がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

がん保険の入院給付金の必要性はある?がん治療の実態から徹底検証

がん保険に加入するときに、どんな時に給付金が受け取れるか知っていますか?がん保険には、大きく分けて診断一時金と入院給付金があります。では入院給付金は必要なのでしょうか?ここでは、がん入院に関しての情報をもとに、入院給付金の必要性について考えていきましょう。

がん保険の入院給付金は必要?

がん保険の保障の一つである入院給付金は、本当に必要なのか気になるところです。


現在、がんの治療は入院よりも通院治療がメインとなっており、入院給付金は必要ないと考える方も多いでしょう。


しかし、がん保険の入院給付金は給付金を受け取れるだけでなく、ある保障を受けるための条件でもあったりします。


そこで、この記事では『がん保険の入院給付金は必要なのか』について

  • がん保険の入院給付金とは
  • がん保険の入院給付金が必要であるという理由
  • がん保険の入院給付金は必要でないという理由
  • 入院給付金の日額はいくら必要か
  • がん保険の入院給付金についての注意点とは
以上を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただいたら、がん保険への加入を検討しているけれど、入院給付金が必要かどうかお悩みの方のお役に立てるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

がん保険の給付金とは?

がん保険の給付金とは、がんと診断された場合にお見舞い一時金として支払われる給付金のことです。

がん保険のほとんどに、この給付金が付いています。

受け取れる金額は契約内容によって異なりますが、50万円から200万円となっており、がん治療時にまとまったお金を受け取ることができます


この一時金は、がんと診断されると受け取れますので、入院や手術などを行わない通院治療のみの場合であっても、治療にかかるお金を準備することができます。


また、治療や体調などによって仕事に行けない状態になった場合でも、ある程度まとまった一時金があれば、生活費の心配をせず治療に専念することができます。

がん保険の入院給付金とは?

がん保険の入院給付金とは、がんによって入院した場合に、その入院日数によって、「1日あたりの金額×入院日数」分のお金を受け取ることができる給付金です。

がん保険の入院給付金は、入院しなけば受け取ることができませんので、もし入院をしない通院治療のみの場合には、お金を受け取ることができません。


しかし、がん保険の入院給付金は、通常の医療保険とは違い入院日数についての制限はないため、がんによる入院が長引いた場合には、無制限で受け取ることができます。


また、入院給付金には手術給付金も同時に付加されていることがほとんどですので、がんによる手術を受けた場合にも手術給付金を受け取ることが可能となります。

入院費用の相場


では、入院費用の相場を確認していきましょう。

がんによる入院と手術の費用の相場は、以下のようになっています。



入院日数治療費の自己負担額
胃がん18.8日292,518円
直腸がん18.7日336,489円
肺がん14.1日227,571円
乳がん12.9日229,449円


上記のように、がんによる入院費の相場はおよそ30万円前後となっています。


30万円前後であれば、保険に頼らなくても自分で支払うことができるという方も多いと思いますが、入院には治療費だけでなく、ほかにも準備しなくてはならない費用があります。


これらのことを踏まえ、がん保険の入院給付金が必要かどうかを解説していきます。

がん保険の入院給付金は必要だという理由

それでは、がん保険の入院給付金は本当に必要なのか気になるところです。

そこで、がん保険の入院給付金が必要だという理由について、

  • 医療保険と違い入院日数に制限がない
  • 健康保険適応外の差額ベッド代に充てられる
  • 通院保障の支払い条件となる
以上の3点について解説していきます。

医療保険と違い入院日数に制限・限度がない

先述したように、がん保険の入院給付金は、通常の医療保険とは違い、入院日数に制限や限度がありません。

しかし、医療保険には入院日数に制限があります。


たとえば、1入院は60日や120日、通算で1,000日や1095日までが保障対象となっているものがほとんどです。


末期がんの治療や高齢になってからのがん入院の場合には、入院が長期化することもありますので、医療保険だけでは入院費用の全額をまかなうことが難しい場合もあります。


しかし、がん保険の入院給付金は入院日数に制限がありませんので、入院が長期になった場合でも費用の心配をしなくても良いことを考えると、入院給付金は必要と言えるでしょう。

健康保険適応外の差額ベッド代

入院したときの差額ベッド代とは、患者からの希望によって個室などへの入院を希望した場合にかかるベッド代の差額のことです。

この差額ベット代は、健康保険が適応されないため、実費での負担となります。


差額ベット代の平均額は、1日6,155円となっています。


また、1~4人部屋での平均差額ベット代は、次のようになります。

  • 1人部屋:7,828円
  • 2人部屋:3,103円
  • 3人部屋:2,863円
  • 4人部屋:2,414円
つまり、差額ベット代×入院日数の費用がかかるため、その費用を入院給付金でカバーすることができます

