海外旅行保険の申し込み期限はいつまで?わかりやすく解説します!

海外旅行保険は申し込み期限が旅行当日でも加入できる商品が多いです。海外旅行保険は空港でも加入できますが、選べる保険商品は限られます。後悔しない保険選びのためには、申し込み期限をしっかりと確認し、余裕をもってご自分が納得する保険へ加入しておきましょう。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

海外旅行保険の申し込み期限はいつまで?

ご自分や同行予定者にとって、海外旅行の日程が決定したら当日までは待ち遠しい日々が続きますが、万が一のために海外旅行保険へ加入しておきましょう。

時間に余裕をもって海外旅行保険へ加入できれば慌てずに済みますが、旅行のスケジュールを立てることやパスポートの取得等、いろいろやることがあって、気付いたら旅行当日になっていたということもあります。


そこで、今回は忘れがちな海外旅行保険の申し込み期限について説明します。


結論から言うと、海外旅行保険の加入は渡航日の当日まで可能です。

ただ、当日では申し込みできない場合もあるので注意してください。


この記事では、旅行当日に加入できる方法や、申し込み期限の長さによって保険内容が異なる場合をとり上げて解説します。




海外旅行保険の申し込み期限は多くは当日まで

海外旅行保険は旅行当日でもほとんどの場合、インターネットでの加入契約や空港での加入契約が可能です。
海外旅行保険に当日加入できる3つの方法は
  • インターネットでの加入
  • 空港のカウンター・自動販売機での加入
  • クレジットカードの付帯のものを利用する

の3つがあります。


以下では、それらについて具体的にご説明します。

インターネットで加入の場合クレジットカードは必須

ご自分が空港へ向かう際のバスや電車等の公共交通機関でも、スマートフォンがあれば手軽にインターネットを使用し、空港へ到着するまでに契約を済ませることができます。なお、この場合には確実な決済方法としてクレジットカードが必要になります。


この方法は、手数料がかからないため他の方法より保険料が安くなり、たくさんの種類から選べるところが特徴です。


ただし、手続きは最初から最後までご自分の判断で行うため、契約内容によくわからない点があったり質問があったりする場合は、旅行当日でも必ず保険会社のカスタマーセンターに連絡し、不明な点を確認した上で加入しましょう。


インターネットでの加入はとても安くなる反面、自分で保険会社を比較して選ばなければならない手間も生じます。

空港で加入する場合は2種類の方法がある

1.空港の保険代理店のカウンターで加入する

成田国際空港や羽田空港をはじめとする国際空港には、保険代理店のカウンター窓口が設置されています。そのため、海外旅行保険に加入していなかった方のための出発直前の申込にも対応しています。


そこでは、カウンターの職員に対面で説明を受けながら保険を選べます


ただし、人の手で加入手続きを行うため、時間がかかる場合もあります。出発時刻をしっかり確認した上で申し込みを行いましょう。


また、保険代理店を仲介するため、手数料がかかりインターネットよりも割高になってしまうことには注意してください。


ほとんどがセットプランになっていますので、必要のない補償がついていたり、と思いますのでそこにも注意してください。


2.空港の自動販売機で加入する


空港では、海外旅行保険の自動販売機も設置されています。契約は自動販売機のガイダンスに従って手続きを進めていきましょう。人を介して手続きをしないため、短時間でスムーズに加入手続きが行えます。


ただし、自動販売機での申し込みにあまり慣れていない方は、時間に余裕を持って手続きを行いましょう。


空港での海外旅行保険の申し込みは、出発時刻が迫る中で行わなければなりません。

また、保険会社の窓口で加入するように、豊富な保険商品から選べるわけではありません。 


特に、空港の自動販売機等で加入する場合、ほとんどセットプランになりますので、ご自分にとって必要な補償・必要でない補償を自由に選ぶことは難しくなります

クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用する

クレジットカードによっては、海外旅行保険が付帯していることがあります。
ぜひご自身のクレジットカードを確認してみてください。

クレジットカードの海外旅行保険は告知義務なしで加入でき、基本的な補償はついていることが多いです。

ただし、無条件で補償がついている自動付帯と海外で利用しないと使うことができない利用付帯がありますので、注意してください。

また、クレジットカード付帯の海外旅行保険の場合、補償金額が少ないです。そのため、特にアメリカなどの医療費が莫大にかかる国ではクレジットカードだけでは不安なところがあります。

そんなときは自由にカスタマイズできる海外旅行保険をつけておくのがオススメです。

海外旅行保険の申し込み期限が前日や二日前までの場合もある

海外旅行保険の内容によっては、旅行当日に加入できない場合があります。
  • 航空機遅延費用等補償特約を付ける場合・・・2日前まで
  • コンビニ・銀行での決済の場合・・・前日まで

となっていることが多いです。以下で少し解説します。

航空機遅延費用等補償特約は2日前まで

そもそも、航空機遅延費用等補償特約とはなんだかご存知ですか?
これは、
  • 飛行機が遅れた時に自分で負担した宿泊代・食事代 
  • 航空会社に寄託した手荷物の到着が遅れた際の、身の回り品の購入代金
などを補償してくれる特約です。

天候等に大きく左右されるため、悪天候が確定してから申し込まれると保険会社としても困るわけですね。

心配な方は早めに加入しておくのが良いでしょう。

銀行やコンビニで振り込むときの申し込み期限は前日まで

海外旅行保険に加入した際に、銀行やコンビニで保険料等を振り込む場合、少なくとも前日までには完了する必要があります。

インターネットでの加入の場合、クレジットカード払いしかできないことも多いので、それほど気にしなくてもいいと思います。


コンビニ決済で申し込みをした方は忘れないうちにお申し込みくださいね。

海外旅行保険の申し込み期限の長さによって異なる契約内容

ほとんどの保険会社は海外旅行当日の45日前から申込むことが可能です。中には60日前や90日前から申し込むことができる商品もあります。

この申し込み期限の長さによって、保険に加入できる年齢や補償内容に違いがでてくる場合もあります。

申し込み期限の長さが短いと保険期間も短く補償内容が欠ける場合がある

申し込み期限の長さが短い海外旅行保険の場合は、一般的に保険期間も短期間になります。また、海外旅行先での補償も制約されてしまいます。


加入契約者の傷害死亡・後遺障害、傷害・疾病利用費、救援費用、損害賠償責任、携行品の損害等の基本的な部分のみが補償対象となるケースが多いです。


ただし、オーソドックスな補償のみで足りるレジャー内容であるなら、海外旅行保険として万が一の病気やケガの入院・治療に対応する、十分な補償は約束されています。

申し込み期限の長さが長いと年齢制限が緩くなり補償がしっかりしているが保険料が高い場合がある

海外旅行当日の90日前から申し込むことができる海外旅行保険の場合は、年齢制限が緩くなり、日本在住で日本国内からアクセスできる人なら、18歳以上から99歳の方まで契約可能な保険もあります。中には年齢制限すら無い海外旅行保険があります。

また、内容も充実しており、例えば、現地等で入院した際に一時金が受け取れる「入院一時金」や、海外旅行中で留守になる自宅が盗難にあった場合の損害を補償する「留守宅家財盗難補償」、海外旅行中レンタカーで事故を起こした場合の法律上の賠償責任を補償する「レンタカー特約」、親族の死亡・入院、自宅の火災等が原因で旅行を中止、または途中で帰国した場合のキャンセル費用等を補償する「旅行変更費用特約」等、補償されるケースが多いです。


加入者の病気やケガのみならず、まさかの事態であれば非常に頼りになる補償も十分に設定されているのが特徴です。


ただし、年齢制限が緩く、補償内容が充実している分、申し込み期限の長さが短い海外旅行保険より3割程度、保険料は高くなってしまう場合があります。

コラム:海外旅行保険にお得に加入するには?

まず、海外旅行保険の加入方法には大きく4つの方法があることをご存知ですか? 

  • 旅行代理店での加入
  • インターネットでの加入
  • 空港の自動販売機での加入
  • クレジットカード付帯のもの 
ほけんROOMがオススメしているのは、他の加入方法より割安なインターネットでの加入です。 

今回は当日加入する方も多いかもしれないので、インターネットでの加入と空港での加入を比べてみたいと思います。 

空港での加入インターネットでの加入
保険料割高かなり安い
保険の種類あまり選べないたくさんある
検討時間あまりないじっくり
加入できる場所空港どこでも
どうです?圧倒的にインターネットでの加入の方がお得だと思いませんか?
保険料が安い上に、海外に行くまでならいつでもどこでも加入することができるのです。(現地についてからだと加入できないので注意) 

まとめ

海外旅行保険の申し込み期限は旅行出発日となっている場合が多いですが、ご自分や同行予定者と旅行先の国で心配なトラブルや、それに対応する補償内容についてじっくりと考える時間・話し合う時間を設けることはかなり難しくなります。

また、空港やインターネットで選べる海外旅行保険も非常に限られてきます。旅行に出発する当日に、海外旅行保険に加入できて安心しても、いざ現地でトラブルに遭遇した場合に、肝心の補償が対象外になっていることもあり得ます。


後悔しないためにも、海外旅行当日より前に、海外旅行保険をじっくりと選ぶ時間を設けて、ご自分の旅行目的に合ったベストな保険に加入しましょう!


ランキング