生命保険の「転換」とは保険契約の下取りのような制度!注意点も

生命保険に加入してしばらくすると、保険会社から契約の転換をすすめられることがあります。安い保険料で手厚い保障の契約に切り替えられる、という言葉を鵜呑みにし、よく理解せずに転換してしまうと、のちに大きなトラブルに。生命保険の転換とは?注意点などを徹底解説します。

内容をまとめると

  • 生命保険の転換制度(転換契約)は新契約に前契約の積立金を充てること
  • 転換制度には基本転換・定特転換・比例転換の3種類がある
  • 転換制度はメリットもあるが、保障ダウンなどのデメリットも
  • 生命保険の転換は、保険料で損をすることがある
  • 転換を取り消したい場合はクーリングオフ
  • どんなに些細なことでも保険に関して不安や疑問があるならマネーキャリアの保険相談を利用するのがおすすめ
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる!

生命保険の「転換」とは保険契約の下取りのような制度!注意点も


時代にマッチした手厚い保障が受けられる保険に入りたいけれど、保険料はできる限り抑えたいという人は多いはず。


生命保険の転換制度を使うと、いまの契約で貯めてきたお金を下取りにしてグレードアップした新契約に切り替えられます


ただし、制度を使うにあたっては多くの注意点が。


そこで今回のこの記事では、生命保険の転換について

  • 生命保険の転換制度をわかりやすく解説
  • 生命保険の3種類の転換制度とは
  • 転換制度の特徴やおさえておきたいメリット・デメリット
  • 生命保険の転換で注意したい点
  • 転換をなかったことにできるクーリングオフとは

以上のことを中心に説明します。


ぜひ最後までご覧ください。


ほけんROOMでは、他にも生命保険に関する記事や、 マネーライフ、保険全般に関する記事を掲載していますので お悩みの方はほかの記事も参考にしてください。

生命保険の転換制度(転換契約)とは

「今の生命保険を転換し、保障が充実した新商品に切り替えませんか?」と提案され、転換って何?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。


今まで積み立ててきた保険料(転換価格)を下取りにし、新契約の保険料の一部にすることを、生命保険の転換制度といいます。


下取りと聞くと、自動車販売などが思い浮かぶかと思いますが、実は保険契約にもその制度があります。


自動車販売と違う点は、生命保険には主契約と特約があり、どちらに下取り価格を充当するかを選べるところ。


なんだ、それだけ?と思った方はご用心。


どちらに充当するかで、将来わたしたちが受け取るお金や毎月の支払いが大きく変わります


受け取るはずだったお金を、何十万という単位で失う可能性もあるんです。


そもそも生命保険は、主契約特約がセットになった商品。


主契約は、終身保険など長期にわたって保障される部分です。


更新はなく、保険料は一定で、掛け捨てではありません。


払込期間は60才までなどと、比較的長期です。


それに対し特約は、「子が自立するまで」など、保障を手厚くしたい間だけつける定期保険特約のことです。


一定期間ごとに更新があり、そのたびに保険料は変動します。


そして掛け捨てです。


実はここが転換制度のメリット・デメリットの要素に深く関わりますので、覚えておいてください。

生命保険の転換制度には3種類ある

生命保険の転換制度は、転換価格の充当先をどこにするかによって、大きく3種類に分かれます。
  • 基本転換:主契約
  • 定特転換:定期保険特約のみ
  • 比例転換:主契約と定期保険特約の両方
積み立ててきた金額は変わらないのだから、どこへ充てても結果的に支払う保険料は同じじゃないの?と思いますよね。

実は、主契約と特約は、保険期間も異なれば、保険料の性質(貯蓄性があるかないかなど)、保障の内容までもがまったくの別物

従って、どれを選ぶかによって将来の私たちが受けられる保障や、支払い額に大きく影響します。

それぞれの制度について詳しく解説します。 

基本転換:転換価格を主契約のみに充当する

転換価格(今まで積み立ててきたお金)の充当先を、新しい契約の主契約にすること基本転換といいます。

今まで貯めてきたお金を使って、新しい契約の終身保険の保険料を先に払っておく、というイメージ。

主契約は更新がなく、保障は一生涯。

保険料の支払い期間についても「60才まで」など、長きにわたることが多いです。

転換価格を長い期間かけて使い果たすことになるので、新契約の保険料への影響は限定的です。

せっかく下取りしたのに、新契約では保険料が上がることも。

ただし、主契約の終身保険は貯蓄性があります

充当した保険料は将来解約返戻金としてわたしたちのところへ戻ります(全額ではありません)。

定特転換:転換価格を定期保険特約のみに充当する

転換価格(今まで積み立ててきたお金)の充当先を、新契約の定期保険特約にする方法を定特転換といいます。

特約の保険期間は10年などと決まっており、主契約に比べて短期で終了します。

今まで貯めてきたお金を短い期間で一気に使うので、保険料の負担がグッと軽くなります

ただし、更新をむかえたときには要注意。

前契約からの充当分がなくなるうえに、年齢に応じた値上がりがダブルパンチとなり、更新後は保険料が大幅にアップすることも。

また、保険料は掛け捨てなので、将来受け取ることもありません。

イメージしていたよりはるかに高い保険料を請求された挙句、解約返戻金も想像より減っている!などと困らないよう、シュミレーションしておくことが大切です。

比例転換:主契約と定期保険特約のそれぞれに充当する

転換価格(今まで積み立ててきたお金)の充当先を、新契約の主契約と定期保険特約両方にする方法を比例転換といいます。

貯めてきたお金を2つに分けて、一方は長期間、もう一方は短期間でそれぞれ使い切るので、基本転換と定特転換の中間のようなイメージ。

定特転換より保険料の負担は大きいですが、すべてが掛け捨てになる訳ではありません

すこしずつは貯めておきたい人にとっては良いですね。

ただしこちらも、定期保険特約の更新時にはご用心

特約保険料に充当できるのは、いまの保険期間中のみです。

それに、基本転換に比べて主契約に充当されている転換価格は少額です。

定期保険特約への充当が終了し、同時に特約保険料が値上がりすると、一気に保険料負担が重くのしかかることもありますので、注意してください。

転換制度の特徴やメリット・デメリットなど


「昔契約した保険は、保障内容が時代に合っておらず不安だから新しい保険に切り替えたい」という人もいるのではないでしょうか。

転換制度では、今までコツコツと積み立ててきた保険料(転換価格)を下取りにして新契約の保険料の一部にすることができます。

従って、保障が充実した高い保険にも、すこしの追加負担で契約できるというメリットがあります。

また、通常は前の契約を解約すると、将来もらえるはずの「特別配当」を受け取る権利がなくなりますが、転換の場合は消失しません

ただし転換は、内容がとても複雑な制度です。

きちんと理解したうえで申し込まないと、将来のわたしたちとってデメリットになることも多々あります。

例えば、最初のうちは保険料が抑えられていたが、更新のタイミングで跳ね上がり、支払えなくなってしまった。

結果、保障をけずることになり、いざというとき給付金をもらえなかった、などが考えられます。

転換によって不利益を被ったことに気づいても、前の契約はすでに解約してしまっていますので、復活させることはできません。

ここでは、わたしたちにとってデメリットになりかねない転換の特徴について詳しく解説します。

現在の契約と同じ保険会社でしか利用できない

転換は、同じ保険会社間でしか行えません


つまり、新しく申し込むのは、いま契約中の保険会社の商品の中から選ばなければいけません。


もともと転換は、お客さんを囲い込みたい保険会社にとって都合の良い制度


もちろん契約者にとって有利な場合もありますが、その点を覚えておきましょう。


生命保険は、多くの会社がさまざまな商品を販売しています。


それらを調べて比較するのは面倒、という面もありますが、逆にいうと自分にピッタリのものが見つかる可能性も。


例えば、パッと見は似たような保障でも、実はA社の方が特約の種類が豊富で、希望するものがあった。


B社は入院日額を日ごとに受け取れるが、C社では一時金で受け取れるのでその方が自分にとってはうれしい、など。


自分に合った商品が見つかり、それが今契約中の会社のものでないなら、転換はせずに一旦解約し、新しい保険に申し込みなおしましょう。


しかしその場合は、解約により保障が途切れないよう、同時に新契約の保障がスタートするよう手続きすることが大切です。

保険料が以前の契約より上がることが多い

契約転換では、保障をグレードアップしたのに保険料は以前と変わらないか、上がってもわずかということもあるかもしれません。

充実した保障にお手頃価格で申し込めた!と喜んでいる人は要注意。

保険料が抑えられているのは、下取り価格が適用されているからで、実質は以前より大きく上がることの方が多いです。

理由は大きく2つ。

1つ目は、年齢の上昇

死亡や病気のリスクは年を重ねるごとに上がるので、生命保険では被保険者年齢が若ければ若いほど保険料は安いです。

理由の2つ目は、予定利率の低下

予定利率は、保険会社がわたしたちから回収した保険料を運用してどのくらい収益を出せるか、予定している割合のこと。

利率が高いと料金は安くなりますが、現在は過去で1番利率が低い時代

昔の商品の中には、今では考えられないほど利率の高い貴重なものがあり、解約すると損になります。

また、転換制度そのものを扱わない会社も

色々検討する時間を無駄にしないよう、その点は最初に確認しておきたいですね。

新たに加入する時と同じく告知が必要

転換といえども、新しくスタートする契約を新たに申し込むことになります。

従って、健康状態の告知は必須。

前の契約を申し込んだ時点からなんらかの病気にかかっていたり、健康診断で引っかかってしまってはそもそも保険に申し込めないことも考えられます。

たとえ申し込めても、以前かかった病気は保障されないことがほとんどなので、再発した場合の保障はありません

前の保険を残しておけば以前かかった病気も対象になっていたのに、と不利な契約をすることにならないよう、告知する際は内容をよく確認しましょう。

不利な契約になることをおそれて、わざと過去の病歴を保険会社に伝えなかった場合は、告知義務違反になります。

契約を解除されるだけではなく、新たに申し込めなくなってしまうことも考えられますので、新しい契約をスタートすることによって、保障内容が悪くならないかをよく確認してください。

本当に転換がお得かどうか保険のプロが相談に乗ります!

なじみの保険営業マンから、いまの契約を転換するとお得ですよ!とすすめられたけれど、どうせ自社の商品を売りたいだけだろうと疑ってしまいますよね。


直接顔を合わせて話を聞いてしまうと、押し切られてしまい、よく理解できていないままに契約させられそうという不安もあるのでは。


誰か知識のある人から公平なアドバイスがほしいと思った方はいませんか?