こうした費用のカバーをするためにも、入院給付金が必要であると考えられます。

がん保険の通院給付金の支払い条件

がん保険の通院給付金の支払条件は保険会社ごとに異なり、がんと診断確定した場合の通院を保障しているものもありますが、保険会社によっては、がん治療のために入院し、退院した後の通院を保障するものもあります。

そのため、退院後の通院を保障している場合には、入院給付金がなければ通院給付金が支払われないということになりますので、通院治療を保障してほしい場合には、入院給付金は必要になります。

がん保険の入院給付金は不要だという理由

最近では、がん保険の一時金や通院保障が付いていれば、入院給付金が必要がないという意見もあります。

それでは、がん保険の入院給付金が必要ないという理由について

  • がん治療のための入院日数が減少傾向にある
  • 入院給付金の給付対象外のがんもある
以上2点について解説していきます。

入院日数は減少傾向にあり、通院治療がメインに

近年、病気での入院日数というのは減少傾向にあり、がん治療に関しても入院日数は減少しています。

その理由としては、次のようになります。

  • 医療の発達や手術の進歩により、術後の入院期間が減った
  • 診療制度改定によって病院が早期退院を進めるようになった
手術に関しては、患者の体に負担の少ない手術方法が増えてきたことによって、以前のように長期の入院をしなくても済むようになっています。

また、抗がん剤治療も内服薬などを利用する場合もあるため、入院治療よりも通院治療がメインとなってきているのです。


このことからも、がん保険の入院給付金の必要性は低くなっているとも言えます。

入院給付金の対象外となるがんもある

さらに、がん保険の契約内容によっては、入院給付金の対象外となるがんもあるのです。

たとえば、がん保険によっては初期がんのような上皮内新生物の場合、がん保険の入院給付金の対象外となっている保険もあります。


そのため、入院給付金が付いていても入院給付金が支払われないということがあるのです。


そう考えると、入院給付金は必要ないのではないかと考えることができます。

入院日額はどのくらい必要か?平均は5000円~1万円程度

がん保険の入院日額とは、保険の契約内容によって異なりますが、だいたい5,000円~30,000円から設定することができます。

そして入院日額はほとんどの場合、1,000円単位で希望する金額を設定できるようになっています。


平均入院日額は日額5,000円~10,000円程度となっています。


公的な保障である健康保険では高額医療制度を受けることもできますので、入院日額は平均額の5,000円~10,000円程度あれば、入院費をカバーすることができるでしょう。

がん保険の入院給付金の注意点

それでは、がん保険の入院給付金の注意点を確認していきましょう。

がん保険の入院給付金の注意点として、
  • 入院給付金に税金はかからない
  • 入院給付金が相続税の対象となるケースがある
以上2点について解説していきます。

入院給付金には税金はかからない?

基本的に、病気やケガを負った患者が治療のために受け取る『入院給付金』などの給付金は非課税となります。


また同じように、がんの診断一時金や通院治療の給付金も非課税となり、税金はかかりません。


ただし、医療費控除を受ける際には、医療機関に支払った治療費全額から、治療費に充てた給付金額を差し引いた分を申告するようになります。


医療費控除とは、1月から12月までの1年間にかかった実質の治療費を申告するものですから、治療費に充てた保険からの給付金を差し引いた額が“実質の治療費負担額”と見なされますので、医療費控除を受ける際は注意しておきましょう。

入院給付金が相続税の対象となるケースがある

入院給付金を受け取る被保険者が入院中に亡くなってしまった場合には、入院給付金は死亡後に受取人が受け取ることになります。

この受取人が被相続人になっている時には、入院給付金は受取人の相続財産となるため、本来の相続財産となります。


つまり、相続税の課税対象となり、相続税を支払わなければならないケースとなりますので、注意しましょう。


ちなみに、通院給付金や診断一時金なども同様の扱いとなります。

まとめ:がん保険の入院給付金は必要なのか

この記事では、がん保険に入院給付金は必要なのかということについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がん保険の入院給付金が必要である理由には、『入院日数の制限がないので長期入院となっても安心』『差額ベッド代などに充てることができる』『通院給付金の支払条件の場合もある』などが挙げられる。
  • がん保険の入院給付金が必要でない理由は、『現在のがん治療は通院治療がメイン』『入院給付金の給付対象外のがんもある』などが挙げられる。
  • 入院給付金の日額はおよそ5,000円~10,000円あれば入院費用をカバーできる。
  • 入院給付金は非課税だが、受け取り人が被相続人の場合は相続税がかかる場合がある。
以上です。

がん保険の入院給付金は、入院日数が制限されないため、もしも入院が長期化した場合でも安心して治療に専念できるので、大変心強い保障と言えます。

がん保険へ加入を検討する際には、もしもに備えて自分に合った保険に加入するようにしましょう。

ほけんROOMでは、ほかにも保険に関するさまざまな記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が