年収800万円の車選びのポイントは?価格の相場やおすすめの車を紹介

年収800万円くらいで車選びを考えている方は、高級車・輸入車に乗れるのかなどについて悩んでいる方が多いようです。しかし車の購入予算の目安は年収の3割以内とされています。今回の記事では、年収800万の人の車選びのポイントや購入予算の目安、維持費などを解説します

年収800万円の車選びのポイントって?

趣味であったり、必要に迫られたり車が欲しいと思う人は多いでしょう。


年収500万円くらいの年齢層となると、通勤や家族レジャーなどで車を使いたい場面も増え、購入を具体的に考える人も多いのではないでしょうか。


年収800万円あれば一般には高収入とされ、購入できる車の選択肢も増えると考えられます。


しかし、不相応に高い車を購入してしまうと、カーローン維持費が払えるのか、それらにより生活が圧迫されないかが心配です。


そこでこの記事では年収800万の人の後悔しない車選びについて

  • 年収800万の手取り額と購入予算の目安
  • 年収800万の人にオススメの車

  • ローンについての考え方
以上のことを中心に説明します。

この記事を読んでいただけたら、購入後、金銭面で思わぬ事態に陥ってしまうことを避けられるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。


また、年収700万円の方の車の選び方についての記事もあるため、是非比較や参考にする際にお役立てください。


車の維持費や予算についてのまとめの記事はこちらですので、合わせてご覧ください!

年収ごとに車にかける金額・おすすめの車種一覧

年収800万円の人の手取り額と購入予算の目安

まずは年収800万円の人の手取り額とそこから考えた購入予算、現在おすすめの車についてご紹介します。


年収800万円の人の手取り額は、約600万円となります。


ですが、手取り額は本人の状況により変動します。


独身なのか、結婚しているのかなどによって、支払うべき社会保険料や税金の金額が異なってくるため、手取り額にも差が出てくるというわけです。


よって、購入予算についても個人のライフスタイルによって異なってきます。


車を購入したものの、日々の生活が厳しいといった状況にならぬよう、しっかりと検討しておく必要があります。

年収800万円の手取り額

国税庁の平成29年度「民間給与実態統計調査」によると、会社員の平均給与は432万円です。

また、年収800万円以上の割合は全体の14.2%で、年収800万円代の人は4.4%となっています。

前に述べたとおり、年収800万円の人の手取りは約600万円なのですが、具体的に何がどのくらい引かれているのでしょうか?

年収から、所得税、住民税、健康保険や厚生年金といった社会保険料が差し引かれた後の額が手取り額になります。

所得税と住民税は課税所得を元にそれぞれ計算します。

課税所得は年収から給与控除、社会保険料控除、基礎控除などを差し引いた額になり、それを元に計算すると、年収800万円の平均的な会社員の所得税は470,100円、住民税は451,500 円になります。

なお、控除額は個人の状況によって、住民税は居住地によって異なります。

次に社会保険料ですが、年収の約15%となり、年収800万円の場合の社会保険料は1,179,264円となります。

よって、これらを差し引くと、年収800万円の場合の手取り額は5,899,136円となります。

車の購入予算は年収の5割が目安

一般的には、年収の5割が購入予算の目安と言われます。したがって、年収800万円の人は400万円前後を購入予算と考えることができます。


ただし、5割というのはあくまで一般的な目安に過ぎません。


車の購入費用以外にも家計の支出はあるはずで、それによって車の購入に充てるべき金額も変わります。


家計の大きな支出である住宅費の金額も人それぞれですし、それが住宅ローンか賃貸の家賃なのかでライフプランニング上の事情も違います。


駐車スペースが既にあるかどうかでも支出が変わります。


また、家族構成によって、食費や子供の教育費なども変わってきます。


現在や今後のライフスタイルを考え、家計全体の支出バランスについても考慮しましょう。


もちろん5割やそれ以上の割合を購入予算に充てられる、もしくは他の支出を減らしてもぜひ購入したいという人もいるでしょう。


まずは5割を目安に検討を始めたいところです。

年収800万の人にオススメの新車を紹介!

ここまで、年収800万円の人の手取り額は約600万円、購入予算は約400万円になるということがお分かりいただけたかと思います。


そこで、年収800万円の人にはどのような車がおすすめなのか、気になるのではないでしょうか?


というわけで、ここからは、年収800万円の人におすすめの新車をご紹介していきます。


トヨタ カムリハイブリッド 

価格:320万~400万

特徴:その名のとおりハイブリッド車。車体も軽く燃費が非常に良い車。


日産  シルフィ 

価格:200万~270万

特徴:年収800万円の人なら購入しやすい価格。一部をのぞき、トランスミッションはCVT車。


ホンダ ヴェゼル

価格:190万~290万

特徴:クロスオーバーSUV車。パワフルな走りを見せる一方で低燃費。

  

マツダ CX-5

価格:260万~410万 

特徴:クロスオーバーSUV車。操作性に優れ、360度モニター付きで安全性も高い。


スバル レガシィB4

価格:300万~340万 

特徴:コスパの良い人気のスポーツセダン。インテリアはシンプルで質感が良い。


年収800万円の人が新車を購入する場合は、基本的には国産車になります。


新車の魅力は傷一つない車に乗れること、故障のリスクが少ないこと、購入後の保障がついていることでしょう。

中古車を選ぶポイントとオススメの中古車

ここでは中古車について述べます。普通の車に加え、年収800万の人向けの高級車や輸入車も紹介します。


トヨタ レクサスLS600h

価格:420万前後

特徴:日本の高級車の代名詞。新車の半額以下で購入可能。


トヨタ クラウン ハイブリッド アスリートG 


価格:410万前後

特徴:中身もゴージャスな高級車。ハイブリッドなので環境にやさしい。


日産 スカイライン350GT ハイブリッド

価格:390万前後 

特徴:走る楽しみを重視する人におすすめ。比較的リーズナブルな価格。


BMW M3 セダン

価格:440万前後

特徴:世界的なブランド車。ツーリング選手権に出場した高い技術を反映。


フォルクスワーゲン トゥアレグ

価格: 410万前後

特徴:大型SUV車。操作性に優れたハイブリッド車。


中古車のメリットは購入費用が安くなる点でしょう。新車では価格が高い高級車や輸入車も購入対象になりえます。


すでに販売されている状態で購入するので、納車が早いのも嬉しいところです。


好みが合えば前の持ち主がカスタマイズした状態ですぐに乗り回せ、カスタマイズ費も抑えられます。


良い出会いがあれば、味わいのある往年の名車も見つかるかもしれません。


中古車のデメリットは、状態が良いか悪いか1台1台異なることです。悪質な業者でないか販売店選びについても注意が必要です。


新車であれば3年以上の保障がついていますが、中古車では同じような保障は見込めません。


また、修理の部品の調達にも高い費用が掛かったり、見つけられずに修繕不可能になったりする恐れがあります。

マイカーローンの審査・限度額・住宅ローンとの両立

年収800万の人はいくらローンを組むことができるでしょうか。


金融機関などによって異なりますが、マイカーローンは概ね年収の30%~40%とされています。


年収800万の人なら大体320万円くらいまで借り入れることができます。


ただ、家計全体のバランスを考えて、頭金を多めにしたり、購入予算を抑え目にしたりして借入額を決めていきましょう。

マイカーローンの審査と限度額について

一般にローンの審査については、一定以上の収入があること勤続年数が長いこと、未成年でないことが重要です。


ただ、年収800万の人なら、これらに問題はあまりないでしょう。


年収800万の人がマイカーローンの審査で気を付けたいのは、他に借り入れがある場合です。


あちこちでお金を借りている人は、きちんと資金計画を立てられないのではないかと貸す側も考えがちです。


また、返済について延滞などの問題を起こしてしていないかも重要です。携帯電話の支払いクレジットカードの利用も借り入れと同じと考えて注意が必要です。


高すぎる借り入れ希望額も審査が通りにくくなる原因です。頭金の額や購入費の再検討が必要かもしれません。


マイカーローンは金利が低い銀行のもの以外にも、ディーラーが扱う信販会社のローンがあります。


金利は高めですが、車を担保とするために総量規制の対象外となるなど条件が緩く、ディーラーも審査に通るための情報を提供してくれます。

住宅ローンとの両立はどうすればいいのか

マイカーローンがあるからといって、住宅ローンが借りられないということはありません。


過去に延滞するなど個人信用情報に問題があるケースを除き、両立は可能です。


ただし、借入金額の制限が起こることがあります。


マイカーローンと住宅ローンの合計額が、その人の家計から返済する金額になるからです。


住宅ローンの広告では低い金利でのケースが紹介されていますが、実際に適用される金利は金融機関が決めるものです。


その金利で月々のローン返済額の上限が決まり、マイカーローンの月々の返済額があるとその上限から差し引いた額が住宅ローンの上限額となるため、借入可能金額が予想より低くなることがあります


場合によっては既に組んでいるマイカーローンを完済しなくてはならなくなることもあります。


収入が分かる資料(源泉徴収票など)や自動車ローンの残高が分かる資料などを用意して、銀行や不動産業者に相談してみましょう。

まとめ:年収800万円の車選びはローンや維持費も考えよう

年収800万の人の車選びで注意すべき点について説明してきましたが、いかがでしょうか。


この記事のポイントは

  • 年収800万円の人の手取り額は約600万円である
  • 車の購入予算は年収の半分が理想であり、年収800万円の人の場合は約400万円となる
  • 年収800万円の人におすすめの車は新車の場合は国産車、中古の場合は国産の高級車や輸入車となる
  • マイカーローンを利用する場合、借入限度額は年収の30%~40%である
  • マイカーローンと住宅ローンの両立は可能だが、借入金額に制限がある場合がある

でした。


年収800万の人が無理なく満足のいく車選びができるお役に立てれば幸いです。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたいマネーライフに関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング