18歳からの保険なら貯蓄型がおすすめ?高校生は医療保険にはいるべきか解説

学資保険満了後、18歳から新しく保険加入が必要か気になりますよね。実は、18歳から医療保険や生命保険に加入する必要性は低いです。18歳から新しく保険に加入するならば、貯蓄型のものがおすすめです。ここでは、18歳から必要・不必要な保険とその理由を解説します。

内容をまとめると

  1. 18歳から医療保険や生命保険に加入する必要性自体は少ない
  2. その理由は、若いうちは病気になる可能性が低いこと、子供などがいないことが多いので死亡保障の必要性が低いなどがある
  3. ただ、終身医療保険は若いうちに加入すれば保険料が安く済む
  4. そのため、学資保険満期のタイミングで貯蓄型の終身保険に入らせるのは選択肢としてあり
  5. 18歳というタイミングで保険に加入すべきかどうか知りたい方は、生命保険のプロに無料相談するのがおすすめ
  6. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

18歳からの保険は必要か?医療保険・生命保険はおすすめ?

高校を卒業して早い人では社会人に、大学へ行く人は学生を続けるという選択をする年です。


18歳になるとそれまでかけていた学資保険や共済が契約満了になり、保障がなくなってしまう人が多くいます。


18歳になり親元を離れて働き出す、大学へ行くという場合、心配で仕方ないという方も多いのではないでしょうか?


それまでは子供の医療保険は学資保険に上乗せしていたのに、これでから病気になったらどうしようと考える親御さんも多いことでしょう。


しかし、そこで焦って医療保険などへの加入を急いではいけません。


この記事では、

  • 18歳から医療保険や生命保険に加入する必要性があるのか
  • 医療保険にまつわる社会保険(公的医療保険・労災保険)について
  • 入るなら貯蓄型!とお考えの方に解説する医療保険のトレンド

について考えていきたいと思います。


まずは、保険の意味をしっかり考えた上で契約をどうするか検討しましょう。 


ただ、自分や子供に医療保険が必要か、プロに相談して判断したいという方は、保険のプロに無料相談するのがおすすめです。


下のボタンから保険のプロへの相談予約ができますので、ぜひご利用ください。

18歳(高校生)から医療保険・生命保険に加入する必要性は少ない

そもそも医療保険とは、急な病気やけがで入院、通院、手術などをしなくてはならなくなった時に支払うお金の手助けをするためにあるものです。


日本人は国民皆保険で、基本的には健康保険に入っています。


ですから18歳になってそれまでの共済や学資保険がなくなったからと言って、医療保険もなくなるのではなく、病気やけがをしたらすぐにお金に困るのか、といえばそうではありません。


健康保険を使うことが出来ますし、高額療養費制度というものもあります。


※高額療養費制度:月に支払う医療費の自己負担限度額以上は還付される制度


また、18歳という若さを考えましょう。


先天性の持病を持っているとか身内が皆若い内にがんになっているなどの特別な状況を除き、それほど病院に世話になることは少ない年齢ではないでしょうか。


確かに一度病気になったら医療保険には入れないと保険会社が訴えてはいるものの、使う可能性が少ないものに毎月保険料をかけてもしもの備えをするのは、果たして経済的であると言えるでしょうか。


そのお金をたんす貯金していたら貯まる金額を考えてみると、そこがハッキリするはずです。 

社会保険(公的医療保険・雇用保険)が日本では充実している

アメリカなどでは、医療費が払えず自己破産することが比較的多く、医療保険の重要性が高いですが、日本では、セーフティーネットとしての社会保険が充実しています。


厚生労働省によると平成29年度の生涯医療費は2,700万円とされていますが、15~19歳が占める医療費は2%と低く、年間41万円とされています。


健康保険で3割負担になったり、高額療養費制度などで実際の年間の医療費はより低くなり、自己負担額が減ります。


上記を加味した上で病気やケガをした際にかかる費用を紹介します。20代ですと健康に自信があり入院などをするとは思ってもいない方が多いかもしれません。


しかしリスクは誰にでもあるものですので、一度入院にかかる費用を見てみましょう。

 入院費(1日あたり)
割合
5,000円未満12.6%
5,000~7,000円未満8.3%
7,000~10,000円未満13.4%
10,000~15,000円未満
24.6%
15,000~20,000円未満7.5%
20,000~30,000円未満14.2%
30,000~40,000円未満7.1%
40,000円~12.3%
上記は高額療養費制度や、公的保険を利用した上での1日あたりの自己負担額となっています。

年齢に限らず入院日は上記のようになるようです。18歳でのケガで考えられる骨折などですと入院日数が2週間ほどとなりますので、自己負担額が20万円前後になってしまうこともあります。

また、年齢が近い20代の保険料をみてみると、年間で男性が150,000円、女性が114,000円ほどとなっています。

もし保険に加入していると病気やケガをしなくても上記の保険料がかかりますので、18歳前後での民間の医療保険加入の必要性は低いことがわかります。


次に主な社会保険について解説していきます。

社会保険(公的医療保険と労働保険)

社会保険(公的医療保険と労働保険)

急な病気やけがに関しては、健康保険(高額療養費制度と傷病手当金)と労災保険があります。

今回はこれらについて簡単にまとめていきます。

高額療養制度(公的医療保険)で保険料を一定まで抑えられる

ご存知かと思いますが、高額療養制度とは、月初から月末までの一ヶ月間にかかった医療費の自己負担額のうち、一定の金額を超えたものについて、お金が戻ってくる制度です。


公的医療保険に含まれるこの制度を利用することによって、通常3割となる医療費の自己負担を抑えることができるため、手術や入院など高額な医療費が発生した際のセーフティーネットとして、かなり役立ちます。


高額療養制度の自己負担限度額は基本的に、収入や年齢に応じて決まってきますが、70歳未満の一般的な収入のある方の場合、一ヶ月の自己負担分(年齢や所得)を超える時に利用可能となります。

また、支給額や回数には制限がないため、この制度は年に何回でも利用することができます。


18歳のお子様であっても、長期の治療で月の自己負担分を超過してしまう場合には活用しましょう。

業務外での怪我や病気には傷病手当金(公的医療保険)もある

傷病手当金とは、公的医療保険に含まれる制度の一つです。

18歳から働き始めるという方に向けたものです。


この制度は、公的医療保険の被保険者が、業務時間外、病気やけがで会社で働くことができなくなった際に、被保険者およびその家族の生活を保障するものです。


仕事に就くことができないという証明が必要ですが、がん治療をはじめとした最先端の先進医療など、自費で払わなければならないものに関しても、傷病手当金の支給対象になります。


給付される金額としては、直近まで支給されていた月々の給与の約3分の2程度が支給の目安とされており、期間としては最長で1年半と定められています。


ただし、この傷病手当金は、被保険者が加入している健康保険組合に申請して、初めて支給開始になるため、働けなくなった際には直ちに申請を出す必要があります。

会社によっては労災保険(労働保険)も保障される

労災保険とは、労働者災害補償保険の略であり、業務中の労働者を保護するという考えに基づいて設けられた社会保障制度の一つです。


こちらも18歳から働き始めるという方に向けたものですが、傷病手当金とは、「業務中の補償」という点で異なります。

この労災保険は、労働者の通勤中や業務時間中に起こった事故や災害を補償するものであり、労働者が被った災害に応じて、給付金が支払われる仕組みとなっています。


労災が認定された場合に補償されるものとしては、怪我や事故の治療費をはじめ、休業している期間の給与や介護費用、子供の学費まで多肢に渡ります。

会社によりけりなので、しっかりチェックするようにしましょう。


また、この労災保険は無過失責任といわれ、労災が労働者自身の失敗によって引き起こされた場合であっても、必要な給付が減らされることはありません。


そのため、業務中、事故にあった際には労働者の権利として積極的に活用するようにしましょう。

学資保険満期後は貯蓄型の保険に入り将来に備えるのもおすすめ

ですから、18歳になって保険が途切れてしまったからといって焦る必要は全くありません。


資産形成機能がある医療保険に加入していれば、将来のための蓄えとすることができます。


18歳からの5年間一度も医療保険を使っていなければ、保険料は掛け捨てですから何も残りません。


そこで18歳という若者の保険を検討するのであれば医療保険ではなく、貯蓄型を考えてみるのはいかがでしょうか。 

貯蓄型の保険①健康ボーナスが貰えるタイプ

貯蓄型といえば、代表的なのは終身保険や養老保険ですが、終身保険や養老保険に医療特約をつけると18歳であっても保険料が高くなりがちです。


そこで、健康ボーナスを貰える医療保険はいかがでしょうか。


例えば契約して3年間保険を使わなければ3年目には健康ボーナスとして給付金が貰えるという保険です。


これであれば掛け捨てではないので、保険を使わなくてもお金も貰うことができ、その間の安心も買えることになります。


18歳から3年後の21歳でまとまったお金を貰うことが出来たらきっと役に立ちますよね。 

貯蓄型の保険②生存給付金が受け取れるタイプ

生存給付金が受け取れる保険もあります。


契約した時に定めた年齢で生きていればお金が貰えるという保険です。


医療は公的医療でカバーして保険では安心を買いつつお金を貯める、万が一の時には保険金も出るというのであれば後々の不満は少ないでしょう。


18歳で加入すると、その若さから毎月の保険料は安いはずです。


その保険料が定期保険では5~10年、終身では一生同じ保険料で入ることが出来るのです。 


ここまで、貯蓄型の保険を紹介しましたが、そもそもどの保険が貯蓄型なのか自分にはどの貯蓄型保険があっているのかわからないという方も多いと思います。


そのような方は、保険のプロ無料相談するのがおすすめです。


貯蓄や年収、備えたいリスクからプロがそれぞれに合った保険を提案してくれます。


下のボタンから無料相談の予約できますので、ぜひご利用ください。

18歳から入るのにおすすめな終身医療保険を比較

終身医療保険とは、その名の通り、加入した時から一生涯保障される医療保険のことです。

この保険は、定期医療保険と異なり、保障内容や支払う保険料に更新がなく、加入時から保険料が変わりません。


そのため、年齢が若い18歳から加入し続けるならば、おすすめの保険商品といえるでしょう。


※下記は18歳男性におすすめの終身医療保険になります。
 引受保険会社 ネオファースト
生命
東京海上日動
あんしん生命
オリックス生命 SBI生命 アフラック
 月払い保険料  873円
1,049円1,167円1,200円1,204円
 契約年齢 0歳〜満85歳0歳〜75歳0歳〜80歳6歳〜75歳0歳〜満85歳
 払込期間 終身終身終身終身終身
 入院給付日額 5,000円5,000円5,000円5,000円5,000円
入院限度日数
(特定疾病の場合)
60日60日120日60日

月々に支払う保険料を始め、入院限度日数などの保障内容は各保険会社ごとに異なります。


また、同じ年齢であっても性別によっておすすめの保険商品が異なることがあります。


もし「自分が検討している保険は本当に自分に合っているかわからない」と悩んでいる場合は、保険のプロ無料相談するのがおすすめです。


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

まとめ:18歳は保険に入るべきかどうか

18歳は、健康で元気な年齢です。

この18歳の時に医療保険にお世話になるような大きなけがや病気をする可能性は少ないといわざるを得ません。


しかし、保険にはずっと入らないでいて、女性特有の病気が気になりだす中年になってから医療保険に加入するのと、18歳やそこらの年齢で医療保険に加入しておいてそれをずっと持っているのでは、結果的には18歳で加入していた時の方が総保険料は安くなることも多いのです。


いつ病気やけがをするかは誰にも判りませんから、若くて健康な18歳の時に安い保険料で加入しておくことは間違いなく大切な人生設計の内です。


しかし、毎月保険料を支払っていて、結局一度も使わずに70歳になってしまった、という方がたくさんいるのも事実ですから、その時にもったいなかったなと思わない保障もないわけです。


この世でいつでも強いのは現金であることは間違いありませんから、貯金をすることは大切です。

医療保険に入りながら貯蓄の面もカバーできる、そんな商品も勿論ありますから、18歳になった我が子の医療保険を検討するのであればその方面も考えてみるようにおすすめします。


健康で何も起こらずに40歳に突入した、その間保険で安心も買えていたし、資産形成もできているからいつ現金が必要になっても大丈夫、そういう結果を望むか、保険は掛け捨てで当たり前、少しでも安く入って医療保険で安心を買い、貯金は別でしていくのか。


人生の一大イベント、結婚や出産の時にパートナーと家計のことも考慮しつつ医療保険を決めるのか。選択肢はいくつでもあります。


大切なのは、自分が後悔しないだろうと思えるものを選ぶことです。 


もし自分一人で選ぶことに不安があるなら、保険のプロと一緒に保険選びをしてはいかがでしょうか?


ほけんROOM相談室では、LINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

医療保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング