子宮頸管ポリープ切除は保険金がもらえることが多い!告知は必要?

子宮頸管ポリープ切除は保険金がもらえることが多い!告知は必要?

様々な病気にかかってしまった時に保険金がもらえるかどうか非常に気になるところですよね。保険金がおりるかどうかによって気持ちの面でも、治療に対する考え方でも違いが出てきますね。女性特有の子宮頸管ポリープにかかり、切除した場合などは知っていないと受給のための手続きをせずに過ぎてしまうといったこともあるかもしれません。


この記事では

  • 子宮頸管ポリープとは?
  • 子宮頸管ポリープの治療(手術)に保険は適応される?
  • 病気治療後の保険加入は可能かどうか
について解説していきます。

是非最後までご覧ください。

ほけんROOMでは、他にも知りたい情報を紹介した記事を多数掲載していますので、お悩みがある方や困りごとを抱えている方は是非他の記事も参考にしてみてください。

子宮頸管ポリープとは?

子宮頸管ポリープというものをご存じでしょうか。


しきゅうけいかんポリープ」と読みます。


女性に関係するもので、30代・40代頃の女性や、出産回数の多い女性にはよく起こりうるポリープと呼ばれる良性の腫瘍ができてしまうというものです。


女性ならば誰しもが患う可能性があるもので、決して治療が難しいものでは無いので落ち着いて対処していくことが重要になってきます。


どんな症状が出るのかなどを知らないと見過ごしてしまうこともあり、知っているかいないかでは早期に対処できるかどうかも変わってきますので是非この記事をご覧になって知識を得ておいていただけると良いと思います。


知識を得ておくといざ患った時に慌てずに対処することができます。


治療の難易度が高い訳では無いので、もしも自分自身にその傾向がみられた場合に落ち着いて対処して健康な体を取り戻しましょう。


これからご紹介する子宮頸管ポリープについての情報をぜひご覧ください。

子宮頸管ポリープの症状は?


気になる症状はどのようなものがあるかについてですが、特に痛みなどは感じないという方が多いのです。


子宮頸管ポリープの組織はもろいので、その組織が日常生活における様々な場面で剥がれ落ち出血することによって異常を感じ取る場合が多いのです。


よくある出血に気づくタイミングは以下のようなものがあります。

  • 生理以外のタイミングでの出血
  • おりものに血が混じる
  • 性交の際に違和感や出血がある
  • 激しい運動をした時などに出血する
このような症状に違和感や異常を感じ、病院を受診して子宮頸管ポリープが発見されるというパターンが非常に多いです。

しかし、産婦人科の受診を躊躇する方も多く、発見が遅れてしまい、不調が続き辛い思いをしている方もいます。

早期発見し、早めに治療すれば解決することがほとんどですので、病院の受診を躊躇せずに違和感や異常を感じたら早めに受診しましょう。

子宮頸管ポリープの治療方法

治療方法についてですが、自然治癒することはほとんど無いので、手術によって切除することが必要となります。


手術と言っても、外来の処置室で行えるような割と簡単な手術で行えます。


ポリープができる位置が子宮口近くで、大きさも小さいといったケースが多いので、鉗子と呼ばれる器具を使用して切除してしまいます。麻酔も必要無く、痛みもほとんど無く行えます。


これらの情報を聞くと安心できますよね。


しかし、ポリープのサイズが大きい場合などは、レーザーを使用したり、電気メスを使用したりする場合もあります。


この場合も難しい手術というわけでは無いので、鉗子での掻出手術と同様に痛みなどの苦痛はほとんど感じることなく治療できるでしょう。


処置後は、少量の出血がしばらく続くこともありますが自然と治まります。医師に経過観察をしてもらいながら経過観察をしつつ、再発や他の場所にもポリープが無いかどうかも気にしましょう。


子宮頸管ポリープはできていても痛みをほとんど感じないという方が多いので、仕事などが忙しくて病院への受診を先延ばしにしてしまうという方もいると聞きます。


しかし、自然治癒では治らず、放置しているとポリープの大きさが大きくなってしまい、いざ切除手術をしようとした時に難しくなってしまうなどといったことになってしまっては大変です。


痛み以外の不正出血や違和感など何か兆候があった場合に早めに病院へ受診し、早めの診断を受ければ簡単な切除手術で治りも早いので、出来るだけ早めの受診・処置を受けることを強くお勧めします。

子宮頸管ポリープの治療は保険適用 費用総額は?


子宮頸管ポリープの治療には保険が適用されるのかどうか気になるところですね。


そして、費用は総額いくらくらいかかるのかというのも気になるポイントです。


子宮頸管ポリープの治療は基本的には健康保険が適用されますので、3割負担となり、患者負額は、6,000円~10,000円程度となります。


健康保険が適用されることによって費用が抑えられることは有難いですね。


この情報を見聞きして、想像していたよりも費用面では心配する必要が無いんだなと感じた方も多いのではないでしょうか。


その他にも必要な費用として、通院する際の交通費病院へ行く際に仕事などを休む場合にはその損失など個人個人で費用として考えるものもあります。


金銭面の心配事は治療に対しても影響してきます。可能な限り心配事を排除して治療に専念できるようにしておきたいものですね。

子宮頸管ポリープ切除は保険適用になることも

みなさんが加入されている医療保険には手術給付金というものがありますか?


あるという場合には、ぜひ給付金が下りるかどうか確認してみてください。


子宮頸管ポリープは切除することによって治療することが多いのですが、その際の手術費用も保険適用になるのか気になるところですよね。


保険適用となり、手術給付金が下りる場合も多くあります。


外来の処置室で行う手術で済むことが多いので保険金が下りるものだとは思わない方も多いのかもしれません。


しかし、手術であるということに変わりはありませんし、手術給付金が下りるかどうかはやはり確認しておきたいポイントです。


もちろん、加入している保険によっては手術給付金などが下りる対象が違いますので、ご自身の加入している保険会社へ問い合わせをしてみる事をお勧めします。


また、保険会社へ保険金請求の連絡をする際に、どのような状態であったかやどのような治療方法であったかなどについての正しい申告が必要となりますし、医師の診断書の提出を求められる場合もあります。


ですので、可能であれば子宮頸管ポリープと診断されたらまずは迅速に一度保険会社へと連絡をして、どんな情報、どんな書類が必要になるのかを確認しておくと良いでしょう。


必要なものがあらかじめ分かっていれば、治療中に病院を受診したタイミングで病院側へ必要物の発行依頼をすることができるので、治療以外で無駄に病院へと足を運ぶ必要が無くなり、効率的です。

ポリープ切除後は保険加入し辛くなる?


子宮頸管ポリープの切除手術をした後に保険への加入は難しくなるのでしょうか。


いくらポリープが良性のものだとしても、悪性化する場合(癌になる場合)も無いとは言い切れませんし、再発してまた治療が必要となる場合も考えられます。


こうした理由から、患者本人とすれば次起こるかもしれない「もしも」について備えておきたいという希望・願望が高まります。


しかし、保険会社の立場に立ってみると、リスクがある人に保険への加入を認めるかどうかを判断するのは悩む面も多くあるでしょう。


保険会社としては、そうしたリスクを抱える人に新たな保険加入を認める場合、一定の条件が付くものや、加入自体できないといった返答をする場合があります。


子宮頸管ポリープの数や大きさ、良性か悪性化などの情報を保険会社へと伝え判断してもらいましょう。


注意しておきたいポイントは保険会社への申告は虚偽が無いよう、正しい情報を伝えることです。


もしも、意図的に虚偽の申告をしてしまうと悪質な行為をしたと捉えられてしまい、どのような条件であっても保険加入が困難になってしまう場合もあります。


契約前にお互いに信頼関係を築けるように真摯に対応しましょう。

持病・既往歴があっても加入しやすい引受基準緩和型・無選択型

持病・既往歴があっても加入しやすい保険がありますので、ご紹介します。


保険への加入は、どんな健康状態の人にとっても「もしも」に備える為に考えたいことには変わりありません。


その「もしも」が起こった時に、自分自身の為にも家族の為にもしっかりと備えることが出来ていれば、慌てずに冷静に治療に専念でき、前向きに進むことが出来ます。


これらの需要に答えるべく、保険会社も様々なプランを用意していますので、ご自身の健康状態に合った加入条件の保険を検討してみることが必要でしょう。


引受基準緩和型

こちらは、加入条件を緩和したものです。


入院・手術・病気の診断などが近々あったかどうかで判断されます。


その指定期間が通常の保険よりもゆとりあるものになっている為、過去に何らかの病気の治療や手術を経験している方でも、一定期間が経過していれば加入することが可能になってきます。


無選択型

こちらは、加入条件が無いものです。


加入条件が一切無い為、健康状態がどんな人でも加入することが可能です。


加入条件を付けないという事で、病気のリスクが高い人も加入できるということになります。


一見、とてもメリットを感じられる保険のように思えますが、病気のリスクが高い人も加入できるということは、保険会社にとっては保険金の支払いリスクが高まるので、もちろん月々の保険料は高く設定されていますので、注意が必要です。


これまで見てきたように様々なものがあり、どんな人でも加入することができます。


しかし、保険料が幾らになるのか、加入の必要性はどれ程あるのかを考慮してよく検討する必要があるのです。


下記に今ご紹介した2種類についてより詳しく解説した関連記事がありますので、ぜひこちらもご覧になってください。

告知があるかどうかは保険会社に確認!

どの保険会社のどの保険に加入したいかによって告知すべき内容に違いがあります


また、無選択型のように告知自体が必要無いものも存在します。


しかし、告知の必要があるものを告知しなかったり、虚偽の申告をしてしまうと告知義務違反と呼ばれ、重大な過失となります。


知らなかったでは話が通りません。


加入前にしっかりと加入希望の保険の条件や内容を熟知する必要があります


保険には専門用語が多数あったり、内容や条件が複雑で自分自身で理解するのは難しい場合も多いことでしょう。


そんな時はプロに相談することをお勧めします。


マネーキャリアでは保険のプロに気軽に相談できるので、興味がある方は是非下記から公式サイトをご覧ください。


また、告知義務違反について詳しく解説した関連記事も下記にありますので、こちらも是非ご覧下さい。

まとめ

子宮頸管ポリープが出来た場合の治療(手術)で保険金が下りるのかどうかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 子宮頸管ポリープは子宮口付近に出来る良性の腫瘍
  • 子宮頸管ポリープは切除手術によって治療する
  • 子宮頸管ポリープの治療(手術)は保険適用となり手術給付金がもらえる
  • 治療後に新たな保険加入を検討する場合は引受基準緩和型無選択型も候補に
でした。

子宮頸管ポリープは女性であればどなたにも起こりうるものであり、割とよく起こるものです。治療も難しいものではないのでその点は安心ですが、治療方法や保険適用になるのかどうかを事前に知っておけば、より安心ですよね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい記事が多数掲載されていますので、他の記事も大変参考になると思いますので、是非ご覧ください。

ランキング