海外旅行保険ALL

海外旅行保険で治療費の無制限補償は必要?海外旅行の治療費を解説

海外旅行保険で治療費の無制限補償が必要な場合は、数千万円の治療費を請求された場合です。数千万円の高額治療費を請求される可能性が高いのはシニア層だけなので、シニア層は無制限補償が必要です。シニア層以外では数百万円の補償がある海外旅行保険で十分です。

海外旅行保険の治療費用無制限補償は必要か?

海外旅行に行く際に、海外旅行保険に加入する人は多いです。海外旅行に行くと、日本と大きく環境が変わったり、治安が悪い地域を訪れたりするため、さまざまなリスクがあります。


海外で病気やケガや盗難の被害に遭った場合でも、海外旅行保険に加入しておけば、海外旅行保険の補償額の分だけ補償が受けられます。


海外旅行保険にはさまざまなプランがあったり、特約を付帯することができます。海外旅行保険に加入する際には、補償内容や補償額をどのように設定するか迷う人が多いです。


海外旅行保険には治療費用を無制限で補償されるものもありますが、治療費の無制限補償は必要なのでしょうか?

海外旅行保険の治療費用無制限補償について解説!

海外旅行保険の治療費を無制限で補償することで、費用を気にすることなく治療に専念できます。海外旅行保険の治療費無制限補償について説明します。

海外旅行保険は治療・救援費用の最大補償額を無制限に設定できる

海外旅行保険は補償の内容を自分で設定できます。そのため、海外旅行保険に加入する際に、治療・救援費用の補償額を無制限に設定することも可能です。


高額な治療費を請求されるリスクがある場合には、補償額を無制限に設定する必要があります。

外国の医療費は高額・特に米国で病気になると高額な治療費が請求される!

海外旅行に行くと、日本と環境が大きく変わるため病気やケガをするリスクが高まります。海外の病院で治療を受けた場合、日本では考えられないような高額な治療費を請求される可能性があります。特に米国では高額な治療費を請求される可能性が高いです。


米国では初診料が1~3万円、入院した場合は1日数十万円、手術をした場合は数百万円もの治療費を請求される場合があります。入院が長引いたり、手術を受けることになると、数百万円から数千万円の治療費が請求されてしまう可能性もあるのです。


海外旅行保険に加入しているから治療費は心配ないと思っていても、治療費が2,000万円で補償額が1,000万円だった場合は、補償額を超えた分の治療費は自己負担しなければなりません。海外旅行保険に加入しているだけでは安心できるとは言えないのです。


高額な治療費をすべてカバーするためには、無制限の補償を付帯させる必要があります。外務省のホームページでも世界の医療事情について告知しています。

高額な医療費に対しては、渡航後に当地の医療保険に加入するか、渡航前に十分な補償額の海外旅行傷害保険(100%カバー)に加入して備えておく必要があります。

出典: http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/n_ame/ny.html


治療保障無制限補償が必要になるのはシニア層の海外旅行

海外で数千万円もの治療費が請求される可能性があると言われると、誰でも不安になってしまいます。しかし、数千万円の治療費が請求されるケースは、過去の事例から高額なケースを抜粋しているため、海外旅行に行く人全員に当てはまるわけではなく、本当に珍しいケースだと言えます。


そのため、治療保障無制限補償が必要になるのは、海外で病気やケガで入院が長引いたり手術が必要になる可能性が高いシニア層の海外旅行だけです。


シニア層の海外旅行では、海外での入院や手術で高額な治療費を請求される可能性が高いため、治療保障無制限補償の必要性が高く、無制限の補償を付帯している方が安心と言えます。

高額治療費が必要になるのは4万回の旅行に1度だけ

シニア層以外の人が海外旅行に行く場合は、500万円を超えるような高額治療費が必要になる可能性はとても低いです。具体的には、高額治療費が必要になるのは4万回の旅行で1度程度の確率です。


そのため、ほとんどの場合は治療保障無制限補償は必要ないと言えます。しかし、4万回の旅行で1度程度の確率ということは、高額治療費が必要になる可能性は0ではないということです。


確率が低いといっても、もしも高額治療費が必要になった場合は多額の治療費を負担しなければならないため、万が一の事態に備えて無制限の治療費補償が必要だという考え方もあります

参考:海外旅行保険付帯クレジットカードが2枚あれば、ほぼ全ての治療費用に対応できる

海外旅行で高額な治療費を請求される可能性は低く、海外で治療を受けても数百万円程度の費用で済む場合がほとんどです。そのため、海外旅行で発生する治療医は、ほとんどの場合では無制限の補償は必要なく、数百万円の治療費補償があればカバーできます。


クレジットカード付帯の海外旅行保険は、クレジットカードを持っていれば無料で利用でき、200~300万円の治療費補償が付帯されています。


クレジットカード付帯の海外旅行保険の治療費補償は、クレジットカードを複数枚持っていれば、その分だけ補償額が上乗せできます。したがって、クレジットカードを2枚持っていれば、ほぼ全ての治療費をカバーできるケースがほとんどです。


最低限の補償だけが必要だと考えるのであれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するという方法もあります。

まとめ

海外旅行に行って海外の病院で治療を受けると、場合によっては数千万円の治療費を請求される可能性があります。一般的な人は、数千万円の治療費を支払うことは難しいでしょう。


海外旅行保険に加入しておくと、治療費の補償が受けられます。治療費は無制限の補償を設定できますが、無制限の治療費補償が必要になるのは、シニア層の海外旅行だけです。


数千万円の高額な治療費を請求される可能性はとても低く、ほとんどの場合は数百万円の補償があれば十分です。


しかし、万が一の場合を考えて、治療費補償を無制限に設定するという考え方もあります。自分が必要だと思う補償額を選択することが大切です。

ランキング