年収500万円の車選びって?適正価格・車種やローンについて解説!

年収500万円くらいの方には、車の購入予算やマイカーローンの審査、購入後の高額な維持費を考えて不安に思う方もいると思います。この記事では、年収500万円程度の方に向けて、新車・中古車・輸入車選びやマイカーローン、維持費の種類や具体的な額を解説していきます。

年収500万円の車選びのポイントって?



自動車を購入する際、車選びの大切な要素の1つが「価格」だと思います。


自動車に限ったことではありませんが、大きなものを購入する場合、年収に対しての「適正価格」があることはご存じでしょうか?


年収500万円の人の手取り金額は、およそ約400万円、月にすると約25万円ほどですがそれに対しての車購入時の適正価格はその約半分の200万円以内が望ましいとされています。


この記事では、年収500万円の人の

  • 車購入の適正価格
  • 購入可能なおすすめの車種
  • マイカーローンについて

を中心に詳しく説明していきます。


車の購入を検討中の方に参考となる内容となっていますので是非最後までご覧ください。


また、年収400万円の方の車選びについても詳しく別の記事でまとめているため、是非そちらも参考に比較をすると理解が深まると思います!


 

車の維持費や予算についてのまとめの記事はこちらですので、合わせてご覧ください!

年収ごとに車にかける金額・おすすめの車種一覧

年収500万円の割合と車購入時の適正価格

先ほど年収500万円では手取りで約400万円、月に約25万円とお書きしました。


では、年収の何分の一の価格の車なら買えるのでしょうか。


年収500万円で買える車の種類などは何があるでしょうか。


以下ではこれらについて説明していきます。

年収500万円の人の手取り額と割合

知っている方も多いと思いますが年収というのは手取り金額とは少し違います。


年収は総支給額であり、そこから所得税や住民税、年金など様々なものが引かれ、その差額分が給与として実際に振り込まれます。


引かれる金額は個人で違うため年収500万円でも手取り金額には違いがあるものの、おおむね年収500万円の手取り金額は400万円前後となります。


手取り金額が、年間400万円であれば単純掲載で月の手取り金額は33万円前後です。


また年2回50万円ずつボーナスが支給される場合は月の給与は25万円前後と計算することが出来ます。


これに加えて住宅手当や交通費などが別途プラスで支給される場合が多いので実際にはもう少し手取りは多くなるでしょう。


ちなみに、国税庁の調べでは給与所得者のうち年収500万円以下の人が占める割合7割、5残りの3割が年収500万円超です。


さらに500万円台というくくりで見ると全体の10%という結果でした。このことからも年収500万円というのは決して低くない給与水準といえます。


参考:国税庁 平成30年給与実態統計調査

適正価格の割合は年収の三分の一くらい!

自動車を購入する時には、金融機関や車やさんでローンを組んで買う場合や貯蓄から一括で支払う場合があります。


ローンの場合は、年収に対して1年間のローン返済額が占める割合のことを「返済比率」と言いますが、この返済比率が決められています。


金融期間ごとに多少違いはありますが、返済比率はおよそ25%から35%となります。イメージでいうと年収の3分の1程度となります。この部分については後程もっと詳しく説明していきますが、価格帯でいうと150万円くらいから最大でも200万円くらいになります。


現金で支払いをする場合には、年収の約半分くらいまでが理想とされていますので200万円くらいの車が適正価格となります。

年収500万の人におすすめの車をご紹介

年収500万円の人が購入出来る車の価格について説明してきましたが、ここではその条件に合う車を国内メーカ6つと海外メーカーのものを1つ紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。


<年収500万円の人におすすめの車(新車価格)>

  1. トヨタ…アリオン/1,988,000円~
  2. 日産…ノート/1,447,600円~
  3. スバル…インプレッサG4/2,002,000円~
  4. スズキ…スイフト/1,377,200円~
  5. ホンダ…グレイス/1,801,800円~
  6. ミツビシ…デリカD:2/1,825,700円~
  7. シトロエン…シトロエンC3/2,290,000円~

まず、1つ目のトヨタのアリオンは、5ナンバーで広々とした車内にも関わらず他の高級車に比べてリーズナブルなお値段が魅力の車です。セダンタイプの車ですが後部座席を倒せばトランクと繋がるのでスキー板などの荷物を運ぶことが出来ます。


2つ目は、日産ノートです。ノートの魅力はなんといっても燃費性が高いことです。また、一部のグレードを除きエマージェンシー装置などの安全装置がついているのでファミリーから高齢世代まで幅広い年代におすすめの車です。


3つ目はスバルのインプレッサG4です。インプレッサG4もセダンタイプの車です。昔から人気のあるインプレッサシリーズですが、国産車初の歩行者用エアバックやアイサイトという予防安全技術を使った装置もついていますので安心です。


4つ目のスズキのスイフトは2000年に発売されて以来人気のコンパクトカーです。コンパクトカーならではの小回りのきく走りやすさに加えて「デュアルセンサーブレーキサポート」という単眼カメラとレーザーを組み合わせた安全装置がついています。対物にも対人にも反応するので運転初心者の方にもおすすめです。


5つ目は、ホンダのグレイスです。ホンダのグレイスは、コンパクトなセダン車です。高級感もありながら、ハイブリッドエンジンにより低燃費で軽やかな走りとなっています。


6つ目は、三菱のデリカD:2です。デリカD:2は、コンパクトサイズのミニバンです。小さな見た目とは裏腹に天井の高い広々とした車内が人気です。スライド式のドアなので子育て世代にもおすすめです。


7つ目は、フランスの自動車メーカーシトロエンです。シトロエンは、外車ならではの外観や内装に加えて乗り心地がとてもよいという点です。雲の上を走っているような極上の乗り心地にはまる人も多くいます。外車は高いから買えないと諦めていた人にも是非おすすめです。


この他にも新車で200万円前後で購入できる車は結構ありますので是非探してみて下さい。

おすすめの中古車と中古車選びのポイント

その他の方法として、中古車を購入する方法もあります。


中古車でしたら年収500万円でも高級車が余裕を持って購入できるのではないでしょうか。


高級中古車のおすすめは以下です。

  • BMW320d本体価格218万円       (年式2013年・走行距離4.3万Km)
  • フォルクスワーゲンパサートヴァリアント  本体価格191.9万円(年式2014年・ 走行距離2.6万Km)
  • メルセデス・ベンツ本体価格200万円   (年式2012年 ・走行距離3.6万Km )


中古車選びのポイントは以下です。

  • 年式と走行距離のバランスは1年=1万kmが目安
  • 走行距離がキリの良い数字を少し超えたくらいの車はお得
  • 3年落ち、5年落ち、7年落ちの車はお得 


年式と走行距離のバランスは1年=1万kmが目安


年式と走行距離はどちらも重要な要素ですが、中古車を探す人の多くは、走行距離を基準にしているようです。 年式が新しい車より、走行距離が短い車の方が高く販売されています。


しかし走行距離が短ければ良いというわけではないのです。車を買っただけで車庫に放置しメンテナンスをされていないため、思わぬ欠陥があったりします。  


年式と走行距離 1年=1万kmを目安にしましょう。


走行距離がキリの良い数字を少し超えた車はお得 


走行距離で検索する際は3万㎞以下などで検索されます。2.9万kmの車と、3.1万kmの車があった場合2.9万㎞の車しかヒットしません。3.1万㎞の車は候補から外れてしまい売れ残って安くなっている傾向があるという事です。


走行距離はキリが良い数字より少し超えた車を探しましょう。


3年落ち、5年落ち、7年落ちの車はお得


車を手放す際、車検前に車を手放す人が多いです。3年落ち、5年落ち、7年落ちの車が多いということです。  多いという事は在庫が多いという事になり、値引かれている可能性が高くなります。


3年落ち、5年落ち、7年落ちの中古車はお得である可能性が高いです。

高級車に乗りたい方におすすめのカーリース

ハリアーやベンツは最安で300万円からあり、レクサスも最安400万円であります。

これらの高級車を年収500万円で新車で購入するのは、ギリギリ出来ない事もないかもしれませんが、無理をして購入すると、その他の生活費が苦しくなってしまいます。 

他にこれらの車に乗る方法としては、カーリースという選択肢もあります。

カーリースではリース料金に、自動車取得税、自賠責保険料、車検時に必要な自動車重量税、事務手数料が含まれています。

購入時に必要なまとまった支払いが不要です。

カーリースなら、初回の支払からずっと定額になります。

例えば、車両価格が250万円で、契約満了時の残存価格が100万円だったとします。 カーリースの月額料金はこの場合250-100=150万円を契約月数で割って算出します。

より手軽な料金で新車に乗れるシステムです。※契約年数やカーリース会社によっては残存価格設定のない場合もあります。 

多くのカーリース商品では、リース契約終了後に残価を支払うことで、車を自分の所有とすることも可能です。 ※契約形態によっては、最終的に車を所有できない場合もあります。

ベンツには NOREL(ノレル)という、ベンツなどの高級車やスポーツカーを含めた100種以上の車が乗り換え放題のため、乗りたい車に短期間で乗ることが可能なサービスがあります。

安く高級車に乗れるだけでなく、いろいろな車を好きなように乗り換えることのできる車好きには最高のサービスです。

このサービスを使えば、年収500万円でも無理なローンを組まずに高級車に乗ることが出来ます。

マイカーローンの審査や限度額について

マイカーローンは、約年収の30%~40%が一般的なので年収500万円の人が組めるマイカーローンの限度額は150万円から200万円になります。


カーローンは年収約200万円から組めますが、以下の場合は審査に通らない事があります。

  • 勤続年数が1年未満である 
  • カードローンなどの返済を延滞している 
  • 複数金融機関でカードローン等の借入れがある 
  • 過去に債務整理、代位弁済を利用した事がある
などです。


携帯電話の未払いなども気を付けて下さい。


5年~7年が返済期間になります。


年収500万円の人が250万円の車を購入すると、頭金が50万円~100万円必要になります。


住宅ローンとの併用


マイカーローンがすでにあると住宅ローンの審査に影響があるのでしょうか?


借入可能額に影響はありますが、審査の可否に影響はありません。


年収によって住宅ローンの返済額の上限(割合)が決まるので、マイカーローンがあると住宅ローンの借入金額が低くなります。


住宅ローンに自動車ローンを上乗せして組み込む事は出来ません。

まとめ:年収500万円の方も無理のない予算内で車を購入しよう

以上のように、年収500万円の方の車の購入について詳しく説明してきましたがいかがだったでしょうか。


この記事のポイントをまとめると

  • 年収500万円の人の場合、車を購入する場合は現金で購入するのであれば年収の約半分250万円以内が望ましく、ローンを組むのであれば返済比率を考慮し頭金なしの場合は150万円から200万円が限度となる
  • ただし、マイカーローンを組む場合には審査により他に借入がある場合などローンを組めない場合や限度額が低くなることもある
  • 高級車を購入した場合には、中古車やカーリースを利用することで予算内に抑えられる可能性があるので検討してみる


自動車は、家の次くらいに大きな買い物です。年収500万円の人の購入できる車は色々ありますが、購入して終わりというわけではなく、その後も生活していきながら維持費がかかってきますので、予算を決めて無理のない範囲の自動車を購入しましょう


保険ROOMでは、この他にもマネーライフにまつわる記事を多数掲載していますので是非ご覧ください。


この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング