乳腺嚢胞と診断されたけど乳がんの心配はない?保険加入できる?

あまり聞き慣れない「乳腺のう胞」はどんなものなのか。診断されたのであれば、ぜひ知っておきたいのではないでしょうか。保険に入る際に支障が出てしまうのか、心配になりませんか?この記事では、乳腺のう胞や乳腺の病気について、診断後の保険の加入について説明します。

内容をまとめると

  • 乳腺のう胞は良性で治療しなくても問題ない
  • 乳腺のう胞ががんになることは基本的にはない
  • 告知は事実を伝える必要がある 保険に入れないときは引受基準緩和型保険や無選択型保険も選択肢のひとつ
  • 出産や女性特有の病気に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!
マネーキャリアについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

乳腺嚢胞と診断されたけど乳がんの心配はない?保険加入できる?

胸にしこりがあるような気がする胸が痛いといった症状はありませんか?

いつもと胸の様子が違えば、乳がんかもと思う方も多いかもしれません。


実は乳がんでなくても、しこりができたり、痛みを感じることがあります。

乳腺のう胞もその一つです。


この記事では

  • 乳腺のう胞って何?
  • 乳がんと関係ある?
  • 乳腺のう胞があるといわれた場合の保険の加入や告知
  • 乳腺のう胞が原因で保険に入れないときは?

について、詳しくお伝えします。


この記事を読んで頂ければ、乳腺のう胞がどんなものか、乳腺のう胞がある場合にどんな保険に入ればいいか、より深く知って頂けると思います。


ぜひ最後までご覧ください。


保険ROOMでは他にも知っておきたい女性保険に関する記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

妊娠中の疾患・女性特有の病名一覧

乳腺嚢胞とは?

乳腺のう胞は

  • 乳腺に液体が溜まった袋ができている状態

です。


一般的には

  • 良性で、症状がなければ治療の必要はありません

そもそものう胞とは、液体がたまる袋ができたもので、体の中の色々な場所にできます。


 乳腺は母乳など乳房の中で作られた乳汁を運ぶための通り道で、その通り道でのう胞ができるために、痛みしこりなどがみられます。


 最近では病気ではなく生理的な変化であると考えているお医者さんもいます。


とはいえ、病院に行って検査をしなければ乳腺のう胞かどうかはわかりません。

何よりご自身の胸にしこりができていたり、痛みがあるのはとても心配になることでしょう。

  • 診断のためにどんな検査をするか
  • どんな治療があるか

をお伝えしていきます。 

乳腺嚢胞の検査方法はエコー検査

乳房の検査というとマンモグラフィーが真っ先に思い浮かぶかもしれません。

ですが、マンモグラフィーは全体的に乳房の様子をみることができますが、ピンポイントで詳細に観察することができません。 


一方エコー検査は、エコーをあてた部分の反射で中の様子を詳細にみることができます。

そのため乳腺のう胞の疑いがある場合は、エコー検査を受けることになります。


のう胞があるかないか大きさいくつあるのかを見ることができます。

嚢胞・しこりが気になる場合は針で潰す治療もできる

経過観察するのが一般的

乳腺のう胞は良性であるため、できてしまったとしても体に大きな問題はありません

ホルモンのバランスや月経も関連し、何もしなくてもなくなることがありますし、閉経すれば小さくなることも多いので、症状がなければ治療の必要はありません。


症状があるときには治療できる

のう胞の中の液体が増えたり減ったりすることで、痛みがでたり、しこりが大きくなることがあります。

その場合は、のう胞に針をさして中の液体を吸ったり、外に出すことで症状が軽くなります。 


のう胞はなくならない 

針を刺して液体を抜いてもらっても、のう胞は残ったままなので、また液体がたまってしまう可能性があります。

乳腺嚢胞は良性なので基本的に乳がんではない

乳腺のう胞と乳がんの違い

  • 乳腺のう胞と乳がんの大きな違いは、良性悪性かということです。

乳腺のう胞でできるのう胞の中の液体に、悪性の成分が含まれていないものが乳腺のう胞と診断されます。 

悪性の成分が含まれているかどうかは、のう胞の中の液体を検査するとわかります。


一方乳がんは悪性の腫瘍が乳腺にでき、腫瘍が大きくなったりして、悪さをすることで一部だけではなく体の様々なところで弊害を生じさせてしまう病気です。


乳腺のう胞はがんに変化しない

  • 乳腺のう胞は一般的にがん化することはないといわれています。
大きさが変化したり、痛みが強くなったりすることがあるので悪化しているかもしれない。

がんになっていないか、不安に思うかもしれません。 

大きさの変化や痛みの増強は、のう胞の中の液体の量が変化することにより生じるものなので、がんになってしまったために大きくなったり痛くなったりするわけではありません。 

乳腺嚢胞は保険加入で告知が必要?

保険に入る前に相談が必要

これまで乳腺のう胞は生理的な変化で、必ずしも治療は必要ないことをお伝えしてきました。 乳腺症は乳腺の変化による症状の総称ですが、乳腺症と診断があれば、保険に条件を付けて加入することになるときもあります。


事前に相談し、乳腺のう胞があっても保険の契約に問題がないかを確認することをおすすめします。


乳腺のう胞の告知は必要か

保険に入ろうとする際には、健康状態病歴を保険会社に伝える、告知義務があります

乳腺のう胞は、生理的な変化ですが治療が必要になることもあり、あるという事実を知っていて伝えないことは、告知義務違反に該当する可能性があります。


事実を伝えないことで保険の契約が解除になってしまうことがあるため、正しい告知が必要になります。


まずは相談を
ご自身で判断せずに、事前に相談しておくことをおすすめします。


告知告知義務違反について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

  • 乳腺のう胞や乳腺症があっても入れる保険はある?
  • 乳腺のう胞があったら今後、新しく保険には入れなくなるの?
  • 告知義務違反に該当する?
と不安に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときは、マネーキャリア無料相談がおすすめです。

保険のプロオンライン簡単に相談できます。   

通常の保険に加入できなかった場合に検討すべき保険

通常の保険に入れなかったとしても、絶対に保険に入れないということはありません。


病気があったり、治療が必要な方も入れる可能性の高い

  • 告知の項目が少ない、引受基準緩和型保険
  • 告知の必要がない、無選択型保険

についてお伝えします。

告知の緩い引受基準緩和型保険

引受緩和基準型保険とは

一般的な保険に比べて告知しなけばならない内容が少なく、乳腺のう胞が理由で一般的な保険に入れなかった方でも入りやすくなっている保険です。


保険会社により告知しなければならない内容は異なるので、ご自身の病気やその状況が告知しなければならない項目に当てはまらなければ契約が可能となります。


  • 保険料が割高
  • 支払い削減期間のあるものが多い
  • 特約もある

のが特徴です。


もっと詳しく引受基準緩和型保険について、知りたい方は以下の記事をご覧ください。

告知のない無選択型保険

医師の診査・告知が不要

先ほどの引受基準緩和型保険よりも入りやすい保険です。 


告知の面で比べてみると

  • 引受基準緩和型 少ない告知
  • 無選択型 不要

となっており入りやすい反面、保険料は大幅に割増されます。


詳しくは以下の記事をご覧ください。

保険で困っているならマネーキャリアの保険相談がおすすめです。


「本当にこの保険に入っていいのかな」、「自分に合っているのかな」と思ったそんなときは、専門家に相談してみてはいかがですか? 


マネーキャリアでは、無料で保険の専門家に相談できます。


本当に必要な保険かを検討する判断材料になりますので、ぜひご活用ください! 

参考:乳腺に関わる病気【乳腺症・線維腺腫・石灰化など】

乳腺のう胞があっても、基本的に治療は不要であることはお伝えしました。


それでは、乳腺に関わる他の病気にはどんなものがあるでしょうか。


乳腺に関わる病気はたくさんありますが、

  1. 乳腺症
  2. 線維腺腫
  3. 乳腺炎
  4. 乳管内乳頭腫
  5. 石灰化

をとりあげます。

  • 乳腺症

乳腺の生理的な変化により出現する症状の総称です。

良性なので基本的に治療は不要で、症状があれば行われます。

  • 乳腺炎

乳腺に炎症が起きている状態で、感染乳汁がたまって発症するのが一般的です。

多くは授乳中に母乳がたまり炎症が起きますが、細菌の感染でも発症します。

高熱・強い痛み・赤み・腫れなどの症状がでて、薬で治療しますが、切開して膿を出すときもあります。


授乳中以外でも乳腺炎になってしまうときもありますが、炎症は、乳がんでも起きます。

授乳中以外で乳腺炎に似た症状があれば、受診が必要です。

  • 繊維腺腫

良性で、ほとんどがん化することはないため、基本的に治療は不要です。

しこりが大きかったり、大きくなっていれば手術をして腫瘍を取り出します。

  • 乳管内乳頭腫

乳汁の通り道や、乳汁の出口の周りにできやすい腫瘍で、良性です

血混じりの乳汁が出ますが、乳がんでも血混じりの乳汁が出るので、早めの受診が必要です。
がんにはならないですが、手術で腫瘍を取り除きます。

  • 石灰化

カルシウムのかたまりで、乳腺にもできます。

乳がんでもでき、カルシウムのかたまりではなく、がんの細胞が壊死してできます。

かたまりががん由来かは、石の形・大きさ・できた場所などで判断されますが、疑わしいときは経過観察後に再検査をしたり、精密検査が行われます。


ご自身の胸に違和感があったり、いつもと違う感覚があるのでしたら、受診をおすすめします。

良性の疾患といわれていても、体のなかで何が起こっているのかは検査をしてみないとわかりません。

大丈夫と思っていても、「あのとき、病院に行っていたら良かった」、「ちゃんと検診を受けておけば良かった」思う日がくるかもしれません。


日頃のセルフチェック定期健診が早期発見につながります。 

まとめ

乳腺のう胞についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

この記事のポイント
  • 乳腺のう胞は良性で、治療しなくても問題ない
  • 乳腺のう胞ががんになることは、基本的にはない
  • 告知は事実を伝える必要がある
  • 保険に入れないときは引受基準緩和型保険無選択型保険も選択肢のひとつ
でした。

乳腺のう胞があっても、症状がなければ特別な治療は必要ありませんし、体に悪影響も出ません
ですがしこりや痛みが他の原因から出ている場合もあるので、検査は必要です。

また乳腺のう胞があることで、保険に加入しにくくなってしまうこともあります。
かといって、引受基準緩和型の保険や無選択型の保険に入るのはデメリットもあります。

ぜひ保険の専門家相談して、ご自身に合う保険選びのお手伝いをしてもらうことをおすすめします。

ほけんROOMでは、ほかにも読んでおきたい女性保険に関する記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

ランキング