がん保険の責任開始日前に健康診断で癌が発覚したら保障される?

責任開始日とは、保険の保障が開始される日のことを言います。がん保険の責任開始日は一般の死亡保険や医療保険などと違い、独特のルールを設けています。がん保険独特のルールとは何なのか、なぜ他の保険と違うのかについてお伝えします。


▼この記事を読んで欲しい人

  • 契約すればすぐに保障が始まると思っている人
  • がんの発見が保障前の場合にどうなってしまうのか知りたい人
  • がんの診断を隠すとどうなるのか知りたい人


▼この記事を読んで分かること

  • いつから保障が始まるのか、保障の始期について
  • がんになった時期の違いによる保障の有無
  • 隠した場合にどのような不利益が生じるのか

内容をまとめると

がん保険の責任開始日前に健康診断で癌が発覚したら保障されるの?

もし、責任開始日以前にがんと診断された場合、残念ながら契約は無効となるため保障はされません。 


ですが、契約時の告知義務違反でなければ支払った保険料は返金されます。 


告知義務違反に関しては、病院に通い診断を受けているまででなければ違反に当たりません。 


しこりを確認していた、無自覚であるががんを発症していた、という段階であれば大丈夫です。

責任開始日の翌日にがんが発覚した場合は?診断確定日はいつになるの?

通常、がんは病理検査や病理診断によって診断確定されますが、その診断確定された日が「がん診断確定日」となります。 


この「がん診断確定日」が責任開始日の翌日であれば保障されますが、「がん診断確定日」そのものの定義が保険会社によって異なりますので注意が必要です。 


なぜなら、まれにがん診断確定の根拠となった「検査」の実施日を「がん診断確定日」とする保険会社もあるからです。 


例えば、待ち期間中にがん検診を受けて、その後の病理診断でがんと診断確定されたのが責任開始日以降だったとしても、そもそもの根拠となった検査の実施日が最初のがん検診を受けた日とされるのです。 


つまり、この場合は「がん診断確定日」が責任開始日以前となるので保障されないということになります。 


一方で、責任開始日の以前にがんに罹患していたことが確かでも、その翌日が初診であれば、がん保険が保障される場合もあります。

保険期間の始期とは?

保障が始まる日を「保険期間の始期」と言います。


一般的な保険では、

  • 告知・検査
  • 第一回保険料の払込完了

の両方が終わった時点です。どちらか片方が終わっていない状態では保障を受けることはできません。


契約書を書いて申し込みを行った日ではありません。


加入する際には「告知」を行う必要があります。これと同時に医師による検査なども必要になるものもあります。


自分の健康状態を報告し、保険に加入できるかを審査してもらうのです。


また、保険料の最初の支払いが確認されないと、契約が有効になりません。


そのため、「告知・検査」と「保険料の払込」が確認された時点で契約が有効となり、保障を受けることができるようになるのです。


ただしこれは一般的な保険の「保険期間の始期」です。がん保険では違いがあるため注意が必要です。以下でご紹介していきます。

がん保険の責任開始日とは?

では、がん保険の責任開始日の考え方をご説明します。


がん保険も、もちろん「申し込み」「告知」「1回目の保険料の支払い」は必要です。


ここからが独特のルールなのですが、3点すべてが終了してから約90日経過した翌日が責任開始日になるとされています。


この約90日間は「待ち期間」や「待機期間」、「免責期間」などと呼ばれ、この間にがんと診断された場合は保障されません。


図では、赤い部分が保険料の支払いを行っている期間を指しています。


すなわち、約90日間は保険料を支払っているものの、がん保険の保障はされないという期間です。


ここでの、「約」90日間と表現しているのは、保険会社やがん保険の商品により異なるためです。


免責事項を確認し、何日間なのかチェックしておきましょう。

がん保険にはなぜ待ち期間が存在するのか

では、そもそも、なぜがん保険の責任開始日は他の保険と違うのか、を説明します。

これには、きちんとした理由があります。

保険には、「公平性の原則」というものがあります。


告知が存在しているのもこのためです。


これは、同一の保険料を支払う加入者は、病気や災害になるリスクがなるべく等しくなるようにしなければいけないためです。


例えば、もしもご家族ががんに罹ったとして、すぐに本人に告知しますか?


がんに罹った本人が、まだ医師にも家族にも告知されないままの段階でがん保険に加入することも考えられます。


また、がんに罹ったことを知ってからすぐにがん保険に加入して、契約が成立してから他の病院に行き、初めてがんと診断されたと言って給付金を受け取ることができてしまったらどうでしょう。


このようなことが起きた場合、本来平等にリスク分散されるはずの保険はとても不公平なものとなってしまいます。


がんという病気は自覚がなくとも、末期がんとなっていることもある病気です。


保障までの期間が数日であれば、悪用されるリスクが高まり、本来のがん保険という商品は成立しえません。


しかし、たとえ脳梗塞のように急を要する病気でなくても、さすがにがんと知ってから90日もの期間、何の治療もしないでいられる罹患者はいないでしょう。


この90日の待ち期間は、がん保険の公平性を保ち、悪用を防ぐために設定されているのです。

もしがん保険の責任開始日付近でがんが発覚したら?

例えば、受けていた定期健康診断の結果が出ない間にがん保険の加入手続きをしたとします。

「申し込み」「告知」「1回目の保険料の支払い」が終わり、90日間の待ち期間に入ってから健康診断の結果が出て二次検査を受けたとします。

その後諸々の検査を経て、最終的にがんと診断されたのが責任開始日以前だったとしたら?これは、とても気になる点だと思います。

契約してから責任開始日の間にがんが発覚した場合

もし、責任開始日以前にがんと診断された場合、残念ながら契約は無効となるため保障はされません。

ですが、契約時の告知義務違反でなければ支払った保険料は返金されます。


告知義務違反に関しては、病院に通い診断を受けているまででなければ違反に当たりません。


しこりを確認していた、無自覚であるががんを発症していた、という段階であれば大丈夫です。

責任開始日の翌日にがんが発覚した場合

通常、がんは病理検査や病理診断によって診断確定されますが、その診断確定された日が「がん診断確定日」となります。

この「がん診断確定日」が責任開始日の翌日であれば保障されますが、「がん診断確定日」そのものの定義が保険会社によって異なりますので注意が必要です。


なぜなら、まれにがん診断確定の根拠となった「検査」の実施日を「がん診断確定日」とする保険会社もあるからです。


例えば、待ち期間中にがん検診を受けて、その後の病理診断でがんと診断確定されたのが責任開始日以降だったとしても、そもそもの根拠となった検査の実施日が最初のがん検診を受けた日とされるのです。


つまり、この場合は「がん診断確定日」が責任開始日以前となるので保障されないということになります。


一方で、責任開始日の以前にがんに罹患していたことが確かでも、その翌日が初診であれば、がん保険が保障される場合もあります。

いつが責任開始日か約款で確認するのが大切

小さい文字で専門用語が羅列されている「約款」は目を通すことすら面倒と思いがちですが、重要な内容が記されています。

せめて、こういう場合は保障できませんという免責事項や、責任開始日については確認しておきましょう。


または、契約時に受け取る「契約概要」にも責任開始日などの重要な事項が抜粋されてわかりやすく記載されているので、こちらだけでも目を通しておくようにしましょう。  


特に、前述しました通り、責任開始日前後での「がん診断確定日」の確認は要注意が必要です。

がん保険の空白期間には要注意しましょう

がん保険の見直しをされている方が、このがん保険の責任開始日を忘れてしまうパターンです。

この場合、保障されない期間が保険の空白期間となります。せっかく保険料を安くできるように保険の見直しをしたのに、結果として損をすることとなりますので、要注意が必要です。

保険料の二重支払いにはなりますが、責任開始日を加味した上で、一つ前のがん保険を解約することをお勧めします。


また、見直しで増額された場合にも、増額分の責任開始日が発生します。


女性であれば、胸にしこりを感じることなど、そういった体の変化を感じる前に、またその不安を感じたら早い段階で保険を見直しておくことが大事になってくるかもしれません。


ここまでで、「自分だけでがん保険を選ぶのは難しい」と感じられた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 


どのがん保険がいいのか、自分にあったがん保険はどれかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 


 >保険のプロに無料相談はこちら

注意!がん保険の責任開始日前の康診断で癌が発覚しても隠すのは絶対ダメ

責任開始日前にがんと診断を受けた場合、保険会社へ連絡せずに事実を隠してしまう方もいらっしゃるかもしれません。がんと知っていて保障を手放すのは難しいですよね。


しかし、隠してしまうとさらに損をしてしまいます


保険金が支払われるときには、本当に告知内容があっているのかなど調査が行われるのです。そのため、がんが発覚したのがいつなのか調べることができるのです。


事実を隠したり、うそをついて保険金の請求をおこなってしまうと「告知義務違反」になります。契約が取り消され、保険料の還付もありません。


保険会社の調査はたいしたものではないと思っているかもしれませんが、かなり正確な調査が行われるため、隠してもすぐにバレてしまうのです。隠すことはせずに報告することをおすすめします。

待ち期間がないがん保険もある

先ほどから、がん保険は「待ち期間」があるとお伝えしていますが、実は「待ち期間」がないがん保険もあります。

アクサ生命の「治療保障」のがん保険などです。

「入院しなくてもさまざまながん治療を保障する」としており、「変化するがん治療に対応するための保険」と明記しています。


現在のがんの治療方法は、「手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」が主ですので、その「治療」に絞った保険となっています。


がんによる入院日数の減少を背景に、がんに罹っても仕事を続けながら治療をする方が増えていることもあるので、ある意味画期的ながん保険だと言えるでしょう。

アクサ生命の「治療保険」のメリット・デメリット

このがん保険は、あくまでも「手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」「緩和ケア」「上皮内がんの手術と放射線治療」を主契約としていて、特約で付加できるのは「がん先進医療給付」と「がん入院給付」のみです。

がん保険でよく聞く「診断給付金」や「通院給付金」はありません。

待ち期間なしで責任開始日を設定できるのは「診断給付金」がないためと言えます。

「診断給付金」はがんと診断されたときに支払われるまとまった一時金です。

契約内容にもよりますが、診断給付金は、50万円だったり100万円だったり、200万円だったりとかなりの高額です。

この診断給付金がないことで、その分保険会社のリスクが少なくなるため、90日の待ち期間なく責任開始日を設定しても問題ないというしくみになっているのです。

健康診断を定期的に受診していて、がんの早期発見の可能性が高い方は長期で仕事を休んで治療しなくて済むかもしれませんし、ある程度まとまった貯蓄がある方には診断給付金は不要で、治療費の保障があれば十分かもしれません。 


保険料も30歳男性で月々1,190円、30歳女性で1,570円ですので、保障内容を絞り込んでいる分、保険料も抑えることができます。


ただ1点、デメリットとしてお伝えしたいのは、このがん保険は10年定期だと言う点です。


保険期間、保険料払込期間共に10年なのです。


つまり、10年後に保険料は更新され、更新時の年齢によってはかなりの差額が発生することも十分に考えられます。 

まとめ:がん保険の責任開始日前に健康診断で癌が発覚したら?


がん保険の責任開始日について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


責任開始前にがんが見つかると契約自体が無効になってしまい、保障を受けることはできません。通常の医療保険よりも責任開始までの期間が長いため、健康なうちに加入しておくことが重要となってきます。


これらは「特約」としてがんに対する保障を付けた際にも適用されるため注意しましょう。


保険について知りたいことがある、保険選びをプロに手伝ってもらいたい、という場合にはマネーキャリアで保険相談をしてみましょう。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング