年収400万円の車の適正価格は?予算の目安と車種やローンなどを解説

年収400万円の人の車の適正価格はいくらなのでしょうか。実は、車の購入予算額は高くても年収の半分程度とされています。無理のない予算設定で車の購入を検討しましょう。今回の記事では、年収400万の人の車選びについて、予算の目安やマイカーローンなどを解説します。

年収400万円の車選びの予算目安は?

車を購入しようと思い立ったきっかけは、免許を取得した人や家を購入して通勤で必要になった、環境が変化したなど人それぞれです。


そこで、心配なのは車購入の資金ではないでしょうか。軽の中古車で50万円以上、新車ともなると少なくとも100万円以上の資金が必要です。また、ローンを組んで払う場合、月々どのくらいまで払うことができるのか、審査は通るのか、心配な点は多くあるかと思います。


さらに車に詳しくない人であれば、何を参考にして車選びをしたら良いのか分からないと思いますし、本当に自分の環境と年収にあった車を見つけるのは難しいのではないでしょうか。


そこで、この記事では年収400万円の人を例に、車の購入を検討している人の参考になるよう

  • おすすめの車選びの方法
  • 住宅ローンと車のローンの仕組み

などを分かりやすくお伝えしていきます。


この記事を最後まで読んでいただけたら、年収400万円の賢い車選びの方法を発見できると思います。


また、年収500万円の方の車選びについても詳しく別の記事でまとめているため、是非そちらも参考に比較をすると理解が深まると思います!


 

車の維持費や予算についてのまとめの記事はこちらですので、合わせてご覧ください!

年収ごとに車にかける金額・おすすめの車種一覧

年収400万円の割合や購入予算の目安

年収400万円で購入できる車の相場を提示していきますが、車の2台持ちや外国車に乗りたいなど人によっては条件が変わってくると思います。


ここではあくまでも年収400万円の一般的な予算やおすすめの車を紹介していきますので。ぜひ、参考にして下さい。


おすすめした車以外にも市場には色々と良い車がありますので、自分で乗りたい車があれば積極的に探してみて下さい。


まずは、年収400万円の人の予算の目安を知ってもらい、その後おすすめの車をご紹介していきます。

年収400万を稼ぐ人の割合と手取り額は?

年収400万円の人はどのくらいいる?

一年間で400万円から500万円以下の収入がある人は、全体の13.9%です。(2015年国税庁民間給与実態統計調査より)意外と多いことがわかります。


年収400万円の手取り額

年収から所得税、住民税、社会保険料などを引いた実際に手にする金額、それが手取り額になります。


それでは、年収400万円では手取り額はいくらになるのでしょうか。


住んでいるところでも違いはありますが、独身かつ扶養家族がいない場合は税金や社会保険料などを引いた手取り額は年収の約8割と言われているようです。


そうすると、年収400万円の手取り額は約320万円ということがわかります。


もし、ボーナスが年2回2ヶ月分の支給とすると、1ヶ月当たりの手取り額は約20万円となります。

車の購入予算の目安は年収の半分くらい(200万円程度)

年収400万であれば、200万円が目安!

年収400万円の人が車を購入するにあたって、自分の年収は分かっているが、車を購入する予算の立て方が分からない人もいると思いますので目安をお伝えします。


一般的に車購入で使う予算は、大体年収の半分以下が目安と言われております。そのため年収400万円の人の場合200万円となります。


購入方法は、一括払い・分割払いの2種類

車の購入方法はいくつかありますが、主な購入方法の2つを紹介します。

  1. 一括払いでの購入
  2. 分割払いでの購入

1.一括払いでの購入

まずは1つ目の一括払いでの購入金額の目安についてですが、結論一括払いで購入する場合は、自分で所有しているお金の額が目安になります。


年収400万円でも1,000万円の貯金を持っていれば、自分の年収以上の車も購入することはできます。


しかもここ最近では、故障なども減ってきているので、修理・設備費用は抑えられますし、燃費性能なども高まってきていますのでほぼ維持費などは考えずに購入ができます。


ただ注意しなくてはいけないのは、生活に支障が出ないように、最低限以上のお金は残しておく事ローンを利用して現金を手元に残しておいた方がいい事もあります。


2.分割払いでの購入

2つめの分割払いでの購入金額の目安についてですが、月々支払いをしても生活に支障がない金額が目安になります。


年収400万円であれば、いくらのローンが通るか不明ですし、長期ローンを組んで車を購入したくない人もいると思いますので、まずは200万円の予算内に収められるおすすめの車をご紹介していきます。

年収400万の人におすすめの車を紹介

新車だけじゃなく中古車にも選択肢を広げましょう

年収400万円の人におすすめできる車をご紹介していきます。


誰もが自分が乗る車は新車が良いと思うかもしれませんが、中古車の選択肢も入れる事で年収400万円の人の同じ予算でもグレードが上の車を購入できる選択肢が広がると思います。


新車で購入できる車と中古車で購入できる車のそれぞれで紹介していきます。


新車で買える車

カローラアクシオ(TOYOTA)

値段
148万5,491円~
ボディタイプセダン
特徴安心・安全・快適という原点回帰
カローラ“初”コンパクトサイズを実現


フリード(HONDA)

値段188万円~
ボディタイプミニバン
特徴5ナンバーサイズで税金が抑えられる
ガソリン燃費17.6kmと維持費◎


フィアット500(フィアット)

値段199万8,000円~
ボディタイプコンパクトカー
特徴名車の復刻モデルの3ドアハッチバック
ガソリン燃費19.4km~と維持費も優しい
可愛らしいフォルムで人気車種


up!(フォルクスワーゲン)

値段158万7,000円~
ボディタイプコンパクトカー
特徴フォルクスワーゲンの中で最小モデル
専用アプリでスマホ連動できる次世代型



中古で買える車

プリウス(TOYOTA)

値段149.9万円
ボディタイプセダン
特徴エコカーの代名詞
2013年式で走行距離5万km以下

リーフ(日産)

値段178万8,000円
ボディタイプハッチバック
特徴電気自動車で維持費◎
充電スタンドも増加傾向

ヴェゼル(HONDA)

値段184万8,000円
ボディタイプSUV
特徴HONDA売れ筋SUV
アウトドアが好きな人におすすめ
スタイリッシュの上に燃費性能◎ 

ランサーエボリューション(三菱)

値段段119万8,000円
ボディタイプスポーツモデルカー
特徴2000ccのハイパワーターボエンジン搭載
言わずと知れた名車

GLAクラス(メルセデス・ベンツ)

値段179万円
ボディタイプSUV
特徴
GLAクラスはダイムラーが販売している車
アウトドア好きはもちろん1度は外車も味わいたい人には必見

年収400万のマイカーローンと借入限度額について

多くの人が分割で車を購入する事を選択していくと思いますので、マイカーローンについて以下疑問も出てくると思いますので解説していきます。

  • マイカーローンとは?
  • 年収400万円の借入限度額はいくら?
  • 車2台持ちの時の二重ローンって?


マイカーローンとは?

 車購入やカー用品購入、車検や免許取得費用などの車に関係する事で資金が必要な時に、お金を金融機関で借りれるのがマイカーローンです。


申し込みは簡単で、銀行であれば借りたい銀行に対して申し込みをすればよく、信販会社であれば車を購入するディーラーや教習所から申し込みをする事で資金を借りる事が可能です。


年収400万円の借入限度額とマイカーローン

年収400万円のマイカーローン限度額は?

一般的に限度額は年収=限度額が目安になってます。なので、年収400万円の人の場合400万までということになります。


しかし、年収400万だからと言って400万の車を購入する人は少ないと思います。


また、マイカーローンの借入限度額は「返済負担率」も大きく関係しております。返済負担率とは、年収に対して年間にどれだけの割合で借入金の返済をしているかというものです。


計算式を覚えておくと良いでしょう。この返済負担率が低いほど良いという事になります。

年間の返済額(万円) ÷ 年収(万円) × 100 = 返済負担率(%)


年収400万の場合でマイカーローンを借りる場合、人それぞれに環境によって返済負担率は違ってきますが、25%~40%以内で考えると良いでしょう。

車を2台持ちたいときの二重ローンについて

車の二重ローンって通るの?

家族がいる人であれば自分自身の車を購入した後に家族の車も購入したいという人も少なくないと思います。


そこで、年収400万円で車の二重ローンはできるのかという疑問について触れていきたいと思います。


結論としては、条件によっては組めます。しかし、まだマイカーローンの支払いが残っている中での二重ローンはおすすめしません。何故なら家計を圧迫するからです。


単純に支払いが2倍になると、支払いができなくなったり、生活そのものが苦しくなってしまったりとリスクが高いと思います。


それでも、2台目がどうしても必要であれば残債を0にしたり、ディーラーに支払いの方法など計画を相談してみましょう。

参考:住宅ローンとマイカーローンの両立はできるの?

車を購入したいと思ったきっかけのひとつが、マイホームを購入して環境が変化したという人も少なくないと思います。


住宅ローンを組んでいてマイカーローンが組めるのか、またはマイカーローンの限度額が少なくなるんじゃないかと不安に感じている人のために、

  • 家と車のローンの両立
  • 住宅ローンの影響

についてお伝えいたします。


住宅ローンとマイカーローンの両方を組むことは可能ですが、借りられる上限額が一方のローンの影響を受けるので、両方のローン計算方法を知っておく必要があります。

家と車のローンの両立はできる

重要なのは返済比率!

住宅ローンもマイカーローンの借入限度額には、返済比率が大きく関わってきます。


ほとんどの住宅ローンでは年収400万円の場合には返済比率は30%と定められておりますので、実際の限度額は年間の利息を含めた120万円以下となります。

年収400万円×30%(返済比率)=120万円

マイカーローンは、【年収400万円の借入限度額とマイカーローン】で触れた返済負担率が25%~40%以内と目安があります。


そのため、仮に住宅ローンの支払い金額が月々75,000円の場合、月々25,000円の支払いであれば両立することができます。

120万-75,000円(住宅ローン支払い)×12か月=30万(年間ローン限度額)


住宅ローンが車のローンを圧迫する?

ローンの限度額は1つの部屋みたいなもの

複数のローンを両立すると、他一方のローンの上限額を減らします


分かりやすくご説明をさせて頂くと、まったくローンを組んでない人を7畳の部屋だとします。7畳の部屋に大型の家具を入れていくと部屋が狭くなりますよね?


ローン=家具だとすると家具(ローン)を入れていくと、部屋(上限額)が狭くなっていきます。住宅ローンも自動車ローンも返済計画をしっかり立ててからにしましょう。

まとめ:車の値段の目安とマイカーローンを把握しておこう

この記事では年収400万円で購入出来る方法を解説してきました。


今回の記事のポイントは、

  • 車購入の予算は、200万円が目安
  • マイカーローンの限度額は返済負担率が大きく関係する。
  • 住宅ローンと車のローンは両立できるがどちらかが他ローンの限度額を減らす

でした。


車を購入する際は、今後の人生設計やマイカーローンの借入限度額を考慮して、まずは予算を決めましょう。


車を見ていると上のクラスの車種、同じ車でもグレードの高いものに目を奪われてしまいがちです。予算を決めて、その予算の範囲内のものだけを見ていくことをおすすめします。


そして無理のない範囲でゆとりをもって立てた予算をもとに、愛車選びを楽しみましょう。販売店や中古車ディーラーを回っているときっとお気に入りに出会えるはずです。


また、この記事に紹介したおすすめの車も参考になれば幸いです。


ほけんROOMでは他にも読んでおきたい保険やマネー・ライフに関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。  
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング