変化するため保険料が安い
  6. 加入するときには保険料の安さと割引の有無をチェック
  7. 加入が必要なのは夫婦の片方が収入をになっている家庭・子供が小さい家庭
  8. 必要性を判断しにくい場合には保険相談がおすすめ
  9. マネーキャリアで相談することで、プロに何度でも無料で相談可能
  10. 今ならスマホひとつで無料保険相談が可能!しっかりと納得してから保険に加入しましょう!

収入保障保険のおすすめランキングTOP5


保険は病気や死亡時にの金銭的負担が減るように準備する方は多いと思います。しかし、大黒柱に万一の事があるとその後の収入がなくなってしまう事が考えられます。


死亡保険でカバーしても良いですが、毎月給料を受け取るような形で支給されるのも魅力的ですよね。働き盛りで家族が多い方などは準備を検討した方が良い保険とも言えます。


選ぶ際にはいちから自分で探すのも良いですが、ランキングなどを参考にすることで人気のある商品の内容をすぐに見ることができます。


おすすめランキングとして、

  1. FWD収入保障
  2. アクサダイレクトの収入保障2
  3. 家計にやさしい収入保障
  4. 家族をささえる保険Keep
  5. ネオdeしゅうほ

が挙げられています。(引用:価格.com・収入保障保険の人気ランキング


それぞれの商品特徴がどのようなものなのかを以下でご紹介していきます。

【1位】FWD富士生命「FWD収入保障」

おすすめランキング1位となったのはFWD富士生命の「FWD収入保障」でした。


死亡時や所定の障害時に支払いが開始される収入保障保険です。健康体割引があることが特徴として挙げられます。


加入年齢は

  • 男性:24~48歳
  • 女性:20~35歳
  • 保険期間:65歳まで

と男女で違っています。通常の死亡保険よりも加入できる年齢が限定されています。


月々の支給額は

  • 10万円
  • 15万円

と選ぶことができます。


期間終了間際に受け取り対象となる事由が起こった場合には、受取期間が短くなってしまう事を心配するかもしれません。しかし、最初に設定した最低支払保証期間

  • 2年
  • 5年

分の保険金は受け取れることになっています。


30歳男性、基本給付金額10万円、非喫煙者健康体割引ありの場合の保険料は2,072円とかなり安くなっています。


特約を利用することで

  • 保険料払込免除
  • 生活支援
  • 配偶者当時災害死亡時割増

なども付けることができるため、心配性な方にも手厚い保障にすることができおすすめと言えます。

【2位】アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの収入保障2」

おすすめランキング2位はアクサダイレクト生命「アクサダイレクトの収入保障2」でした。


死亡・高度障害時に支払いが開始されます。支払われる金額は、

  • 5~30万円

の範囲で1万円単位で設定することができます。細かく設定できることが大きな特徴として挙げられます。


加入可能年齢は20~60歳ですが、保険期間によって多少の違いがあります。保険期間としては、

  • 歳満了:55・60・65・70歳

の中から選ぶことができます。


30歳男性、65歳満了、基本給付金額10万円、支払保証期間2年の場合の保険料は3,250円です。


基本保障に特約をプラスすることで、

  • 災害時割増
  • リビングニーズ

を利用することができます。


払込免除を付けたいと思う方も多いと思いますが、この商品は基本保障に払込免除が付いています


細かい保険金額の設定ができ、基本保障に払込免除も付いていることから、ランキング2位になるのも納得できますね。

【3位】T&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」

おすすめランキング3位はT&Dフィナンシャル生命「家計に優しい収入保障」でした。


ランキング1位のFWD収入保障と同様に、健康体割引があることが特徴となります。


死亡時・高度障害時に保険金の支払いが開始され、通常の払込免除も主契約に付いています。


保険金額は5万円以上から1万円単位で設定することが可能です。


加入可能年齢は20~60歳で、保険期間は50歳満了から80歳満了まで幅広く設定できるようになっているため、必要な期間必要な分の保障を準備しておくことができます。


支払保証期間は

  • 1年
  • 2年
  • 5年

から選ぶことが可能です。


30歳男性、支払保証期間2年、保険期間65歳満了、基本給付金額10万円で非喫煙者・健康体割引が適用される場合の保険料は2,320円です。かなり安くなっているため、タバコを吸わない方におすすめと言えます。


特約を付けることでプラスになるものとして、

  • 特定疾病保険料払込免除ワイド
  • 特定疾病収入保障
  • 特定疾病一時金

などがあります。すでに払込免除が付いていますが、対象となる状態は範囲が広いとは言えません。特約を利用することで上皮内がんを含む様々な病気も対象になるため、不安の多い方におすすめと言えます。

【4位】オリックス生命「家族をささえる保険Keep」

おすすめランキング4位はオリックス生命「家族をささえる保険Keep」でした。


死亡・高度障害時に保険金の支給が開始されます。


保険金額は

  • 10万円
  • 15万円
  • 20万円

の中から選ぶ形になります。


加入可能年齢は23~55歳なのですが、保険期間や支払保証期間に応じて加入年齢が決っているため、年齢によっては加入できない場合も出てきてしまいます。保険期間は

  • 歳満了:55・60・65歳

となっています。


支払保証期間は

  • 1年
  • 5年

から選びます。


30歳男性、基本給付金額10万円、支払保証期間1年、65歳満了の場合の保険料は3,270円です。


特約には

  • リビングニーズ特約

があり余命宣告された場合には死亡前でも保険金が支給されます。


払込免除は基本契約に付いているため、特約にはありません。シンプルな保障を手ごろな保険料で得られる保険になっています。

【5位】ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」

おすすめランキング5位はネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」でした。


健康体割引があることが特徴として挙げられます。


死亡時に保険金の支払いが開始されます。高度障害時などに対しては特約を付帯することで対象範囲を広げることができます。


保険金額は

  • 5万円
  • 10万円
  • 15万円
  • 20万円

と5万円単位での設定が可能です。代理店などを利用することでさらに細かい設定も可能になります。


契約可能年齢は20~55歳で、保険期間は60・65歳満了となっています。


支払保証期間は

  • 2年
  • 5年

から選ぶことができます。


30歳男性、基本給付金額10万円、65歳満了で非喫煙健康体割引が適用される場合の保険料は2,438円です。


特約を付けることで保障範囲を広げることが可能で、

  • 障害収入保障
  • 高度障害収入保障
  • 特定疾病収入保障
  • 特定疾病保険料払込免除(Ⅰ~Ⅲ型)

と範囲を広げることができます。


注意したいのが通常保障されることの多い高度障害が特約を利用しなくてはカバーされていない点です。特約を付けることで範囲は広がりますが、主契約の範囲が少し狭いことに注意しましょう。

6位以下の収入保障保険をまとめて紹介!

おすすめランキング5位までの商品をご紹介しましたが、自分に合いそうな商品は見つかったでしょうか?非喫煙者や健康体基準をクリアしている方にとってはお得な商品が多く見られました。


また、保険料も抑えられているものが多い印象でしたね。


では、ランキング6位以降の商品にはどのようなものがあったのでしょうか?

ランキング商品名特徴
6FWD収入保障引受緩和告知がゆるいため病歴があっても入りやすい
7家計保障定期保険NEO就業不能保障特約あり
非喫煙・健康体割引あり
7メディフィット収入保障特約の三大疾病払込免除に上皮内がん含む
非喫煙・健康体割引あり
9じぶんと家族のお守り保険料の逓減払込方式あり
非喫煙・健康体割引あり
メンタル疾患でも特約でカバー
10こだわり収入保障非喫煙・健康体割引あり
特約で払込免除対象範囲が広がる
ランキング6位以下の商品にも魅力的なものが多くありました。特にランキング6位のFWD収入保障引受緩和は10この商品の中で唯一審査基準のゆるいもので、持病があっても入りやすい商品です。通常商品には加入できなかった方におすすめと言えます。


このようなランキングを見ただけでもある程度自分に合った商品が絞れるかもしれません。しかし、ランキングだけで選ぶ前にしっかりとした基礎知識をつけておくべきとも言えます。以下で基礎知識についてご紹介したいと思います。

収入保障保険の基礎知識と絶対に見るべき5つの重要ポイント

収入保障保険は死亡保険と似ていると言えますが、保険加入から支給対象となる日までが長いほど受け取れる金額が少なくなっていく特徴があります。通常の死亡保険では保険金額が一定ですが、収入保障保険は一定ではないのです。


なぜこのような仕組みとなっているのか、理由などが気になりますよね?


また、選ぶ際に見ておくべきポイントも知っておいて損はありません。


以下では

  • 収入保障保険の基礎知識
  • 選ぶ際に見ておくべき5つのポイント

をそれぞれご紹介していきたいと思います。


ランキングなどを参考に商品を選ぶのも良いですが、契約前には必ず内容のチェックも必要です。しかし、どのような点を見ればよいのか分からなければチェックしても意味がありません。


見るべきポイントをしっかり理解し、選ぶ際のポイントにしてください。

収入保障保険とは?

収入保障保険は死亡保険と同じように、家族の大黒柱に万一の事があった場合に備えておくための保険です。


通常の死亡保険では保険料をで支払うタイプが多くなっていますが、収入保障保険は給料と同じように毎月支払われるタイプがメインとなっています。


だたし多くの商品で一括支払いにも対応されているため、その時の状況に応じて使い分けることも可能です。


一番の特徴としては受け取り開始期によって受け取れる金額が変わると言うことです。早ければ保険金額は多くなり、遅ければ保険金額が減るのです。


減ってしまう保険に魅力を感じない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、必要になる金額は年齢と共に下がっていくことが一般的です。これに合わせて保障を減らしていっても大きな問題にはならないため、合理的な保険ともいわれています。

重要ポイント①保険料の安さと割引制度

選ぶ際に注目したいのが保険料の安さ割引制度の有無です。


収入保障保険は大きな特徴として保険金額が減少していくことが挙げられます。保険期間が長いとその分保障額が減るため、通常の死亡保険であれば損をしたと感じてしまうかもしれません。


しかし、その分保険料は安く設定されているため、選ぶ際には保険料の安さが重要ポイントとなってくるのです。


また、割引の有無もチェックが必要です。


ランキングをご紹介した時に気付いた方も多いかもしれませんが、多くの商品で「非喫煙・健康体割引」があるものがありました。


健康体基準をクリアしている方、非喫煙者の方が多くの割引を受けられるシステムです。基準は会社ごとに違っていますが、病気になりにくい方は保険料が安くなるのです。


とくに非喫煙割引の割引き率はかなり大きいため、ご自身が非喫煙者である場合には非喫煙者・健康体割引が適用される商品を選ぶことがおすすめです。


喫煙者の場合でも血圧やBMI数値で基準をクリアしている場合には割引対象となるため、喫煙者の場合でも割引の有無は重要と言えます。

重要ポイント②保険金の受け取り方法

収入保障保険の保険金の受取方法としては年金方式が一般的と言えます。


収入を保障するために作られた商品になるため、給料と同じように毎月支払われる形が一般的なのです。保険期間が終了するまで月々設定した金額が支払われることになります。


しかし、商品によっては一括で受け取れる設定に変更することもできます。


一括で受け取ることで子供の教育費などでまとまった資金が必要なときにも対処ができるようになるのです。


検討している商品では年金方式のみなのか、一括でも受け取れるのかを確認しておきましょう。


ただし、一括受取の場合には受取総額が少し減ってしまいます。どちらの方法で受け取るべきなのかはしっかりと考えてから決めるようにしましょう。

重要ポイント③特約はつけない

万一のことを考えると不安になるため、保険検討時には手厚い保障を求めてしまう事もあります。


安心を得るためには手厚い保障が必要とも言えますが、本当に必要なのかをしっかりと確認する必要があります。基本的には付帯しない方向で考える必要があるのです。


リビングニーズ特約等無料で付帯できるものもありますが、基本的に付けることで保険料が上がります。


収入保障保険は保険料を抑えつつ不測の事態に備えるものです。


不安に対しての備えを考えると、つい必要のないものまで付けてしまいがちです。せっかく安いものを選んでいるのに特約の付帯で金額を上げてしまっては元も子もありません。


保険料の安さを売りにしている商品のため、その安さを活かすためにも特約の利用は控えるべきと言えるのです。

重要ポイント④公的保障とのバランスを考えた保険金額

保険金額の設定にもポイントがあります。公的保障とのバランスを考えるのです。


一家の大黒柱が亡くなった場合、公的保障でもある程度カバーされるのです。遺族年金などで一定額がカバーされることになるのですが、この金額は今までの給料や家族構成などによって違ってきます。


平均35万円ほどの給料で子供が2人の場合に受け取れる金額は約15万円です。


もし生活費で25万円必要だった場合、公的保証で15万円カバーされるため、あと10万円を準備しておけば良いと言うことになります。


このように、公的保障でどれくらいカバーされるのかを計算し、残りを収入保障保険でカバーするようにすれば、無駄なく保障を受けられるようになるのです。


保険金額は多い方が良いと考えるかもしれませんが、使わなかった時のことを考えると無駄な保険料が増えてしまう事になるのです。しっかりと必要額を計算し、それに合った保障内容にすることをおすすめします。

重要ポイント⑤保険期間

保険期間も選ぶ際のポイントとなります。


商品ごとに違いがあり、50~70歳程度までが保険期間となっていることが多くなります。


確かに70歳まで保障が続けば安心できるかもしれません。しかし、本当に70歳まで収入保障保険での保障は必要でしょうか?


保険期間を決める際には、

  • 子供の独立
  • 65歳

が目安と言われています。


子供が独立をするまでは教育費や生活費などの負担が多い時期になります。しかし、独立をしてからはそこまでの負担が考えられないため、子供の独立を目安に保険期間を設定することで無駄な保険料を省くことができると言えます。


また、65歳で終了させるのもおすすめの保険期間と言えます。65歳になると年金の支給が始まります。収入が無くなったとしても年金での収入があるため、ある程度生活費に困らないと言えるのです。


これら2つの目安をもとに、自身の保険期間を決めるようにしましょう。

収入保障保険の必要性をわかりやく解説


収入保障保険は収入が無くなることに対して備えておくための保険です。死亡保険と比べると必要性のある人とない人が明確に分かれる商品と言えます。


どのような人物に必要性が高いと言えるのか、その辺りを明確にすることで自分に必要なのかを判断するときの参考になりますよね?


以下では

  • 必要な人
  • 不要な人
  • 悩んでいる人

の特徴についてご紹介いていきたいと思います。

収入保障保険が特に必要な人

収入保障保険が必要と言える方はどのような方なのでしょうか?

  • 大黒柱
  • 子供がいる
  • 自営業

などが挙げられます。


一家の大黒柱の方には必要性が高いと言えます。収入源となっている方が亡くなってしまった場合には、その家庭の収入が0に近くなってしまいます。生活で困ることが無いよう加入しておくことがおすすめと言えるのです。


また、小さい子供がいる家庭にも必要性は高いと言えます。子供にかかる費用は生活費だけではなく、学費などの教育費があります。教育費は思っている以上に家計への負担が大きくなるため、収入保障保険を利用することがおすすめです。


自営業の方にも必要性は高くなります。自営業の場合、会社員などと比べると公的保障が薄いと言えるためです。自営業で子供が小さい・家族がいる場合には、収入保障保険を活用して準備しておくことがおすすめです。

収入保障保険があまり必要ではない人

必要性の高い人をご紹介しましたが、必要性の低い方もいらっしゃいます。

  • 貯蓄や他の保険で万が一の準備ができている
  • 独身
  • 子供がおらず共働き

の方などです。


貯蓄で万一の時の費用が賄えるという方には必要とは言えません。また、収入保障保険以外の保険で準備している方にも不要と言えます。


独身の方も必要ないと言えます。残しておく家族がいないため、必要が無いのです。結婚などをした場合には加入を検討するようにしましょう。


子供がいない共働きにも不要と言えます。子供がいない場合には学費などの心配がありません。さらに共働きとなると片方に万一の事があっても収入源は残っているため生活費に困る事態になることが少ないためです。


しかし、子供が生まれる場合には収入保障保険の検討をすることがおすすめとなります。

収入保障保険が必要か迷ったら保険のプロに無料相談!

収入保障保険の必要性も分かり、加入を迷う方もいらっしゃると思います。このような場合には思い切ってプロに相談することがおすすめです。


プロに相談と言われても知り合いにプロがいない、と落ち込んでしまう方も多いかもしれませんが、保険のプロは意外と簡単に見つけることができます。保険相談です。


保険相談ではプロに相談することができるため、必要かどうかの判断から商品を選ぶ際のアドバイスまで行ってもらえます。


マネーキャリアでも保険相談を受け付けています。何度でも無料で相談ができるため、必要かどうかを迷ったらいつでも気軽に利用してください。

【参考】遺族年金制度についてしっかり理解しておこう!

収入保障保険を検討する上でしっかりと理解しておきたいのが遺族年金制度についてです。


この制度でどれくらい受け取れるのかが保険を検討する上でも重要になり、保険金額を決めるうえでも重要になってくるのです。


まず理解しておきたいのが自営業と会社員などとの違いです。

  • 自営業:国民年金・子供がいないと受け取れない
  • 会社員:厚生年金・子供がいなくても受け取れる(条件有り)

子のように、支給される年金自体に違いがあります。国民年金の場合子供がいることが大前提となっているのです。


さらに受け取れる金額にも差があります。

子供の人数国民年金厚生年金
2人約120万円約170万円
1人約100万円約150万円
0人なし約50万円
給料によって基本額に差がありますが、このように大きく違いがあるのです。


とくに自営業者などはカバーされる金額が少なくなるため、収入保障保険などで準備をしておいた方が良いと言えるのです。

まとめ:保険加入で損をしたくないならまずは保険のプロに無料相談!


いかがでしたか?ここでは収入保障保険についてご紹介しました。


収入保障保険は小さい子供がいる場合などは加入しておくと安心できる保険と言えます。おすすめランキングなどもご紹介しましたが、加入する前には自身でしっかりと内容の確認をするようにしましょう。


もし加入の必要性などで迷った場合には保険相談がおすすめです。保険相談を利用することで、必要性の判断から商品の紹介まで行ってもらえます。難しい保険についての質問にも答えてもらえるのです。


マネーキャリアでも保険相談ができます。マネーキャリアならば何度でも無料で相談ができるので、じっくりと必要性について質問したり、商品選びを手伝ってもらうことも可能です。

ランキング