どのくらい貯金があればがん保険は必要ない?貯金がない場合は?

がん保険はがんに特化した保険です。がんは日本人を苦しめる病気であり治療費が高額になることもあります。しかし、本当にがん保険は必要なのでしょうか。現在、貯金でがん治療に備えている方が増えています。今回はその場合、どのくらいの貯金が必要なのかをご紹介します。



▼この記事を読んで欲しい人

  • いくら貯金があれば不要と言えるのか金額をチェックしたい人
  • どの様に備えるべきか悩んでいる人
  • 貯金だけでカバーできるのか心配な人


▼この記事を読んでわかること

  • 加入の必要がなくなる貯金額
  • 貯金があれば保険不要と言える理由
  • がん保険を活用すべき人の特徴

内容をまとめると

  • 貯金200万円があれば、がん保険に加入する必要性は低い
  • 治療費は貯金でカバーできるが、収入減に対してはカバーしきれない場合もある
  • 貯金が無い、先進医療を利用したいなどの場合にはがん保険が必要
  • どちらで備えるべきか悩んだら、マネーキャリアでプロに相談がおすすめ
  • 今ならスマホひとつで無料保険相談が可能!貯金か保険どちらで備えるべきかアドバイスをもらいましょう!

どのくらい貯金があればがん保険は必要ない?


がんは治療に時間がかかる病気です。入院期間も長引くことがあるため、治療費としての出費はかなり高額になってしまう事が考えられます。


これらの出費に備えるために、がんに特化しているがん保険への加入をする方もいらっしゃると思います。


しかし、最近ではがん保険へ加入せず、貯金でカバーすることを考える方も増えてきているのです。


以前の治療方法と比較すると入院日数も短くなりつつあり、そこまで治療費の負担が大きくなくなってきていると言えるのです。


では、がんの治療費をカバーするためにはどれくらいの金額が貯蓄として準備できていればよいのでしょうか?必要な金額やなぜがん保険が不要と言えるのかなどをご紹介していきます。

先進医療の場合を除き、貯金として200万円ほどあれば不要!

がん保険へ加入しない場合に貯金として必要な金額は200万円程度といえます。


まずはがんになった際にどれくらいの入院費用がかかるのかを見ていきましょう。

年齢平均入院日数平均入院費用
15~64歳17.8日1,096,425円
65~74歳19.0日1,054,452円
75歳以上24.5日1,060,393円
(参考:厚生労働省・医療給付実態調査


入院費用として100万円程度が平均として出されています。3割負担の場合には30万円程度ですむのです。さらに高額療養費制度などが適用されれば負担は少なくなっていきます。


通院での治療を行うことも多いですが、こちらの費用は1度で5.6万円程度が平均となっています。3査割負担の場合には1.6万円程度となるため、負担はそこまで大きくないことが分かります。


医療費としてはそこまで大きな金額がかかりませんが、医療費以外の費用である

  • 食事代
  • 差額ベッド代
  • 交通費
  • 収入減に対する資金

などを踏まえ、貯金が200万円程度あればがんの治療に対する費用はカバーできると言えるのです。


しかし、これは公的医療制度が適用される場合にしか当てはまりません。先進医療自由診療を利用する場合にはかなり高額な治療費が必要となるため、200万円程度の貯金では足りなくなってしまう事に注意しましょう。

がん保険のがん診断保険金としても200万円程度

がん診断給付金が200万円程度となっていることも貯金額が200万円で十分といえる理由に繋がります。


がん診断時の保険金は100~200万円程度です。多くても200万円程度で、その他の保険金を合わせても受け取れる金額は2~300万円といった金額になるのです。


これ以上設定できる商品もありますが、その分保険料はかなり高額になってしまいます。家計を圧迫してしまっては保険として意味がありませんよね。


がん保険に加入していても、準備できる金額は200万円程度です。加入していた場合でもこれ以上保障されることはありません。


そのため、貯金で準備をしておく場合にも同じような金額が準備できるのであれば、治療費などがカバーができると言えるのです。

がんになった場合は家計を圧迫し、公的保障だけでは足りないかも!

がんになった際の治療費は貯金でカバーすることができるためそこまで心配する必要はないと言えます。


しかし、がんになった際には診断前と同じように働けなる方が半数近くいるのです。


通常通りに働けなくなってしまうと困るのが収入が減ってしまう事です。診断前後の平均年収は以下のように変化しています。

  • 診断前:約395万円
  • 診断後:約167万円

このように平均で200万円以上の差がみられるのです。


傷病手当金などの公的制度でも収入減はカバーされますが、それで十分なのかは人によって違います。自営業者などは公的制度ではカバーされないため、貯金の200万円ではカバーしきれないことになるのです。


公的制度ではカバーしきれない、そもそもカバーされない場合には、がん保険などを利用して収入減に備えておくことがおすすめです。

貯金があればがん保険はいらないといわれる理由3選

がんは治療費が高額になるため、がんのみの備えとしてがん保険と言う選択肢があります。しかし、ある程度の貯金があれば保険での備えは不要と言われているのです。


なぜがん保険がいらないと言われているのでしょうか?主な理由としては、

  • 公的医療保険がある
  • 必要な金額はそこまで多くない
  • 入院日数が短くなっている

などが挙げられます。


がんは2人に1人がかかると言われているほど誰もが罹患の可能性のある病気です。治療費も高くなることが考えられるため、がん保険の必要性は高そうですが、意外と貯金でカバーできる金額でも治療ができる、ということから必要ないと言われているようです。


それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

①公的医療保険があるから

公的医療保険で治療費の負担が減ることが理由として挙げられます。


がんの治療でも通常の病気と同じように公的医療保険が利用できます。治療費は通常の場合3割負担で良いのです。


さらに高額療養費制度も活用できます。この制度を活用することで一般の収入の方は1ヶ月あたりの医療費上限が8万円程度まで下げられるのです。


たとえ入院や手術の費用が高額になったとしても、これらの公的医療保険を利用することで月の負担は約8万円です。入院時の食事代や差額ベッド代でこれよりも高くなってしまう事もありますが、そこまで負担は大きくないと言えるのです。


公的医療保険でしっかりと負担を減らすことができるため、がん保険はいらないと言えるのです。

②がんで必要になるお金は多くないから

必要金額がそれほど多くないことも、ひとつの理由です。


公的医療保険が適用される治療方法を選択することで、治療費の負担はあまり高額にはなりません。治療費が高額になると言っても数百万円の支払いを1ヶ月単位で行わなくてはいけないということはないのです。


また、収入減が心配という方も、通常の会社員や公務員の場合には傷病手当金が受け取れます。給料の約2/3は保障されるため、収入が0になることは避けられるのです。


公的医療保険がしっかりとカバーしてくれるため、治療費はそこまで高くなりません。さらには収入減も公的制度である程度カバーされるため、がん保険への加入は必須という訳ではないのです。

③がんで入院する日数は短くなってきているから

がんの治療には時間がかかりますが、治療期間中ずっと入院が必要という訳ではありません。


昔はがんの治療中入院することが多く、入院によって医療費が高額になってしまう事も多くありました。入院費用をカバーするためにがん保険が必要になるほどです。


しかし、最近では入院日数は短くなってきています。平成17年度では平均入院日数が24.6日だったのに対し、平成29年では16.1日にまで短くなっているのです。(参考:厚生労働省・患者調査


入院日数が短くなっているということは、その分入院にかかる費用は減っているということです。以前よりも入院費用の負担が減ってきていることも、がん保険が必要ないと言える理由に繋がります。

がんに罹患した場合にかかる費用を解説

がんに罹患した際の治療費はご紹介した通りですが、それ以外にも様々な費用がかかることが予想されます。

  • 治療費
  • 差額ベッド代
  • 入院時の食事代
  • 交通費
  • 生活費

などが考えられます。


治療費の負担は1ヶ月あたり8万円程度で済むことが考えられます。そこまで高額になることはないと言えるのです。


入院が必要になった際に、個室などを利用した場合には差額ベッド代が必要になります。この代金は公的医療保険が適用されないため、自己負担の対象となります。利用期間が長くなるとかなり高額になることが予想されます。


入院時の食事代も自己負担です。1食あたり460円と決まっているため、入院が長引くほど高額になってしまいます。


交通費もかかってきます。近くの病院ならばそれほど負担はありませんが、遠くの病院に通う必要がある場合には交通費もかさんでしまいます。


病気療養中でも生活費はかかります。日々の食費や家賃、水道光熱費など様々な費用が考えらます。


治療費以外にもこれらの費用が必要となるため、貯金でカバーできるのか、がん保険が必要なのかはしっかりと考えてから判断するようにしましょう。

がんの治療に適用される公的医療保険とは?


がんの治療時にも公的医療保険が活用できます。上手く活用することでかなり医療費の負担を抑えることが可能です。

  • 高額療養費制度
  • 傷病手当金

などが活用できる主な制度として挙げられます。


それぞれどのような制度なのか、詳しくご紹介していきます。


また、公的医療保険が適用されない治療方法についても解説します。


公的医療保険でどこまでカバーされるのかを知っておかないとがん保険の要不要を判断することはできません。しっかりと理解し、自分にとってがん保険が必要なのか判断しましょう。

高額療養費制度

がんの治療時に適用される制度のひとつに高額療養費制度があります。


通常ならば医療費の3割を支払うことになりますが、支払うことになる金額に上限が設定されるのです。上限以上となった部分を国が負担してくれる制度です。


上限は条件よって変わってきます。70歳未満を例に見ていきましょう。

区分(報酬月額)上限
81万円以上252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
51万5千円以上〜81万円未満167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
27万円以上〜51万5千円未満80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
27万円未満57,600円
(参考:全国健康保険協会・自己負担限度額


自分の上限をしっかりと確認しておき、もしこれ以上の負担となる場合には申請することで超過している金額を返還してもらいましょう。


月単位での設定となっているため、入院などで月をまたいでしまうと、それぞれの月で上限金額まで支払わなくてはいけないことに注意しましょう。

傷病手当金制度

治療のために会社を休む日数も多くなってしまいますが、このような場合には傷病手当金制度を活用することで、収入が途絶えることを防ぐことができます。


傷病手当金は病気やケガなどで会社を長期間休むことになった際に、給料の一定額を保障してくれる制度です。


保障される金額は給料の2/3程度です。(参考:全国健康保険協会・傷病手当金


最長で1年半の間支給対象となっています。通常通りに働いている場合と比較すると給料自体は減ってしまいますが、それでも0になることは避けられます。


ただし、勤務先で社会保険に加入していないと対象とはなりません。自営業などでは国民健康保険にしか加入していないため、支給されることが無いことに注意しましょう。

先進医療には公的医療保険は適用されない

公的医療保険は医療費の負担を減らしてくれるとてもありがたい制度ですが、治療方法に先進医療を選択した場合には適用されないことに注意しましょう。


先進医療に分類される治療方法は厚生労働省が決めています。高度な技術が必要な治療方法が多く、がんの治療方法としては

  • 重粒子線治療
  • 陽子線治療

などが当てはまります。


どちらも利用することで250万円から300万円の費用がかかります。これらの治療費は全額自己負担となってしまうのです。


かなり高額な負担となってしまうのです。


このように先進医療など公的医療保険が適用されない治療法もあるのです。

通常の病気や怪我なら公的制度で十分ではある!

通常の病気やケガなどならば、公的制度でも十分にカバーすることは可能です。


先ほどご紹介したように、日本の公的医療保険はかなりしっかりしています。治療費の保障もしっかりしていますし、会社を休むことになった場合にも保障される仕組みとなっているためです。


しかし、がんの場合には気を付けなくてはいけません。治療費はカバーできても、働けなくなる期間が長引くことが考えられます。このような場合には公的制度でカバーしきれないことも考えられるのです。


また、中には公的医療保険の適用されない治療方法もあります


これらのことを踏まえ、がん保険の必要性をしっかりと考えるようにしましょう。

がん保険に加入したほうが良い人の特徴3選

貯金が200万円程度あり、これをがんの治療などにあてても良い場合にはがん保険への加入は必要ないと言えます。しかし、全ての方にがん保険が必要ないわけではありません。


貯金の金額や治療方法によってはがん保険が必要と言えるのです。


では、どのような特徴の方に必要となるのでしょうか?

  • 貯金が足りていない
  • 先進医療を希望する
  • 身内にがん経験者がいる

などです。


なぜこのような方に必要と言えるのか、以下でそれぞれご紹介していきます。

①貯金が足りていない人

そもそも貯金が200万円に満たない方はがん保険に加入しておくことがおすすめです。


貯金がある場合には治療などでお金がかかったとしても、貯金を崩すことでカバーすることができます。しかし、貯金が一定額以上ないとこの方法は使えません。


貯金が足りていない人はがん保険などで準備をしておかないと、治療時の資金が足りない状況となってしまうのです。


また、貯金があったとしても他の利用用途のために貯めている場合にも、がん保険で補っておく必要があります。


がんの治療に利用できる貯金が無いと、いざがんになった際に他の資金として準備しておいた貯金を利用しなくてはいけなくなってしまいます。貯金を利用しないでも済むようにがん保険での準備が必要と言えるのです。

②先進医療を希望する人

先進医療を考えている人は、がん保険へ加入しておくことがおすすめです。忘れずに特約の付帯も行いましょう。


がんの治療でも公的制度を活用することで、自己負担額はそこまで大きなものにはならないことはご紹介しました。しかし、公的制度が適用されること前提の話です。


適用されない治療方法に先進医療があります。費用も高額となり、さらに公的制度の対象となっていないため自己負担となってしまうのです。準備していた貯金だけでカバーできるのかというと、できない可能性の方が高いと言えるのです。


がん保険に先進医療特約を付けておくことでこの費用に対する保障を得ることができます。治療方法のひとつとして検討したい方は、がん保険へ加入しておきましょう。

③身内にがんにかかった人がいる人

がん経験者が身内にいる方も、加入しておくことをおすすめします。


がんは2人に1人がかかると言われており、かなり高いことが分かります。しかし、さらに高確率で罹患することが事前に分かれば、加入を検討する人も増えるのではないかと思います。


高確率になる方としては、身内などにかかったことがある人がいる場合が挙げられます。


がんの中には遺伝性のものも少数ですが存在します。また、遺伝よりも重要なのが生活習慣です。がんの罹患に大きく関わっており、似た生活を送っていた場合には、確率が上がると言えるのです。


身内にかかったことのある方がいる場合には、このような理由で通常よりもがんになりやすいと言えます。可能性が高いことからがん保険への加入がおすすめとなるのです。治療に専念するためにもしっかりと備えておきましょう。

がん保険に加入する3つのメリットを紹介


がん保険に加入していなくても、貯金がある程度あるならば治療を受ける際に大きな問題はないと言えます。しかし、加入しておくことで様々なメリットがあるのです。

  • がんになると給付金がもらえる
  • 特約付加で高額医療もカバーできる
  • 入院日数に制限がない

などです。


貯金でまかなう方法も良いですが、人によってはこれらのメリットの方が大きい場合もあります。メリットを理解し、本当に貯金での備えだけで十分なのかを考えてください。

①がんになると給付金がもらえる

ひとつめはがんになると給付金がもらえることです。


がん保険では「がん診断給付金」という保障が付いているものがほとんどです。この保障が付いている場合、診断されるだけで設定した保険金が支給されることになるのです。


50~200万円といったまとまった金額を受け取ることができます。これから治療を開始するにあたり、資金が準備できることになるのです。


貯金でまかなう場合には、これからどれだけの貯金を崩す必要があるのか、金銭的な不安が大きくなってしまうかもしれません。しかし、がん保険に加入しておけば金銭的な不安を感じずに済むのです。


ただし、商品によっては診断のみで支給されない場合もあります。入院などが条件に組み込まれている場合もあるため、契約時にしっかりと支給条件などを確認しておきましょう。

②特約を付加すると高額医療にも対応できる

二つ目は特約の付帯で高額医療に対応できることです。


ただし、高額医療に対応するためには、加入するだけでは不十分となることに注意しましょう。


がん保険では診断一時金などで治療費をカバーすることができます。さらに、先進医療特約を付帯することで、高額医療となる先進医療にかかる費用を負担してもらえるのです。


上限金額が商品ごとに決まっていますが、かかった費用を丸々支給してもらえる保障が一般的です。


さらに、商品によっては自由診療をカバーしてくれるものもあります。こちらも公的医療保険が適用されず、高額医療になるのですが、金銭的な不安を感じることなく治療のひとつとして選択することができるようになるのです。


加入する場合には忘れずに特約を付帯するようにしてください。

③入院日数に制限がない商品もある

3つ目は入院保障の上限がない商品があることです。


がんの治療時にも通常の医療保険が利用できます。がん保険には加入していなくても、医療保険で病気やケガに対する備えをしている方は多いですよね?


しかし、医療保険では長期入院に対しての保障は不十分と言えます。支給される日数に上限が設けられているためです。


がんでは長期に渡る入院という可能性があるため、日数に限度のある商品では不安が残ります。


一方がん保険の商品には制限がない商品もあります。入院が続いてしまっても保障が切れることなく、しっかりとカバーされるのです。


最近の治療方法では通院がメインとなってきていますが、それでも長期入院の可能性が無くなったわけではありません。長引く入院への金銭的不安も、がん保険に加入しておくことで解消することができるのです。

がん保険は医療保険でカバーできると考えるのは危険

中には医療保険でがんの治療費がカバーできると考えている方もいらっしゃると思いますが、医療保険でカバーできると考えるのは危険と言えるのです。


医療保険で保障されるものには以下のようなものが挙げられます。

  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 先進飲料給付金

などです。


確かにこれらの給付金だけでもしっかりとした保障が得られそうだと感じるかもしれません。


しかし、がんの治療方法を考えてみてください。手術や入院もしますが、抗がん剤などで通院治療を行う回数も多いと言えるのです。


通院に対する保障は医療保険ではあまり受けられません。通院保障があるタイプもありますが、それほど大きな金額が支給されるわけではないため、通院での治療が多くなると金銭的な負担は大きくなってしまうのです。


医療保険でカバーできると思っていた方は、マネーキャリアで保険相談をしてみましょう。がん保険が必要かどうか、しっかりとプロにアドバイスがもらえます。

まとめ:先進医療を除いて貯金200万円が目安


いかがでしたか?ここではがんの治療が貯金で賄えるのか、いくら準備しておけばよいのかについてご紹介しました。


がんへの備えとしては、貯金200万円が目安です。この金額をがんの治療にあてても問題がない場合には、がん保険へわざわざ加入する必要はないと言えるのです。


しかし、先進医療などに対する備えとしては全く足りないと言えます。治療時に先進医療を選択する可能性がある場合には、がん保険などで先進医療に対する備えをしておく必要があるのです。


もし、がんへの備えとして貯金にするかがん保険にするか悩んだ場合には、マネーキャリアで相談がおすすめです。何度でも無料で相談ができます。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

がん保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング