医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

60歳払済の終身医療保険のメリット・デメリットを終身払いと比較!

終身医療保険には、保障機能を重視したタイプから、貯蓄性もありながら一生涯保障するものまでありますが、契約段階で悩むのが払込方法。60歳払済が良いのか?終身払いが良いのか?今回、医療保険の60歳払済(65歳払済)と終身払のメリット・デメリットを比較します!

終身医療保険は60歳払済と終身払、どちらが良い?

20代後半または30代になって一生涯続く終身医療保険を検討していることと思います。


「払込方法はどうしよう…」

「働いているうちに保険料を払い込んでおきたい」


定年を迎えた後の年金は実際どのくらい貰えるかどうかわからない時代だからこそ、老後の生活資金から保険料を払うのは嫌だなと考えている方も多いと思います。


一方で、医療の急速な発達で医療保険は見直しできることが重要だとファイナンシャルプランナーや保険の営業マンに言われ、終身払も考えておきたいと悩んでいると思います。


この記事では、こういった時代の背景に基づき、60歳払済終身医療保険とは何か?を確認したのちに、

  • 60歳払済と終身払の保険料シュミレーションの比較
  • 60歳払済と終身払の払込方法の各メリットとデメリットの比較

について解説していきます。


この記事が後悔しない医療保険選びのサポートになればと思います。

近年は、年金受け取りが65歳になるなどの制度変更があり、65歳払済保険や、70歳払済保険も選択できる保険会社もあります。

65歳払済みのパターンとも比較していきます。


それでは、詳しく見ていきましょう。

終身医療保険の60歳払済タイプとは?終身払との違いは?

まずは、終身医療保険の60歳払済タイプについて改めて理解を深めましょう。


そもそも、終身医療保険の特徴としては

  • 加入年齢時の算出された保険料から変わらない
    (⇆定期医療保険では更新毎に保険料が上がっていく)
  • 解約しない限り、一生涯保障が続く
  • 定期医療保険に比べて相対的に保険料が割高である

の3点が挙げられます。


終身医療保険は、収入に余裕がではじめる、30代の男性女性の方が検討を始めることかと思います。


では、60歳払済タイプの終身医療保険の特徴は何があるでしょうか?

主に下記の2点があります。

  • 払済期間(60歳・65歳など)までで保険料の支払いが終わ
  • 終身払に比べて月々の支払い保険料がやや割高である

終身払とは、文字通り、一生涯死ぬまで払い続ける払込の方法なので、大きく異なります。


ここで、気になるのが、何歳の時点になると払済タイプがお得になるのか、ということかと思います。


では、オリックス生命の医療保険新キュアを例にとり、28歳男性と32歳男性を例にシュミレーションをしてみます

60歳払済、65歳払済、終身払で保険料のシュミレーション

今回加入する条件としては下記のものとします。(一般的な医療保険かと思います。)

  • 入院給付金日額:10,000円
  • 手術給付金:200,000円(入院中)
  • 先進医療特約:あり
  • がん一時金特約:1,000,000円

それでは、シュミレーションを見ていきましょう。


28歳男性の場合

払込方法月額保険料払込総額
(60歳時点)
払込総額
(65歳時点)
払込総額 
(70歳時点)
払込総額 
(75歳時点)
払込総額 
(80歳時点)
終身払4,212円1,617,408円1,870,128円2,122,848円2,375,568円2,628,288円
65歳払済5,265円2,021,760円2,337,660
2,337,660円
2,337,660円
2,337,660円
60歳払済5,873円2,255,232円2,255,232円
2,255,232円
2,255,232円
2,255,232円
60歳払済と
終身払の差額
-1,661円-637,824円-385,104円-132,384円120,336円373,056円

28歳男性の場合、72歳と8ヶ月で60歳払済の医療保険の方がお得であるということがわかります。

32歳男性の場合

払込方法月額保険料払込総額
(60歳時点)
払込総額
(65歳時点)
払込総額
(70歳時点)
払込総額
(75歳時点)
払込総額
(80歳時点)
終身払4,842円1,626,912円1,917,432円2,207,952円2,498,472円2,788,992円
65歳払済6,269円2,106,384円2,482,524円2,482,524円
2,482,524円
2,482,524円
60歳払済7,140円2,399,040円2,399,040円
2,399,040円
2,399,040円
2,399,040円
60歳払済と
終身払の差額
-2,298円-772,128円-481,608円-191,088円99,432円389,952円

28歳男性の場合、73歳と4ヶ月で60歳払済の医療保険の方がお得であるということがわかります。


また、この2つの表から気づくこととして、60歳払済みの保険は28歳と32歳で1300円弱もの保険料が違うことです。


すなわち、年齢が上がれば上がるほど、払込期間が短くなり、払い込む総額もやや高くなるので、若ければ若い方が60歳払込の方がおすすめなように思えます


しかし、実際にはどうなのでしょうか?

メリットとデメリットを見ていきましょう。


終身払と比較した60歳・65歳払済のメリット

終身払と60歳・65歳払込のメリットを考える上では、「平均寿命」「老後の安心」がキーワードになってきます。

メリット1:保険料払込総額が少なくなる可能性が高い

高齢社会である日本の平均寿命は、女性が87.14歳男性が80.98歳となっています。


上記に見た通り、平均寿命に達する前に60歳払済の場合の払込金額を超えています。

さらに、どんどん高齢化が進んでいるので、平均寿命はさらに上がっていくことと思われます。


いつまで生きるかは誰にもわかりませんが、仮に平均寿命以上生きてしまうと、60歳に払込満了ならば払込が終わっている一方で、終身払の場合は、仮に90歳になっても、まだ支払い続けなければなりません。


これは「平均寿命以上生存したら」になるかもしれませんが、支払うことができるならば60歳払済を選択したほうが人生を通して、金銭的にお得なのは間違いなさそうです。

メリット2:稼ぎのなくなる老後に保険料の支払いをしなくて済む

60歳か65歳で定年退職を迎える方が多いと思います。


現在では定年退職を迎えた後も、どこかに働きに出かける方が多いかと思いますが、少しでも支払いが少ないほうが老後の生活安心できるとおもいます。


今後、国民年金制度がどうなるのか、介護の自己負担額がどうなるのか、医療費の自己負担額がどうなるのか、あまり明るいニュースを聞かない中で、老後に負担を持ってくるのは少し不安な面があるかと思います。


60歳払済終身医療保険は老後の安心を保障することができるかもしれません。

終身払と比較した60歳払済のデメリット

終身払と60歳払込のデメリットを考える上では、「保険料負担額」「保険の見直しのしにくさ」がキーワードになってきます。 

デメリット1:月々の保険料が高く家計を圧迫する可能性も

終身払いに比べると60歳払済は割高となります。

割高になった分、家計を圧迫するようでは本末転倒です。


一般的に、若い方のお金の価値が高く、未来のお金の価値の方が割り引かれて相対的に安く感じることに関しては間違いありません。


少し家計にとって厳しいとお考えなら、60歳払済はやめておいた方が良いと思います。

デメリット2:後から医療保険の見直しがしにくい

終身医療保険の終身払いのメリットは長い保険料の支払のため、相対的に保険料が安いというところです。


医療の現場は日々進歩しており、入院日数が短くなったり、通院日数が多くなったりと、医療保険は毎年目まぐるしく新商品が発売されています。


事実、10年前の医療保険は今の医療現場と全くそぐわない保障内容になっています。


相対的に保険料が安いという事は後から後から発売される最新の終身医療保険に見直すことも可能です。


自分のライフスタイルに合った終身医療保険に出会えるとむしろ老後も安心になるという場合もあります。

備考ポイント:終身払から払済保険への変更の見直しも可能!

さらに、保険会社によっては、終身払を払済保険に変更することが可能な場合もあります。

すなわち、ボーナスや昇給、一時所得などで、大きなお金が入ったタイミングで払済保険に変更するということです。


こうすれば、こういったデメリットのリスクを負うことなく、60歳払済を検討することができます。

60歳払済の場合は払込免除特約が無駄になる可能性があることに注意

まず、払込免除特約とは、医療保険に特約として付けつことのできる保障になります。


どのような特約になるかというと通常は三大疾病(がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中)や高度障害になった場合、この「保険料払込免除特約」をオプションとして付加しておくと、それ以降の保険料の払込が全て免除される特約です。


これは特約となりますので、特約を付けるとなると保険料は上がります。


終身払いでこの払込免除特約を付加しておくととても心強いと言えます。


金額にもよりますが終身払いならば付加したほうが良いですが60歳払済ならば悩むところです。


終身医療保険に関する払込方法の比較まとめ

いかがでしたか?

終身医療保険のメリット、デメリットをまとめてみました。


最終的には非保険者の生活スタイルで医療保険を60歳払済が良いのか、終身払いが良いのか難しい所ではありますが、終身払いの方が無難で良いと考えています。


特に、対象年齢を若い人にする場合は、終身払いの方がメリット多いです。

若い人にとって60歳払がメリットになる場合はこの医療保険で一生行ける場合のみです。

大抵の場合で医療技術の高度化や、国の社会保障政策の変更で見直しを余儀なくされます


逆に50代以降の方には60歳・65歳・70歳払いなども比較されてもいいかと思います。


また、大きなお金が入ってくるタイミングがあれば、その時に見直しをして、終身払から払済みに変更すれば良いかと思います。


こればかりは、どちらが得か損かなどはわからないので、最終的には納得できる決定ができれば良いのではないかと思います。

ランキング

  • 終身医療保険は必要なの!?その特徴と注意点を詳細に説明します!
  • 60歳払済の終身医療保険のメリット・デメリットを終身払いと比較!
  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方