がん保険で二回目の再発に備えるには?再発の保障の選び方と必要性

がんは転移や再発を繰り返す可能性があります。しかし、がん保険の中には診断給付金の2回目は対象外など、2回目の再発時になると保障内容が下がってしまうものもあります。従って、がんと長く闘い続ける事になった場合を想定したがん保険選びが大切になってきます。

がん保険にがん罹患2回目の保障は必要?

日本人の2人に1人はかかるといわれ、非常に関心の高い病気が「がん」です。


がんは、昔とは違い、不治の病というわけではありませんが、再発も多いとされ、怖い病気であることに変わりはありません。


毎日テレビをつけると、がん保険のCMを見ない日がないというほど、多くの保険商品も販売されています。


しかし、あまりにその種類が多すぎて、「どのがん保険が自分にあっているのかわからない」「がんが再発しても保障はしてくれるの?」といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?


そこで、この記事では


  • がんの再発率はどれ位?
  • がんの再発に備えた保障をもつがん保険ってあるの?
  • 2回目以降も支払われるがん保険のポイント

以上の内容を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただくと、「がんやがんの再発についての知識」「がんの再発も念頭に置いたがん保険選びのポイント」等が理解いただけるはずです。

ぜひ、最後までお付き合いください

2回目以降の保障があるがん保険の必要性

一昔前までは、「がんと診断された=死」というイメージで捉えられがちでしたが、診断技術や医療技術の発達により、「早期発見・早期治療」により、治らない病気ではなくなってきています


しかし、がんの場合は、転移や再発といった可能性がないわけではなく、怖い病気であることには変わりありません。


ここからは、そんな「がんの再発」についての知識と、がんの再発も視野に入れた上でのがん保険選びについて解説していきます。

がんの再発率と、がん保険の必要性を考える

がんは、早期発見・早期治療により完治するケースも増えてきています。

しかし、現代の医学をもってしても、がんの再発を100%抑えることは出来ていません。

「大腸がん」の再発率を例にあげると、がんが最も進行していないステージ1の大腸がんでも3.7%の人が再発しています。


これが、ステージ3ともなりますと、約3割の人が再発しているという統計データが出ています。


また、女性ならば少なからず気にされているであろう「乳がん」は、ステージ1であれば、その再発率は1割以下とされていますが、ステージ3では実に5割を超えるとされています。


治療を受けても、転移や再発で罹患2回目・3回目となる可能性が出てくるのが、がんの怖さです。


そういった意味からすると、がん保険についても、再発の事も考えたがん保険選びが大切になるのです。 

がん再発のメカニズムとがん保険の考え方

がんが再発する基本的な原因は転移によるものと考えられています。


治療をしたにも関わらす、体の中に残ってしまったがん細胞が、血液やリンパ液の流れにのって様々な部位に転移してしまうのです。


がんが他の部位に転移した場合、その治療は長期化することが多いとされています(早期発見早期治療がなされた場合はこのかぎりではありません)。


転移した部位に対しては、再度の手術や抗がん剤治療・放射線治療を行う必要も出てきます。


がんの再発が2回目・3回目ともなれば、がんと生涯闘い続ける覚悟とお金も必要になります。


がん保険は早期がんの為だけにあるのではなく、がんと長期間闘う為にも必要となってくるのです。

がんの再発に対応するがん保険の保障一覧

がん保険の保障の中で再発時に使うことの出来る保障には以下のようなものがあります。


<再発に対応している保障一覧>


  • 一時金(診断給付金)
  • 手術・入院・通院給付金
  • 抗がん剤給付金
  • 放射線治療給付金

まず診断給付金は、2回目以降も条件つきで貰うことの出来る商品もあります。ほとんどの場合2回目以降は、初回の給付からの期間などの条件がありますが、この条件については次の貢で詳しく説明しています。


その他は、治療に関する保障になります。


治療に関する保障は、条件として「治療の継続」がついていることがあります。再発の場合、一度治療を終了しているのでこの条件がついていると給付金を貰えないので注意が必要です。


また、通院給付についても手術の前または後の通院などという条件がついている場合が多く見受けられます。


再発の場合、切除手術が難しく通院での抗がん剤治療をするケースも出てきます。そのような場合は給付金が出ませんのできちんと確認しておきましょう。

注意!前回の診断給付金支払いが2年以内だと保障されないかも

がん保険の基本は、がんで入院や手術等の治療を受けた場合に、その日数・内容に応じて、入院日数の何倍という計算によって給付金が支払われるものがほとんどでした。

しかし、最近では、医師によるがんという診断を受けた場合に、診断一時金が受け取れる保険や、特約が発売されています。


これは契約時に設定した100万〜300万程度のまとまった一時金を、がんと診断された時に支払ってもらえるがん保険独特の特約です。


この一時金はには用途の定めはなく、治療費や治療の為に休業した生活費の補てん・がんに効果があるといわれる健康食品の購入など様々な用途に使う事ができます。


しかし、この診断給付金は一般的に、2回目以降のがん診断の場合には条件が付きます。


この保険会社によって違いますが、最初の給付を受け取ってから一般的に2年〜3年の期間が必要になります。


この2年というのは、前回のがんが治癒・寛解してから2年以上経過したものということになります。


つまり、請求日が前回の治癒・寛解から2年たっていても、その間(2年以内)に請求対象となる新たながんが見つかっている場合は対象外ということです。


2回目以降は支払わないという条件で保険料を安くしている保険会社もありますので、2回目以降のがん診断給付金については契約時に充分な検討が必要です。 

2回目以降も支払われるがん保険の選び方のポイント

最近のがん治療は、入院せずに、通院での抗がん剤等による治療が選択される場合も増えてきています。


患者側からすると、入院や手術がないという点で、身体的な負担が少なくてすむといえます。


しかし、入院や手術がないという事は、従来の入院日数を基準としたがん保険の場合、給付金が受け取れないことにもつながります。


そう言った意味からしても、がん診断一時金を受け取れる保険や特約は、現代のがん治療において、非常に有効な保険(特約)であるといえます。


そんながん診断一時金型の保険(特約)に加入する際には、注意しておきたい点があります。


それは、2回目以降のがん診断に対しても給付金が支払われるかどうかという点です。


ここからは、2回目以降も支払われるがん保険について、そのポイントを解説していきます。

ポイント①:保障内容と2回目以降の保障の条件

繰り返しになってしまいますが、2回目以降も給付金を貰うためには条件がついている場合がほとんどです。


そのため転移や再発へも対応できる保険を準備しておくためには、治療内容条件で給付金がもらいやすい条件のものを予め選択しておくことが重要です


保障内容の中で再発時も使うことの出来る保障に対してどんな条件がついているのかを必ず確認しておきましょう。


例えば再発時の治療はその時でなければ分かりませんが、診断給付金でまとまったお金を貰うことが出来れば、治療費はもちろん休職した場合の生活費の補てんにすることも出来ます。


また、通院給付金については条件なく貰える保障を用意しておいた方が安心です。


2回目以降の保障条件はこの後の部分でも詳しく説明していますが、必要な保障に対してどのような条件がついているのかは、再発時に貰えると思っていたのに貰えなかったということのないように加入前に必ず確認しましょう。

ポイント②:2回目の保障が適用される期間の条件

がん保険の診断給付金は、その保険金額だけではなく、「再発など、2回目以降も支払われるか」「その際にはどんな条件になるか」を確認しておくことが大変重要です。


中には、最初の一回のみがん診断一時金が支払われて、がん診断保険(特約)自体が消滅するものもあるからです。 


 また、2回目以降もがん診断一時金が支払われる保険については条件が設定されているものが多くあります。 


 その代表的な条件が、「初回のがん診断給付金が支払われることとなった、がんの診断確定日または最終入院日から、その日を含めて〇年経過している」といったものです。 


 その場合、2回目以降の支払いは、前回のがん診断給付金の支払いから、何年の期間があく必要があるのか確認する事が重要です。

ポイント③:「再発」と「転移」に関する条件

がん保険の診断給付金の2回目以降の支払いに関しては期間と合わせて、支払い条件もチェックが必要です。 

2回目以降の診断一時金を受取るには、がん診断と入院の2つを条件とするがん保険もあるからです。

この場合、例えば再発や転移をしても、入院をしなければ2回目の診断給付金は受け取れない事になります。 

 診断給付金が再発や転移を考え、2回目以降も受け取りやすいかどうかは保険の大切な部分の一つであるといえます。

またがんの再発や転移があった場合など、2回目以降の闘病については、長期通院の可能性もでてきます。


がん保険の中には通院に関しては入院が前提になっている商品も多くあります。


しかし、最近のがん治療は最初から入院をすることなく、通院治療からスタートするケースもあります。


入院なしで通院治療を長期間続ける事になった場合、いわゆる入院後の通院を対象にするタイプのがん保険でしたら、何の補償も受けられない事になります。


所定のがん治療を受けたら一時金を払ってもらえるタイプのがん保険や、入院しなくてもがん治療の通院給付金が受取れるがん保険も登場しています。


再発等の長期治療に対して、通院の支払い条件がどうなっているのかも、チェックが必要です。


単純な保険料比較で選んでしまうと、この部分を見落とす事にもなりかねませんので、費用対効果をしっかり検討した上で加入することも重要なポイントとなります。

再発の保障があってよかった...二回目のがん治療でがん保険を利用した方の体験談

がん経験者・乳がんになった後でも加入できるがん保険をご紹介

一般的にがん保険は、がんに備えるために罹患前に加入します。しかし、既にがんを経験し、今後の再発や転移へのリスクに備えてがん保険に加入したいと方も多いです。


そのような人のために、最近ではがん経験者でも加入することのできる保険が出てきています。


その1つがセコム損保の「メディコムワン」です。メディコムワンは、「乳がん」を経験した女性のための保険です。この保険の特徴は


  • 乳がんの「再発・転移」だけではなく他のガンにかかった場合も保障
  • 入院治療費は無制限
  • 通院治療は5年ごと1,000万円まで補償(セカンドオピニオン外来費にも対応)
  • 先進医療、自由診療も補償
です。


がん治療は日々新しい治療法が生み出されていきます。抗がん剤も、最新のものになると健康保険適用外のため健康保険の対象とならにということも多いです。保険においても、自由診療については適用外となってしまう場合があります。


メディコムワンは、自由診療も補償されますので再発時の治療方法の選択肢を広げることが出来ます


このような保険を準備しておくと、再発リスクにも備えることが出来るので安心ですね。

まとめ:2回目のがんのために備えるがん保険について

ここまで、「がんの転移や再発とそれに備えるためのがん保険選びのポイント」について解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは、


  • がんは進行度によって差はあるが、再発の可能性が高い病気である
  • がんの再発に対して保障してくれるがん保険は多数存在する
  • がん診断一時金等が2回目以降のがんに対しても支払われるがん保険のポイント

でした。

ある程度の年齢になってくると、気になってくる病気の一つに「がん」があります。

医学の進歩により、がんは決して治らない病気ではなくなってきてはいますが、再発のリスクがあることも確かです。

がんと診断されてからでは、がん保険に入ることは非常に難しくなります。

まだ元気である今だからこそ、がん治療やがん保険についての情報に注目し、自分の考えにぴったりと合ったがん保険加入につなげましょう。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング