ケガをしたら医療保険では保障されるの?どんな保障があるのだろう?

よく耳にする医療保険と傷害保険の違いとは何か?ケガをした際に、よりサポートしてくれるのはどちらの保険なのでしょう。自分だけでなく、家族も不慮の事故によりケガをしてしまうことも心配ですね。そこで、医療保険と傷害保険の種類や適用範囲について説明します!

病気だけでなくケガでも医療保険で保障されるのか

医療保険と言えば、現在さまざなま保険会社によって、先進医療や女性特有の病気に対する保障を付けることが出来るということをテレビなどで聞くことが増えてきました。
なので、医療保険は病気になった時のための保険のようにも思えますが、日常生活でのケガなどでの入院や手術に対しても保障されているのです。

医療保険はケガと病気の両方を保障する

医療保険とは、病気やケガで「入院」「手術」をした時に給付金が受け取れる保険となっています。ただし、通院のみでは給付金支給の対象とはなりません。
もう一つ、傷害保険というものがありますが、これは不慮の事故によるケガに対しての補償となっています。病気での入院や通院などは補償されません。

傷害保険が適用されるケガは、「急激」「偶然」「外来」のケガ

傷害保険では、ケガの定義として3つの要素が決められています。それが「急激」「偶然」「外来」です。3つの要素を説明します。

急激とは、突発的に発生し、原因となった事故により負ったケガが、直接的で時間の間隔があいていないことをいいます。そして偶然とは「事故の原因が偶然発生してしまった」「事故の結果が偶然発生した」「原因・結果とも偶然である」のいずれかに該当する予知されない出来事をいいます。最後に、外来とはケガの原因が対象者の身体の外からの作用によることをいいます。

この3つの要素が重なるケガと言えば、交通事故がまず挙げられます。
自分の意志とは関係なくケガを負ってしまう交通事故でケガをした場合には、対象者は傷害保険での補償を受けることが出来ます。また、相手にケガを負わせてしまった際の損害補償も適用されます。
このような思いもよらない事故やケガに対して補償されますが、故意に事故を起こしたり、ケガをしたり、また故意によるものだと判断されるものには補償されません。

傷害保険の種類

傷害保険とは、日常生活の中でケガを負った際などに補償される保険です。傷害保険にはいくつかの種類があり、さまざまな状況での補償が受けられるようになっています

普通傷害保険

基本的な傷害保険となります。家庭内や職場でのケガ、また通勤中や旅行中でのケガも補償されます。保険料は被保険者の職業によって異なります。危険度の高い職業であれば保険料は高くなります。

『家族傷害保険』というものもあり、こちらは普通傷害保険と同じ補償を被保険者の家族も受けられる保険です。ひとつの保険で、「被保険者本人」「配偶者」「被保険者本人または配偶者と生計を共にする同居の親族と別居の未婚の子」が対象となります。

家族のケガも対象となるのは万一の時安心ですね。


交通事故傷害保険

これは被保険者が交通事故によりケガをした場合に適用されます。補償の対象となる乗り物は、電車・自動車・バイク・自転車・飛行機・船舶等で、エレベーターやエスカレーター、モノレールなども対象となっています。

なお保険料は被保険者の職業に関係なく一律です。

『ファミリー交通傷害保険』では交通事故傷害保険と同じ補償を上記で記載した家族傷害保険と同じ対象の家族も受けられます。


国内旅行傷害保険

日本国内での旅行の際、家を出発してから家に到着するまでの間のケガが対象となります。旅行中のケガや入院、手術をした場合や死亡した場合の補償に合わせて、特約で携行品の損傷や他人の物を壊してしまった場合などの補償も付けることが出来ます。

しかし旅行先での病気は補償されません。保険料は旅行日数によって算出されます。


海外旅行傷害保険

海外への旅行の際、家を出発してから家に到着するまでの間のケガと病気を補償されます。

国内旅行傷害保険とは違い旅行先での病気も補償対象となります。これは、海外では病気になるリスクも高く、医療費も高額となることから、病気に対する補償も含まれているのです。

海外旅行での不安なことの一つと言えば、ケガや病気で病院へ行かなければいけなくなった時です。そこで金銭的負担の心配がないということはとても心強いですね。

補償内容としては他に、国内旅行傷害保険と同様、旅行中のケガや携行品の損失や賠償責任を負った際の補償となります。また、搭乗予定の飛行機の遅延などにより損害を被った場合も補償の対象となっています。

保険料は旅行日数と旅行先によって算出されます。リスクが高い地域への旅行先の保険料は高くなる傾向にあります。

今は海外へ旅行で渡航される方も多くなっていますが、このような海外旅行中の病気やケガをサポートしてくれる保険は、安心を買うという意味でも渡航前に加入されるべきです。


不慮の事故やケガに備えたい、またアウトドアや旅行が好きな方は、自分のライフスタイルに合った傷害保険を探してみることをおすすめします。

医療保険と傷害保険の4つの主な違い

医療保険と傷害保険は病気やケガで入院や通院、手術をした場合に給付金や保険金を受け取れる保険です。

ここでは、この2つの保険内の違いを見ていきたいと思います。
  1. まず、医療保険は病気やケガによる入院や通院費用の一部を保障し、傷害保険ではケガのみが対象で病気は補償外となります。
  2. 医療保険は加入前に健康状態の審査がありますが、傷害保険では加入前の健康状態の審査は不要です。
  3. 医療保険の保障対象となるのは基本的に契約者のみですが、傷害保険では「契約者のみ」「契約者と配偶者」「契約者と家族」などのように補償対象の選択が出来ます。
  4. 医療保険では加入年齢によって保険料が変わりますが、傷害保険では加入時の年齢に関係なく保険料は変わりません。
この4つが医療保険と傷害保険の主な違いとなります。この2つの保険は保障内容が似ている部分もありますが、保障される範囲や対象が異なっているので、医療保険と傷害保険の違いについて理解し、またそれぞれの保険内容を確認し、自分に必要な保障を受けられるようにすることが大切です。

医療保険と傷害保険の死亡保険金の違い

医療保険とは、もともと病気やケガによる入院、手術に対する給付金支給が主な目的ですが、万一病気やケガで死亡した時には「死亡保険金」が受け取れる保障内容の保険もあります。しかし、死亡保障が主な生命保険と比べると保険金は少額となっています。

傷害保険での死亡保険金は、「事故死亡」の場合にのみ補償の対象となります。

現在医療保険はさまざまな内容で売り出されていますので、保険料が安いからといって安易に加入する保険を決めるのではなく、入院や手術時、そして万一死亡した時の保障内容をよく確認しておきましょう。また、傷害保険でのいかなる補償対象は、ケガのみであるということを忘れないでください。

医療保険と傷害保険の高度障害保険金の違い

高度障害保険金とは、保険の保障開始後、病気やケガを原因として各保険内容に定められている高度障害となった場合に支払われる保険金のことです。この高度障害となる基準は、保険会社が定めており、身体障害者福祉法等に定められている障害状態とは異なりますので注意が必要です。
保険会社が定めている基準の例として、「両眼の視力を全く永久に失ったもの」や「言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの」「両上肢、または両下肢とも関節以上で失ったかあるいはその用を全く永久に失ったもの」などがあります。

医療保険では、病気やケガが原因で高度障害状態となった場合には、死亡保険金と同額が支給され、支給後は保険契約は終了となります。
傷害保険でも高度障害状態となった場合には、死亡保険金と同額が支給されますが、ケガが原因での場合のみ適用となります。

高度障害保険金は、被保険者が受け取っても、その家族が受け取っても、所得税は非課税となります。しかし、高度障害保険金を受け取ったあと、保険金を使いきれずにこれを相続するとなると、相続税の課税対象となります。

医療保険と傷害保険の入院給付金の違い

医療保険の入院給付金とは不慮の事故によるケガが原因で入院した際の「災害入院給付金」と、病気が原因で入院した際の「疾病入院給付金」があります。ケガと病気、どちらかの原因で入院となっても給付金が受け取れます。
しかし、ケガで入院している時に病気になり、その病気の治療も行うことになっても、災害入院給付金と同時に疾病入院給付金は受け取ることが出来ません。入院の原因となっているケガの治療が完全に終わってから疾病入院給付金が受け取れるようになります。
入院給付金は一般的に、入院1日あたり5,000円もしくは1万円が契約内容に応じて支給されます。給付金の支払い限度日数は、1回の入院で30日・60日・120日などの短い期間を保障するものと、360日・730日などの長期を保障するものがあります。
現在は60日が限度の保険が多くなっています。なので、このタイプの保険に加入していた場合、入院日数が75日であっても、給付金は60日分しか受け取れません。

そして傷害保険での入院給付金は、事故などでケガをしてから180日以内の入院に対して支給されるものです。病気は対象とならず、ケガのみが保険適用となっていますので注意が必要です。
給付金は契約内容によって異なりますが、入院1日あたり3,000円~5,000円です。

傷害保険での入院給付金が少ないように感じますが、医療保険とは違い、補償対象が契約者のみではなくその家族も対象となっていること、そして保険料の安さから補償される金額は少なくなっている傾向にあります。

医療保険と傷害保険のケガした場合の通院給付金の違い

まず、一般的な医療保険では病気やケガで入院や手術を受けた場合、給付金が受け取れるという保障内容となっています。入院せず、通院のみでは給付金は受け取れません。
しかし、通院に対しても保障が必要だという場合は、「通院保障特約」を付けなければなりません。この通院保障は入院給付金保障対象となっている入院前後の通院に対して適用されます。

通院保障特約の例を挙げてみます。
  • 入院給付金を受け取れる入院をし、退院翌日から120日以内に入院の原因となった病気やケガの治療目的のために通院をした際に通院給付金が支給されます。1回の退院後通院期間中の保障は30日で、通算1095日が限度です。
  • 入院給付金を受け取れる入院の原因となった病気やケガの治療目的のために、入院開始前60日以内、退院後120日以内に通院した際に通院給付金が支給されます。1回の通院給付金対象期間中の保障は30日で、通算1095日が限度です。
通院保障特約は入院が前提となっていますが、中には入院なしでも給付金が支給される通院保障もあります。
  • 入院給付金が受け取れる入院の前後に通院した時、外来手術での日帰り手術後に通院した場合に通院給付金が支給されます。1回の入院にかかわる保障は30日で、通算1095日が限度です。

次に、傷害保険の通院給付金について説明します。
傷害保険の場合、入院と入院が原因となったケガのための通院、そして入院が必要ない通院だけでも、通院1日目から給付金を受け取ることが出来ます。
例えば、交通事故でケガをし、入院せず通院のみであったとしても、治療が長引いてしまうこともあります。このような時に、医療保険では通院給付金の支給対象となりません。
そう考えると、傷害保険のほうが便利なのではと思われますが、傷害保険では病気の補償はされないので注意が必要です。

傷害保険での通院給付金は、ほとんどの場合定額の日数払いです。いくつかの保険では一時金のみを支払う場合もあります。
通院給付金の支払いは、通常事故の日から180日目までの通院日数が対象となっています。
この傷害保険の通院給付金は、通院1日目から給付金を受け取ることが出来ますが、2~3日だけ通院した場合には、診断書の請求などにかかる費用が給付金より上回ることがあります。そのため、通常は診断書や病院の領収書などとともに給付金の請求を行いますが、金額の少ない10万円以下の給付金請求の場合には診断書の代わりに自己申告で通院日数やケガの状態を申告すればいいというケースが多いです。
その際には通院の証明として通院した病院の領収書が必要になります。

2つの保険の通院給付金について説明しましたが、大きく分けて医療保険は入院を前提とした通院をサポートし、傷害保険は入院をせず通院のみでもサポートされるというわけです。
ですが医療保険は病気とケガを対象とし、傷害保険はケガのみの対象となりますので、保険への加入を考える際には、それぞれの長所短所をよく調べておくことが大切です。

医療保険のケガ特約とは

いくつかの保険会社の医療保険には、標準的なプランにケガの特約が付いていることがあります。
このケガ特約とは、不慮の事故により通院が必要になった時に、1日につき3,000円ほど支給されたり、骨折や脱臼などの重傷のケガを治療した場合には一時金として5円ほど支給されるものです。
対象はケガのみですが、入院の有無は問われませんので入院せず通院のみの場合でも給付金が支給されます。

アフラックの医療保険ケガ特約の保障内容

アフラックのケガ特約を説明します。
入院を必要としない怪我でも通院を保障してくれる心強い保障内容となっています。
保障内容は、保険期間が1年の場合、ケガによる通院に対する『災害通院給付金』が1日につき3,000円給付されます。不慮の事故による怪我の治療を目的として、事故の日から180日以内に通院をした場合に給付され、期限は同一の事故につき最高30日まで支給されます。保険の加入期間で通算180日まで保障されます。
また、骨折や関節脱臼、腱の断裂をした時などには『特定損傷給付金』として一時金5万円が給付されます。これらのケガの治療のために事故の日から180日以内に治療を受けた場合に給付され、同一の事故に対して1回のみ支給されます。保険の加入期間で通算10回まで保障されます。
これらの保障は最長70歳まで継続することができます。気になる保険料は、男性が月々530円、女性が480円と加入しやすい金額で、なんと契約時の年齢は関係ありません。
普段の生活の中で不慮の事故に見舞われることもあるかもしれませんが、このようなケガ特約に加入していることで安心して通院することが出来ます。

まとめ

医療保険と傷害保険の違いや補償内容、特に突然のケガを対象としたサポート内容について説明してきました。
突然の病気やケガで治療が必要となり、通院・入院をする場合には費用がかさみ、経済的負担が増えてしまいます。そのような不安を解消してくれるのが医療保険や傷害保険です。
私たちの生活の中にはいつどのような病気やケガに襲われるか分かりません。公的医療保険だけではカバーしきれない突然の出費に対して備えておく必要があります。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳で医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦がどこまで医療保険に加入した方が良いのか必要性を考える
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 医療保険で不妊治療をサポート!不妊治療で悩む女性の為の強い味方?
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する