がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要

保険加入時には何歳まで必要かを考えておきたいものです。がん保険への加入も必要なのではないかと思いはじめる方もいるでしょう。しかし、年齢を重ねることで状況が変わり、がん保険が必要でないこともあります。いったい何歳まで必要なのか、加入前に考えておきたいものです。

がん保険は何歳まで必要なのか

高齢になると病気のリスクは高くなってきます。

それに対して備えをしておきたいという気持ちが生まれるのは当然のことです。

しかし、高齢の場合は多くの病気のリスクが増えるため、がんだけの保険では意味がないことも多いです。


こういったことを考え、がん保険が何歳まで必要かを考えましょう。

他の医療保険や公的な保険などと合わせて考えながら、がん保険が何歳まで必要かを決めていく必要があります。 

高齢になるほどがんにかかるリスクが高くなる

もちろん高齢になるほど癌にかかるリスクは高くなっていきます。

それに対応するがん保険の加入は一つの大きな選択肢となるものです。


近親者でがんになっている方が多い場合などは、何歳まで必要かという事を考えるより、自分が必要かどうかという事でがん保険への加入を決めるのが良いでしょう。 



年齢別男女別がん罹患者数推移

年齢別男女別がん罹患者数推移

加入年齢別のがん保険の保険料

がん保険の保険料は年齢が高いほど高くなっていきます。

それだけリスクが高いためです。


がん保険が何歳まで必要かを考える際にこれは大きなポイントとなってきます。その保険料が大きな負担となる場合、無理をして加入しなくてもよいといえます。


もし自分ががんで倒れたら家族が経済的に困るという場合でない限り、高齢になってからのがん保険の加入は保険料の高さから避けたほうが良い場合が多いです。

何歳まで必要かを考えるときには保険料からも比較をしてみましょう。 

がん保険の保障内容を確認しよう

がん保険への加入を考えた際には、何歳まで必要かを考える前に保障内容をきちんと確認しましょう。

特に高齢の場合、すでに一度癌になっている場合も多いものです。

その段階で加入すると、一度癌になった部分が再び癌になっても、保証されないという事にもなりかねません。


何歳まで必要かで一律に線引きをするのではなく、既往歴なども含めて考えて何歳まで必要かをいく必要があります。 

老後はがん保険に加入するメリットがない理由

がん保険はがんによって失われる収入や治療にかかる費用を賄うためのものです。

しかし、高齢になるとがんになっても手術などの治療が行えないことも多いものです。


がんがあってもそれと共存していくという形をとるケースも多くなります。

そうなると、手術のように大きなお金を使うという事もなく、がん保険に加入するメリットがないという事もできます。


手術を行えるかどうかという事も何歳まで必要かを考えるポイントとなります。 

1.がん保険の保険料が高い

がん保険が何歳まで必要かという事を考えるうえで大きなポイントは保険料にあります。

いくら素晴らしい保障があっても、保険料が高ければ普段の生活が圧迫されていくためです。


がん保険の保険料が無理なく払えるかという事から何歳まで必要かを考えてみましょう。 

2.高齢者医療制度が充実

がん保険はがんにしか対応できませんが、高齢になるとがん以外の病気にもかかりやすくなります。

公的な高齢者医療制度が充実してきているため、がんだからといって特別お金がかかるという事も少なくなっています。


高齢者医療制度が使える年齢でがん保険が何歳まで必要かを考えてみてもよいでしょう。 

3.子供が自立している

高齢の場合、大抵子供が自立しているものです。

若く子育てをしている時期に、がんになって働けなくなるのであれば子供のことを考えて手厚い保障が必要ですが、すでに子供が自立しているのであればがん保険としてさらに保障をプラスすることはないでしょう。


がん保険が何歳まで必要かという事は子供の有無や年齢に左右されるといえます。 

4.貯蓄がある

高齢の場合、退職金やこれまでしてきた貯金などでかなり貯蓄があるという方が増えてきます。

自分が動かせるお金が手元にあるのですから、あえて保険等形で備える必要がないこともあります。


すでに加入している方も、ある程度貯蓄ができた時点で何歳まで必要かを考え直してみてもよいでしょう。 

5.年金生活のため、がんになっても収入は変わらない

若い時には、がんになって働けなくなる時期が来ると収入がゼロになってしまい、それを避けるためにがん保険に入る必要がありました。

しかし、老後は年金が入ってくるため、病気になったからと言って収入は変わりません。


年金支給がされる年齢を基準として何歳まで必要かを考えましょう。 




何歳まで必要かを考えてがん保険を選ぶ

何歳まで必要かを考えてがん保険を選ぶことは必要です。

例えば、子供が独立するまでとその後では必要になる保証は変わってくるはずです。


高い保障が何歳まで必要か、他の制度を使って乗り切ることはできないかを含めて何歳まで必要か考え、保険料負担をできるだけ抑えていきたいものです。 

終身タイプと定期タイプを保険料から考える

がん保険というと終身タイプを中心に考えてしまいがちですが、必要ない時期までなんとなく入り続けてしまう事もあります。

それなら、何歳まで必要かを考え必要な時期だけ定期タイプのがん保険に加入するという方法もあります。


定期タイプのほうが安い保険料で手厚い保障が得られやすいので、お子さんが自立するまでなど期間が決まっているなら向いている方法です。 

まとめ:がん保険は何歳まで必要なのか

がん保険が何歳まで必要かという事は、その人の暮らしや家族構成により異なってきます。

決めるためのポイントとして、子供が独立していること、年金や貯蓄で生活が成り立つことなどが挙げられます。


これがクリアできていればあえてがん保険にこだわる必要はないということができるでしょう。 

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 加入前に理解しよう!がん保険における様々な給付金について
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかについて考える
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?