ほけんROOMのマネーキャリアならFP資格をもった保険の達人が、中立的な立場であなたに最も適した方法をご提案します。


転換は有利に思えるけれど実は注意すべき点がたくさんある難しい制度。


保険会社の職員から聞いただけでは理解できたか不安という人は、ぜひ保険の専門家にご相談ください


ほけんROOMのマネーキャリアは、転換など難しい内容も分かり易くご説明します。


オンラインでしかも無料


無理な勧誘はありませんので、話だけ聞いて契約しなかったなんてことも全く問題ありません。 


生命保険の転換には注意点も多い


生命保険の転換は、その複雑さゆえにさまざまな要素がわたしたちにとってのメリットやデメリットにつながります。


従って、制度を使うときは注意すべき点がたくさん


転換によって、元の契約は消えてしまうけれど、次の契約でもちゃんと保障内容を維持できているかという点。


また、将来の月々保険料は正しくシュミレーションできているか


転換では、積み立てた保険料を充当する分、一見保険料は下がったり、上がったとしても少しだけで抑えられているように見えます。


しかし実際は、全体の保険料はとても上がっていたり、更新を迎えて跳ね上がるなんてことも。


ここでは、転換制度で特にトラブルが発生しやすいとされている内容についてみていきます。

生命保険の解約返戻金が転換によって減っていないか

転換するとき、今の契約は解約することになります。

終身保険など、貯金の要素をもった保険は、解約すると返戻金がもらえますが、実はここが要注意。

解約返戻金は、いつ受け取るかで金額がまったく違ってきます

何十万という単位で変わることも。

「60才まで」など、決めておいた期間の保険料を払い続けることを前提として返礼率が決まるため、多くの場合、短い期間で解約すると損をします従来型)。

また、低解約返戻金型といって「保険料を安くするかわりに、途中で解約したら返戻金を3割ほどカットしますよ」というタイプも。

こちらは保険料の支払い後に返戻率がグッと上がるよう設計されていますので、中途解約はもったいないです。


これらのように、保険を中途解約するときに注意すべき商品タイプは複数あります。

最低限、解約返戻金については把握しておくことをおすすめします。

いま自分が入っている保険のタイプがわからない、転換に最適な時期はいつ?など、不明なことは代理店へ聞いてみましょう。

また、解約する場合としない場合で、それぞれ受け取れる金額の差はどのくらいかを試算をしてもらうと良いですよ。

予定利率は何%変化があるか。低くなる転換は損になることも

転換後の保険料には、契約の予定利率も深いかかわりがあります。

予定利率って何?という方のために、まずは保険会社が行う資産運用についてご説明します。

保険会社は回収した保険料をただ持っているだけではありません。

保険金としてわたしたち契約者に支払うときに備えて、株や債券などで運用し、増やす努力をしています

予定利率とは、その運用利回りです。

投資経験のある方は想像しやすいですが、運用利回りによって未来の資金の額は大きく変わります。

例えば元本100万円を3%で運用したら10年後約135万円になりますが、5%だと約164万円になります。

このように、将来の金額の大小は運用利回りに左右されるので、保険料への影響が大きいのも理解しやすいのではないでしょうか。

ちなみに、保険会社が定める予定利率のもとになるのは、金融庁から保険会社へ示される目安の数値です。

平成29年からは0.25%と、史上まれにみるほどの低い水準になりました(詳しくは保険会社のホームページをご覧ください)。

従って、昔契約した商品よりも、新しい契約の予定利率が低い場合は、将来の解約返れい金などが不利になる可能性が高いです。

本当に転換が良いのか保険のプロがお教えします!

「保障内容は今と変わらないか、またはグレードアップする」


「解約返戻金や、予定利率のことは確認済み」


「いくつかの商品を見比べてみた」


これらに当てはまる人は、生命保険の転換に踏み切っても良いかもしれませんね。


ただし、思いもよらないところに落とし穴が隠れていることもあります。


準備は万全だと思った方でも、保険会社で手続きの前にファイナンシャルプランナーなど、保険の専門家への相談がおすすめ


資格を持つ保険のプロなら、中立的な立場でずばりメリット・デメリットを教えてくれるでしょう。


どこへ相談しよう?と迷った方は、ぜひほけんROOMのマネーキャリアの無料保険相談をご利用ください。

転換を取り消したい場合にはクーリングオフを活用しよう

この記事を読んでいる人の中には、つい先日すでに保険の転換契約を結んでしまったという人もいるかもしれません。


解約返戻金や予定利率のことなどいろいろ考えると、やはり転換しない方がよかったという場合もあるでしょう。


そんな人でも、条件を満たせば契約をなかったことにできるクーリングオフ制度をご存じですか?


この制度を使うと、一定期間内で条件に当てはまれば、契約を取り消すことができます


保険会社へ直接ハガキなどで申し出ることになりますので、代理店を通さなくてもOK


代理店の担当者とは話したくないな、という場合でもご安心ください。


保険契約では、良い面だけを分かりやすく解説し、保険会社にとって都合の悪い部分は専門用語を並べただけで「説明した」と言われてしまうことも。


この制度は、知識の乏しい消費者を言いくるめて儲けようとする悪い業者からわたしたちを守ってくれる心強い味方。  


あらゆる商品に適用されるクーリングオフ制度ですが、販売する側と申し込む側の知識量に差が出やすい保険商品では特に有効です。

まとめ

今回は、生命保険の転換制度について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは

  • 生命保険の転換制度(転換契約)は新契約に前契約の積立金を充てること
  • 転換制度には基本転換・定特転換・比例転換の3種類がある
  • 転換制度はメリットもあるが、保障ダウンなどのデメリットも
  • 生命保険の転換は、保険料で損をすることがある
  • 転換を取り消したい場合はクーリングオフを

でした。


転換制度を使うときは、内容をきちんと確認して進めないと、不利益をこうむる可能性があります


ただ、うまく活用することで将来の安心につながることも。


保険のプロの力を借りて、よく理解してから利用したいです。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい生命保険に関する記事が多数掲載されていますので ぜひご覧ください。

総合的にみたおすすめの保険相談サービスはこちらで解説しています。

ランキング