台風の影響で飛行機が欠航に。海外旅行保険の補償内容を再確認しよう

夏のバカンスで海外や沖縄に行く方は多いですが、夏に気になるのが台風。飛行機が欠航になるだけに、台風のニュースには目が離せません。もし旅行中に台風が来たとすると、フライトチケットやホテル代は海外旅行保険で補償されないでしょうか?記事では保険サービスを解説します。

台風による飛行機の欠航・遅延に海外旅行保険は補償されるのか

せっかくの楽しみな海外旅行や沖縄旅行なのに、台風が接近中で搭乗予定のフライトが欠航。

こんな悲しい旅行を経験したことのある方は意外と多いのではないでしょか?

または、海外旅行や沖縄旅行からの帰りの便が台風で欠便。

不安な夜を空港で過ごす経験者も多そうですね。


さて、そんな台風や強風によるフライトキャンセルには、どのように補償が付いているのでしょうか?

また、加入していいる海外旅行保険では、欠航・遅延のフライトチケットを補償してもらえないのでしょうか?


この記事では、

  • 欠航となってしまった航空券を航空会社はどう対応するのか?
  • 海外旅行保険では、飛行機欠航に付随しが費用の補償範囲はどこまでか?
  • 海外旅行保険に関連する補償の手厚い保険はないのか?

これらを中心に、台風と海外旅行保険をテーマに解説します。




現在進行形で台風に直面して困っている方も、これから旅行チケットを取ろうという方も、この記事を読めば海外旅行保険の対応に関しては完璧に理解できると思います。

台風で飛行機の欠航・遅延が決定した時の航空会社の対応は?

台風や大雪などで欠航が決まった場合、振替便または払い戻しが可能です。

ANAやJALなど国内大手航空会社はもちろんですが、LCCなど格安航空会社でも共通しています。 

台風などによる欠航時の振替便と払い戻しのそれぞれの場合

振替便の場合

一般航空会社であれば当日や翌日に振替便があることが多いですが、LCCでは便数が少ないため、後日になる可能性が高いです。

基本的には、予約した航空会社の便ですが、稀に他社の便に乗れることもあります。


払い戻しの場合

欠航となったフライト予定日から10日以内に手続きを行わなければなりません。

※LCCの場合はこの限りではない可能性があるので、各予約サイトでチェックするようにしましょう。

ANAやJALなど国内大手航空会社とLCC航空会社の対応の違い

遅延の場合は対応が異なります。 

航空会社の基本方針は「2時間3時間遅れても無事到着すれば良し」ということです。

時には夜遅くに到着する便が遅れてしまうこともあります。


こういった場合ANAやJALなどの国内大手航空会社は、臨時バスなどの特別な対応を行ってくれる場合があります。一方で、LCCの場合はほとんどないので、その他の移動手段を取らなければなりません。


また、航空会社が補償してくれるのは航空チケットまでです。

台風や大雨で欠航となってしまった場合、数日間空港に滞在したりしなければならない場合もあります。


不可抗力なので、宿泊費も食費も補償してくれません。


ここで気になるのが海外旅行保険ということになります。


海外旅行保険の補償範囲や補償金額など徹底解剖

海外旅行保険とは、
  • 海外でのケガ・病気の補償
  • 旅程の急な変更に伴う補償
  • 携行品の損害の補償

などが一般的な補償になります。


それでは具体的に見ていきましょう。

海外旅行保険の補償範囲

海外でのケガ・病気の補償

多くの海外旅行保険に含まれているのは、まず、傷害死亡・傷害後遺障害です。

これは、事故などで頭を打って死亡した場合などで補償がなされます。

日本のように交通のインフラが整っていない国や交通マナーの緩い国は多くあります。


次に、疾病死亡・治療費用です。

これは、旅行期間中にかかった病気でなくなった場合、病院で診断を受けた場合補償がなされます。

海外旅行では、水で感染性の胃腸炎になったり、体調が合わず発熱を起こしたりするトラブルは付き物ですので、とても重要な補償です。

日本人ドクターのいる病院などをリスト化していてくれたりするので、とても助かる保険商品もあります。


旅程の急な変更に伴う補償

まずは、航空機遅延費用の補償があります。

これは、飛行機の遅延や欠航により、追加で必要になった宿泊費などが該当します。航空会社がサポートできない箇所になります。

下記で詳しく記載します。


また、手荷物が予定通りに届かないトラブルにも、航空機寄託手荷物遅延等費用の補償が発生します。


携行品の損害の補償

カメラや携帯、パソコンなど、海外旅行中に破損であったり、盗難を受けた場合に補償を行ってくれます。


その他にも、看病する人の渡航費、救援者費用の補償であったり、物を壊してしまった場合の損害賠償の補償が付いてくるケースが多いです。


「台風保険」とも言える「航空機遅延費用特約」

航空機遅延費用特約では、1回の事故あたり、2万円まで実費補償されるというものです。

損保ジャパン日本興亜のケースを見て見ましょう。


主なケース

出発地で、搭乗する予定の航空機が、6時間以上の出発遅延、欠航、運休があった場合、搭乗の予約受付の不備で搭乗ができなかった場合、または搭乗した航空機の着陸地変更で、6時間以内に代わりの航空機を利用できない場合

出典: http://www.sjnk.co.jp/kinsurance/leisure/off/sche/delay/

乗継地で、搭乗した航空機が遅れて、乗継を予定していた航空機に搭乗できず、乗継地への到着時刻から6時間以内に代わりの航空機を利用できない場合

出典: http://www.sjnk.co.jp/kinsurance/leisure/off/sche/delay/


具体的なケースとしては、台風や大雨でフライトができないというケースを考えてきましたが、その他にも、航空会社のストライキや、世界的な感染症の流行による渡航制限などが当てはまります。


主な支払い対象

主な支払い対象は以下の通りです。

  • 宿泊予定の施設の客室料金
  • 食事代
  • 国際電話料等通信費
  • 旅行サービスのキャンセル料金
  • 交通費(宿泊施設への移動に要するタクシー代などの費用など)  

などになります。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング