がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!

がん保険についている通院保障は本当に必要なのか、通常の医療保険で通院保障が支払われるのであれば、特にがん保険の通院保障は必要なのでは?医療保険とは何が違うのか?と思いますね。ここではがん保険に含まれる通院保障内容や他の特約について検討をします。

がん保険の通院保障は必要?

毎日テレビのCMなどで、多く目にする保険商品があります。


それは「がん保険」と呼ばれる保険商品で、日々新しい特徴を持った商品が発売されているような気さえします。


現代では、日本人の2人に1人ががんと診断される時代といわれており(国立がん研究センター:最新がん統計)、がん保険についてもそのニードが高いことが伺われます。


そんながん保険ですが、「最近のがん治療は、手術よりも通院での抗がん剤治療がメインって本当?」「新しいがん保険を検討しているけれど、通院についての保障は必要?」といった疑問をお持ちの方も多いはず。


そこで、この記事では


  • がん保険の通院保障ってどんなもの?
  • がん保険に通院保障が必要な理由と、必要でない理由
  • 通院保障を考えるなら、入院保障は必要ない?

といった内容について解説していきます。

この記事を最後まで読んでいただくと、「がん保険の通院保障の必要性」や「通院保障を選ぶ際のポイント」についてご理解いただけると思います。

ぜひ、最後までお付き合いください。

がん保険の通院保障とは?

最近発売されているがん保険では、入院や手術に対する保障はもちろんのこと、通院に対する保障の必要性をアピールしている保険が多くあります。

この場合、通院保障と一言で言っても保険によって内容は変わります。

現在発売されているがん保険の、通院での治療に備えるための保障としては、

  • 退院後に継続して通院する際に支払われる給付金
  • 放射線や抗がん剤などの治療に必要な費用が保障される治療給付金
  • 退院後の一括して療養費が支払われる退院療養給付金

などがあります。

がん保険の通院保障は必要である理由

それでは、がん保険において通院保障が必要とされる理由はどこにあるのでしょうか?

そこには、がん治療における治療費の高さが大きく関係しています。

健康保険では高額療養費として保険診療での治療は自己負担額の上限が一般的に月額8万円程(年齢や所得などにより金額は変化します)となります。

しかし、月に一度、三ヶ月に一度といった定期的に発生する、がんによる通院治療での自己負担額は高額療養費としての請求対象額まではいかないために、そのつどの費用を合算して考えると相当な額になることが予想されます。


そう考えると、通院費の支出が保険によって保障されるというのは、安心感が強いといえます。

がん治療は通院治療がメインになっている

現在がん治療は手術だけで済むということが多くないようです。

実際にがんを摘出する手術の前に抗がん剤・放射線治療をしてがん組織を小さくしてから治療をすることもあります。

また、抗がん剤の発達から、手術をすることなく、通院による抗がん剤治療が第一選択となるケースも増えてきています。

その場合は、入院や手術給付金の支払い対象とならないため、通院保障の必要性が増してくると考えられます。

通院給付金の支払い回数は無制限

契約しているがん保険の保障内容にもよりますが、通院保障については限度日数がなく無制限なものもあります。

がんのタイプや診断ステージによって治療日数は様々であるものの、基本的にがんの治療は長期に渡るケースが多く、同時に通院も長くなると考えられます。

通院保障のなかには入院がなく通院だけでも請求ができるタイプの契約もあるため、通院による保障を手厚くしておきたいと考えている方には、がん保険を選ぶ際に、通院保障は必要な項目として押さえておきたいポイントですね。

がん保険の通院保障は不要である理由

ここまでの情報で言えば、がん保険に通院の保障がついていることはとても大切なことのように思えます。


がん保険について言えば、通院保障以外にもさまざまな特約(保障のオプションのようなもの)が用意され、それらを付加することにより、さらに手厚い保障とすることができます。


しかし、特約を追加するためには、そこに新たな保険料が上乗せされてしまうことも事実です。


それは、通院保障の特約を追加するときにも同じことが言えます。


ですので、ただ闇雲に特約をつければよいというものではなく、保障と保険料のバランスが大切になってくるのです。


ここからは、そういった意味も含め、あえて、通院保障が不要と考えられる理由についても考えてみたいと思います。

入院・日数・治療内容など条件が厳しい

がん保険に限らず、医療保険などにおいても、通院保障については、がんやその他の病気で通院したからといって、すべてが支払い対象となるわけではないことを理解しておくことが重要です。

実際、がん保険の通院保障による給付を受けるためには、必要条件が多いという意見もあります。

その通院保障が適応となる条件を見てみると、


  • 入院をした後の通院について保障がされるのものであり、入院のない、いわゆる通院のみの治療の場合には保障されない
  • 長期治療になることが多いがん通院治療にも関わらず、通院の日数制限がある
  • 保障される治療内容に条件があり、通院での治療がすべて保障されるわけではない

といった条件がある場合も多く、きちんと内容を理解しておくことが重要になります。

通院給付金と比較して抗がん剤治療特約などのほうが充実

最近では、抗がん剤治療特約という特約がつけられるがん保険もあります。

一般的に、通院給付金では通院日数に合わせ、各社が定めている通院保障の費用が定額で支払われます。

これに対して、抗がん剤治療特約は、治療を受けた月に一定金額が受け取ることができるという保障であるということが大きな違いです。

例えば保障内容として、「通院給付金1万円/日」のものと、「抗がん療特約最大10万円/治療を受けた月」の保障のいずれかに加入してる場合を考えてみます。


1ヶ月に1日だけの通院をして抗がん剤治療を継続して数か月続ける場合、前者であれば、通院給付金として受け取ることができるのは毎月1万円ということになります。


これに対し、抗がん剤医療特約が付いている保険の場合には最大で月額10万円受け取ることができます。


1日だけの通院にはなりますが、抗がん剤治療は実費支払として高額な負担になることが予想されるため、通院日数での支払いに比べると、抗がん剤医療特約での支払金額に安心される方も多いのではないでしょうか。


がん保険の保険内容には対象となる治療が指定されている場合や、保険によっては治療を受ける医療機関が指定されていることもあります。


広告や保険担当者の説明をきちんと理解し、じっくりと見比べる必要があります。


ここまでで、「自分だけでがん保険を選ぶのは難しい」と感じられた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。


 どのがん保険がいいのか、自分にあったがん保険はどれかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。


 >保険のプロに無料相談はこちら

通院保障を必要とするなら、入院なしの通院保障がおすすめ

現在のがん治療の進歩や、新しい抗がん剤の開発によって、通院での治療が主流になってきていることを考えると通院保障は非常に心強い保障といえます。


しかし条件付きの通院時に支払われるのであれば契約内容に書かれている「通院保障」という文字だけでは、思うように支払がなされないことも考えられなくはありません。


そこでおすすめなのが入院がない治療でも支払い対象になる入院なしで請求ができる通院保障です。


入院がある治療になるかなどは、がんと診断され、実際に医師の診断を受けなければわからないものです。


そもそも保険はもしものために事前に掛けるものなので、病気になってみなければわからないとか、がん保険が必要な状況になったときに治療方法や方針によって支払対象外だったという状況になることはできる限り回避したいものです。


そういった意味からしても、入院なしでも通院保障が受けられるがん保険は選択肢の一つとしておすすめできるものです。

がん保険の契約を検討する際の必要な項目として、通院保障の支払条件については、ぜひチェックしていただきたいと思います。


まとめ:がん保険の通院保障は必要なのか

ここまで、「がん保険につい院保障は必要?」をテーマにお話ししてきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは


  • がん保険の通院保障は、入院後の通院を保障するものから、入院の有無が関係ないものまで、さまざまな物が発売されている
  • がん保険に通院保障が必要な理由は、抗がん剤治療等、通院による治療が増えていることによる
  • 通院保障には、さまざまな条件が設定されていることもあり、他の特約のほうが合目的なこともある
  • 通院治療のみを考えるなら、入院保障がないがん保険も選択肢の一つとなる

でした。


日本人の2人に1人ががんと診断されるといわれている現代、がんは決して他人事ではありません。


しかし、医療技術や治療薬の発達により、がんは治らない病気ではなくなってきています。


そんながん治療の手助けとなるのが、がん保険です。


さまざまながん保険やそれに付加できる特約が発売されていますので、それぞれの特徴を知り、自分の希望にあったがん保険選びにつなげたいものですね。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • 注意!!「無制限」のがん保険を選ぶときに気をつけたいこと
  • 実は厳しい!? がん保険の通院保障が適用される条件を理解しよう!
  • がん以外の死亡は保障されない?がん保険の死亡保障の本当のこと
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?