がん保険と医療保険は「セット加入」「別々加入」どっちの方がよい?

がん保険と医療保険、「別々加入」と「セット加入」どちらの方が良いのでしょうか?がん特約を付けられる医療保険も多くなってきました。今回は、医療保険をがん保険とセットで契約することのメリットやデメリットを解説します。各保険の加入率に関してもまとめました。

がん保険と医療保険は「セット加入」「別々加入」どちらが良い?

医療保険とがん保険はセット加入するべきか、別々に加入するべきかと、どっちにするか迷うこともあると思います。

 医療保険とセットでがん特約に加入していても、必ずしもご自身の希望に合った保障内容をカバーできるとは限りません。  

しかし、もしものために金銭的にも精神的にも安心できる方法はあるのでしょうか?

 どのようにすれば希望に合った保障を受けることができるのか確認していきましょう。

この記事では「医療保険とがん保険はセット加入と別々加入どちらがお得か」について

  • 求める保障範囲・保障内容によって比較検討
  • 医療保険のがん特約をセットでつける時の注意点
  • 医療保険・がん保険の加入率

以上のことを中心に解説していきます。      
 

この記事を読んでいただければ、医療保険とがん保険のセット加入・別々加入、それぞれのメリット・デメリットを知ることに役立つと思います。      

ぜひ、最後までご覧ください。



「がん保険と医療保険のセット」のメリット

最近の医療保険には、がん保険にある保障を特約という形で選べるタイプが増えています。そのため、あえてがん保険に入らなくてもいいと考える人も多いようです。


では、2つを一緒にした保険の魅力は何でしょうか。


まずは、これらの保険を一緒にしたほうがいい点を解説します。

メリット①別々に加入するよりも費用を抑えられる

一般の医療保険とがん特約をセットにすると、がん保険と医療保険に別々に申し込むより費用を安くできます


ここ数年でがん治療は、目覚ましく発達しています。手術や入院をしなくてもよくなっており、通院治療が主になっています。


一般的に医療保険は入院に対する保障に比重を置いていますが、がんが見つかった時の「診断給付金」や「通院による保障」などの特約を追加すると、がん保険に新規加入せずとも十分といえます。


メリット②もしもの際の安心感がある

医療保険に入っているけれど、もしがんになったら、という不安を抱えている人にとっては、がん特約などをつけておくと、安心感がありますね。


がんに特化した保障までは必要ないけれど、がんにかかったときに何らかの保障があれば、治療方法や経済的な問題などで不安に感じることはありません。


医療保険に特約をセットして、もしもに備えておくといいでしょう。

「がん保険と医療保険のセット」のデメリット

医療保険とがん特約のセットの場合、支払保険料は別々に加入するよりも安くなります。しかし、がん特約の保障内容は個別に加入する場合よりも保障内容が薄くなってしまいます。

こちらでは、セットで加入する場合の注意点について説明します。

デメリット①がんに対する必要な保障内容が足りない場合も

がん特約はオーソドックスな保障になりますが、個別のがん保険ほど様々な保障が設定されていないのは事実です。

そのため、がん特約にご自分の望む保障が設定されているかどうかを確認してから、主契約の医療保険へ付加するかどうかを検討しましょう。

例えば、がんと診断された時に、がん診断給付金(一時金)の額を多く受け取りたいと思うのなら、受け取る一時金がいっきに300万円を受け取れる個別のがん保険もあります。

がん特約で支払保険料がお得になることは確かですが、ご自分が望む保障が期待できない場合は、個別のがん保険を選ぶことをおすすめします。

デメリット②医療保険を解約した場合には、がん特約も解約に

医療保険+がん特約で加入しても、あくまで主契約は医療保険です。この医療保険を解約した場合は、加入していたがん特約を気に入っていても、一緒に解約することとなります。

ただし、逆にがん特約だけを解約したい場合、主契約の医療保険への影響はありません。

一方、医療保険・がん保険の別々の加入は見直しが容易にできるので、別々で加入する方がご希望に合ったプランに変更できます。

「がん保険と医療保険を別々」のメリット

がん保険と医療保険を別々にすると、個々の保険の保障内容が充実するので、どんな病気になっても、不安がありません。


またがんは、高額で保険のきかない治療方法も多く、医療保険でも保障されないこともあります。


次は、2つの保険を別々にしたほうがいい点を解説します。

メリット①保障内容が充実している

医療保険は、健康不安や、病気になったときのための貯蓄がない場合など、総合的に保障してくれます。


一方で、がん保険はがんに応じた保障が充実しているので、治療が長引いたときや再発したときの保障も手厚くなっています


がんだけでなく、どんな病気になるかわかりません。医療保険で守られる範囲、がん保険で保障される範囲を、それぞれ充実させておくことができます。



メリット②がんに特化した保障を受けられる

がん保険は、いわばがんに対するプロの保険です。先進医療や通院治療など、常に進化するがんの治療に合わせてあるところが大きな魅力。


普通の医療保険だけでは、自分に合った先進医療を受けたくても保障されなかったり、治療費をまかなえないこともあります。


がんの治療に対する不安がある人は、がん保険にも加入しておくほうが安心です。

「がん保険と医療保険を別々」のデメリット

がん保険と医療保険を別々に加入すると、個々の保障は充実していますが、費用面では割高なります。


また、医療保険はがんだとわかっても保障されますが、がん保険はがんだと診断された時に効果のある保険です。


それぞれの内容をきちんと確認しておかないと、意外なところで無駄が発生してしまいます。


ここでは、2つの保険を別々にした時の注意点を、より詳しく解説します。

デメリット①セットで加入するよりも費用がかかる

がん保険と医療保険を別々にして申し込むと、特約などを使ってセットにするよりも費用がかかります


医療保険は、病気、ケガ、がんも含めて全般的が保障が特徴なので、保障範囲ががん保険と重なってしまったりと、無駄が生じてしまいます。


もし、経済的に両方の保険を維持するのが難しいなら、総合的な保障が期待できる医療保険のほうに加入してください。

デメリット②がん保険はがんの際にしか保険金が下りない

がん保険は、がんの診断を受けた時の保障は手厚く、経済的なリスクや再発にも対応しています。

しかし、それ以外の病気には有効ではありません。


がん保険は、がんの時にしか保険金がおりません


その点、医療保険はがんを含め、ほとんどの病気を総合的に保障していますから、いろんな状況に応じて保険金が下ります。


がんになる心配もあるけれど、一般的な病気に対する不安もある人や、がんの保障は医療保険の範囲でいい人は、別途がん保険に加入する必要はないでしょう。


がん保険と医療保険セットでの加入がおすすめな人

医療保険に、がんに対する保障を特約やオプションで加入するほうがいい人は、以下のような人です。


  • 費用を低く抑えつつ、がんにかかった時の保障もある程度欲しい
  • もしがんになったら、という心配がある
  • 期間を決めて、がんに備えたい
2つまとめて加入すると、別々に加入するよりも費用を抑えられ、加えてがんになった時の給付金なども受けることが可能です。

また、もしもの時が心配な人にとって、手軽にがんの保障をプラスできるところも利点でしょう。

さらに、子どもが自立するまで、定年になるまで、という風に、期間を決めてがんに備えたいときも特約なら簡単に申し込んだり、外したりすることができます。

自分や家庭のライフプランに合わせられるところは、セットでの加入の大きな魅力です。

がん保険と医療保険別々での加入がおすすめな人

がん保険と医療保険を別々で加入するのがおすすめな人は、次のような人です。


  • 病気に対する保障と、がんへの備えを両方とも手厚くしたい
  • 遺伝や家系の関係で、がんにかかる可能性がある
  • 長期の治療や、再発した時のリスクを回避したい

経済的な問題がクリアできるのなら、別々に加入したほうが保障は充実します。


特にがん治療は医療保険だけの保障では心許ないかもしれません。がん保険はがんになった時に強い効果を発揮するため、がんにかかる可能性がある人は、別々で加入しておくのが賢明です。


全般的な病気は医療保険でまかない、がんの診断を受けた時もがん保険なら、長期の治療や再発にも備えることができます。


加えて、通常の医療保険では特約扱いの通院保障も、がん保険だと安心です。特にがんは通院治療が主流で、1日単位から給付金がもらえる通院保障は欠かせません


また、保険のきかない先進医療を使う時にも、がん保険なら費用を気にしなくてすみます。


治療の選択肢を広げたい人は、別々で加入するといいですね。

医療保険・がん保険の「セット加入」と「別々加入」の費用の紹介

医療保険とがん保険は、セット加入するか、別々に加入するかで保障の内容や支払保険料が異なります。


こちらでは、医療保険+がん特約にセット加入した場合、そして医療保険・がん保険へ別々に加入した場合の保障内容・支払保険料について解説します。

【セット加入】医療保険+がん特約のシミュレーション

こちらでは事例をあげて保障内容と支払保険料を見ていきましょう。

契約と保障内容:【医療保険(終身)のみ】



  • 対象保険会社:A社
  • 加入契約者:30歳男性
  • 保険料払込期間:65歳払済
  • 入院給付金(日額):10,000円
  • 手術給付金(1回):入院中20万円・外来5万円
  • 特約:なし
→月払保険料:3,917円

契約と保障内容:【医療保険(終身)+がん特約】


  • 対象保険会社:A社
  • 加入契約者:30歳男性
  • 保険料払込期間:65歳払済
  • 入院給付金(日額):10,000円
  • 手術給付金(1回につき):入院中20万円・外来5万円
  • 特約1:がん一時金特約(1回につき)100万円
  • 特約2:がん通院特約(1日)10,000円
→月払保険料:6,237円(3,917円+特約分:2,320円

【セット加入の特徴】 
・比較的割安な保険料で抑えられる可能性があります。

 また保険会社によっては、がんを含めた脳疾患・心疾患の三大疾病の保障をカバーする特約で、医療保険に付帯可能な場合もあります。

【別々加入】医療保険・がん保険に別々加入のシミュレーション

こちらでも事例をあげて保障内容と支払保険料を見ていきましょう。

契約と保障内容:【A社のがん保険(終身)のみ】


前述「医療保険+がん特約にセット加入した場合のシミュレーション」と同じ会社(A社)のがん保険の内容です。

  • 対象保険会社:A社
  • 加入契約者:30歳男性
  • 保険料払込期間:65歳払済
  • 入院給付金(日額):10,000円
  • がん初回診断一時金:100万円
  • がん治療給付金(1回につき):50万円
  • がん手術給付金(1回につき):20万円
  • がん退院一時金(1回につき):10万円
  • 特約:通院特約(1日)10,000円
→月払保険料:3,753円

医療保険(終身)+がん特約セットの場合と比較してみる


こちらに前述したA社の医療保険(終身)のみを加えると

→月払保険料:7,670円(3,917円+3,753円)

A社の「医療保険(終身)+がん特約セット」月払保険料:6,237円と比較すると、別々に加入する場合の方が1,433円高くなります。

【医療保険・がん保険に別々加入の特徴】
  1.  がん保険の最大の特徴は「診断給付金」です。「診断給付金」とは、がんと診断されたときに給付される給付金のことです。
  2. 医療保険とがん保険を違う保険会社のもので契約できます。
    当然、会社ごとに得意な保険(売りにしている保険)とそうでない保険があるので、別々加入のメリットは大きいです。 
  3. セット加入に比べて保険料が高くなります。
  4. 重複した保障内容になっていないかチェックする必要があります。

次の章では、医療保険とがん特約のセット時の注意点に関して説明します。

古い医療保険・がん特約では給付金が支払われないケースに注意

せっかく加入したからといっても、古い医療保険・がん特約を加入し続けたままでいると、いざ治療を受けた際に、その治療法が保障対象外として給付金が下りないケースもあります。

現在の医療技術は飛躍的に進歩しています。つまり、古い医療保険・がん特約を加入した当時に想定されていなかった治療法が、現時点では主流になっていることがあります。

当然、新しい医療保険の場合には、その治療法が保障範囲に含まれますが、古い医療保険では当該治療法が保障範囲に含まれず、入院日数に条件があったり、通院のみでは給付金が下りないこともあります。

そのため、一定期間内に保険を見直して新しい保険へ加入することが賢明です。

医療保険・がん保険の加入率をチェックしよう

医療保険・がん保険の加入率について取り上げます。

  • 医療保険だけの加入率
  • がん保険・がん特約の加入率
以上の加入率を比較してみます。

医療保険の加入率

我が国の医療保険の加入率は72.1%(共済含む)に上り、病気やケガへの入院治療保障に対する国民の関心の高さが窺えます。(生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査《速報版》を参照)。

概ね平成3年度から70%で加入率が推移しています。

年度加入率
平成28年度72.1%
平成25年度74.0%
平成22年度72.3%
平成19年度71.1%
平成16年度69.3%
平成13年度73.0%
平成10年度72.4%
平成8年度71.7%
平成5年度73.3%
平成3年度68.5%


がん保険の加入率

がん保険・がん特約セットの加入率は37.8%共済含む)で4割近くとなっています。こちらは平成13年度以降増加傾向が続いています。

がんは日本人の全死因の3割近くに上るため、がん保障への関心も高まっていることが窺えます。

平成13年度以降の加入率の推移は次の通りです。

年度加入率
平成28年度37.8%
平成25年度37.3%
平成22年度33.1%
平成19年度31.2%
平成16年度25.3%
平成13年度21.2%

まとめ:医療保険・がん保険はセット加入か別々に加入か

「医療保険とがん保険はセット加入と別々の加入どちらがお得か」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。     

今回の記事のポイントは 

  • 医療保険+がん特約にセット加入した場合、別々に加入した場合よりも支払保険料は安くなるが、がん特約の保障内容は豊富ではない
  • 医療保険のがん特約をセットでつける時は、主契約の医療保険を解約してしまうと、がん特約も一緒に解約しなければならない
  • 古い医療保険・がん特約では給付金が支払われないケースもあるので、一定期間内に保険を見直すことが大事
  • 医療保険の加入率は70%を超え非常に高くなっており、がん保険・特約の加入率も増加傾向にある
でした。

医療保険とがん特約をセットで契約することで、、支払保険料はお得になります。ただし、ご自分の望む保障が設定されているかをしっかり確認してから、主契約に付加することが大切です。
医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 医療保険にガン特約はつけるべき?がん保険との違いをチェック
  • 医療保険に未加入のままだとこんなリスクが!加入を見極めるコツとは
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険加入で不要な特約があるかも?わかりやすく解説します!
  • 医療保険に加入しなくても先進医療特約のみの保障が受けられます
  • 膠原病の方の医療保険は「引受基準緩和型」が加入しやすくおすすめ
  • 最悪差し押さえされる場合も!国民健康保険へ未加入で抱えるリスクとは?
  • 医療保険の三大疾病特約は必要?メリットからいくら必要かまで解説!
  • 赤ちゃんも国民健康保険へ加入するの?わかりやすく解説します!
  • 医療保険は団体制度で会社を通して入ると、個人で加入するよりお得?