海外旅行をキャンセル!海外旅行保険&キャンセル料はどうなる?

海外旅行を心ゆくまで楽しむために入った海外旅行保険。思いがけない事態発生で旅行を中止しないといけなくなってしまったら、海外旅行保険のキャンセルも忘れないで!でもその前に、海外旅行のキャンセル料を海外旅行保険で補償できたらいいのにと思いませんか?

旅行をキャンセルした場合の海外旅行保険はどうなるのか

楽しみにしていた海外旅行。

計画を立てて海外旅行保険にも加入し、随分前から準備していたのに、思いがけない事態が起こってどうしても中止しなければいけなくなることがあります。


ご本人やご家族の死亡・病気などの場合、台風や地震などによる災害にあった場合などが考えられます。

このようなとき海外旅行に関するすべてをキャンセルすることになりますが、海外旅行保険はどうしたら良いのでしょうか


キャンセルできるのでしょうか?


その場合にキャンセル料はどれくらいかかるのでしょうか?

保険の始期日であれば契約を取り消し、全額返納される

海外旅行に行けなくなり、海外旅行保険もキャンセルしなければいけなくなった場合、出発日として契約した日まで又は家を出るまでに連絡をすれば保険料を全額返納してもらえます。

保険適用は「家を出発してから家に到着するまで」なので出発後のキャンセルは不可

海外旅行保険は、日本を出国したときから保険適用されるのではなく、家を出発した時から家に到着した時までが保険適用の範囲です。

海外旅行保険をキャンセルするにしても、出発日までに連絡すれば大丈夫な保険会社だけではなく、出発の当日でも家を出る前のキャンセルであれば全額返金される保険会社もあります


ということは、海外に出かけるために家を出た後は前日に空港の近くで前泊する場合なども含めてもうキャンセルをすることはできなくなります。

指定の代理店へインターネットもしくは電話での問い合わせで契約を解除する

では、キャンセルをするにはどのようにしたらよいのでしょう。

海外旅行を中止しなければならないくらい大変な状態ということですので、なかなか余裕がないとは思いますが、電話やインターネットでできるので忘れないようにしましょう。


代理店を通して海外旅行保険を申し込んだ場合は、海外旅行自体をキャンセルするときに海外旅行保険も同様に契約の解除をしてください。


代理店には、電話やインターネットでキャンセルを連絡することができます。


海外旅行の中止の場合、代理店の営業時間内でなければ処理ができないことなどがあるようです。


定休日に重なってしまった場合などキャンセルに関してトラブルにならないよう、契約の際に万一の場合に備えて連絡の方法など代理店に確認しておいた方が安心です。


保険会社へ直接ホームページから申し込んだ場合などは、そのホームページにキャンセルの方法が記載してありますし、また電話でカスタマーセンターやオペレーターに契約の解除を申し出ることもできます。

旅行のキャンセル費用は海外旅行保険で補償はされないのか

これまでは、海外旅行保険のキャンセルについて見てきましたが、それでは海外旅行のキャンセルによって発生した費用は海外旅行保険で補償されないのでしょうか?

個人で海外旅行を計画して、飛行機やホテルを予約した場合はキャンセルの方法や対応がそれぞれ違います。


飛行機はキャンセル料の発生時期や金額等も航空会社によって違いますので事前の確認が必要です。


早期割引のチケットなどは、通常のチケットよりもキャンセル料が割高になるようなので注意してください。


ホテルは、事前に連絡を入れておけばキャンセル料を支払わなくても良い場合もありますが、ホテルによって対応が違いますので、旅行に行けないとわかった時点でできるだけ早く連絡する方が良いでしょう。


ツアーで海外旅行を計画した場合のキャンセル料はどうでしょう。


キャンセル料については、観光庁が決めた「標準旅行業約款」というものがあって上限があります。


40日前から31日前までは旅行料金の10パーセント、30日前から3日前までは20パーセント、前々日~当日までは50パーセント、旅行開催後は100パーセントと上限が決められています。


海外旅行そのものが高額ですし、旅行直前になって中止しなければならなくなったらキャンセル料だけでもかなりの額になってしまいます。


旅行には行けない、キャンセル料は払わなければならないなんて、全くふんだりけったりです。



また、シニアのかたやお子さんが海外旅行に行く場合は「もしもの場合」の心配が増えてしまいます。

前日までに病気にかかって中止になったり、海外でケガをしたりして帰国を余儀なくされたりということがあります。


海外旅行保険では、このような場合のキャンセル料は補償してくれないのでしょうか?

海外旅行保険に含まれる旅行変更費用担保特約に加入することで補償される

旅行を中止したり、様々な事情により旅行を中断して帰国しなければならなくなった場合などに備えて海外旅行保険に特約で付けることができる「旅行変更費用担保特約」があります。

特約ですので、旅行変更費用担保特約のみに加入することはできません。

必ず海外旅行保険に加入することが必要です。


また旅行変更費用担保特約でも、出国中止と途中帰国のうち片方しか補償していない場合もあるので注意してください。

保険金が支払われるのには一定の条件をクリアしている必要がある

旅行変更費用担保特約では、一定の条件をクリアしなければ保険金は支払われません

例えば、出発前に本人が体調が悪く入院した場合でも3日以上の継続した入院が必要であったり、親族が入院の場合は配偶者か2親等以内の方が対象で14日以上の入院でなければいけないなどです。

本人または家族の死亡や危篤の場合は、家族については配偶者と3親等内の親族と決まっています。


また、他の自分の都合でキャンセルする場合や、海外で病気になって旅行を切り上げて帰るときなどでも旅行前にかかっていた病気によるものなどは補償の対象外になったりします。


このように、保険金が支払われるには、保険会社ごとに細かく規定があるので海外旅行保険に加入し、旅行変更費用担保特約を付ける場合は確認してください。






ネットでの加入ができない場合が多い

この旅行変更費用担保特約は、インターネットでは加入できない場合が多いようです。

保険のパンフレットを請求したうえで、申込書を記入し郵送しなければいけなかったりと時間がかかるので、加入する際は日数に十分な余裕を持って申込をしましょう。


全額補償と半額補償のプランで支払額が変わる

また、補償金額によっても保険料の支払額が変わります。

全額補償、半額補償など旅行の費用に対して、どの程度の補償を求めるかによります。


保険料は、半額補償が全額補償のだいたい半分ほどです。


海外旅行保険はキャンセル時には保険料は全額戻ってきますが、この旅行変更費用担保特約を付けた場合の特約部分の金額は返金されません

まとめ

海外旅行をキャンセルした場合、海外旅行保険の契約も解除できます

海外旅行自体のキャンセルに関する費用は、海外旅行保険の旅行変更費用担保特約でカバーできます。


それ以外に、単独で入れる「旅行キャンセル保険」というものもあります。

保険料の支払いには、旅行変更費用担保特約と同様に規定がありますが、当日の交通機関のマヒのための遅延にも対応していたりもします。



楽しい旅行、それも海外旅行!


楽しい事だけ考えて計画を立てて出発したいものですが、誰にでも「もしも」の時が来る可能性があります


そんな「もしも」は来ない方が良いに決まっていますが、その時になって何もできないで損をしないように、念の為に一度シュミレーションしてみてはいかがでしょう。


この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング